【5分で理解】自動車部品業界の課題と広告・マーケティング戦略まとめ

【5分で理解】自動車部品業界の課題と広告・マーケティング戦略まとめ
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

コロナ禍で数多くの産業が大打撃を受けている今。自動車部品業界がどのような状況にあるのか、そして今後の課題とマーケティング対策について解説します。

自動車部品業界の動向

自動車部品業界の動向

自動車部品業界は、顧客である自動車業界と連動しているため、自動車業界の影響を大きく受けます。そのため、自動車業界の変化に臨機応変に対応していくことが重要です。

2019~2022年は、自動車業界を取り巻く環境は厳しさを増しています。
国内では雇用環境や経済状況などの社会的な理由から車の所有を諦める車離れ。世界では新型コロナウィルスの感染拡大による経済停滞、環境に配慮した「脱ガソリン」、EVシフト化に伴う新規サプライヤーの参入
これらの影響が市場に急激な変化を与え、自動車部品各サプライヤーとって厳しい経営環境が続きました。

自動車部品業界を取り巻く環境は依然として厳しい状況ですが、それぞれの事象をより正確に把握し、市場の動きに柔軟に対応していくことが、業界で生き残っていくには不可欠です。

2021年の業績は回復の見通し

2021年12月21日に発表された、日本自動車部品工業会の経営動向によると、2021年度第2四半期(2021年4月1~2021年9月1日)の自動車部品業界の業績は前年比で増収増益の見込みとの発表をしました。
新型コロナウィルスによる影響は2020年中に収まり、2021年には徐々に取り戻している流れです。

売上高は、23.7兆円で前年比10.7%と大幅な回復を見せました。主な要因は、各社の固定費削減・合理化努力等が影響した結果とのこと。
新型コロナウィルスから回復した一方で、半導体不足や原材料価格の高騰など、新たな問題もでてきて、予断を許さない状況は依然として変わりません。

また、世界の自動車販売台数、自動車生産台数と状況についても前年同期比で回復しています。
自動車販売台数は累計で約3,897万台となり、前年同期から約229万台増の前年同期比6.3%増。自動車生産台数は累計で約3,682万台となり、前年同期から約204万台増の前年同期比 5.9%増となっており、世界規模でも回復の傾向にあります。

参照元:2020 年度通期の自動車部品工業の経営動向(https://www.japia.or.jp/files/user/japia/research/keiei/R2%20%20keiei.pdf)
参照元:2021 年度第 2 四半期の自動車部品工業の経営動向(https://www.japia.or.jp/files/user/japia/research/keiei/R3_chukankeiei.pdf)

環境に配慮した、ハイブリット車・電気自動車の普及

環境に配慮した、ハイブリット車・電気自動車の普及

世界中で地球環境に配慮する動きを見せ、自動車業界もガソリン車から電気自動車などの次世代自動車へのシフトが進んでいます。
同時に、地球温暖化や大気汚染対策として、世界中でガソリン車やディーゼル車を規制する動きも広がってきています。
欧州では2030年~2040年の間で、ガソリン・ディーゼル車の販売が禁止となる予定。

もちろん海外だけの話ではなく、日本自動車メーカーも次世代自動車戦略として電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHV)の強化を着々と図っています。
こうした「脱ガソリン」「EVシフト」の動きは、今後さらに強まることが予想されます。

そうなると、自動車部品業界も影響を受け、電気自動車を構成する新たな部品が必要となる一方で、不要となる部品も出てきます。自動車部品メーカーも「EVシフト」を視野に入れた経営戦略が必要となってきます。

参照元:電気自動車の今後の動向・将来予測|EV車は日本国内で普及しない?(https://www.nikken-totalsourcing.jp/business/tsunagu/column/229/)

自動車部品業界の課題と解決策

自動車部品業界の課題と解決策

厳しい環境の自動車部品業界は、自動車業界の社会情勢や市場の変化から常に新しい解決していく課題が生まれてきます。
ここでは、国内の自動車部品業界が抱える以下の課題と具体的な解決策についてご紹介いたします。

課題1:生産労働人口の減少

現在、国内では働き手となる生産労働人口が減少。それに伴い、自動車部品業界でも製造現場の人手が不足しています。
働き手となる生産労働人口も減少しており、製造現場の人手不足が深刻しています。

解決策:工場自動化による人材不足の解消

人材不足を解消する1つの手立ては、ロボットやソフトウェアを活用した製造ラインの自動化の導入です。最大のメリットは、自動化することで人手を必要としないというところです。
基本的には機械が製造を行うので、人材不足の懸念がなくなります。

課題2:自動車部品共有化に伴うリコール規模の拡大

近年、リコール件数、リコール対象台数は増加傾向にあります。加えて、コスト削減を図るために、部品の共有化が進み、メーカーが異なる車種でも同じ部品を使用している自動車が多数存在しています。

そのため、リコールが発生した時には、大量の部品交換が必要となり、部品メーカーにとっては業績悪化や場合によっては経営危機などにつながってしまう、大きなリスクを抱えてしまうことになります。
コストダウンなどのメリットがある一方で、リコール案件が発生した時は、大規模な損失が発生してしまうデメリットも内包しています。

解決策:検品体制の整備

製品不良や不具合を防止するためには、製品の製造過程に全体に対する安全管理体制を整えること。自社における厳しい品質管理やチェックの取り組みを強化することが重要です。
それによって、不良品を出荷しないことにつながります。

しかし、厳しい検品体制を行ったとしても、製品事故などの発生を完全に防ぐことは非常に難しいのが現実。
このため、不良品を出荷しない上記のような体制に加え、リコールが起きた時を想定した準備が必要なります。

リコール発生や兆候を発見した場合には、迅速に対応できる体制を整え、多額の費用が生じる可能性があるリコール費用を考慮し、保険を検討しておくことも大切です。

自動車部品業界のでマーケティング施策導入が必要な理由

自動車部品業界のでマーケティング施策導入が必要な理由

自動車部品業界は中小企業が多く、社内にマーケティングの知識を持っている人材がいないことが多い傾向があります。

自動車部品業界など含む製造業などは、既存の取引先からの受注に頼る傾向があり、特にBtoB企業では顧客も限定され、ルート営業が中心になっている場合が多いです。
そのため、新規顧客を開拓するためのノウハウを十分にもっていない場合があります。

そうなっては、日常的にビジネスモデルが急激に変化する現代で生き残っていく難しいでしょう。

完成車メーカー・部品取り扱い代理店から選ばれる必要がある

工場がどれだけ高品質・低単価・高生産性の製品を作れたとしても、変化の激しい市場ではクライアントがいなければ利益につながりません。新規顧客の確保が必要となります。

自動車部品業界のおすすめのマーケティング施策

自動車部品業界のおすすめのマーケティング施策

 マーケティング施策の目的は、取引先を安定的に確保することにあり、業種が異なっていても目的は変わりません。
マーケティングが正しく行われていれば、利益の拡大、新規顧客の獲得などに割く労力も大幅に減ります。
ここでは、自動車部品業界の企業におすすめしたいマーケティング施策についてご紹介します。

自社WEBサイトの作成(リニューアル含む)・運用

ユーザーが知りたいのは、「ユーザーの抱える課題を解決できるか」。今や情報収集の基本は、インターネットです。
そして、課題解決ために多くの企業は、インターネット上での情報を参考にし、意思決定を行います。
ですので、Webサイトにはユーザーの役に立つコンテンツを発信することが重要なカギといえるでしょう。

また、会社名や関連のキーワードで上位表示させるSEO対策をすることで、より多くのユーザーからのアクセスが獲得でき、問合せ・契約にもつながります。
多くのユーザーの課題を解決できるように、有益なコンテンツを発信していきましょう。

SNSマーケティング活用

SNSマーケティング活用

Twitter、Instagramなどを駆使して積極的な更新をしましょう。インターネットの発達とともに、大半の人がパソコン・スマートフォンでのSNSの利用をしています。

SNSを利用しているユーザーに向けて、自社の製品やサービスの情報を発信することで、認知度が高めましょう。
企業によっては、情報が爆発的な拡散して、売上向上につながった事例もあります。

SNSの利用は年々増加傾向にあり、幅広い年齢層に浸透しています。
ユーザーとの接点を増やすためにも、SNSを積極的に活用して販売につながるチャンスを増やしていきましょう。

参照元:令和2年通信利用動向調査の結果(https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/210618_1.pdf)

ポジショニングメディアの活用


さまざまなマーケティング手法を試してみたが、狙った顧客を集客できず売上につながらない…とお悩みでしたらポジショニングメディアで解決することが可能です。

ポジショニングメディアとは、自動車部品業界における特定分野に特化したWebメディアを立ち上げ、自動車部品に興味があるユーザーを集中的に集客する施策です。

掲載側も自社の強みや特徴を理解したユーザーから問い合わせなどを受けることができるため、効率的な商談創出から受注単価の高い案件を獲得することが可能です。

ポジショニングメディアを導入した結果、

  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった
  • 数ある競合から自社に興味を持ってもらえるようになり、反響獲得後から契約までの期間を3分の1に短縮できた
  • 今まで下請け仕事ばかりだったが、Webから月2件元請けの契約が取れるように

といった売上や営業効率向上に繋がった事例もあります。詳しくはこちらからご覧ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

キャククルを運営する全研本社では、クライアント企業ならではの強みを徹底分析し、その強みを最大限に活かしたマーケティング戦略のご提案を得意としています。
特に、上記で紹介したマーケティング戦略を一貫して請け負っております。専門の動画チーム、SEOディレクターが在籍し、7,500サイトを超えるポジショニングメディアで企業のマーケティングを支援してきました。
「集客がうまくいかず、売上が上がらない」「Webでの販売をもっと強化したい」といったお悩みや課題がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ