理容室・床屋の集客方法とは?効率的に売上を上げていく施策を伝授

理容室・床屋の集客方法とは?効率的に売上を上げていく施策を伝授
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

理容室・床屋の市場状況について

理美容市場という広い括りで見れば、その市場は若干の衰退に留まりますが、理容室・床屋に絞るとその減少傾向は深刻です。現役の理容師の数や、店舗数も軒並み減少が続いています。

原因とされているのは、男性の美容室ニーズの増加とチェーン店利用の増加です。身近な男性も、気付けば床屋ではなく美容室に通っているという人は多いのではないでしょうか?また、理容室を利用するとしても、コストや時間を考慮し、とにかく安い・早いを求めてチェーン店を利用する人が増えています。その結果既存の理容室の市場はどんどん縮小しているのです。

集客の要となるエリアマーケティングとは?

集客において非常に重要なのは、自店舗があるエリアを軸したエリアマーケティングです。

無作為なマーケティングは効果を発揮しにくく、疲労感が募るだけです。反面対象エリアを限定したエリアマーケティングは、地域に密着して経営を続けていることが多い理容室にとって効果的なマーケティング手法です。
エリアマーケティングでは、Webを活用した手法が効果的です。実際に取り組むためにはどのようなる手法があるのでしょうか。

代表的なWebエリアマーケティング広告手法

ホームページへのSEO対策

エリアマーケティングにおいて最も有効なのが、ホームページを用いたWeb上の施策です。SEO対策を徹底することで、自店舗があるエリアの集客を着実に狙うことができます。

エリアを限定したSEO対策は、更なる売上をつくりたい場合に非常に有効です。まずは自店舗の商圏となるエリアを選定しましょう。商圏は、ただ半径1キロ以内などの荒い括りではなく、来店者の交通導線などを考慮したり、近隣のペットショップとの距離感を考慮し、効果的な範囲を適切に設定する必要があります。
その上で検索してみると良く分かりますが、同じ単語を入力してもエリアによって上位に表示される検索結果は異なります。そのため、SEO対策を行うことは重要な意味を持つのです。

有効な検索キーワードを設定する

エリアだけでは検索結果は上位に表示されません。ここで大切なのは、検索キーワードを設定することです。検索キーワードは誰かが決めるのではなく、自分で決めて設定することが可能です。

例えば、自店舗が犬に強い場合、「犬」という検索ワードを使用するのは有効です。さらに精度を高めていきたい場合には、具体的な犬種や「大型犬」といったような大きさでキーワード設定を行うことも効果的です。

キーワードの設定には、同じ商圏にある他店舗の分析を行うことが重要です。自身が設定した商圏内の他店舗は分析を行い、比較を通して自店舗が強みを発揮できるキーワード設定を意識しましょう。

ターゲットを明確にする

キーワード設定と合わせて、ターゲットを明確にする作業が必要です。キーワード=他ゲットのようなイメージを持つかもしれませんが、それは違います。そのキーワードを誰に届けたいかというイメージを持ちながら、設定を行うことが大切なのです。

Facebook広告

そもそもFacebook広告とは?

Facebookの中にビジネスページとして自店舗のページを作成した場合、ターゲットをセグメントして広告を打つことが可能です。Facebookの若者離れは良く言われますが、理容室や床屋のターゲットにはユーザーが多いSNSです。効果を期待して試してみる価値はあるのではないでしょうか。

目的を明確に

「認知」なのか、「誘致」が目的なのかで、そのアプローチ方法は大きく異なります。
Facebook広告の場合、最後の導線としてイベントページなどを設定することができます。そのような設定ができるということは、この広告のゴールをどこにするのかということを明確にする必要があるのです。

安くて細かく設定できるのが魅力

Facebook広告の魅力は、何と言ってもその費用が安い点です。5000人程度のリーチ数で5000円を下回るような価格設定は、他の広告手法と比較しても安いと言えるのではないでしょうか。

しかしただ安いだけでなく、細かくセグメントできるという魅力があります。性別はもちろんのこと、居住地、興味・関心があるジャンルなど、こちらのニーズに合わせて設定できるのです。
元になるデータは個人が登録しているデータなので、信頼できるデータと言えるのではないでしょうか。そのため元々興味・関心がある人へアプローチをしやすいというメリットがあるのです。

業界ポータルサイト・地域ポータルサイトへの登録

理容室にもポータルサイトは存在する!

先にも紹介したような、ホットペッパービューティーのように美容室を取り扱うポータルサイトをイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし、理容室にもポータルサイトは存在します。
金額などが細かく明記されており、初めて行く方も安心できます。また、技術などではなく、立地などの実用的な情報が細かく記載されているため、ホットペッパービューティーなどと違い男性が一目で探しやすい設計が特徴です。

ポジショニングメディアでの差別化戦略

ポジショニングメディアとは、その地域に根差した、理容師や床屋の紹介に特化をしたまとめサイトになります。
例えば、近くの美味しいラーメン屋を探すときには、駅名や地名を入れて、ラーメン屋と検索窓に入れて検索。さらに検索結果画面上では手っ取り早くいい所を探すためにも「○○駅で厳選5選」のようなまとめサイトを見て、まずは自分が欲しい情報を取りに行く方がほとんどだと思います。その検索心理を応用した戦略がポジショニングメディアになります。

よくあるまとめサイトとの違いは、しっかりマーケティング分析をした上でのサイト構成になっているか、そしてアピールすべき市場でSEO対策などが出来ているかが重要です。そこまで落とし込むことができなければ、売上に繋がるユーザーを集客することは不可能でしょう。もちろん制作クオリティも伴わなければなりません。

しかし、市場分析や自社に合った商圏を分析した上でポジショニングメディア施策を導入、さらにその中で競合にはない自社ならではの強みをアピールすることで、そのエリア内でのブランディングと集客が可能になります。

このポジショニングメディアを導入した事業者のコメントや集客に効果がある理由など、わかりやすい資料にまとめました。ぜひ一度ご覧ください。無料でダウンロードできます。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、美容室業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

美容室業界
ポジショニングメディア資料

競合他社には真似できない自社だけのWeb集客施策を取り入れたいのであればぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

理容院の集客は主戦場での立ち位置を把握した取り組むべき

理容院市場では、街を歩けば競合他社をたくさん見受けられます。同じ床屋でもあればメンズに特化している美容院があるなど直接的競合から間接的競合が実は多くいます。さらには、Web上でもとにかく安く見せる、とにかく順位を上げて自社露出度を高めるかという勝負になっており、実は戦略なき集客になっていることが多々見受けられます。
全研本社では、自社だけが勝てる領域の抽出、バリュープロポジションに則したWebコンサルティングを7000以上も行ってきました。特に、商圏となるエリア内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい、地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索しているという経営者の方はお力になれます。ご相談の際には市場分析した資料もご覧頂けますので、自社の状況を見つめ直して頂くきっかけにでもなれれば幸いです。

お問い合わせ先安定的な集客を実現されることに興味を持たれましたら、全研本社マーケティングチームにご連絡をお願いいたします。全国どこでも対応。インターネットでのお問い合わせ、もしくはお電話で承ります。

集客コンサルタントに無料相談する

ページトップへ