セミナーシェルフでセミナー動画配信!掲載料金や口コミ・評判をリサーチ

セミナーシェルフでセミナー動画配信!掲載料金や口コミ・評判をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

セミナーシェルフ公式キャプチャ

画像引用元:セミナーシェルフ公式サイト(https://seminarshelf.com/about)

セミナーシェルフの特徴

Seminar Shelf (セミナーシェルフ)は、セミナー動画を配信したい企業と閲覧したいビジネスパーソンを繋ぐプラットフォームを提供しています。

無料でどこからでも閲覧可能なサービスで、遠方住まいや忙しいビジネスパーソンにも需要のある媒体だと言えるでしょう。

主に、以下のカテゴリーでセミナーを分類しています。
・マーケティング
・人事
・営業
・経理・総務
・経営・マネジメント
・エンジニア・情報システム

セミナー動画でリーチ拡大を狙う企業に、セミナーシェルフは有効です。

コンテンツ作成からサポート

初めてセミナー動画を作成する場合、何から着手すればよいのか分からない企業がいるかもしれません。セミナーシェルフでは、企画から動画作成までを担当者がサポートしています。

見込み客となり得るターゲットを選出して、ニーズに沿ったコンテンツ作りを目指せるでしょう。

役職者にアプローチできる

日経新聞をはじめ、多くのアライアンス先を持つセミナーシェルフ。セミナー動画を配信すると、日経会員約930万人へ訴求できます。そのうち、58%は役職者というデータも出ているようです。

つまり新しいサービスの導入を検討する層に対して、ダイレクトに自社の魅力を伝えられます。

話題性のある特集

特集ページでは、BtoBマーケティング「基礎講座」や「人材育成特集」、「営業特集」など注目度の高いテーマを取り上げています。

どの業界で働くビジネスパーソンでも、共通で抱えやすい課題をセミナー動画で紐解いているようです。

また近年増加傾向にある「リモートワーク」の特集では、インフラ環境の整備、コミュニケーションの取り方、成果を出す仕組みづくりについて提案。リモートワーク中のビジネスパーソンから、導入を検討している企業まで確認しているセミナー動画で、課題解決に意欲的なユーザーが多く閲覧している可能性大です。

セミナーシェルフの広告掲載料金

セミナーシェルフで動画配信をするからといって、固定費や月額費用はかかりません。完全成果型の報酬システムを採用しており、リード1件毎に料金が発生するようです。

公式サイトで資料のダウンロードも可能なので、資料を確認のうえ詳細の問い合わせをおすすめします。

セミナーシェルフの口コミ・評判

セミナーシェルフに関する口コミ・評判はありませんでした。しかしTwitterで「セミナーシェルフ」を検索すると、肯定的なつぶやきを多く確認できました。

またセミナーシェルフを紹介しているブログやポータルサイトもいくつか上がっていたので、注目を集めているプラットフォームだと分かります。

セミナーシェルフに広告掲載するメリット

セミナーシェルフでセミナー動画を配信すると、以下のメリットが得られます。

高い集客力

「セミナー動画を配信しても閲覧数が伸びない」とお悩みでも、セミナーシェルフを利用すれば集客力アップが期待できます。

日経新聞社をはじめ複数の媒体と連携しているため、高い集客力を持っています。広告掲載やSNS運用などによる集客のノウハウもあるので、リード拡大に繋がるようです。

露出度が上がる

自社サイトや既存のWeb活用のほかに、新たな露出先として利用できるセミナーシェルフ。高い集客力もあるので、より多くのユーザーから自社を認識してもらえるでしょう。

これまで集客できていなかった層へアプローチできるので、認知度アップや自社ブランディングにもなるはずです。

完全成果報酬型

1リード毎に料金が発生する仕組みで、固定費や月額料金はゼロ円です。つまり低予算で始められるのが、メリットの一つ。さらに成果報酬型のメーリングサービスもあり、自社の動画セミナーへ誘致するのに効果的です。

自社の強みとマッチした見込み客を集客

マーケティングや人事、経理などカテゴリー分けされているので、明確な目的を持ったユーザーに閲覧してもらえるのも強み。

たとえ自社を認識していないユーザーでも、自身の課題解決に役立つ動画を探し、情報と一致すれば自社のセミナー動画までたどり着きやすくなります。

自社の強みとニーズをマッチさせて訴求できるので、問い合わせや受注などのコンバージョン率を上げやすいというわけです。

セミナーシェルフの広告掲載までの流れ

セミナー動画を配信するまでの流れについて、記載されていませんでした。ポータルサイトへ動画広告を載せる一般的な手順を紹介するので、参考にしてみてください。

①お問い合わせに・資料請求
②打ち合わせ
③コンテンツの作成・編集
④アップロード
⑤配信スタート

詳しい手順は、資料を取り寄せるか公式サイトからお問い合わせください。

他の集客施策も織り交ぜたwebマーケティングをしよう

セミナーシェルフでセミナー動画を配信すれば、露出度が上がりお問い合わせや受注率を増やすのに役立ちます。

ただしユーザー心理で考えると「本当に信頼できる会社なのか」「より良いサービスがあるかもしれない」と、即決に繋がらないかもしれません。

そんな意図に対して、Webマーケティング戦略を掛け合わせるのが有効です。

  • 自社サイトのコンテンツを良質に保つ
  • SNS運用を取り入れ自社のファンを増やす
  • セミナーポータルサイトへ掲載
  • ポジショニングメディアで狙ったターゲットを集客

など適宜取り入れてみましょう。意欲的にWebマーケティングを実施すれば、リーチ拡大により効果的な集客や受注率アップを目指せます。

セミナーの集客戦略まとめ

ページトップへ