Webセミナーのリード獲得を効率的に行う方法

Webセミナーのリード獲得を効率的に行う方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Webセミナーのリード獲得に苦戦している企業は多い


近年はコロナ禍の影響もあり、リモートワークやWeb上で開催されているセミナーなどの普及が目立ちます。オンライン上でさまざまなイベントが開催されていますが、中でも多くの企業が取り組んでいるのはWebセミナーです。

Webセミナーは通常開催されるオフラインのセミナーに比べ、インターネット環境や配信するツールがあれば始められることから手軽に感じられるでしょう。また、会場を抑える手間やコストもかからないことから、集客に力を入れない企業も多くあります。

しかし、現在ではWebセミナーが多数開催されているために日程被りで人が集まらないことや、内容は素晴らしいのに上手く集客できずに終わってしまうこともあります。そのため、Webセミナーのリード獲得に苦戦している企業は想定以上の多さだと言えるでしょう。

集客を意識したWebセミナーとは

Webセミナーでは内容を充実させることはもちろんですが、集客を意識することも大切です。いかに充実した素晴らしい内容であっても、集まる人が少なければ本来の目標や目的を達成することは難しくなるでしょう。

Webセミナーにはコストがそこまでかからないといっても、充実した内容を作り上げることや配信のための人材確保などある程度の予算は必要です。予算を使うからには、しっかりとWebセミナーを成功させなければなりません。ここからは、集客を意識したWebセミナーとはどのようなものか解説していきます。

Webセミナーの目的・ターゲットを明確にする

集客を意識したWebセミナーとするためには、開催する目的やターゲットを明確にすることから始める必要があります。目的やターゲットによって、集客方法が異なることがあるためです。

ターゲット設定

ターゲット設定はどのようなセミナーを開くかどうかの目的にも関わるため、あらかじめ設定しておきましょう。新規でリード客を獲得するのであれば、それだけ多くの人に周知させるための集客方法を選ばなければなりません。既存客やリード客へのアプローチであれば、ターゲットに直接届きやすい集客方法が向いています。

セミナー参加のメリットを伝える

セミナーに参加することでどのようなメリットがあるのか、明確に伝えられるようにしましょう。リード獲得のためには、それぞれの持つ課題をいかに解決できるかを提示することが大切です。できるだけ具体的に伝えることで、参加へのメリットを感じやすくなります。

ゲストや外部講師を招いて豪華な内容にする

オフラインでのセミナーでもよくある手法ですが、ゲストや外部講師を招いてより豪華な内容にすることも集客には大切です。とくに著名人の外部講師を招くことで、話題性が高まり新規顧客の集客につながりやすくなります

また、ゲストや外部講師だけでなく共催セミナーを開催してみることもおすすめです。自社以外の共催他社や外部講師が集客した顧客からリード獲得につながることもあります。

告知や宣伝方法を工夫する

告知や宣伝方法を工夫することは、集客にも直結します。Webセミナーの告知や宣伝方法は、オンライン・オフラインの二通りです。オンライン・オフライン共に、それぞれ具体的な集客方法が異なり、特徴にも大きな違いが出てきます

オンラインでの告知や宣伝は、現代において必要不可欠なものと言えます。多くの企業がオンラインでの告知や宣伝で集客につなげています。自社サイトやSNS、メルマガ、プレスリリース、Web広告、セミナーポータルサイトなどがオンラインでの手法です。

Webセミナーでのオンライン集客は、Webのみで完結できるため集客のためのアイテムを別に用意する必要はありません。そのため、コストも比較的抑えられるでしょう。また、不特定多数とはなりますが多くの人の目に触れやすくもなり新規リード獲得につながりやすいと言えます。

オフラインでの告知や宣伝は、現代のようにインターネットが普及する前は主流とされてきました。フライヤーや雑誌、折り込みチラシなどの広告やカタログ、ダイレクトメール、ポスター、口コミ、テレアポなどがオフラインでの手法です。

現在でもオフラインでの告知や宣伝は行われていますが、どのような手法をとるかによってはオンラインに比べて人件費などのコストがかかりやすい傾向があります。しかし、既存の顧客やリードに対して個別にアプローチできるため集客につながる可能性も高まるでしょう。

また、オフラインでは開催するWebセミナーの内容に合わせたアプローチをしやすいメリットもあります。ハウスリスト内から、セミナーの内容に興味を持ちそうな顧客やリードをピックアップすることで直接効果的なアプローチを行えます。

Webセミナーのリード獲得施策

メリット・注意点
Webセミナーでのリード獲得施策は、主にオンラインで行います。オフラインでの告知や宣伝も有効な場合がありますが、オンラインであれば告知・宣伝から申し込み、受講までをまとめられるメリットがあります

Webセミナーの告知・宣伝方法はさまざまです。そのため、リード獲得のためにどのような施策を用いるべきか、判断に困ってしまうこともあるでしょう。セミナーの目的やターゲットなども異なるため、一概に何が良いとは言えません。しかし、試行錯誤していくことでよりポイントを絞ったアプローチができるようになります。

まずは、リード獲得のための施策にどのようなものがあり、メリット・デメリットをあわせて知っておくことが大切です。ここからは、オンライン上でのリード獲得施策についていくつかご紹介していきましょう。

メール配信

メール配信は、顧客や関係する人へ個別に配信する方法と自社の顧客やメルマガ会員に向けて一斉に配信する方法があります。メルマガ配信では、代行会社に依頼する、各メディアのメルマガ広告にWebセミナーの情報を出稿する、自社の顧客リストからメールを配信するなどさまざまな手段での配信が可能です。それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

個別配信するメリットとしては、相手ごとに文章を変えられることからより相手に最適な内容で伝えられます。そのため、反応率やセミナーへの参加率の向上に期待できます。

メルマガ配信では集客だけでなく、Webセミナーに参加されたことのある顧客との関係を保つための役割も担っています。代行会社に依頼するほかに、ツールなどを活用することでより簡単に集客につなげられるでしょう。

メール本文にはWebセミナーへの申し込みフォームリンクを記載することもでき、顧客が参加しやすいよう配慮できることもメリットにあげられます。

デメリット

個別配信のデメリットは、一人ひとりに対しての文章を考えなければならないため非常に手間と時間がかかってしまうことです。また、配信数も限られてしまうことから一定数の参加は見込めるものの期待以上の参加とはなりにくいでしょう。

メルマガ配信のデメリットは、配信した顧客からすでに迷惑メールとしてみなされてしまいメールチェックをしてもらえないことや、代行会社への依頼やメディアのメルマガ広告への出稿となればある程度のコストが発生してしまうことです。

セミナーの告知ページを作成

Webセミナーを開催する際には、かならずWebでセミナーの告知ページを作成しておきましょう。告知ページには日時、セミナー内容、講師のプロフィール、対象者、申し込みフォームなどを掲載します。セミナー内容のイメージがつきやすいように、イラストや写真などを利用してみると良いでしょう。

メリット

セミナーの告知ページを作ることで、よりわかりやすくセミナー内容を伝えられ、参加に向けてのモチベーションアップにも期待できます。参加したくなるような告知ページであればあるほど、告知ページからの申し込みも増えるでしょう。

セミナーの告知ページや申し込みフォームを作成するにあたって、専門的な知識が必要なのではと考えてしまうこともあるでしょう。最近では、簡単に作成できるツールなどを使うことで専門的な知識を持たずともセミナーページから申し込みフォームなどが作成できます

デメリット

セミナーの告知ページの作成はツールを用いることで簡単に行えるようにはなりましたが、参加したくなるようなページを作成することは非常に難しいです。また、ページ作成にももちろん手間や時間はかかります。自社で作成するのであれば手間やコストも削減できますが、専門企業に依頼する場合はコストがかさみやすくなります。

SNSでの発信

自社で運用しているアカウントがあれば、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでの発信も効果的です。もしアカウントがない場合でもSNSアカウントの作成自体は手軽にできるので、自社メディアの1つとして作成しておくこともおすすめです。

メリット

SNS発信でのメリットは、需要のあるセミナー内容であればあるほど拡散されやすく、拡散できればよりコストを抑えつつ集客につながる可能性が高いです。#(ハッシュタグ)なども活用して、「#セミナー」とするだけでも情報拡散につながるでしょう

デメリット

SNS発信でのデメリットは、ターゲット以外のユーザー同士で拡散されてしまうことで反応率や参加率が増えにくい点です。発信する際には、どのようなターゲットに向けたセミナーなのかを明確にして、誰に反応してほしいか考えながら行わなければなりません。

また、始めたばかりのアカウントやフォロワー数の少ないアカウントであれば、集客にはつながりにくいでしょう

ポジショニングメディアの運用と告知

ポジショニングメディアは、自社商品やサービスの強みを顧客のニーズに照らし合わせ分析をすることで、競合他社との立ち位置を明確化したWebサイトを新しく構築運用することを指します。このポジショニングメディアをWebマーケティングに用いることで、より確度の高い見込み顧客の集客ができるでしょう。

また、これまで集客の欠点としては、温度感がそこまで高くなく競合他社と比較されてしまうことが多かったり、顧客への認知が低かったりしたこともあると思いますが、ポジショニングメディアを運用することで改善されます。

このようにポジショニングメディアを活用して欲しいターゲットに狙った集客を展開することができればWebセミナーのリード獲得だけでなく、その後の成約率の向上にもつなげることができます。

ポジショニングメディア運用のメリットとデメリットも見ていきましょう。

メリット

ポジショニングメディアの運用メリットは、開催するWebセミナーとの親和性が高い顧客を集客できる点です。自社の立ち位置が明確になっていることは、顧客にとっても自分にとって必要かどうか見分ける材料となります

ほかにも似たようなWebセミナーが開催されるとしても、自社ならではの価値が備わっていることで顧客から選んでもらいやすくなります。

ポジショニングが明確化することで、より狙ったターゲットへの告知ができます。ターゲットが定まっていることで、さらに効率的な告知も可能となるでしょう。
ポジショニングメディアを活用しながらWebセミナーの内容と照らし合わせて、どのようなターゲットに告知・宣伝できるのか、そして自社の商材が響くのか見直してみてください。

デメリット

ポジショニングメディア運用のデメリットとしては、運用に関して専門的な知識を持たなければならないことです。自社で展開するということも可能ですが、マーケティング知識が不足するため、成約に結び付く集客が出来ないという局面が散見されます。

また、Webサイトを新しく構築することになるため展開するまでに時間がかかります。もし、目先のWebセミナーのリード獲得をしたいのであればあまり向いている施策ではありません。
安定的にWebセミナーのリード獲得ができる集客チャネルを作っていく方針があればマッチした集客施策と言えます。

ポジショニングメディアとは?

Webセミナーのリード獲得は告知方法次第

販売促進
Webセミナーのリード獲得には、多くの企業が頭を悩ませています。どのような手法で集客したとしてもなかなか集まらずにセミナーが不発に終わってしまうことも十分にありえるでしょう。

今回はWeb上でのセミナー集客についてご紹介してきましたが、いずれもセミナー内容やターゲットによってメリットとデメリットを踏まえて行わなければなりません。どのようなセミナーであっても、リード獲得のための告知や宣伝はしっかりと戦略から立てることが大切です。

キャククル運営元の全研本社では、120業種以上のWebマーケティング支援実績を活かし、商談につながる反響の取得からセミナーへのリード獲得支援などさまざまな集客支援を行ってまいりました。

もし、Webセミナーのリード数を増やしたいだけでなく、その後の成約につながるリードを獲得していきたいという方針があればお役立ちできますので、お気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ