「オズモール」広告掲載の流れ・料金・評判を調査

「オズモール」広告掲載の流れ・料金・評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

首都圏の美容室やサロン情報を紹介しているポータル予約サイト「オズモール(ozmall)」の広告掲載について詳しくまとめました。
媒体の特徴やメリット・デメリット、広告を掲載する際の料金や掲載までの流れを紹介しています。

オズモールの特徴

オズモールのキャプチャ画像
画像引用元:オズモール公式サイト(https://www.ozmall.co.jp/)

>オズモールは、東京・神奈川・千葉・埼玉のお出かけ情報を紹介している、首都圏に特化したポータルサイト。レジャー施設や観光地、宿泊施設などの旅情報からイベント、美容情報など、幅広いジャンルが網羅されています。

会員数は340万人、購買意欲や行動確度の高いアクティブな女性をターゲットユーザーとしているメディアです。

美容部門のカテゴリでは美容室やネイルサロン、まつ毛エクステ、エステサロンなどの店舗情報が掲載されており、サイト内でサロンを検索して予約できるようになっています。

予約サービスのほかにも、コミュニティサイトとしての属性もあり。会員がコメントを投稿できるようになっているため、利用者のリアルな反応からサロンの業務改善につなげられます。

オズモールの広告掲載料金

オズモールの広告掲載料金は、デザインの種類と掲載期間によって分かれています。

オプションでInstagramやFacebookなどの外部SNSメディアにタイアップ記事を誘導するプランもあり。掲載した素材を流用して、女性向けのニュースメディアアプリやLINEアカウントへの配信もできます。
※価格は税込表示

メニュー名 1週間 2週間 4週間
フォーカスデザイン 660,000円 1,100,000円 1,870,000円
スタンダード 1,870,000円 2,640,000円
フリーデザイン 2,750,000円 3,520,000円

オズモールの口コミ・評判

オズモールに広告を掲載した企業やサロンの口コミは見つかりませんでした。

オズモールに広告掲載するメリット

サロン情報を掲載しながらニューオープンイベントなどのキャンペーン情報を発信することで、集客効果を高めることができます。

オズモールは利用者が口コミを投稿できるようになっているため、口コミを読んだほかのユーザーが信頼してくれやすいという効果も得られるでしょう。

また、サロン検索ページには近隣エリアのほか「スタイリストから探す」という項目があります。在籍するスタイリストのファンが増えれば、店舗リピーターにつなげる機会にもなるでしょう。

また、口コミや予約数によってランキング形式でトップページに店舗が紹介されるようになっています。ランクインすることでさらなる顧客の獲得や安定的な集客につながる可能性があります。

オズモールに広告掲載するデメリット

現在、オズモールで紹介されているのは首都圏エリアの美容サロンのみです。全国エリアを検索できるポータルサイトや予約サイトに比べると、アクセス数が限定的になってしまいます。

全国展開をしているサロンなどは、広告できる店舗が限られてしまうでしょう。首都圏以外のサロンも、掲載には向いていません。

また、オズモールの読者コメント投稿は、内容の制御が行われていません。万が一ネガティブなコメントを投稿されてしまった際には、フォローするために手間や労力がかかってしまいます。

オズモールの広告掲載までの流れ

広告を掲載するには、まず運営元の「スターツ出版株式会社」に問い合わせてください。専用のメールアドレスに問い合わせ内容を記入して送信して、担当者からの回答を待ちます。

スターツ出版株式会社のホームページに公開されている「オズモール媒体資料」を事前に確認しておくとスムーズです。担当者から折り返しの連絡があり次第、掲載に向けた打ち合わせや契約がスタートします。

オズモールの広告掲載についてはこちら
→https://starts-pub.jp/contact/ozmall

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

ホームページ以外でも、多くの媒体をつかってサービスを紹介したい美容室・美容サロンにとって、ポータルサイトへの掲載は認知度を上げるために効果的な手段です。

特に美容サロン情報に特化したポータルサイトは、ユーザーが訪れる時点でターゲットが絞られているため、アピールの場に適しているといえるでしょう。

しかし、同じエリアで同じ価格帯の競合サロンも多く掲載されているため、情報の露出だけにとどまり、埋もれてしまうリスクもあります。
顧客に選ばれるには、いかに他店と差別化してアピールできるかがカギになるのです。

美容サロン専門のポータルサイトへ掲載するほかにも、以下のような施策を組み合わせることが集客成功につながります。

  • 近隣エリアにサロンのチラシをポスティングする
  • Googleマイビジネスで対応エリアへのSEO対策を行う
  • InstagramやTwitterなどのSNSを運営する
  • SNSをホームページやポータルサイトに連携させる
  • 会社の価値を発信するポジショニングメディアをつくる

マーケットを意識した「ポジショニングメディア」では、サロンの持つ独自性や強みを明確にすることで、それを魅力に感じているユーザーを集めることができます。

自社の成長フェーズに合わせて様々な集客施策を検討し、多角的な集客戦略を実行しましょう。

美容室・ヘアサロンの
広告手法まとめ

ページトップへ