美容業界のためのオウンドメディア戦略

美容業界のためのオウンドメディア戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オウンドメディアと美容業界の親和性は高い

オウンドメディアは広告費が掛からないメディア

広告手法と聞くと、ついお金が掛かるコンテンツをイメージしてしまうのではないでしょうか。

オウンドメディアの場合は、サイトの構築費こそ掛かるものの、自社内で完結させることができ、記事を投稿する以外のコストを伴わないという点で、非常にコストメリットが高いメディアと言えます。

そのため、ショップカードや自社サイトの代わりに置いておくだけでも非常に効果的だと言えるのです。

美容業界との親和性が高い

閲覧者は主に女性

近年では男性美容が注目されていますが、やはり閲覧率が高いのは女性です。女性は常に新たな美容情報を探しており、効果があるだけではなく、鮮度が高い情報を常に欲しています。

SNSが活発な現在では、既に事足りているように感じるかもしれません。しかし広く美容情報という観点では、SNS上の情報だけでは不足しており、通常のサイト検索などで公式サイトやオウンドメディアから、複合的に情報を収集している場合が多いのです。

ファンにしやすい

ユーザーは何か悩みや疑問を解消するために情報を検索しています。そのため適切な解決策を提示することができれば、オウンドメディアの価値そのものの向上と、信頼感を高めることができます。

商品を購入する際に「ブランドのファンである」ことは非常に効果を発揮します。ファンになってもらうことができれば、類似商品であっても価格競争に巻き込まれることはなく、「このブランドだから」と言う理由で商品購入に繋げることができるのです。

ショップカード代わりにも

誰かに何かをオススメする際に、URLがあるのは非常に参考になります。そのURLにはより商品やお店の詳細が分かる情報が詰まっていた方が、URLの送り手も受け手も嬉しいのではないでしょうか。

オウンドメディアは、自ブランドの情報をたくさん詰め込むことができます。そのため公式サイトのような役割はもちろん、SNSのような役割も同時に果たしてくれます。

特徴やアクセスなど、細かく説明しなくてはならないことを一つにまとめて置ける場所として、オウンドメディアは有効なのです。

美容業界のオウンドメディア事例

一言に美容業界と言っても、その業種やお店の雰囲気などに合わせて、各社多くの工夫を凝らしています。今回は一際目を引く美容業界のオウンドメディア事例をご紹介します。

スキンケア大学

スキンケア大学は、リッチメディアが運営する「お肌のための暮らし」を考えるメディアです。肌にまつわる情報を、様々な立場の方が寄稿しています。

専門家が動画で開設するコンテンツも

美容系メディアの難しい点は、本当にその情報が本当かどうか、という点をユーザーに判断してもらうことです。スキンケア大学はこの点を、専門家に登場してもらうことで解決しています。

医学的根拠に基づく話はその道のプロであるドクターが、またコラムニストなどの日常的にプロとして美容系記事を寄稿している方たちに記事を書いてもらっているため、信ぴょう性が高い情報が豊富です。

これらの専門家たちは記事などの文字はもちろん、YouTubeなどを活用して動画でも「解説を行っています。

会員登録でさらなる詳細情報を獲得可能

「スキンケア大学」では会員登録を行うことで、より個方向けにカスタマイズされた情報提供を受けることが可能です。

肌の悩みは個方によって千差万別ですが、肌タイプに合わせて情報を提供するメールマガジンや、プレゼントキャンペーンに参加することが可能です。

このように個方に注目してコンテンツ展開を行っている点は「スキンケア大学」ならではの特徴と言えるでしょう。

ニキペディア

その名の通りニキビに関する悩みに特化したオウンドメディアです。プロアクティブ社が運営しており、掲載されている情報はまさにニキビの専門家ならではの情報と言えます。

ないように特化して他社との差別化を図る

美容という広い括りでは競合他社は多数存在しますが、ニキビに特化しているサイトは決して多くありません。そのため、情報を特化することで他社と差別化を図るという点で、「ニキペディア」は成功しているオウンドメディアだと言えるでしょう。

顔だけではなく、全身のニキビの悩みを解決

ニキビは顔にできるイメージが強いですが、全身ニキビができる可能性があります。しかし情報を検索すると、やはり目に付きやすいのは顔のニキビのケア方法。

そこで「ニキペディア」では、顔以外のニキビケアについても詳しく記載することで、今まで情報難民だった層を獲得できています。

@cosme

コスメ情報を調べる時に、まず@cosmeを閲覧する方や、@cosmeのランキングを意識して商品決定を行う方は多いのではないでしょうか。

コスメ情報を扱うサイトとしては広く知られているistyle社が運営する@cosmeも、オウンドメディアの成功形と言えるでしょう。

ユーザーの口コミで差別化

@cosme最大の強みは、何といってもユーザーの口コミです。

サンプル商品をもらえたり、店頭で試し使いができる場合はもちろんありますが、化粧品はある程度継続的に使用することでその効果が分かるものがほとんどです。

そのため、一定期間使用しているということはもちろん、自身の肌質を登録できるため、似たような肌質の方がどのようなコメントをしているかを参考にすることができます。

どれだけ良いPRも、結局は口コミにはかないません。
@cosmeはその特性を最大限活用しているのです。

美的.com

2001年に創刊した女性向け雑誌「美的」のオウンドメディアです。雑誌購読ユーザーはもちろん、「美的.com」のファンユーザーを多く抱えています。

スキンケアはもちろん、メイクやバスグッズなど、生活に関わる美容情報を全て網羅している点が特徴です。

話題の有名人のコラムもあり、読み応えたっぷりです。

健康美塾

第一三共ヘルスケアが運営する「健康美塾」は、身体の中から行うことができる美容情報を多数掲載しています。

また、他のサイトでは取り上げられていないような、女性ならではのデリケートな悩み解決コラムなどもあることが差別化要素になっています。

オウンドメディア成功の鍵は差別化戦略

自社のPRしたい魅力は何か

どれだけ良いコンテンツを揃えていても、それが自社の魅力が伝わる内容でなければ意味がありません。大切なのは、自社の魅力をまずは明確にすることです。

自社の中に居ると、「あれもいい」「これもいい」と魅力が様々思いつくかもしれませんが、それは顧客も同様に感じる内容でしょうか?

あくまでも顧客目線に立ち返り、本当に重要な魅力を洗い出すようにしましょう。

美容業界のオウンドメディアまとめ

美容業界のオウンドメディアにとって、差別化を行うための戦略は非常に重要です。

  • 他社と比較した自社の強みを見つけること
  • 今後更新していきやすいコンテンツを整えること

など、オウンドメディアを運営するとなると、考える内容は莫大にあります。これらを通常業務を行いながら考え、実施するのは至難の業です。

そこで、まずはプロに相談してみるという手段があります。当サイトを運営している全研本社は、これまで7000を超えるオウンドメディアの運営に携わってきました。美容関係のオウンドメディア実績も保有しているため、ご興味ある方はぜひ一度お問い合わせください。

全研本社のオウンドメディア制作・構築について
オウンドメディアに関するご相談はこちら

ページトップへ