矯正歯科の集客(集患)を成功させる!web戦略メソッドとは

矯正歯科の集客(集患)を成功させる!web戦略メソッドとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら
診療単価が高い自由診療であり、子どもから大人まで幅広いターゲットユーザーを持つ歯科矯正。インプラントと並んで集患(集客)に力をいれる歯科クリニックが増えている、市場競争の激しい分野です。
ただ闇雲に広告展開をしているだけでは、ユーザーに選んでもらえません。最近では、単価の高い治療を希望するユーザーの多くが、Web上で情報を事前に調査し、矯正歯科を選択しています。Webで自院と他院の差別化、来院してもらう理由づけまで行うことが必要になります。
言い換えれば、Web上で自院の魅力を存分に伝えられていれば、契約の可能性が高いユーザーを集患できるということ。今回は、ユーザーに自院の特徴や強みを理解したうえで来院してもらえるような、矯正歯科ならではの集患戦略を説明していきます。

〝誰でもいいから”では届かない
矯正歯科のWeb集患(集客)はターゲットを絞れるかがカギ

選ばれる
矯正歯科のWeb集患(集客)のカギは、ターゲットとなるユーザーを絞り、そのユーザーが歯科矯正や歯科クリニックへ求めるポイントを、的確にアピールしていくことです。
矯正歯科に関する情報が溢れているWeb上で、ユーザーは「自分が必要としている情報」を直感的に選んでいます。その判断にかかる時間は、数秒程度。”誰かに伝わればいい”レベルの漠然とした情報は、結局のところ”誰にも選ばれない”結果となります。
まずは自院の歯科矯正のメニューや、歯科クリニックとしての特徴を基に、「小児矯正」「噛み合わせ矯正」「審美目的の矯正」の内1つに絞り、ターゲットユーザーを設定しましょう。

小児矯正 6~15歳前後の子どもを持つ保護者がターゲット
噛み合わせ矯正 健康目的での噛み合わせ矯正を考える成人がターゲット
審美目的の矯正 手軽に歯並びを治したいと考える若者がターゲット

ターゲットユーザーを絞り、そのユーザーのためだけを考え、必要とされる情報を発信できれば、選ばれる矯正歯科への第一歩が踏み出せます。

「小児矯正」子どもを想う母親に寄り添うアピールを

歯科矯正に
求めるもの
・痛みに配慮された歯科矯正ができるか
・子どものための歯科矯正システムが用意されているか
・総合的な歯科治療ができるか
歯科クリニックに
求めるもの
・ベビーカーで入れるか、キッズスペースがあるか
・駐車場や駐輪場は完備されているか
・自宅からのアクセスは良いか
その他 ・母親同士のコミュニティが確立しているため、評判が広まりやすい
・費用は低いにこしたことはないが、他所の出費は念頭に置いている

「小児矯正」のターゲットユーザーの特徴は、3タイプの中で唯一、治療を受ける本人ではなくその保護者(多くの場合は母親)であることです。子どもの将来を考え、歯並びを整えてあげたいと考えています。どれだけ子どもや子どもを持つ親へ寄り添ってくれるかが、大きなポイントとなるのです。
どれだけ小児矯正に特化した治療をしてくれるか、痛みやストレスを軽減する対策がなされていて、子どもが通院を拒否しないかといった要素が重要視されます。また、子連れの母親にとって通いやすい歯科クリニックであることも重要です。治療費にもシビアですが、前述の要素をクリアしているのならば、多少の費用アップは問題ないでしょう。

このターゲットユーザーは、母親同士のコミュニティが強固であることも意識してください。評判は広まりやすいため、集患に大きな影響を与えます。1人でも多くの母親を味方にすることを念頭に置くといいでしょう。

「噛み合わせ矯正」確実な治療ができるか、堅実に判断される

歯科矯正に
求めるもの
・歯並びだけでなく、顎の矯正もできるか
・歯科矯正に対してどれだけの専門性があるか
・新しい矯正方法や検査方法などが取り入れられているか
歯科クリニックに
求めるもの
・仕事が休みである土日祝に通えるか
・遅い時間まで通院できるか
その他 ・矯正の知識レベルが高く、歯科医師の資格や設備にも注目する
・費用以上に技術力を注視する傾向にある

3タイプの中で最も歯科矯正への知識レベルが高く、矯正歯科としての実力を重視するのが「噛み合わせ矯正」のユーザーです。単純な価格の安さやアクセスのしやすさで歯科クリニックを選ぶことはありませんが、治療法や検査方法などの細かな部分にまで比較検討を行う傾向にあります。

矯正歯科への専門性、新しい治療技術や検査技法を取り入れているか、歯科医師の持つ資格や経歴にも目を向け、堅実に判断をしてきます。自院が「歯科クリニック」ではなく「矯正歯科」の場合は、このターゲットユーザーを選ぶのも1つの選択です。

「審美目的の矯正」手軽さと低価格を重視するユーザーが多数

歯科矯正に
求めるもの
・時間や手間はかけずに矯正がしたい
・見た目が重要なため、目立つ矯正器具はつけたくない
・できる限り安い費用で矯正がしたい
歯科クリニックに
求めるもの
・美容サロン的な美しい内装のクリニックであるか
・プライバシーに配慮がされているか
・仕事が休みである土日祝に通えるか
その他 ・最も直感的に治療や歯科クリニックを判断する傾向にある
・矯正を「治療」ではなく「美容法」として捉えている

歯科矯正を治療ではなく美容の一環として捉え、手軽&安価な施術ができるかを直感的に判断するタイプのターゲットユーザーです。審美に興味を持つユーザーも多いため、ホワイトニングやオールセラミッククラウン、ラミネートベニアなども追加で契約をしてくれる可能性を秘めています。

価格競争に自信がある、外から目立たないため美意識の高い女性に向いたマウスピース矯正を行っているなどが魅力として伝わりやすいでしょう。歯科クリニックではなく、サロンへ通うような印象をもってもらえるアピールを考えてください。

集客の前に矯正歯科を選ぶ上での判断基準を知っておく

矯正歯科の集客におけるターゲット選定と訴求の方向性を踏まえ、ユーザーが矯正歯科医に辿り着くまでに持っている困りごと、矯正歯科医の判断基準を知っておくことで、どのようなマーケティング戦略にするか、設計における判断材料にすることができます。患者が情報収集をする立場になってフラットに考えてみましょう。

患者が矯正歯科医選びで困ったこと

矯正歯科選びで困ったこと
矯正歯科選びでユーザーが困っていることは、とにかく「自分に合った矯正歯科医」を選ぶための情報がそもそも不足していることに困っています。費用面や実際に行かないと分からない病院や矯正歯科医の雰囲気等も懸念材料として含まれていますが、情報に不足があるからこそ、この不安が生まれている状況です。困ったことがないユーザーは、子供の時に親が決めたからという理由が多くありました。※全研本社調べ
このように、矯正歯科選びで困っているユーザーに対して、自院がどのように優れているのかをわかりやすく情報発信をすることが大切であると分かります。

矯正歯科選びにおける選択基準

矯正歯科選びの判断基準
矯正歯科をこれから選ぶユーザーは口コミや評判を気にしていることが分かります。また、通いやすさや矯正歯科医の接客力や説明能力、といったサービス力、次点で常に最新の矯正トレンドを追いかけているのかという技術力や実績があるのかどうかを重視している傾向にあります。一方では、どれだけマウスピース矯正や裏側矯正に注力しているかは、一般的に歯列矯正を考えているユーザーにとっては、判断基準になりにくいと言えます。そのため、

  1. 患者が通える商圏内で評判がよい矯正歯科医だと認知をさせること
  2. 患者のために心がけていることや積み重ねた実績、技術を伝えること

この2点を実現できるマーケティング戦略を設計する必要があります。※全研本社調べ

お問合せはこちら

矯正歯科の集患(集客)に使える手法とは

ターゲットユーザーを絞り、自院のアピールすべきポイントを決めたら、次はいよいよ集患(集客)です。矯正歯科ができる主な集患(集客)方法を以下で解説します。

ポータルサイトへの登録だけでは集患(集客)に繋がらない


【ポータルサイト登録のメリット】

  • Web上での露出度が増える
  • 有名サイトに掲載されることで信頼感が増す

矯正歯科業界の有名なポータルサイトとして、「矯正歯科ネット」(https://www.kyousei-shika.net/)が挙げられます。スマートフォンプランやプレミアムプランなど様々な登録プランが存在し、月額掲載費が高ければ高いほど、矯正歯科ネットの対象地域内で検索した際に上位へ表示される、一般的なポータルサイトのシステムが採用されています。
そのため、競合の他院がすでに上記のプランを導入していた場合には、上位表示の効果は薄くなります。ポータルサイトの性質上、競合の他院と明確な差別化を図れないため、確実な集患(集客)の手段とはいえません。

ポータルサイトへの登録は、「電話帳へ情報を掲載している」状況に過ぎません。もちろん掲載されていることで露出が増える、信頼感を与えられるといったメリットはあります。有名ポータルサイトへの登録を行った上で、さらなる手段を打っていくのが基本です。

特徴を打ち出せる矯正歯科ポータルサイトへ掲載を

自院の特徴を活かせる矯正歯科ポータルサイトへ掲載をすることで、自院と親和性の高い患者を集患することが出来ます。
全研本社では、「小児・子供⻭科矯正パーフェクトNAVI 」という小児矯正に特化をしたポータルサイトを運営しています。

小児矯正市場は言わずもがな、子供の健康や審美面を気にする親は一定数おり、健診先である学校でも歯並びに関して指摘をされる等、小児矯正が必要だと啓蒙されるチャンスが持続的に訪れるため、着目しておきたい市場です。

このような専門特化型ポータルサイトを使い、地域内で小児矯正も対応が出来る矯正歯科クリニックとして周知させられることで、新規獲得から家族への矯正治療アップセルを見込んだ安定的な売上計画を見込めます。

小児・子供矯正ナビ
小児・子供⻭科矯正パーフェクトNAVIはこちら掲載希望の歯科医院様はこちら

看板広告によるアナログ集患は、Web広告の補助にも


【看板広告のメリット】

  • 患者となりえるユーザーへ直接広告が出せる
  • Web検索を行わないユーザーの集患につながる
  • 歯科クリニック名でのWeb検索を促す

矯正歯科のアナログ集患において一般的なのは看板広告でしょう。
看板広告最大の魅力は、患者となりえる可能性が高いユーザー限定で、直接宣伝ができる点です。歯科クリニックを選ぶ際どうしても重要視されるのは、どれだけ通いやすいか=生活圏内にあるか、という点です。患者となりえるユーザーへ常に広告を行えるというのは、やはり有効な手法であるといえます。また、Web上での検索を行う習慣のない中高年以上のユーザーを獲得するには、やはり看板によるアナログ集患は欠かせません。

さらに看板広告は、Web集客のきっかけとなるメリットがあります。看板広告で認知した医院名をWebで検索したユーザーが、競合の歯科クリニックと比較する前に、より詳しく自院の「強み」を理解してもらえる可能性が高まります。反復効果があるので、より認知度を高める効果も期待できます。

ターゲットユーザーの生活圏内を見極めて広告を出す

看板広告は掲載する場所は最寄りの駅前、駅中が望ましいものの、診療圏の調査を行って、通行人やドライバーの視野に入りやすい場所を設定するのがおすすめです。
3タイプのユーザーを想定し、「小児矯正」ならば小学校近辺、「噛み合わせ矯正」ならばオフィス街、「審美目的の矯正」ならば商業施設など、それぞれの生活圏内に配置するようにし検討しましょう。

看板表記は、「医院名(診療分野)」「所在地」「電話番号」だけでは、興味を引きにくいもの。なるべく詳しい情報を表記するのが理想ですが、看板広告が通行人の視野に入る時間はわずかです。
設置場所によって目にする時間を想定し、「医院名」「所在地」「電話番号」にプラスして、「強み」を認知させることも重視してください。

「矯正歯科+地域名」検索でHPを表示させる地域SEO


【地域SEOのメリット】

  • 歯科矯正を受ける意思が顕在化したユーザーを取り込める
  • HPの工夫することで自ずとSEO対策になる
  • Web上で常に露出をし続けられる

地域SEOとは、「矯正歯科+地域名」といったキーワードで検索した際、自院のHPが検索結果画面の上位に表示されるように施策を行うことです。限定された地域で、歯科矯正するというニーズが顕在化したユーザーへ自院を認識させ、問い合わせを促します。すでに歯科矯正を行う意欲が高いユーザーのため、契約にも繋がりやすいです。

Webサイト制作の視点では、タイトルタグ(ブラウザのタグ部分に表示される文章)やhタグ(見出し)などの主要タグに、「○○県」や「○○市」などの地名を入れるのが基本です。自院の所在地をトップページに明記。「○○駅から徒歩10分」など、アクセス情報まで入れておくと役立ちます。

Googleマイビジネスへ登録し、エリアへの露出度をアップ

GoogleマイビジネスとはGoogleが提供するサービスの1つ。登録することで、検索結果画面の右側部分に、自院の所在地や診療時間、電話番号が掲載されます。ひと目で医院の情報が得られるため、ユーザーはここから直接電話をかけてくることもあります。

Googleマイビジネスの情報登録はオーナー確認後、基本情報を編集して写真をアップロードすれば完成。概要の中に自院の強みも記載できるため、自院のアピールにも繋がります。手軽に登録でき、ポータルサイトなどの代わりにもなるため非常に便利です。

写真は枚数無制限でアップロードが可能です。ネット検索している人は、パッと目に入る画像に興味を引かれる傾向が強く、店舗写真は外観や室内など、できるだけ印象の良いものを登録するのがコツです。

口コミ投稿機能もあるので、ユーザーとコミュニケーションできる役割も担います。歯科矯正などの単価が高い治療は、口コミを医院を選ぶ判断基準にするユーザーは少なくありません。余裕があれば口コミへの返信も行い、信頼度を高めていきましょう。

自院が得意とする治療名での上位表示を狙う

【治療名での上位表示のメリット】

  • 歯科矯正を受ける意思が極めて顕在化したユーザーを取り込める
  • 自院の魅力をより理解してもらえる可能性が高い
  • 競合となる矯正歯科が減少するため上位表示しやすい

例えば「裏側矯正」「ハーフリンガル」「インビザライン」など、得意とする治療方法があればキーワードでもSEO対策するほうがよいでしょう。受けたい治療方法がすでに確定しているので、検索数はどうしても少なくなりますが、治療ニーズは非常に高いです。

商圏をさらに広げたい場合「○○市 矯正歯科 安い」などといった、地域名に加えて、自院の特徴、強みが強調されるキーワード対策を行うと、金額面を気にしているユーザーを呼び込めます。
自院にしかできない特徴的な治療があるのであれば、多少遠方でもユーザーを獲得できるかもしれません。

「モニター」キーワードでの集患(集客)も有効

【モニターでの上位表示のメリット】

  • 競合となる矯正歯科が減少するため上位表示しやすい
  • 口コミや体験談が取得でき、次の集患戦略に繋がる

「モニター」というキーワードで、ユーザーを獲得する方法もあります。
「○○市 矯正歯科 モニター」などのキーワードで検索するユーザーを獲得できるよう、モニターページを別途作成しておきまましょう。
単価が少し下がってしまうユーザーの獲得になってしまいますが、あまり他院が力を入れていない、比較的競合性の低いキーワードです。

モニター獲得後、モニターにWeb上で情報開示を依頼すれば、口コミとして自社サイトやポータルサイト、Googleマイビジネスへの口コミが可能です。事例コンテンツをつくるためにも、必要な内容となります。モニターを軸に、さらなる集患(集客)を検討しましょう。

ターゲットユーザへ「選ばれる」情報を届ける
ポジショニングメディアによる集患(集客)戦略


ポジショニングメディアとは、地域に特化した矯正歯科の医院情報を提供するWebサイトのこと。「○○市 矯正歯科」「○○駅 矯正歯科」「○○区 矯正歯科 費用」などの地域内で矯正を検討している顕在ユーザーが検索を行うキーワードで上位表示をさせ、情報発信を行います。

「小児矯正」「噛み合わせ矯正」「審美目的の矯正」それぞれのニーズとエリアを掛け合わせ、マッチングさせるように矯正歯科医院を紹介。バリュープロポジションやエリアマーケティング概念を用いたマーケティング分析を用いたのち、自院が勝てる市場に特化をしたポジショニングメディアを立ち上げることで、ユーザーが求める正しい矯正歯科クリニックの選び方を情報発信しながら、自院の強みに魅かれたユーザーを啓蒙、既存のWeb集客とは全く異なる選ばれるための広告戦略です。

ポジショニングメディア ポータルサイト
メリット ・自院の魅力に合わせた「矯正歯科の選び方」を啓蒙できる
・他歯科医院との広告費用の価格競争がない
・全国規模の情報が掲載できる
・すでに上位表示されたサイトに情報を掲載できる
デメリット ・新規でサイトを立ち上げるため、上位表示までに期間が必要
・限られた地域以外のユーザーへアピールできない
・ユーザーから選ばれる要素が少ない
・他歯科医院との広告費用の価格競争が発生する
・様々なユーザーが閲覧するため、成約率が落ちる

ポジショニングメディアは集患だけでなく、来院時の契約率向上にも繋がる戦略です。ポジショニングメディア内で自院の強みを理解したユーザーを取り込めるため、問い合わせ率の向上や、実際の契約率の改善がかないます。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアによる矯正歯科医院集患事例


ポジショニングメディアの公開後わずか8ヶ月で「矯正歯科+地域」の検索画面に上位表示され、10ヶ月で1位を獲得。結果として、前年対比で初診患者が月6人増加、施術契約率が50%に上がりました。

歯科クリニックとして明確な強みはありませんでしたが、マウスピース矯正の費用が比較的安く、矯正歯科だけではなく幅広い審美歯科治療が可能、クリニックが新しく個室も完備している、カウンセリングへ力をいれていることなどから、歯並び矯正目的の20~30代女性へターゲットユーザーを設定。女性に共感してもらえるコンテンツづくりを行った結果、大きな集患(集客)に繋がったという事例です。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアについての紹介資料

当社のWEBマーケティング戦略のひとつである「ポジショニングメディア」について、歯科業界、特に矯正歯科について資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集患手法の課題もまとめています。

矯正歯科のポジショニング
メディア戦略についての
資料はこちら

ご相談者様限定!

Web集客経験7000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら

矯正歯科で選ばれる集客戦略なら弊社へ

矯正歯科市場でWeb集客をするには、もう1つ意識すべきこと。それは医療広告ガイドラインを遵守したコンテンツ制作・集客運用ができるかという点です。昨今は医療広告に対する厳しい目があり、厚生労働省の制定した医療広告ガイドラインを遵守しなければ、自院の魅力を伝えることはできません。

キャククルを運営する全研本社バリューイノベーション事業部は、矯正歯科クリニックやインプラントクリニックをはじめ、7000案件以上のWebコンサルティングを行ってきました。医療広告ガイドラインの順守が必要となる顧客の要望にも応えるため、専門の医療・ヘルスケアチームを編成しています。

地域性や競合の矯正歯科クリニック、自院の集患状況によってマーケティング戦略は異なります。市場調査や現状をヒアリングしたうえで、売上最大化に繋がる最適なプランニングをさせていただきますので、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

集客のご相談はこちら

お問合せはこちらバリュープロポジション漫画

ページトップへ