医療機器管理システムの特徴や費用、強みをキャククルが独自に徹底比較!

医療機器管理システムの特徴や費用、強みをキャククルが独自に徹底比較!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

医療機器の保守点検のスケジュール管理が難しい」、「在庫管理に人員を割けない」など、医療機器管理に関するトラブルを抱えている病院は少なくありません。医療機器管理をスムーズに行うなら、医療機器管理システムの導入がおすすめです。

本記事では、医療機器管理システムを導入するメリット・デメリットと、16システムの性能・費用を比較紹介しています。ぜひ医療機器管理システムの導入にお役立てください。

【PR】臨床工学技士が開発
した使いやすい・導入しやすい
医療機器管理システムを見る

医療機器管理システムの特徴や費用比較16選

医療機器管理システム16サービスの特徴と費用目安を紹介します。医療機器管理システムといっても、医療機器の状況をリアルタイムで確認できるものから、バーコードやQRコードで棚卸し作業を簡略化したものまで様々です。病院の医療機器の管理体制に合わせてシステムを導入するようにしてください。

会社名「システム名」 費用目安 システムの特徴
医療機器管理システム「HITOTSU」公式サイトキャプチャ画像【PR】HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」 ・臨床工学技士の実体験・視点を基にシステムを構築
・必要に応じて機能をアップデート!進化と改善を続けるシステム
・初期費用0円!登録機器数の制限もなく導入しやすい

サービスの詳細資料はコチラ>>
初期導入費用:0円
病床数別の月額の利用料
・20-99床:33,000円(税込)/月
・100-299床:55,000円(税込)/月
・300-499床:77,000円(税込)/月
・500床以上:要問合せ
株式会社フォン「ME機器管理システム CEME Web」 1ライセンスで1施設に対応できる 1台15万円+年間保守費用1万5,000円+その他10万円~
アルカディア・システムズ株式会社「医療機器管理システム CEIA」 アカウント設定・動画制作まで委託できる 36.3万円~(税込)
株式会社トマーレ「医療機器管理システムME-smart」 リスクに備えてユーザーごとの権限設定が可能
株式会社メッツ 「ME機器管理システムMe-ARC」 サーバー型で自動バックアップや無停電電源の確保
九州テン「 ME機器管理システム ACE.MediStation」 改正医療法を順守した機能を搭載
株式会社電算「MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)」 低コストで導入できるクラウド型 月額費用3,300円~(税込)
リコージャパン株式会社「リコー医療機器管理支援サービス(通称RMMS)」 医療機器はQRコードで管理できる スタンダード版:月額13万7,500円(税込)
株式会社メディカルバイオサイエンス「forista SECURE Asset(フォリスタ セキュア アセット)」 医療機器の耐用年数を保存できる
株式会社やよい「医療機器管理システム(Mims2)」 貸出状況を一覧で表示
Medikiki.com株式会社「クラウド型医療機器管理システムMMS」 操作性を重視したUIを採用 月額2万7,500円(税込)
PSP株式会社「ARIStation IMED」 施設独自の点検項目を追加できる
ゼロシステム株式会社「ME機器管理ZEROME」 ライセンスフリーで利用台数制限なし
株式会社ウェルビーテック「ME-view」 バーコード印刷にも対応可能
株式会社inglow 機器はバーコード管理ができる
株式会社 ネットランド「Blue Ocean System」 種類別の台数を一目で把握できる 月額2万円(税不明)

【PR】医療現場の声に合わせて進化し続ける、使いやすく導入しやすいシステム

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」

医療機器管理システムのHITOTSU公式サイト画像)画像引用元:HITOTSU公式サイト(https://lp.hitotsu.life/)

【無料】HITOTSUのシステム紹介
資料をダウンロードする

こんな企業におすすめ
  • インターフェースがわかりやすく使いやすいシステムを導入したい
  • 機能などが継続的に更新されているシステムを使いたい
  • 初期費用がかからないシステムを探している

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」を選ぶべき理由

【理由1】医療現場の声を反映したシステムだから使いやすい

HITOTSUは医療機器の現場で主導的な役割を果たす臨床工学技士が開発した医療機器管理システムで、現場の実体験・視点を基に構築されています。現場の条件やニーズを把握して開発されたシステムのため操作性はよく、直感的に使えます。システムに慣れるまでの時間を短縮できるので、コア業務の時間ロス防止が可能です。

機能も臨床工学技士の声を反映したものが豊富に揃っています。医療機器・資産の一括管理、Wi-Fiが弱い病棟での台帳閲覧、添付文書の自動取得・更新など、業務上の「痒いところ」に手が届く機能ラインアップになっています。HITOSUを使うことで、劇的な業務効率化を実現できます。

【理由2】常に「最新版」が使える、絶え間ない機能の進化と改善

HITOTSUの強みの一つは、機能性が常に進化している点です。開発・運営会社は継続的に現場の声を拾い上げ、システムを更新し続けています。2022年のアップデート回数はなんと103回。もちろん、アップデートは2023年以降も続く予定です。

2024年1月には院内外とメッセージやファイルのやり取りができるコミュニケーションツール「HITOTSU Link」もリリースされる予定です。機器や資産の管理だけでなく、それに関する確認などもシステムを通じて直接行えるようになるので、利便性がさらにアップします。

従来の「買い切り型」のシステムでは、ソフトの新しいバージョンが販売されるまで、機能のアップデートは限定的でした。しかし、HITOTSUなら医療機器をめぐる変化にいち早く対応し、常に最適な状態で医療機器を管理することができます。

【理由3】初期費用0円!登録機器数制限なしだから導入しやすい

「医療機器管理システムの導入を検討しているが、コストがネックになっている…」という担当者も多いのではないでしょうか。どんなに機能性が優れていても導入コストが高額では、そう簡単には採用に踏み切れないものです。

HITOTSUでは、全プラン共通で初期費用は0円になっています。また、登録機器制限数もないため、管理したい医療機器の数に関係なく、イニシャルコストを抑えたのシステム導入が可能です。

また、HITOTSUでは、本格導入の前に2ヶ月のフリートライアルを申し込めます。HITOTSUの機能性や使い心地を無料で2ヶ月間試すことができます。試用の結果、スムーズに使えると思ったら本格導入となります。顧客の同意なしに、自動で有償プランへ移行することはないため安心です。

【無料】HITOTSUのシステム紹介
資料をダウンロードする

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」の特徴

HITOTSU株式会社が提供する医療機器管理システム「HITOTSU」は、医療現場の声を反映したシステムです。臨床工学技士の実体験・視点を活かして構築され、圧倒的に使いやすいインターフェースを実現しています。

HITOTSUは医療機器の管理業務に必要なさまざまな機能を搭載し、随時アップデートを行うことで、絶え間ない進化を続けているシステムです。便利な新機能も続々とリリースしています。下記のリストは利用できる機能の一部です。

  • 機器台帳管理
  • 機器の詳細管理
  • 点検フォーマット作成
  • 点検計画の自動化
  • 修理の進捗管理
  • 貸出・返却管理

医療機器の一括管理の他には、放射線・検査技師管理の危機福祉機器・事務系資産も同じシステムで管理できます。

また、2023年には病院の経営改善に役立つデータを可視化できる「経営改善メニュー」、2024年1月にはシステムを通じたメッセージやファイルの送信が可能なコミュニケーションツール「HITOTSU Link」のリリースも予定しています。

初期費用は0円で、月額料金だけで利用できます。登録機器数の制限もないため、導入しやすい点もメリットです。

【無料】HITOTSUのシステム紹介
資料をダウンロードする

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」の導入事例

不具合があっても早急に対応

従来のシステムでは、機能のアップデートはほとんど行われなかったのですが、HITOTSUでは、不具合を指摘した際、早急に対応してもらえて良かったです
引用元:HITOTSU株式会社(https://note.com/hitotsu_life/n/n78e4b09c28e4)

スピーディな対応とサポート体制が素晴らしい

実際に使用してみて、操作のしやすさはもちろん、カスタマーサポートや開発サイクルのすばらしさを実感しました。オンプレミス型システムをデモ利用した際は、ちょっとした設定変更であっても、電話で一報を入れ、折り返しの電話を待ち、来院日を調整し、要望を聞いてもらって、数日後にやっと反映される。しかも、追加費用がかかることもある。それがHITOTSUでは、チャットサポート窓口にいつでも連絡でき、ある程度時間がかかるだろうと覚悟していたような内容も1時間ちょっとで改善してもらえました。他のスタッフにも好評です

引用元:HITOTSU株式会社公式HP(https://note.com/hitotsu_life/n/n5cb24938d241)

要望をすればすぐに改善・アップデートして使える!

他社ではスルーされたり追加料金がかかったりすることも多い中、HITOTSUは要望を受けてすぐに改善・アップデートして使えるようになる点が良いです
引用元:HITOTSU株式会社公式HP(https://note.com/hitotsu_life/n/nc21561c3d4a3)

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」の料金プラン

初期導入費用: 0円
病床数別に月額の利用料
・20-99床: 33,000円(税込)/ 月
・100-299床: 55,000円(税込)/ 月
・300-499床: 77,000円(税込)/ 月
・500床以上: 要問合せ

【無料】HITOTSUのシステム紹介
資料をダウンロードする

HITOTSU株式会社 「医療機器管理システム HITOTSU」の会社概要

会社名 HITOTSU株式会社
会社所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目19-15 宮益坂ビルディング609
会社設立 公式サイトに記載なし
公式HPのURL https://hitotsu.co.jp/

他にもある!医療機器管理システムの情報まとめ

株式会社フォン「ME機器管理システム CEME Web」

ME機器管理システム CEME Web画像キャプチャ
画像引用元:ME機器管理システム CEME Web公式サイト(https://ceme.feng.co.jp/)

会社・サービスの特徴

「CEME Web」は、1ライセンスで1施設に対応できるME機器管理システムです。同一施設内であれば、1ライセンスで使用できる端末台数に制限はありません。パソコン・スマホからアクセスが可能に。ME機器の管理が一つのシステムで行え、貸出返却・所在管理・点検管理・故障管理・修理管理の機能を搭載しています。

臨床工学技士が監修しており、現場に合わせてシステムを開発。医療機器の管理をグラフ表示させて、業務を可視化させることで運用の効率化を図ります。病院機能評価対応をサポートし、医療トラブルの防止に貢献します。医療機器の情報はリアルタイムで取得でき、病床数に応じた価格でシステムを導入することが可能です。

サービスの費用(費用目安)

  • スタンダードアローン:1台15万円+年間保守費用1万5,000円+その他10万円~
  • ネットワーク(院内サーバー設置):ライセンス料100~200症未満60万円+年間保守費用6万円+その他10万円~

サービスの導入事例(実績)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

株式会社フォン企業概要

会社名 株式会社フォン
会社所在地 兵庫県姫路市本町240番地 大手前ダイネンBLD.8F
会社設立 1996年9月26日
資本金 1,000万円
事業内容 コンピューターシステムの構築
電話番号 079-283-0284
公式HP https://ceme.feng.co.jp/

アルカディア・システムズ株式会社「医療機器管理システム 『CEIA』」

医療機器管理システム 『CEIA』画像キャプチャ
画像引用元:医療機器管理システム 『CEIA』公式サイト(https://arc-mec.com/system/)

会社・サービスの特徴

「CEIA」は医療機器管理システムで、モバイルに対応しています。 点検作業のペーパーレス化が実現でき、スマートポンプモニタリングシステムの搭載でドライブ情報をモニターすることも可能です。アラームやポンプ設定の異常にいち早く気づけるようになります。ナースステーションでは、点滴残時間や量の把握にも役立てられます。

さらに、対応できるME機器を増やしており、人工呼吸器の実験を行うなど今後の機能拡張に期待が持てます。臨床検査部門の医療法改正にも対応しており、貸出履歴・点検修理履歴・患者使用履歴を一元管理できます。購買情報や稼働状況の把握により、無駄を排除することが可能に。収益改善の見直しにも繋げられます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

アルカディア・システムズ株式会社企業概要

会社名 アルカディア・システムズ株式会社
会社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー20F
会社設立 1988年5月12日
資本金 2,000万円
事業内容 医療システムソリューション
電話番号 06-6390-0051
公式HP https://arc-mec.com/system/

株式会社トマーレ「医療機器管理システム『ME-smart』」

医療機器管理システム『ME-smart』画像キャプチャ
画像引用元:医療機器管理システム『ME-smart』公式サイト(https://www.tomare.co.jp/product/mesmart.php)

会社・サービスの特徴

「ME-smart」は臨床工学室、中央機器管理室向けの医療機器管理システムです。配置移動履歴を管理でき、医療機器の状態を直ぐに確認できます。ID・パスワードによる管理が可能で、リスクに備えてユーザーごとの権限設定が可能です。

医療機器の点検は各パーツの記録を保存でき、点検作業を速やかに実施できます。タブレット端末にも対応しているので、点検管理業務の効率化が図れます。管理画面には当日の作業予定・終業点検・未処理作業の情報が一覧で表示。当日の作業の抜け漏れを防ぐのに役立ちます。

また、タッチパネルに対応しているので、点検処理はバーコードの読み取りだけで貸出・返却登録が可能です。煩雑な作業を必要としないため、機器台帳への登録業務を浸透させることができます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

株式会社トマーレ企業概要

会社名 株式会社トマーレ
会社所在地 福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-16 グラフィックメゾン舞鶴 3F
会社設立 2012年2月
資本金 1,000万円
事業内容 医療・介護情報システムおよび関連ソフトウェア・ハードウェアの構築・販売・運営・保守
電話番号 医療機関・介護施設および医療・介護関連企業に対するコンサルティング業務
公式HP https://www.tomare.co.jp/product/mesmart.php

株式会社メッツ 「ME機器管理システム『Me-ARC』」

ME機器管理システム『Me-ARC』画像キャプチャ
画像引用元:ME機器管理システム『Me-ARC』公式サイト(https://www.mets-tokyo.jp/products/me-arc.html)

会社・サービスの特徴

「Me-ARC」はME機器管理システムで、サーバー型で自動バックアップや無停電電源の確保を行い安全対策に力を入れています。使用者IDやパスワードの管理ができ、ユーザー権限を細かく設定することが可能です。業務に関係のないデータの修正を制限し、適切な管理体制を構築します。

また、全端末へリアルタイムで入力・変更処理が配信されるので、更新情報を直ぐに確認できます。データ閲覧中でも更新情報が優先されるため、一つ前の情報を誤認識するトラブルを予防することが可能に。真正性の確保ができます。モバイル端末にも対応しているので、保守点検の実施作業の抜け漏れがなくなります。医療機器のリアルタイムの動作状況も取得できるため、誤動作時に速やかに対処できます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

株式会社メッツ 企業概要

会社名 株式会社メッツ
会社所在地 東京都足立区千住仲町1-7
会社設立 1986年11月17日
資本金 1,000万円
従業員数 50名
事業内容 医療材料・医療機器の輸入・販売
電話番号 03-3888-8445
公式HP https://www.mets-tokyo.jp/products/me-arc.html

九州テン「 ME機器管理システム 「ACE.MediStation」」

 ME機器管理システム 「ACE.MediStation」画像キャプチャ
画像引用元: ME機器管理システム 「ACE.MediStation」公式サイト(https://www.qten.co.jp/products/ACE.html)

会社・サービスの特徴

「ACE.MediStation」は、 ME機器管理システムです。改正医療法を順守した機能を搭載しており、2022年のIT導入補助金対象製品A類型に該当します。補助金申請により導入コストを抑えられるので、医療機器管理システムの更新や新規導入を検討している病院も相談しやすくなっています。

ME機器管理システムはタブレット対応しており、医療機器管理を速やかに実施できます。作業効率が高まるため、従来よりも管理業務にかける時間を削減することが可能。オプション機能により、無線送信器を使った管理もできます。ME部門以外にも放射線部門・検査部門の医療機器を管理できるため、システムの導入費・管理の削減に繋がります。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

  • 導入前:医療機器システムの導入から10年が経ち、効率化が課題になっていた
  • 導入後:医療機器の状態監視をリアルタイムででき、トラブルを未然に防げるようになった

株式会社 九州テン企業概要

会社名 株式会社 九州テン
会社所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-27 九勧博多駅前ビル
会社設立 1967年12月1日
資本金 1億円
従業員数 619名(2022年6月時点)
事業内容 無線・通信機器等の製造
電話番号 092-473-5164
公式HP https://www.qten.co.jp/products/ACE.html

株式会社電算「MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)」

MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)画像キャプチャ
画像引用元:MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)公式サイト(https://www.ndensan.co.jp/mavin/)

会社・サービスの特徴

MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)は、低コストで導入できるクラウド型の医療機器管理システムです。月額3,300円から利用でき、ハードウェアを除き初期費用は発生しません。マルチデバイス対応のため、どこからでもアクセスが可能で、医療機器管理の業務効率化が図れます。データは自動でバックアップされるので、パソコンが故障するなど不足の事態に陥った際も心配ありません。

医療機器管理に際して、データ登録や移行作業が発生する場合も、丸ごと委託できるため導入時の負担軽減に繋がります。医療機器管理システムの使用感を確かめてから導入したい方は、14日間の無料トライアルでお試しいただけます。

サービスの費用(費用目安)

  • 月額費用3,300円~(税込)

サービスの導入事例(実績)

  • 導入前:オンプレミス型の医療機器管理システムを使用
  • 導入後:クラウド型の医療機器管理システムに変更
  • 成果:初心者でも扱いやすく、利用場所が制限されなくなり運用負荷を軽減できた

情報参照元:MAViNCloud盟敏蔵人(メイビンクラウド)公式サイト|導入事例(https://www.ndensan.co.jp/mavin/index.html#Example)

株式会社電算企業概要

会社名 株式会社電算
会社所在地 長野県長野市鶴賀七瀬中町276-6
会社設立 1966年3月29日
資本金 13億9千5百万円
従業員数 694名(2022年3月31日時点)
事業内容 情報処理サービス、情報提供サービス、情報通信サービス、情報保管サービスおよび運用・監視サービス業務
電話番号 026-224-6666
公式HP https://www.ndensan.co.jp/mavin/

リコージャパン株式会社「リコー医療機器管理支援サービス(通称RMMS)」

リコー医療機器管理支援サービス(通称RMMS)画像キャプチャ
画像引用元:リコー医療機器管理支援サービス(通称RMMS)公式サイト(https://www.ricoh.co.jp/service/medical-equipment-management-support-service)

会社・サービスの特徴

リコー医療機器管理支援サービス(通称RMMS)は、クラウド型の医療機器管理支援サービスです。初めての導入でも操作しやすい画面を採用しているので、年代や知見の有無によらず使用時のハードルが低くなっています。点検項目はクリニックの管理状況に合わせてカスタマイズができ、スマホでの管理にも対応します。

医療機器はQRコードで管理できるので、棚卸し作業が簡単に。毎月カスタマーエンジニアがクリニックを訪問し、基本点検を実施するので医療機器の点検作業の負担を軽減できます。基本点検は動作確認から劣化状況の把握、断線やひび割れ確認、清掃に至るまで細やかに対応。医療機器を安全に使用できるよう、点検体制の構築をサポートします。

サービスの費用(費用目安)

  • スタンダード版:月額13万7,500円(税込)
  • ライト版:2万7,500円(税込)

サービスの導入事例(実績)

  • 導入施設:専門病院、臨床工学士3名在籍)
  • 導入前:管理業務に毎月54時間かけていた
  • 導入後:医療機器管理工数を63%削減、管理業務時間を34時間削減

情報参照元:リコージャパン株式会社公式サイト|リコー 医療機器管理支援サービス(https://www.ricoh.co.jp/service/medical-equipment-management-support-service)

リコージャパン株式会社企業概要

会社名 リコージャパン株式会社
会社所在地 東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル
会社創立 1959年5月2日
資本金 25億円
従業員数 18,697名(2022年4月1日時点)
事業内容 複合機(MFP)やプリンターなどの画像機器や消耗品およびICT関連商品の販売と関連ソリューションの提供
電話番号 03-6837-8800
公式HP https://www.ricoh.co.jp/service/medical-equipment-management-support-service

株式会社メディカルバイオサイエンス「forista SECURE Asset(フォリスタ セキュア アセット)」

forista SECURE Asset(フォリスタ セキュア アセット)画像キャプチャ
画像引用元:forista SECURE Asset(フォリスタ セキュア アセット)公式サイト(https://mbs-mk.co.jp/pages/46/)

会社・サービスの特徴

「forista SECURE Asset(フォリスタ セキュア アセット)」は、ME・CE向けの医療機器管理システムです。医療機器の耐用年数を保存できるため、中長期的な管理に役立ちます。SaaS型のシステムのため、セキュリティ性も高く、医療機器のデータ管理も厳重に行うことが可能です。貸出返却・コール・研修といったデータはレポート出力も行えるので、運用管理に有効活用できます。

「forista SECURE(フォリスタ セキュア)」をあわせて導入すると、医療機器の貸出・返却情報を、ME室・病院間問わず自動登録が可能になります。新たに用意する機器が少ない分、導入時のハードルは低くなっています。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

株式会社メディカルバイオサイエンス企業概要

会社名 株式会社メディカルバイオサイエンス
会社所在地 群馬県太田市東今泉町464-1 太田ディストリビューションセンター「MADRE」内
会社設立 1984年12月12日
資本金 11,000,000円
従業員数 67名(2022年7月1日時点)
事業内容 医療機器の修理・保守
電話番号 0276-56-9924
公式HP https://mbs-mk.co.jp/pages/46/

株式会社やよい「医療機器管理システム(Mims2)」

医療機器管理システム(Mims2)画像キャプチャ
画像引用元:医療機器管理システム(Mims2)公式サイト(http://www.kk-yayoi.co.jp/category/product_line/mims.html)

会社・サービスの特徴

「Mims2」は、医療機器の点検・修理状況を把握できる医療機器管理システムです。統計情報はエクセル形式で保存ができ、要望に応じて出力できます。修理や購入の際の検討材料として用いることができ、医療機器を有効活用できるようになっているのが特徴です。

また、医療機器の貸出状況も一覧で表示できるので、医療機器の所在を突き止めやすくなります。トラブルの防止に繋がるほか、点検や業務スケジュールの策定に役立ちます。貸し出し状況は各部署で管理ができ、直感的に分かるよう操作性の高いデザインを採用。バーコードリーダでの管理も行えるので、医療機器の管理にかける手間や時間の削減に繋がります。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

株式会社やよい企業概要

会社名 株式会社やよい
会社所在地 兵庫県姫路市古二階町3番地
会社設立 1965年3月12日
資本金 9,230万円
従業員数 382名(男233名・女149名)2021年6月30日時点
事業内容 医療機器、医療器具、病院設備、衛生材料、ME機器、介護用品の販売
電話番号 079-224-5151(代)
公式HP http://www.kk-yayoi.co.jp/category/product_line/mims.html

Medikiki.com株式会社「クラウド型医療機器管理システムMMS」

クラウド型医療機器管理システムMMS画像キャプチャ
画像引用元:クラウド型医療機器管理システムMMS公式サイト(https://www.medikiki.co.jp/21307302742723122120316492970212471124731248612512.html)

会社・サービスの特徴

「MMS」は、クラウド型の医療機器管理システムです。操作性を重視したUIを採用しており、情報を分かりやすく表示しています。機器の配置場所・台数を一目で把握でき、日常の点検はスマホで簡単に実施できます。二次元コードで読み取り、ボタンを押下するだけの簡単な操作方法で、誰でも簡単に医療機器を管理することが可能です。

医療機器の所在や点検項目の変更は自由にでき、医院に合わせてカスタマイズができます。仕上がった点検報告の履歴は、日・月・年別に出力可能。監査にも対応しやすく、同じカテゴリーの医療機器の管理も容易になります。月額制を採用しており、小投資で始められるところが魅力の一つです。

サービスの費用(費用目安)

  • 月額利用料2万7,500円(税込)

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

Medikiki.com株式会社企業概要

会社名 Medikiki.com株式会社
会社所在地 東京都渋谷区神宮前2-9-11 シオバラ外苑ビル4F
会社設立 2016年4月25日
資本金 81,000千円
事業内容 医療機器サイトの運営、医療機器管理システムの提供
電話番号 03-6438-9397
公式HP https://www.medikiki.co.jp/21307302742723122120316492970212471124731248612512.html

PSP株式会社「ARIStation IMED」

ARIStation IMED画像キャプチャ
画像引用元:ARIStation IMED公式サイト(https://www.psp.co.jp/solution/solution_imed.html)

会社・サービスの特徴

「ARIStation IMED」は、施設独自の点検項目を追加できる医療機器管理システムです。JIRA点検項目を標準搭載しているほか、独自の点検項目を作成できるため、施設に合わせた点検を実施できます。また、グラフ表示で推移を可視化できるので、機器管理が容易になります。

保守に関わる文書を添付ファイルとして保管でき、保守記録を誰でも簡単に追えるようになります。急な医療機器管理の引継ぎも心配ありません。万が一障害が発生した際には、対応記録も残せるため、類似した障害が発生した際の比較材料となります。そのほか、診断支援システムや業務支援システムも扱っており、医院診療体制に合わせたシステムの提案が可能です。

サービスの費用(費用目安)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイトに情報は見つかりませんでした。

PSP株式会社企業概要

会社名 PSP株式会社
会社所在地 東京都港区虎ノ門5-13-1
会社設立 1989年8月1日
資本金 11億円
従業員数 約400名(2022年4月1日時点)
事業内容 医用画像システムおよび放射線分野の業務支援システムの開発提供
電話番号 03-4346-3180(代表)
公式HP https://www.psp.co.jp/solution/solution_imed.html

ゼロシステム株式会社「ME機器管理ZEROME」

ME機器管理ZEROME画像キャプチャ
画像引用元:ME機器管理ZEROME公式サイト(http://zerosystem.jp/zerome/)

会社・サービスの特徴

「ZEROME」は、ME機器管理システムです。医療機器の保守管理を支援するシステムで、ライセンスフリーのため利用台数制限はありません。要望に合わせて機能の拡張や新規機能の追加を行っており、電子カルテとの連携も可能です。機能を拡張して、ICタグを使用した医療機器の所在管理機能を追加することもできます。

そのほか、院内物流管理システム「ZERO Supply」や、褥瘡管理システム「ZERO Pulcer」もあわせて提供しています。院内物流管理システムを使用すれば、医療機器だけでなく、診療材料・医薬品・消耗品・日用品といった医院運営に必要な物の管理を一貫して行えるように。また、褥瘡管理システムを採用すると、褥瘡発生防止や早期治療を支援でき、業務の効率化や患者の満足度向上に繋げられます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

  • 病床数308症の病院
  • 現場に合ったカスタマイズができるME機器管理システムの導入により、使いやすく要望にも直ぐに対応できる

情報参照元:ゼロシステム株式会社公式サイト|ZERO ME導入事例(http://zerosystem.jp/case/1)

ゼロシステム株式会社企業概要

会社名 ゼロシステム株式会社
会社所在地 熊本県熊本市中央区水前寺6-23-12 陣内ビル2F
会社設立 2006年6月1日
資本金 1,000万円
事業内容 医療業界向けのシステム開発と販売
電話番号 096-243-3511
公式HP http://zerosystem.jp/zerome/

株式会社ウェルビーテック「ME-view」

ME-view画像キャプチャ
画像引用元:ME-view公式サイト(https://wellbetech.co.jp/me/)

会社・サービスの特徴

「ME-view」は、クラウド型のME機器管理システムです。医療機器のメンテナンス情報を管理できるシステムで、法令を遵守して管理できます。機器はバーコード管理ができ、バーコード印刷にも対応可能です。保守計画をスムーズに進められます。そのほか、保守履歴が確認でき、保守結果や次回保守日の登録も可能。医療機器のステータス情報を常時把握できるので、医療機器の購入や利用を検討しやすくなります。

また、研修内容の登録は年次単位で行うことが可能です。受講者や主催者、対象機器や資料などの詳細情報まで追記できます。医療機器の管理だけでなく、研修計画の策定にも役立ちます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした

株式会社ウェルビーテック企業概要

会社名 株式会社ウェルビーテック
会社所在地 東京都豊島区東池袋2-60-2 2F
会社設立 2018年3月
資本金 3,000,000円
事業内容 医療系システムインテグレート事業、医療系コンサルティング事業
電話番号 070-1470-4470
公式HP https://wellbetech.co.jp/me/

株式会社 ネットランド「Blue Ocean System」

Blue Ocean System画像キャプチャ
画像引用元:Blue Ocean System公式サイト(https://www.net-land.co.jp/products/878)

会社・サービスの特徴

「Blue Ocean System」は、クラウド医療機器総合マネジメントシステムです。医療機器の保守データと、院内研修データを一元管理できるシステムで、医療機器の有効利用を実現します。医療機器管理台帳で院内にある全ての医療機器を確認できるほか、管理機器サマリにて種類別の医療機器の台数を一目で把握できます。

設置場所ごとの台数・納入代理店ごとの台数・クラス分類ごとの台数・保守点検契約を結んでいる台数・借用している台数を一覧で表示できるので、院内の医療機器を俯瞰して管理することが可能に。また、点検・修理カレンダー機能も搭載しており、過去5年から未来5年間の保守・修理予定が分かり、保守・修理の抜け漏れがなくなります。

サービスの費用(費用目安)

  • 月額2万円(税不明)

サービスの導入事例(実績)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

株式会社 ネットランド企業概要

会社名 株式会社 ネットランド
会社所在地 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル
会社設立 2018年1月5日
資本金 1億円
事業内容 ITソリューション総合サイト「IT ICHIBA」の運営
電話番号 0120-652-007
公式HP https://www.net-land.co.jp/products/878

日本コントロールシステム株式会社「企業向け研究機器管理システム『SimProp』」

企業向け研究機器管理システム『SimProp』画像キャプチャ
画像引用元:企業向け研究機器管理システム『SimProp』公式サイト(https://www.ls.nippon-control-system.co.jp/ccke6h9d/simprop)

会社・サービスの特徴

「SimProp」は、企業向け研究機器管理システムです。機器の利用状況の管理ができるため、効率的な投資を目指せます。点検予定もリマインドで知らせるので、定期的な点検も忘れずに実施できます。故障報告がまとめて確認でき、機器の管理が容易に。QRコードの発行機能を搭載しており、研究機器の棚卸し作業負担を軽減します。

また、研究機器の空き情報を可視化できるため、研究者が使用したい時に研究機器を利用することが可能です。スマホで利用状況を簡単に記録できるので、研究者間の情報共有が容易になります。万が一、故障した際も報告先が明確になり、二次被害を防ぐことができます。

サービスの費用(費用目安)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

サービスの導入事例(実績)

公式サイト上に情報は見つかりませんでした。

日本コントロールシステム株式会社企業概要

会社名 日本コントロールシステム株式会社
会社所在地 東京都渋谷区恵比寿1-20-18 三富ビル新館5F
会社設立 1981年
資本金 5935万円
従業員数 212名 (2022年4月時点)
事業内容 コンピュータシステム・制御システムの開発 ソフトウェアの受託開発
電話番号 03-3443-5081
公式HP https://www.ls.nippon-control-system.co.jp/ccke6h9d/simprop

医療機器管理システムとは?

医療機器イメージ画像
医療機器管理システムとは、ME機器の履歴管理・在庫管理を支援するシステムのことです。点検・保守管理を適切に行うことで、点検や修理作業の抜け漏れを防げるようになります。安全に医療機器を使用するためにも、欠かせないシステムだといえます。

医療機器管理システムでできること

医療機器管理システムでは、下記の機能を搭載しているシステムが多く、病院の効率的な運営や収益化に貢献します。

  • 医療機器の購入履歴の管理
  • 医療機器の貸出・返却登録
  • 医療機器のリアルタイムの使用状況
  • 医療機器の配置場所・台数確認
  • 医療機器の点検・修理の計画管理、未実施作業の通知
  • 電子カルテや他システムへのデータの転記

医療機器管理システムを導入するメリット

医療機器管理システムを導入するメリットは、ME機器の所在を把握できるため、効率的な運用ができる点にあります。医療機器を使った研修の実施が容易になるほか、保守点検のスケジュール管理が厳重に行えるので、点検の抜け漏れがなくなります

バーコードやQRコード管理ができるシステムであれば、貸出・返却作業もスムーズに。棚卸し作業の時間の短縮にも期待が持てます。

医療機器管理システムを導入するデメリット

医療機器管理システムを導入するデメリットとしては、クラウドサービスへの医療機器の登録やデータ移行に手間を要することが挙げられます。知見のあるスタッフがいなければ、システム運用によるトラブル発生時に対応できないといった側面も持ち合わせています。

ただし、医療機器管理システムによっては、導入時のデータ移行やトラブル発生時の支援を行っているものもあるため、自社に合ったシステムを導入することが大切です。

医療機器管理システムを選ぶ際に確認すべきポイント

ポイント
医療機器管理システムを導入する際は、オンプレミス・クラウドのどちらの提供スタイルか確認しておきましょう。

オンプレミス型は自社でサーバーを保有する必要があり、セキュリティ対策が必要です。一方で、クラウド型はサーバー不要で、Webを利用してシステムを起動させます。セキュリティ対策やシステム運用の手間がなくなるので、自社にノウハウがない場合はクラウド型を採用するのも一つの手です。

医療機器管理システムまとめ

medical
医療機器管理システムと言っても管理体制は様々です。棚卸し作業が楽になるシステムや、リアルタイムの状況が反映されるシステムまで機能はピンキリなので、自院に合ったシステムの導入が大切です。導入する前には自院のニーズや課題を洗い出し、それに合ったシステムを選定してください。例えば、初期導入費用を抑えたいなら、クラウド型のシステムがおすすめです。最適なシステムを選定すれば医療機器管理システムの導入は業務効率アップといった成果に繋がりやすくなります。

ページトップへ