美容室が効果的なキャンペーンをうつには

美容室が効果的なキャンペーンをうつには
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

美容室のキャンペーン企画

キャンペーンはリピーターの利用・購入促進になるだけでなく、新規顧客の獲得にも有効です。

一見キャンペーンと聞くと、様々な内容を展開するのが難しく感じるかもしれませんが、実はそんなことはありません。季節を問わず活用できる、キャンペーンの企画を紹介します。

キャンペーンのアイデア

店舗の周年キャンペーン

手軽なキャンペーンとして実施できるのが、店舗の周年を利用するものです。1周年、2周年と、少なくとも1年に1回は活用できるキャンペーンになっています。

「日頃のお客様への感謝を込めて」などの文言と共に、カットやカラー、もしくはそのセット料金を特別価格にするなど、内容は様々。顧客側にとっても何か負荷がかかるわけではないので、店舗の周年と合わせて何か企画をすることは有効だと言えるでしょう。

天気に合わせた瞬間的なキャンペーン

雨や雪など、天候が悪いと出足は遠のくものです。その心理を逆手に取り、雨や雪が降っている時間限定で行うキャンペーンはいかがでしょうか。

このキャンペーンの場合、事前に予約する時には店舗側も顧客側も、当日の天候が分かりません。また、どのくらいの頻度で天候がそうなるかを読み解くことは難しいため、店舗側に負荷が掛からない内容で設定できると良いでしょう。

新規顧客用に店舗前に看板を設置し、「前髪カット無料」「10分間のヘッドマッサージ無料」など、空き時間を有効活用でき、さらには今後リピーター獲得へ繋がりそうな内容がオススメです。

店販を促進するキャンペーン

ここまで店販が店舗売上アップに効果的だとお伝えしてきましたが、その店販を更に促進するようなキャンペーンも有効です。

「シャンプー・トリートメントのセット購入だと〇%割引」と言った内容や、「3,000円以上購入で〇%割引」など、価格と連動しているキャンペーンでも良いかもしれません。

実際のところ、店側の売上が大きく変化しなかったとしても、顧客側へ与える印象としてはメリットが大きいキャンペーンとなります。このキャンペーンをフックに一度購入してもらえれば、その後の購入をリピートしてもらえる可能性があるという観点からも、一度期間を決めて実施してみると良いでしょう。

SNSフォローキャンペーン

店内で顧客がSNSをフォローすると「当日の会計割引」「自宅でできるトリートメントプレゼント」「スタンプカードのスタンプを1つ追加」など、メリットが分かりやすい内容でキャンペーンを仕掛けてみましょう。

自宅で顧客が空き時間を活用し、店舗や美容師個人のSNSをフォローしてくれることが最も理想的ではありますが、現実的に考えると難しいように感じませんか?そこで、店舗内でSNSまでの導線を確保しておくことをオススメします。

一度フォロワーになってもらえれば、提供できる情報の頻度は確実にアップします。フォロワー限定で繰り返しキャンペーンを打つことも可能になります。一度の来店をどれだけ有効活用できるかで、今後のリピーター獲得率が変化することを踏まえて、SNSをフックにしたキャンペーンはとてもオススメです。

スタイリスト登用に向けた、新人キャンペーン

アシスタントがスタイリストに昇格する際に、カットモデルの人数を目標として設定している美容室は多いのではないでしょうか?アシスタントの友人経由でたどるのはもちろんですが、これもキャンペーンとしては一役買うかもしれません。

カットモデルとして無料でカットしたのち、スタイリストが通常より安い価格でトリートメントを行うなど、複数人で行うキャンペーンを打つという方法があります。

当日カット代にお金を支払わなければ、「数千円でトリートメントできるならいいかも」と思う顧客もいるかもしれません。これも来店機会を有効活用しているキャンペーンと言えるでしょう。

売上に貢献!美容室の集客完全ガイド

ページトップへ