放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較10選!事例や加盟金なども紹介

放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較10選!事例や加盟金なども紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

放課後等デイサービスとは、放課後や冬休みなどの長期休暇中に発達が気になる児童(6歳〜18歳までの就学児)の発達支援を行うサービスです。

フランチャイズに加盟して開業する場合、経営のノウハウや商標の使用権などを得られるといったメリットがあります。ただし、加盟金やロイヤリティなど掛かる費用は会社によって異なるので、加盟前によく確認しておきましょう。

ここでは、放課後等デイサービスのフランチャイズ本部の費用プランや加盟事例などを紹介しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表

放課後等デイサービスのフランチャイズ本部を一覧で比較紹介します。
※画像をクリックすると資料ダウンロード画面に遷移するので、気になる方はチェックしてみてください。

サービス名 特徴
放課後等デイサービスのフランチャイズ「ウィズ・ユー」のサイトキャプチャ画像【PR】ウィズ・ユー 確かなメソッドによる集客力で安定した収益を得るなら
・心理学の専門家が顧問!独自のメソッドで利用者を増やせて、安定した収益が見込める
・全国436店舗でフランチャイズ展開!高い認知度による集客力が魅力
・資料作成や法改正情報の提供を含む充実サポートで、知識がなくても安心
資料ダウンロードはこちら >>
シュウエール 運動・学習・遊びの両立で子どもが楽しめる環境を作り、定着率を向上
こどもプラス 脳科学にもとづいた運動療育を軸に、テナント選び~開所後までトータルサポート
Granny(グラニー) 定員5名&重症心身障害児に特化で、他社と差別化した経営が可能
YCCもこもこ 毎月開催される医師や専門家による研修会で、指導者の教育をサポート
こぱんはうすさくら 経験豊富な本部のスーパーバイザーのサポートで、安定した品質の提供が可能
キッズサポート 開業半年で稼働率120%を達成した施設も!安定的な経営スタイルで開業できる
ドレミファソライズ サッカー療育が特色!質の高いサポートで体験利用からの契約率100%、退会者ゼロの実績
きっずあいらんど 運動療育・音楽療法・個別プログラムなどによる「また来たい」と思わせる環境づくり
ハッピーテラス 業務支援システム・マニュアル・研修・採用&集客支援など万全なサポート体制

【PR】確かなメソッドによる集客力で安定した収益を得るなら

ウィズ・ユー

放課後等デイサービスのフランチャイズのウィズ・ユー公式サイト画像画像引用元:ウィズ・ユー公式サイト(https://across-inc.jp/lp5/)

安定した収益が見込める
ウィズ・ユーの資料をダウンロード

ウィズ・ユーの特徴

「ウィズ・ユー」は、全国436店舗でフランチャイズを展開している有信アクロス株式会社が加盟募集している放課後等デイサービスです。

臨床心理学や実践教育心理学、臨床認知心理学など、子どもの理解や支援に必要な知識を専門的に学んでいる「米澤教授」の独自メソッドで効果的に利用者を増やせて、安定した収益の獲得が見込めます

また、許認可に必要な書類の作成をすべてサポートしたり、法改正情報をいち早く提供したりするなど、手厚い本部のバックアップ体制も用意されているので、フランチャイズ開業が初めての方も安心です。

高い認知度による集客力が魅力
ウィズ・ユーの資料をダウンロード

ウィズ・ユーはこんな人におすすめ

  • 安定した収益を得たい
  • 認知度を活用して集客力を高めたい
  • 開業後までしっかりサポートしてほしい

ウィズ・ユーを選ぶべき理由

【理由1】心理学の専門家による独自メソッドで利用者数拡大!安定した収益が見込める

放課後等デイサービスのフランチャイズ「ウィズ・ユー」は、心理学の専門家である「米澤教授」が顧問をしており、独自のメソッドを展開しています。

心のメカニズムや特性などを含む30年の実践研究に基づく確かなメソッドで一人一人の子どもに合った支援を行えるので、満足度の向上や利用者数の拡大および、それに準ずる安定した収益が見込めます

【理由2】全国436店舗を展開!高い認知度で集客力アップ

放課後等デイサービスのフランチャイズ「ウィズ・ユー」を運営する有信アクロス株式会社は、チェーン全体で全国436店舗を展開しています。

知名度による集客力や豊富な実績にもとづく効果的な運用方法、人材募集のノウハウなど、そのスケールメリットを享受できるのが大きな魅力です。

【理由3】資料づくりや法改正情報の提供など、充実サポートで未経験者も支援

放課後等デイサービスのフランチャイズ「ウィズ・ユー」は、フランチャイズ開業の許認可に必要な資料作成やそれに付随する作業をすべてサポートしているので、フランチャイズ開業が初めての方も安心です。
大まかなサポート内容は、以下のとおりです。

  • 行政への提出書類の作成
  • 人員募集の媒体選定
  • 掲載内容や物件契約書の書類チェック
  • 開業後のチラシ作成
  • 発達障害に関する勉強資料の作成

また、ウィズ・ユーは法改正の情報をすばやく察知し、加盟店に提供しています。法律違反のリスクを低減させた健全かつ安定した経営ができるのは大きな魅力です。
今後の法改正を見越した開業パッケージングも用意されているので、急な法改正の際にも柔軟に対応できます。

未経験でも安心の充実サポート!
ウィズ・ユーの資料をダウンロード

ウィズ・ユーへの加盟事例

ウィズ・ユーへのフランチャイズ加盟の決め手を、公式サイトの加盟店アンケートから抜粋してご紹介します。

  • あらゆるFCを見て来た中でも、低予算で始められると思った
  • 和歌山大学との提携
  • アフターフォローが充実している
  • 有信アクロスさんが展開している安心感
  • ネームバリューを借りたかったから
  • 大きなフランチャイズの実績

引用元:ウィズ・ユー公式HP(https://across-inc.jp/lp5/)

安定した収益が見込める
ウィズ・ユーの資料をダウンロード

ウィズ・ユーの費用プラン

初期費用(加盟金・手続き費用):220万円(税込)
ロイヤルティ等:固定2万7,500円(税込)+3%

ウィズ・ユーの運営会社概要

会社名 有信アクロス株式会社
会社所在地 東日本営業本部:東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿ビル6F
西日本営業本部:大阪府吹田市江の木町17番1号 コンバーノビル8F
創立年月日 1995年6月22日
資本金 1億円
公式HP https://across-inc.jp/

他にもまだある!放課後等デイサービスのフランチャイズ本部の情報まとめ

シュウエール

放課後等デイサービスのフランチャイズのシュウエール公式サイト画像画像引用元:シュウエール公式サイト(https://shuuyale.net/fc/)

シュウエールの特徴

学習塾秀学舎が運営するシュウエールは、学習支援も行っている放課後等デイサービス。運動・学習・遊びを両立させる支援を軸にしており、すべての施設で、キャンセル待ちの状態が続き人気の施設です。
秀学舎を立ち上げた代表は、長年学習塾を運営してきた実績と経験があります。これらのすべてを各施設の指導員に伝授できるのがシュウエールの強みです。

シュウエールの料金プラン

加盟金:220万円
ロイヤルティ:売上金額の3.5%
申請,開設当初のサポート料:66万円
保証金:0円
テナントの契約費:88万円~198万円
内装(テナント格差有り):11万~220万円
備品(机、いす、書棚等):33万円
求人経費、当初の人件費等 :275万円~440万円

すべて税込みです。

シュウエールの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

シュウエールの会社概要

企業名 株式会社 秀学舎
所在地 東京都三鷹市井口2-13-37
設立年 2011年
会社URL https://shuuyale.net/fc/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

こどもプラス

放課後等デイサービスのフランチャイズのこどもプラス公式サイト画像画像引用元:こどもプラス公式サイト(https://jc-fc.com/)

こどもプラスの特徴

こどもプラスは、脳科学に基づいた運動療育を軸とした放課後等デイサービスです。テナント選びから開所後までトータルサポートしています。また、安心してフランチャイズ経営を行えるよう、定期的にアドバイスを行っています。
何に資金を使えばいいのか、開所したはいいけど本当に安定した経営ができるのかなどの悩みや不安をできるだけ小さくするべく、採用の指導、融資のアドバイス、経営戦略などをワンストップでサポートしているのが特徴です。

こどもプラスの料金プラン

加盟金(初年度のみ):3,240,000円(税不明)

こどもプラスの加盟事例

熱心にアドバイスをしていただいた

いつも集客にてのご対応感謝しております。お陰様で、1月の利用枠が伸びそうです。
ご尽力誠に感謝です、ありがとうございます。なかなか売上が上がらず苦戦しておりましたが。ようやく上がってきました!!当たり前のことではありますが営業活動を熱心に行いより教室がしっかりしてくると売り上げも上がって行くんだなと思いました。また、先日熱心にアドバイスをしていただいておりましたのでそちらを実践したお陰かと思います。
引用元:こどもプラス公式HP(https://jc-fc.com/voice/)

こどもプラスの会社概要

企業名 こどもプラスホールディングス株式会社
所在地 東京都新宿区四谷三栄町4-12第2森初ビル1F
設立年 記載なし
会社URL https://jc-fc.com/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

Granny(グラニー)

放課後等デイサービスのフランチャイズのGranny(グラニー)公式サイト画像画像引用元: Granny(グラニー)公式サイト(https://granny.co.jp/)

Granny(グラニー)の特徴

Granny(グラニー)は、重症心身障害の子供のケアを行う放課後等デイサービスで、定員は5名という超小規模です。放課後等デイサービスのニーズは増加傾向で、それに伴い、事業所も増えてきています。
フランチャイズに加盟する際は、事業概要を理解するための動画を視聴した上で、完全予約制のFC加盟の無料説明会に参加できます。疑問や不明点などがあれば、オンライン個別説明会で相談可能です。障害福祉・フランチャイズの知識が豊富な担当者が、丁寧にわかりやすく説明します。

Granny(グラニー)の料金プラン

加盟金:3,300,000円
開業前研修費:550,000円
看板・設備・備品:880,000円
事務用品・消耗品:110,000円
求人広告費:550,000円
保険加入:33,000円
車両リース:66,000円

すべて税込みです。

Granny(グラニー)の加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

Granny(グラニー)の会社概要

企業名 株式会社Granny(グラニー)
所在地 群馬県前橋市田口町143-1
設立年 記載なし
会社URL https://granny.co.jp/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

YCCもこもこ

放課後等デイサービスのフランチャイズのYCCもこもこ公式サイト画像画像引用元:YCCもこもこ公式サイト(https://www.ycc-group.jp/contents?id=11001)

YCCもこもこの特徴

YCCもこもこは、「一人でも多くの子供に支援の手を届ける」学習支援特化型のデイサービス。YCCもこもこのフランチャイズなら、安全に素早く新しい事業を開始することができます。加盟すれば、子供たちへの支援プログラムをはじめ、事業所の運営方法、人材育成、教材、スタッフ採用、研修会など、これまで積み重ねてきたすべてのノウハウを提供してもらえます。医師や専門家による研修会を毎月開催しており、指導者の教育をサポートしているのが特徴です。

YCCもこもこの料金プラン

料金プランは、公式ホームページに記載がありませんでした。

YCCもこもこの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

YCCもこもこの会社概要

企業名 株式会社OneVision
所在地 大阪府大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル6F
設立年 記載なし
会社URL https://www.ycc-group.jp/contents?id=11004

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

こぱんはうすさくら

放課後等デイサービスのフランチャイズのこぱんはうすさくら公式サイト画像画像引用元:こぱんはうすさくら公式サイト(https://copain-sakura.com/franchise/)

こぱんはうすさくらの特徴

こぱんはうすさくらは、児童発達支援と放課後等デイサービス事業を通して、成長・発達に心配がある子供が社会的に自立できるようにサポートする療育を行っています。発達障害が広く知られるようになった今、施設も増加中。0歳~18歳まで(例外で満20歳まで)の子供を支援するこぱんはうすさくらでは、それぞれの年齢に合わせて、一人ひとりのペースで療育を受けることができます。
地域に根差した療育・運営を行えるよう、経験豊富な本部のスーパーバイザーが丁寧にサポートしてくれます。どの地域で開業しても、指導や研修をスムーズに行える体制が整っているのが特徴です。

こぱんはうすさくらの料金プラン

料金プランは、公式ホームページに記載がありませんでした。

こぱんはうすさくらの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

こぱんはうすさくらの会社概要

企業名 株式会社こぱんはうすさくら
所在地 東京都中央区東日本橋3-3-7 近江会館ビル3F
設立年 2022年
会社URL https://copain-sakura.com/franchise/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

キッズサポート

放課後等デイサービスのフランチャイズのキッズサポート公式サイト画像画像引用元:キッズサポート公式サイト(https://www.kids-nagoya.jp/contact/fc.html)

キッズサポートの特徴

放課後等デイサービスのキッズサポートでは、基礎・基本をしっかり学べる体制が整えられています。「“できた”を増やし自信を養う療育プログラム」で創造性を伸ばし、学びとこころを育み、苦手なところをとことん解析して克服できるよう、専門的支援も行います。安定的に運営できる経営スタイルでフランチャイズを始められる点が魅力で、開業半年で稼働率120%を達成した施設もあります。

キッズサポートの料金プラン

料金プランは、公式ホームページに記載がありませんでした。

キッズサポートの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

キッズサポートの会社概要

企業名 株式会社TRYサポート
所在地
設立年 2014年
会社URL https://www.kids-nagoya.jp/contact/fc.html

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

ドレミファソライズ

放課後等デイサービスのフランチャイズのドレミファソライズ公式サイト画像画像引用元:ドレミファソライズ公式サイト(https://soraiz.jp/franchise-agreement/)

ドレミファソライズの特徴

ドレミファソライズは、サッカー療育を特色にした放課後等デイサービスを提供しています。
障がいを持つ子供たちに「学校以外で仲間を作り、成長の可能性を広げる」場所を提供しており、体験利用からの契約率100%、退会者ゼロの実績を誇ります。児童はもちろん、その保護者の声に耳を傾けながら質の高いサポートを行っているので、高い利用満足度を維持しながら安定した収入を得ることができます。

ドレミファソライズの料金プラン

料金プランは、公式ホームページに記載がありませんでした。

ドレミファソライズの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

ドレミファソライズの会社概要

企業名 株式会社UQホールディングス
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
設立年 2016年
会社URL https://soraiz.jp/franchise-agreement/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

きっずあいらんど

放課後等デイサービスのフランチャイズのきっずあいらんど公式サイト画像画像引用元:きっずあいらんど公式サイト(https://www.kids-island-marron.com/fc%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6)

きっずあいらんどの特徴

きっずあいらんどは、運動療育・音楽療法・個別プログラムなどによって、子どもに「また来たい」と思ってもらえる環境づくりを重視しています。
日本は少子高齢化の真っただ中ですが、療育が必要な子どもたちは増加しています。それに伴い事業所数も増加していますが、多様化しつづけるニーズに対応できていないところがほとんど。きっずあいらんどのフランチャイズなら、ニーズを的確に把握し、他事業所との差別化を図りながら運営可能です。

きっずあいらんどの料金プラン

児童発達支援教室・放課後等デイサービス 各10名/日 (5年契約)
プランA
加盟金:0円
開業サポート費:480,000円
ロイヤリティ:180,000円
物件取得費:1,800,000円
内装・設備費:3,500,000円
備品:1,000,000円
車両購入費:500,000円

すべて税不明です。

きっずあいらんどの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

きっずあいらんどの会社概要

企業名 アステックジャパン株式会社
所在地 神奈川県秦野市堀山下119-11
設立年 1988年
会社URL https://www.kids-island-marron.com/fc%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

ハッピーテラス

放課後等デイサービスのフランチャイズのハッピーテラス公式サイト画像画像引用元:ハッピーテラス公式サイト(https://happy-terrace.com/)

ハッピーテラスの特徴

「キッズファースト」を大切にしているハッピーテラスは、発達の凸凹が気になる小学生・中学生・高校生の子供を対象とした放課後等デイサービスを提供しています。小集団でのグループワークを取り入れ、それぞれのペースに合わせたステップを重ね、コミュニケーション力を育てていきます。
業務支援システムや検収、採用&集客支援などを含む万全なサポート体制で、フランチャイズ開業をサポートしているのが特徴です。

ハッピーテラスの料金プラン

料金プランは、公式ホームページに記載がありませんでした。

ハッピーテラスの加盟事例

加盟事例は、公式ホームページに記載がありませんでした。

ハッピーテラスの会社概要

企業名 デコボコベース株式会社
所在地 東京都港区芝浦4-12-31 VORT芝浦 Water Front6F
設立年 2014年
会社URL https://happy-terrace.com/happyterrace/

※「放課後等デイサービスのフランチャイズ本部比較一覧表」をもう一度チェックする

放課後等デイサービスのフランチャイズとは

放課後等デイサービスとは、障がいのある児童に対して、放課後や、夏休みなどの長期休暇中に療育(発達支援サービス)を提供するサービスのこと。小学校、中学校、高校に在籍する6歳〜18歳までの障がいや発達が気になる子供が対象。日常生活に欠かせない動作を習得したり、コミュニケーション力を育んだりして、集団生活に適応できるようにきめ細かなサポートを行います。
そしてフランチャイズとは、フランチャイズ本部と加盟店が契約し、加盟店が本部に対価を支払って、サービスや経営のノウハウ、商標の使用権などを得て運営するビジネスモデルです。実績やノウハウが豊富なフランチャイズ本部なら、利用者獲得や満足度向上もスムーズにいきやすいでしょう。

児童発達支援との違い

放課後等デイサービスと児童発達支援とで共通している部分もありますが、対象年齢が大きな違いの一つ。前述した通り、放課後等デイサービスは小学校、中学校、高校に通う18歳までの就学児が対象ですが、児童発達支援は、小学校に入学前の「未就学児」が対象です。
また、学校生活において欠かせない対人関係、自己管理スキルを身につけられるようなサポートを行う放課後等デイサービスに対して、児童発達支援は、着替え、食事、片付けなどの身の回りのことに関する自立訓練をはじめ、歩いたり走ったり、少し複雑な動きをしたりするなど、身体機能を向上させるための支援が多いとされています。

放課後等デイサービスのフランチャイズ開業のメリット

フランチャイズ本部の知名度によって信頼してもらえる

保護者にとって、放課後等デイサービスは大切な子供を預ける場所。そのため、知名度を重視して検討している人も多くいます。知名度があるフランチャイズ本部なら、経営ノウハウも豊富で、安心感を与えられます。
保護者からの信頼を得られれば、安定的な集客をしながら事業を成功させることが可能です。

実績あるノウハウを得られる

フランチャイズ本部がもつ豊富なノウハウをそのまま伝授してもらえるのも、メリットの一つ。開業サポートだけでなく、運営の方向性、アピールすべきポイントなど、さまざまな経営ノウハウを提供してもらえますので、放課後等デイサービスに関してあまり知識がない場合でも、安心して開業することができます。
広告を出すだけでは、放課後等デイサービスは集客できません。療育の内容はもちろんのこと、施設の特色や教育方針などにこだわることで、競合との差別化を図る必要があります。そのため、フランチャイズに加盟して安定的に経営できるノウハウを得られるのは非常に大きな利点です。

開業サポートを受けられる

新規で放課後等デイサービスを立ち上げる場合、まずは開業する都道府県が発行する許認可を取得する必要があります。よほどの知識がなければ、1人で開業するのは難しいため、書類の作成、申請などを行政書士に依頼することになります。
フランチャイズで開業する場合は、煩雑な事務的な手続きなどを本部がサポートしてくれますので、効率的に開業できるメリットがあります。

融資を受けやすくなる

放課後等デイサービスを開業するためには、どうしても初期費用がかかるもの。金融機関出の融資は、実績がない個人の場合は断られてしまうことが多々あります。その反面、フランチャイズに加盟して開業する場合、融資が受けられる可能性が高まります。事業計画書を作成しやすいというメリットもありますので、放課後等デイサービスを始めたいと思ったら、フランチャイズを検討してみるといいでしょう。

放課後等デイサービスのフランチャイズ開業のデメリット

ロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズに加盟することで、幅広いサポートを受けられるのは大きなメリットですが、その対価として、ロイヤリティを支払わなければいけないというデメリットもあります。
利用者が少ない場合は収益が下がりますが、そんな場合でもロイヤリティは必要です。支払うべきロイヤリティ分が売上から引かれますので、認識しておきましょう。

自由な経営が難しいケースも

1人で開業するケースとは違い、フランチャイズで開業する場合は、決められたルールに従って経営しなければいけないため、自由に経営することが困難なケースも出てきます。その理由は、フランチャイズ本部のイメージを守り、安定したサービスを提供するため。
ノウハウやさまざまな情報などを提供してもらえるメリットもあるフランチャイズですが、営業時間や休日など、本部のマニュアルは厳守。独自のルール展開で経営して行きたいと考えているなら、フランチャイズでの開業は向いていないでしょう。

経営がブランドイメージに左右されてしまう

本部の知名度やブランド力を利用して、信頼を得て開業することができるフランチャイズですが、万が一、本部や他の加盟店でトラブルが起こった場合、企業イメージが悪化してしまいます。
自分の施設とは関係ないと思っていても、同じ系列だからという理由で信用を失ってしまうこともありえます。そうなれば、利用者が減って収益が下がり、安定した経営は難しくなります。

放課後等デイサービスのフランチャイズ加盟に関するよくある質問

Q1. 放課後等デイサービスのフランチャイズは全国展開できる?

放課後等デイサービスは、全国におよそ15000事業所があり地域の企業やNPO、社会福祉法人などが小規模のサービスを提供しています。中には、全国展開している大手企業や上場企業も増えて来ています。

Q2. 放課後等デイサービスはつぶれるって本当?フランチャイズに加盟しても大丈夫?

放課後等デイサービスは、発達が気になる子供たちに放課後や長期休暇の際の居場所を作り、仕事をもつ保護者のサポートにも貢献する事業。スタッフの確保が難しく、運営が困難になってなくなってしまう事業所もあります。必要とする児童と保護者が安心して利用できる、質の高いサービスを提供する事業所が今、求められています。

Q3. 放課後等デイサービスのフランチャイズ開業後、利用者の受け入れ拒否はできる?

サービスを必要とする児童や保護者にとって、放課後等デイサービスは心のよりどころ。原則として、正当な理由がある場合を除き、利用者の受け入れを拒否することはできません。拒否できるのは、「利用定員を超える・入院治療が必要・適切な支援の提供が難しい」場合に限られます。

Q4. 放課後等デイサービスは本当に安定して運営できますか?

すでに需要が満たされつつある放課後等デイサービスは、今後の経営はさらに厳しくなるでしょう。常に新しい情報を取り入れ、加盟店に提供することで、安定的な運営を目指します。

Q5.送迎はしてもらえますか?

送迎に対応している事業所もあります。該当施設の送迎車で送迎します。

Q6. 加盟するための資格・条件はありますか?

まずは、本部の理念を理解し、共感することが第一。開業する際は開業資金が必要ですので、用意できれば経験などは不問です。

Q7. 放課後等デイサービスのフランチャイズ経営者の年収は?

厚生労働省の「令和2年障害福祉サービス等経営実態調査結果」によると、放課後等デイサービス1施設・事業所当たりの収益は平均378万5000円となっています。

参照元:厚生労働省 令和2年障害福祉サービス等経営実態調査結果(https://www.mhlw.go.jp/houdou/2020/12/dl/h1215-2.pdf)

放課後等デイサービスのフランチャイズまとめ

放課後等デイサービスのフランチャイズは、フランチャイズ本部に加盟してロイヤリティを支払い、経営のノウハウ、商標の使用権などを得て運営するビジネス

「フランチャイズ本部の知名度によって信頼してもらいやすい」「実績にもとづくノウハウを得られる」「開業サポートを受けられる」「融資を受けやすくなる」といったメリットがあります。

ここまで読んでみて、放課後等デイサービスのフランチャイズ本部を改めて比較したい!と感じた方は、ぜひ以下のリンクをクリックしてみてください。

放課後等デイサービスの
フランチャイズ本部
比較一覧表に戻る

【免責事項】
本記事は、2024年1月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ