強みをつくれる求人開拓の方法とは?人材ビジネスの成長速度をアップ

強みをつくれる求人開拓の方法とは?人材ビジネスの成長速度をアップ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

人材系企業の求人開拓の必要性

人材ビジネスの成長には、誰が見ても優秀だと感じる人材を獲得することが必要です。優秀な人材を集めるためには、優秀な人材が目を惹く求人案件を集める必要があります。求人案件を集めることで登録者が集まり、登録者が集まることで条件が良い求人も増えていきます。

このように、良いスパイラルが起こることを期待して、求人は常に開拓していく必要があるでしょう。

求人開拓の方向性を決めよう

求人開拓の際注意するべきは、とにかく数が欲しいからとあれこれ求人案件を集めることです。一見数をたくさん集めることができそうですが、得意な案件が定まらないことで良質な求人を獲得できない可能性があります。

良質な求人開拓を行うためには?

では、どのように求人開拓を行っていくのが良いのでしょうか。

求人開拓を効率的かつ良質な案件を揃えるべく行うことは、特定の求人案件を中心に据えて求人開拓をしていく方法です。企業や登録者にとってはより細かな希望に応えられるようになるほか、似たような業界や職種で提案できる案件が増えるため、満足度向上にもつなげることができるでしょう。

参考にするのはドーナツ理論

この時、参考となるのが「ドーナツ理論」と呼ばれる理論です。ドーナツの穴となる部分に特定の求人案件を置いたと仮定し、周辺の求人は登録者の入社確度を高めるべく異なる魅力を持つ求人を複数配置します。人材紹介会社の中でも、一部の企業で浸透している考え方です。

自社で中心に据える特定の求人を定めることで、注力して求人開拓を行なう業界や職種が定まり、無駄がなくなります
また、似たような魅力を持った企業を多く抱えることになるため、登録者がA社を気に入らなかった場合に、近しい条件のB社を推薦することができ、入社確度を効率的に高めことができるのです。

求人開拓において特化させる業界や職種を決める

むやみに求人案件を獲得しないという点では、特化する業界や職種をあらかじめ決めてしまう方法もあります。

登録者にとって、「どこの会社か」というネームバリューよりも、「この会社は良い案件を紹介してくれる」というイメージの方が大切です。その場合、どのように登録者にイメージを持ってもらうのが良いかと考えると、業界や業種といった分かりやすい切り分けが良いでしょう。

他社との差別化をしやすい

「〇〇に特化している」という文言は、企業や登録者から見て他社との差別化になりやすく、会社を選ぶ理由となり得ます。
他の会社がまだ参入できていない業界や、最近出た新しい職種などに特化することができれば、人材業界の中でも独自のポジションを確立できる可能性があるでしょう。

求人開拓の方法

営業先を検索する男性

求人開拓の方法は、1種類ではありません。大きく2つに分けて見ていきましょう。

アウトバウンド施策

自社発信で企業に営業をかけていく手法が「アウトバウンド」。電話やメール、チラシなどを駆使して企業に営業をかけていく手法が代表的です。

カギとなるのはターゲットとなるリスト作り

アウトバウンド施策において最も重要なのは「どの会社に営業を掛けるか」という点です。どの企業にアプローチするのかを誤ってしまうと、獲得できる企業も獲得できなくなってしまいます。

また、ただたくさんの企業を集めるだけでなく、良い人材であればたくさんのお金を支払ってくれる会社を効率的に見つける必要があります。

大手人材紹介会社の掲載一覧を見てみる

一般的に人材紹介は、良い人材が採れる可能性が高いものの、費用としては高額です。メディア掲載や求人掲載とは1桁ほど額が異なることが一般的だと言えるほど、その費用には大きな差があります。したがって他社の紹介会社を活用している企業は、人材に対して高額を投資している財力と投資力があると言えるでしょう。

大手人材紹介会社のホームページには、利用企業が一覧化され、ロゴ掲載されている場合があります。似たような職種を扱っていそうな大手企業を探し、リスト化して営業活動を行うと効率的だと言えます。

インバウンド施策

アウトバウンド施策が自社が発信するのに対し、ユーザーとなる企業側が自ら検索などを行い企業を探し出すことをサポートする施策を「インバウンド」です。情報を置いておくことで、企業が自ら探し出してくれるため、営業工数が少なくて済む点がポイント。

受注可能性が高い

アウトバウンド施策と異なり、インバウンドは企業にニーズが生じているからこそ情報を検索しているため、上手くニーズが合致すれば成約する可能性が高いと言えるでしょう。

また、上手く施策が進みだしたら、営業担当の工数を掛けずに済むという点から、人件費の削減にもつなげることができます。

Web広告を活用

インバウンド施策の中で最もメジャーなものは、Web広告を活用することではないでしょうか。Web広告は一度の価格がさほど高くなく、バナーなどの簡単な素材さえ作れば取り組むことができるため、参入ハードルが低いと言えます。

ニーズが合致した企業が自らクリックし、自社サイトまで到達することを考えれば、非常に効率的だと言えるでしょう。

オウンドメディアを活用する

ただ情報を置いておくのではなく、情報をメディア化し掲載して置いておくことで、企業が情報に触れる機会を高めることができます。情報量が増えれば、検索でヒットする可能性が高くなるほか、「〇〇分野の専門会社」としてブランディングを行うことも可能です。

きちんと役立つ記事を展開することで、検索されやすい状態を作るという点で有効なインバウンド施策と言えるでしょう。

自社の強みを活かせる求人開拓方法

独自の強みを見極めることが大切

このように、案件や業界、職種などをある程度絞って特化する戦略が人材紹介会社には有効です。特定の強みを持つ分野を作ることで、競合と比較した際、独自の強みを持つことができるのです。

このような考え方を、「バリュープロポジション」と呼びます。「バリュープロポジション」とは、顧客が感じる価値を指します。登録者や企業は、自身や自社に価値があるという前提で利用する人材会社を決定します。この時「この会社にしよう!」と決めるためには、その会社独自の価値が明確であることが重要なのです。

バリュープロポジションのイメージ図

他社と比較しても見当たらず、自社独自の価値という点に意味があります。

ビジネスにおいて重要なバリュープロポジション

バリュープロポジションを持つことは、ビジネスの成長にとって非常に重要です。
そして、考えるべきはバリュープロポジションをいかにして求職者や、求人企業に伝えるかということでしょう。

自社のバリュープロポジションを明確に設定できている企業は、数多くある人材会社の中で生き残りやすいと言っても過言ではありません。

バリュープロポジションについて
詳しい記事はこちら

ポジショニングメディア戦略

このように、自社のバリュープロポジションを明確にしながら運営していくメディアを「ポジショニングメディア」と呼びます。このメディアをWeb上に置いておくことで、企業や登録者は「なぜこの会社を選ぶべきなのか」ということが一目で明確に分かるようになります。

ポジショニングメディアは、反響があることはもちろん、実際に利用確度が高い企業や登録者獲得への近道だと言えるでしょう。そのため、現在集客に悩む人材会社こそ、有効な手段です。

ポジショニングメディア・ポジショニング戦略についてはこちらもぜひご覧ください。

お問合せはこちら

ページトップへ