矯正歯科の集患で役立つポータルサイトはどれ?選び方も解説

矯正歯科の集患で役立つポータルサイトはどれ?選び方も解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

矯正歯科の患者を増やすべくWeb広告を出しても、「反響が全然ない…」「契約にならない問い合わせばかり…」とお困りではありませんか?

もしかすると、今のやり方は貴院とマッチした患者さんを集患しにくい方法かもしれません。

本記事では、矯正歯科患者を効果的に集客する広告媒体として利用されるポータルサイトの魅力、事例、反響を得るためのポータルサイトの選び方などを紹介します。

また、医療広告を出す際に注意すべき、医療広告ガイドラインに沿った広告の作り方についても解説しています。

集患・増患が上手くいかずお悩みの歯科クリニックの経営者、ご担当の方は、ぜひ最後まで目を通してください。

矯正歯科の集患にポータルサイトが選ばれる理由

ポータルサイトは、インターネット上に点在するユーザーが知りたい情報を集約した、「入口」としての機能を果たすサイトです。

通院したい歯科クリニックを探す場合、場所診療時間料金通院した方の口コミなど、あらゆる角度で情報を集めて比較した後、通うべき1院を選びます。

このように知りたい情報がまとめて見れるのが、ポータルサイト最大の利点であり、歯科クリニックにとっても自院のPRに有効活用できます。

反響が得られるポータルサイトの選び方

ポータルサイトの種類は多種多様

しかし、ポータルサイトと一口に言っても、インターネット上には実に様々なタイプが存在します。

ポータルサイトの有効性は分かっても、問題は「どの媒体を活用するか」です。ユーザーの閲覧数、クリニックの掲載数など、多ければ多いほど認知度を上げるチャンスも広がる一方、選ばれる確率が低下するリスクもあります。

では、どんな視点で選べば良いのでしょうか?

選ぶポイントは「ターゲットは誰か」が明確になっていること

ポータルサイトを選ぶ際には、「誰」をターゲットにしているのか明確に伝わるサイトを選びましょう。なぜなら、矯正歯科と言っても、治療目的、治療対象者によって選ぶべき歯科クリニックが変わってくるためです。

「矯正歯科に通いたい全ての患者」をターゲットにしたサイトよりも、「女性」なのか、あるいは「子供」なのか等、ターゲットをより具体化したサイト方が、来院して欲しい患者さんを効率的に集めることができます。

ターゲットが明確な矯正歯科ポータルサイト

歯並びをキレイにしたい女性限定

矯正歯科Passport(パスポート)

矯正歯科Passport(パスポート)

画像引用元:矯正歯科Passport公式サイト(https://www.kyousei-passport.com/)

引用元: 矯正歯科Passport https://www.kyousei-passport.com/

矯正歯科Passport(パスポート)は、歯並びをキレイにしたい女性のための矯正歯科ポータルサイトです。

歯並びが気になるものの、どんな治療を受ければ良いのか悩んでいる女性に対して、「八重歯」「すきっ歯」「出っ歯」など、お悩みごとに相応しい治療法や地域ごとのおすすめクリニックを紹介。

歯並びに悩む女性に寄り添うコンテンツが魅力で、クリニックの選び方のポイント、悩み別矯正治療法、矯正治療にかかる目安となる費用や期間など、知りたい情報が体系的に網羅されています。

また、お住まい近くにあるクリニックも検索ができ、所在地、連絡先、診療時間、診療項目のみならず、通院したいクリニックを選ぶ上で知りたい、

  • 院長先生のプロフィール
  • 在籍医師が保有する資格
  • クリニックの特徴(治療計画・認定医の有無・実績など)
  • 通院した方の口コミ
  •  

などの情報を紹介しています。歯並びを矯正したい女性が閲覧するサイトですので、女性向けの矯正歯科治療に注力するクリニックには最適なポータルサイトです。

矯正歯科Passport
掲載について問い合わせる

小児矯正特化型

小児・子供歯科矯正パーフェクトNAVI

画像引用元:小児・子供歯科矯正パーフェクトNAVI公式サイト(https://www.childrens-orthodontist.com/)

引用元: 小児・子供歯科矯正パーフェクトNAVI https://www.childrens-orthodontist.com/

「小児・子供⻭科矯正パーフェクトNAVI」 は、小児矯正に特化をしたポータルサイトです。歯科矯正経験のあるお子さんを持つママ1,000名にアンケートを取り、その結果をベースに「最適な小児歯科クリニックの選び方」を提案します。

ユーザー側の視点に立ったコンテンツが特徴で、1,000名のママさんアンケート調査結果をもとに、子供矯正の「費用」「期間」「矯正方法」に関する体験談や、これから子供矯正をするママさんの質問に歯科医が応えるQ&Aのコンテンツを用意しています。

さらに、お住まい周辺にある子供矯正歯科も検索でき、

  • 所在地
  • アクセス
  • 連絡先
  • 診療時間
  • 治療費用
  • 院長先生のプロフィール
  • 子供の歯科矯正をしたママさんの口コミ

を分かりやすく紹介しています。子供矯正だけに特化していますので、小児歯科クリニックにとっては、来院してほしいユーザーをピンポイントで集客することが可能です。

小児・子供矯正歯科パーフェクト
ナビ掲載について問い合わせる

インビザライン専門型

インビザライフ

インビザライフ

画像引用元:インビザライフ公式サイト(https://www.modest-orthodontics.net/)

引用元: インビザライフ https://www.modest-orthodontics.net/

「インビザライフ」は、インビザラインに特化したポータルサイトです。目立たない歯科矯正として知られるインビザラインを紹介。

インビザラインで矯正できる症状(八重歯・出っ歯・噛み合わせなど)、その治療法や向き不向き、インビザラインに関するQ&Aコンテンツなど、インビザラインの治療を検討中の方が知りたい情報が網羅されています。

現在は、読み物コンテンツを先に公開していますが、インビザラインを導入している歯科医院の情報も逐次追加していく予定です。

インビザライフ掲載について
問い合わせる

矯正歯科ポータルサイト一覧

ここでは、全国的に矯正歯科を取り扱うポータルサイトを紹介します。国内最大級のもの、口コミ投稿型のものなどサイトコンセプトも様々です。通院したい歯科クリニックが豊富な情報の中から選ぶことができます。こちらもご覧いただきながら、自院の魅力をアピールできるポータルサイト選びにご活用ください。

矯正歯科ネット

画像引用元:矯正歯科ネット(https://www.kyousei-shika.net/)

引用元: 矯正歯科ネット https://www.kyousei-shika.net/

国内最大級の矯正歯科ポータルサイト
株式会社メディカルネットが運営する日本最大級の矯正歯科ポータルサイト「歯科矯正ネット」は、登録歯科医院数・アクセス数ともにNo.1(参照:歯科矯正ネット)というだけあって、多くの矯正歯科をまとめて検索することが可能です。

全国の歯科医院が検索できるほか、医院や歯科医の動画インタビューを見ることができ、ユーザーは歯科の雰囲気を事前に把握することが可能です。

さらに、矯正歯科に関するコラムが多数掲載されているため、歯列矯正自体に不安があるユーザーにとって役立つ情報が多数掲載されています。

広告を掲載するには

歯科矯正ネットでは、掲載費無料の「スタンダードプラン」と、有料掲載となる「プレミアムプラン」が用意されています。

はじめから「プレミアムプラン」に掲載することはもちろん可能ですが、効果が不安な場合には「スタンダードプラン」から開始するとよいでしょう。

e-矯正歯科.com

画像引用元:e-矯正歯科.com公式サイト(http://www.e-kyousei.com/)

引用元: e-矯正歯科.com http://www.e-kyousei.com/

口コミ投稿型ポータルサイト
「患者と歯科医師を結ぶコミュニティーサイト」をコンセプトに、有限会社ライコムと株式会社ティーアンドアール・サポートが共同で運営する口コミ投稿型の集患サイトです。

誕生から20年ほど経つ歴史あるポータルサイトで、ユーザーが投稿した口コミを通し、歯科医院側が患者さんたちの口コミを「歯科医院改善」の参考にしている、という使われ方もしています。

こちらも全国に対応しており、「良いコメントだけでなく、悪いコメントもきちんと確認して歯科医院の経営に役立てたい」と考える院長に支持されています。

広告を掲載するには

歯科矯正を行っている歯科医院であれば登録が可能です。登録には必ず電話確認が入るなど、丁寧な登録フローが魅力です。掲載の詳細に関しては申込フォームに入力すると同時に質問してみましょう。

e-矯正歯科 Plus!

画像引用元:e-矯正歯科 Plus!公式サイト(http://plus.e-kyousei.tv/)

引用元: e-矯正歯科 Plus! http://plus.e-kyousei.tv/

e-矯正歯科.comの姉妹サイト
先ほどご紹介した「e-矯正歯科.com」の姉妹サイトです。矯正歯科のニーズは年々高まっているものの、専門性を認められた専門歯科という括りではこれといった基準がありません。

そこで「e-矯正歯科 Plus!」では、日本矯正歯科学会・日本矯正歯科学会(JIO)・日本成人矯正歯科学会のいずれかに所属しているか、矯正歯科のみを標榜しているかということを条件に掲載を許可しています。

一般的な治療を担当する歯科と比較して、歯列矯正のスキルが高いと期待されることから、矯正技術へのこだわりや治療方針をアピールしたい矯正歯科医院に向いているポータルサイトです。

広告を掲載するには

歯科矯正を専門的に行っており、先に記載した条件に合致する歯科医院であれば登録が可能です。

「e-矯正歯科.com」とお問い合わせ先は同じページですが、「e-矯正歯科 Plus!」をタブで選択することで申込が可能です。

EPARK 矯正歯科まとめ

画像引用元:EPARK 矯正歯科まとめ公式サイト(https://haisha-yoyaku.jp/docs/braces/)

引用元: E PARK 矯正歯科まとめ https://haisha-yoyaku.jp/docs/braces/

EPARK編集部による矯正歯科医院まとめサイト
青森県を除く全国の矯正歯科が検索できる「EPARK矯正歯科まとめ」。サイト内に人気おすすめタグがあり、近隣エリアを地名や駅名のタグで検索することができます。スマホで今すぐ歯列矯正ができる歯科医院を探したい場合などにとても便利でです。

また、様々なコラムが充実しているので、矯正歯科に不安があるという人や、まだ矯正を検討している段階という人にも有益な情報がたくさん掲載されているサイトです。

広告を掲載するには

「EPARK」は歯科医院以外にも美容室やリラクゼーションサロンなど、さまざまな業態の医院やサロンを予約することができます。その利用ユーザーは年間4,200万人にも上るのだそうです。

掲載については「EPARK歯科医院コネクト」(https://epark-shika.jp/?)まで直接お問い合わせください。

自院で集患するポータルサイトを独自で作る方法もあります

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポータルサイトは、既存の枠や形式に合わせた掲載がメインとなります。競合も広告費を支払って同時に掲載しているため、基本的には並列的な訴求にならざるを得ません。

自院の強みを浸透させたいのであれば、自院に特化したポータルサイトそのものをしまうのも方法もあります。しかし、ポータルサイトを作るとなると、巨額な制作費、莫大な運営コストがかかってしまいます。

商圏や商材特性、ビジネスの方向性に合わせてセグメント(区分)したポータルサイトや、貴院の予算とマーケット規模に合わせたポジショニングメディアを制作・運用することが可能です。

商圏内限定で独占的な運用をすることで、その商圏で検討・検索をしているユーザーへの露出シェアを広げることができるなど、マーケティング戦略において様々なメリットがあります。

自院の強みを打ち出せるポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアとは、自院の強みや魅力と、それを必要とするユーザーをマッチングさせ成約に繋げることを目的とした集客メディアです。

貴院がおかれている矯正歯科の市場での「強み」を訴求し、ユーザーに対して貴院の価値を分かりやすく可視化して他院との優位性を打ち出します。

ポジショニングメディアを通じた問い合わせは、他院にはない貴院の価値(強み)を理解した、通院の意欲が高い見込み客になります。

下記の図の通り、ポジショニングメディアが存在することで、集客段階から貴院の「強み」を的確に理解してもらえるフローを作り出すことができます。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

このようにユーザー視点で見ると、「自分にあった治療は、貴院でなければならない」と理解されるため、問い合わせからその後の成約までがスムーズになります。

すでに、120以上の業種での集客実績があります。こちらでは、ポジショニングメディアはどんな方が導入しているのか、その事例を紹介しています。(矯正歯科の事例もあります)

ポジショニングメディアをより詳しく知りたい方は、無料で資料もダウンロードできます。ご興味のある方は、こちらからご覧ください。

矯正歯科市場の導入事例も
チェックする

Web広告を出稿する際に注意すべき「医療広告ガイドライン」について

Web広告を出稿する際に注意すべき「医療広告ガイドライン」について

最後に、医療に関わる方なら既にご存知かもしれませんが、医療機関が広告を出稿する際、必ず注意しなければならないことがあります。

それが「医療広告ガイドライン」です。チラシや看板などによる医療広告を厳しく制限していましたが消費者とのトラブルが後を絶たず、これまで規制対象外だったクリニックの公式サイトも規制対象に指定されました。

主に次のような広告が規制対象となります。

  • Webサイトや検索サービス、メールなどインターネット情報
  • ポスターや看板、交通広告などの掲示物
  • テレビやラジオ、新聞や雑誌などのメディア利用
  • チラシなどの配布する印刷物
  • 説明会などでの口頭やビデオによる案内 など

医療関係者の中でも、特に広報活動に関わる人は注意しなければなりません。違反が多いベスト3として挙げられているのが、美容医療、がん治療、そして歯科医療です。

ガイドラインに違反した場合、6か月以下の懲役、または最大で30万円の罰金が科せられますので十分にご注意ください。医療広告ガイドラインについては、こちらの記事でより詳しく解説していますのでご一読ください。

矯正歯科に特化したWeb集客をしたいなら全研本社へ

「医療広告ガイドラインに沿った広告作りまで手が回らない…」という方は、全研本社にご相談ください。

女性を対象とした「矯正歯科Passport」、審美歯科、子供矯正歯科など、治療目的に合わせた「インビザライフ」「小児・子供矯正歯科パーフェクトナビ」を手掛ける全研本社では、この医療広告ガイドラインを遵守した運用を行っています。

医療広告ガイドラインに抵触していないか逐一チェックしなくても、当社の「関連法規専門スタッフ」が抵触した表現がないか確認した上でポータルサイトのご掲載、貴院に特化したポジショニングメディアの制作を進めています。

これまで、120以上の業界でのWeb集客の実績があり、矯正歯科業界の案件も多数手掛けており、歯科クリニックさまからも、「毎月コンスタントに歯科矯正で成約いただいた」などの嬉しい体験談も多数頂戴しています

来院して欲しい患者をピンポイントで集めるWeb戦略を、医療広告ガイドラインに沿ってご提案いたします。

来院して欲しい患者を集める
Web集客の相談をする



ページトップへ