人材業界が取り組むべきマーケティング施策とは?

人材業界が取り組むべきマーケティング施策とは?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

近年、人材業界が抱える市場では、働き方改革やテレワークの導入による就業形態の変化など大きな変化が生じています。多様な働き方が増える中で、採用市場の動向をとらえることが困難になってきています。

この記事では、人材業界で取り組むべきマーケティングの考え方を利用した施策について解説します。

人材業界は求人と求職者の両方の獲得が必要

握手している男性
人材紹介のように、企業と人材をマッチングする事業を行う人材業界では、業務の特性上、人材を求める企業と求職者の両方を獲得することが必要です。

求職者に紹介出来る十分な求人と、さまざまな求人を探している求職者がそろわないと、ビジネスとして成り立ちません。また、多くの求人と求職者を集めたとしても、企業と求職者それぞれの求める条件や業種が異なるなど、採用まで至らない可能性も出てきます。

そのため、人材業界ではコストは低く抑えながらも、企業と求職者それぞれのニーズにマッチしたターゲットに的確にアプローチするための施策が求められています。

人材業界のマーケティング施策決定のポイント

ビジネスマンと電球
人材業界が求めるターゲットに的確にアプローチするためには、適切なマーケティング施策を実践することが重要です。

ここでは、マーケティングの全体像を解説し、具体的な施策決定のためのポイントを紹介します。

マーケティングの流れを把握する

マーケティングを行うためには、最初に「ファネル」という考え方を理解することが重要です。ファネルとは、日本語では逆三角形の形をした、「ロート」という器具のことを指しています。

たとえば、人が物を購入しようとするときは、その商品のことを調べ、類似商品と比較し、選んだ商品が自分にとって最良と感じたときに購入します。ファネルは、これらの流れを「認知」→「興味・関心」→「比較・検討」→「購入・申込」と表し、順番が進むほど次の工程へ進む商品が絞られていきます。

これを人材業界にも適用しようとすると、「認知」→「比較検討」→「自社サイト訪問、問い合わせ獲得」→「受注」のような流れになります。

成約に近いステップから注力する

人材業界のファネルでは、「認知」より「比較検討」、「比較検討」より「自社サイト訪問」をしてくれるユーザーの方が、より商品に興味を持っており、受注に結び付きやすいと言われています。

そのため、マーケティングのファネルによる顧客獲得には、成約にあたる「受注」の段階に近いステップから、順に対応方法を検討すると効果的とされています。

さらに、「受注」に近い段階から対応を検討しておくと、その前の段階の対策を行う場合に、次のステップの対策も出来ているため、対策効果を発揮しやすいというメリットもあります。

スマホから見やすいコンテンツを作る

インターネットを使って人を集めるためには、ターゲットとなる可能性がある人に効率的に見てもらう必要があります。近年では、サイトの閲覧に従来のパソコンではなく、スマホやタブレットを使って閲覧する人の割合が多くなっています。

そのため、サイトを公開する場合には、スマホから見やすいコンテンツを作ることが重要です。画像や文字の大きさだけでなく、画面のレイアウトなどもスマホで見やすいように最適化しましょう。

もし、自社のサイトがスマホからの閲覧に最適化されていない場合は、作り直しなどの対応が必要になります。

求人を増やすためのBtoBマーケティング施策

急上昇しているグラフと男性
BtoBマーケティングの流れがわかったら、つづいては求人を増やすための具体的なマーケティング施策について解説します。

問い合わせにつながるサービスページを充実させる

ホームページからの問い合わせにつなげるためには、サービス紹介ページの見た目にも工夫が必要です。

ページの内容を見るだけで、どのような企業がターゲットになっているか、ハッキリとわかることが重要です。たとえば、「貴社にあった」のような表現は使用せず、「事務のスペシャリストを1週間以内に紹介」のように、具体的な数字や用語を使って説明すると良いでしょう。

お客様の声を取り入れる

サイト内では、受注に結び付いたお客様企業からの声を取り入れましょう。お客様が実際に感じた魅力やメリットを掲載することは、これからサービスを利用しようか迷っているお客様の安心感につながります。

近年は、個人情報保護の観点から、「M・A様」や「30代・男性」のように、実名を伏せて公開するケースも多く見られます。しかし、このような掲載方法では、お客様のイメージがつきにくく、「本当の事例なのか?」のような疑念を抱かれる可能性も出てきます。

お客様の声を掲載する場合は、出来る限り企業名や実名を記載しましょう。また、顔写真や企業のロゴマークなどを掲載出来ると、より信頼性が高くなり、掲載効果も高くなります。

SEO対策で資産性を高める

サイトをユーザーに知ってもらうためには、多くの場合、リスティング広告などの広告を出稿します。しかし、作成したコンテンツが検索エンジンで上位に表示されるようになれば、広告費を使わずにユーザーにサイトを閲覧してもらえる可能性が高まります。

このように、サイトにとって、検索エンジンで上位に表示されるコンテンツは、ユーザーから閲覧される可能性を高める重要な資産と言えるでしょう。検索エンジンで上位表示させるための取り組みはSEO対策と呼ばれ、サイトを所有する多くの企業で取り組まれています。

ディスプレイ広告を活用する

サイトを知ってもらうための広告の中でも、ディスプレイ広告はクリック単価が安くなるケースが多く、問い合わせを獲得しやすい手法です。

ただし、ディスプレイ広告の配信サービスを利用するだけでは、お客様になり得ない人にも広く配信されてしまう可能性が高くなります。自社サイトでリーチしたいターゲットに絞って配信することが重要です。

具体的には、次のような手法が考えられます。

  • 自社サイトを訪問したことのあるユーザーだけに広告を表示するリマーケティング
  • メールマガジンなどで獲得したリストに掲載されているユーザーだけに広告を表示

SNSの活用で認知の取得を狙う

広告のように費用を使わず、SNSを活用して自社の取り組みを知ってもらう方法も有効です。

多くのSNSには、投稿をシェアする機能があり、自社の投稿がユーザーからユーザーへ拡散される可能性があります。

サイトから問い合わせをもらうための第一歩は、サイトの存在を知ってもらうことです。シェア機能は自社のサイトを知ってもらうための重要なツールとなるでしょう。

プレスリリースを定期的に発信して認知獲得

プレスリリースとは、テレビや新聞などの報道機関(プレス)に対して自社の取り組みを告知したり発表したり(リリース)することです。一言で表すと、「自社でこんな取り組みをしたので、報道してください」とお願いします。

プレスリリースは、報道機関に扱ってもらえる保証はありません。しかし、費用がかからず、広範囲で見てもらうことの出来る報道機関に報道してもらうことは、ユーザーの認知や信頼度の向上にもつながります。

人材業界が求職者獲得に取り組むべきマーケティング施策

マーケティング
つづいては、人材業界で求職者を効率的に獲得するために取り組むべきマーケティングの対策について紹介します。

自社LPを作成する

LPは、検索エンジンや広告などをクリックし、自社サイト内で最初に訪れるページのことです。

サイトを閲覧するユーザーが、自社のサービスに魅力を感じたり、問い合わせを行ったりするためには、LPでユーザーをひきつけることが重要です。ユーザーが必要としている情報や興味を引くコンテンツを配置しましょう。

ユーザーにとって魅力的なLPを準備することで、自社サイトを訪れたユーザーを離脱させず、効率よく問い合わせや受注につなげられるようになります。

求職者向けのオウンドメディアを作成する

求職者向けに情報を発信する、オウンドメディアを作成しましょう。求職者にとっては、採用試験の受け方や面接のコツなど、転職活動で使われる有用な情報が掲載されていると、魅力を感じやすいでしょう

また、これから仕事を探し始めようとしている人に対して、「どのような仕事があるか」や「働き方」、「既に働いている人の価値観」など、今後の価値観の形成や仕事について考えることの出来るコンテンツなど、幅広く知ってもらうためのコンテンツを用意するのも有効です。

求職者向けのポジショニングメディアを導入する

ポジショニングメディアは、任意のキーワードに一致する人材業界の情報をまとめた形式のサイトです。比較したり、おすすめの会社を紹介したりすることで、問合せへつなげます。

検索広告からたどり着いたユーザーに、自社の強みや特徴などの観点で比較を行い、他社との違いを明確にすることで、自社のポジションを築くことが可能です

たとえば、「事務人材といえばあの会社」と呼ばれるように印象付けることで、自社の立ち位置を明確にし、ユーザーをひきつけることができます。

SNSやLINEで情報発信する

SNSやLINEを使って、ユーザーに対して積極的に発信しましょう。

日々行われている自社の取り組みやイベントなどの情報だけでなく、社員が日々働く様子やインターン研修生のインタビューなどを掲載することで、自社の活動を身近に感じ、興味を持ってもらいます

自社の取り組みに興味を持ったユーザーを集めることで、求職者の募集に対して応募者を集めやすくなるでしょう。

求人サイトに案件を掲載する

求人サイトに案件情報を掲載し、求職者を集めるのも有効な方法です。求人サイトの規模などにもよりますが、転職エージェント等と比べると費用が安く抑えられることが魅力です。

しかし、大きな企業が運営している転職サイトでも、地域や年代を問わず、みんなが見られるとは限りません。また、利用者から見ると、求人サイトに掲載されている案件から、企業の案件を探し出す必要があります。

スカウトメールを送る

求人サイトのように、広く問い合わせを待つのではなく、企業からスカウトメールを使ってアポイントを取りにいくのも有効な方法です。スカウトメールの大きな魅力は、受信したユーザーに「特別感」を持ってもらえることです。

自社の求人情報と、ユーザーのスキルや経験が合っているか、求職者にどのような魅力を感じてスカウトメールを送りたいと考えているかなど、ユーザーが特別な存在であると感じてもらうことで、来客につなげられます。

人材紹介以外のサービスも充実させる

近年、人材業界の競争は激しく、人材を紹介出来るだけでは、他社との差別化が困難になってきています。そのため、ユーザーにとって有益な情報を配信するなど、今までの人材業界にはなかったプラスアルファの対応が必要になります

たとえば、「面接対策」や「履歴書、職務経歴書の添削」など、他の車にはないサービスを提供出来ると良いでしょう。このように、特別な対応を行ったり、丁寧なフォローを行うことで、リファラル採用につなげたり、コストはかけず効率的な運営をしたりします。

人材業界のマーケティングのお悩みはプロに相談を

マーケティングポイント
この記事では、人材業界のマーケティングについて紹介し、求人を出す企業と、求職者それぞれを集めるために必要なマーケティング施策について紹介しました。

人材業界では、人材を求める企業と求職者の両方を獲得する必要があります。マーケティングを用いて、サイトやLPなどのコンテンツをユーザーにとって魅力のあるコンテンツにするには、手間も時間もかかります。

マーケティング戦略自体の構築に困ったり、成果が出ずに悩んだりしているなど、人材業界のWebマーケティングに強いプロにご相談ください。売上アップにつなげるための最適な施策をご提案いたします。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ