人材紹介会社の求職者集客・広告戦略はWebマーケティングから始めよう

人材紹介会社の求職者集客・広告戦略はWebマーケティングから始めよう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

売り手市場の今の時代、求職者の集客で苦労をしている人材紹介会社も多いのではないでしょうか。この記事では人材紹介会社で求職者を集める手法や、その際に注意すべきポイントなどを紹介しています。現在の集客に課題感をお持ちの方は、ぜひご一読ください。

人材紹介会社の集客・広告手法まとめ

人材紹介会社の集客・広告手法

集客のための具体的な施策や広告は多岐にわたります。「自社が集客したい求職者ターゲットに対して最適な集客方法はどれか?」という視点で検討してみましょう。

スカウトメール

人材紹介会社で最も多く行なわれている集客方法は、スカウトメールです。スカウトメールとは、求職者の経歴やスキルを見た企業が「当社へ転職を検討してみませんか?」と求職者へ働きかけるメールでおもに、

  • 転職サイトに登録した会員向け
  • エージェントを探している登録者向け

の2種類があります。しかし、スカウトメールは決して簡単に集客が見込める方法ではありません。スカウトメールはどこの企業も行なっているため、競争が激しいレッドオーシャンです。多くの人材紹介会社の中から求職者に選ばれるには、他社との差別化企業のブランド力が必要になります。

転職サイト

転職サイトは、一度求人情報を掲載すれば、後は求職者からの問い合わせを待つだけで手間がかかりません。アクセス数も非常に高く、多くの求職者が訪問しますので、自社の存在をアピールするには効果的な広告媒体です。

ただし、転職サイトも複数あるため、サイトの特徴や掲載費などをよく吟味した上で掲載すべきサイトを検討しなければなりません。

ディスプレイ広告

Webサイト、またはアプリなどの広告スペースに掲載するのが「ディスプレイ広告」です。文字情報だけでは伝わりにくいサービス内容を、画像やイラストを駆使しながらユーザーの目に留まりやすいアピールが可能です。

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)とは、訪問者をダイレクトに転職相談申込みなどへの行動に結びつけるページのことです。LPは営業のセールストークを1枚のページで再現したような構成になり、情報量が多く縦長のページになります。

コンバージョンレート(CVR)を高めていく改善を常に行ない、LPに訪れた人が相談申込みという行動をスムーズに行えるような設計が重要になります。

  • コンバージョンレート(CVR)とは…Webサイト(ここではLP)に訪問した人が、資料請求、問い合わせ、購入などの最終成果に至った件数の割合のこと。

LPで成果を上げるには、SNSでのPRやリスティング広告などを利用して流入数を増やし、LPでコンバージョンさせる方法があります。

  • リスティング広告とは「検索連動型広告」とも呼ばれる、Googleなどの検索エンジンでキーワードを検索した際に表示される広告のこと。

改善を行っていく中で、勝ちパターンが見つかれば、安定的に集客できる魅力的な手法になるでしょう。まだチャレンジしている企業も少ないため、ブルーオーシャンの集客方法と言えます。

オウンドメディア

オウンドメディアとは自社で運営するWebメディアのこと。自社ホームページ内でのブログやコラムを含みますが、基本的にはホームページ以外で独立したWebサイトのことを指すのが一般的です。

ホームページとは違い、ターゲットユーザーが検索しそうな関連キーワードを意識とした記事を書くことで、将来登録してくれる可能性のある人(見込み顧客)にもアプローチが可能です。

  • アクセス数の拡大によりターゲットユーザーに認知される
  • 自社で作れば広告費用がかからない
  • 継続して記事をアップすることで資産価値があがる

というメリットもありますが、

  • キーワード選定に時間がかかる
  • 記事作成が時間がかかって大変

というデメリットもあります。メリット・デメリットをしっかりと理解した上で、正しい戦略を練ることが大切です。

ポジショニングメディア

現在はインターネット上に情報が溢れているため、求職者も「どの人材紹介を選べば良いのか」迷っています。そのような状況の中、自分に合った人材紹介会社を選べるのがポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアのイメージ画像

サービス特化型のWebメディア

ポジショニングメディアとは、「貴社のサービスを利用したい」という成約になるユーザーを狙って集客ができるWebメディア施策です。

現状、人材紹介会社が集客に用いるWeb広告として、転職サイトなどがあります。アクセス数が非常に多く、求職者に自社の存在をPRするには効果的です。

しかし、今すぐ登録の申込みをするわけではなく、あくまでも、就職・転職する前の「情報集め」として利用するケースが多いのも事実です。

どの人材紹介会社を利用すべきか分かりやすい

一方、ポジショニングメディアは、「職種別」「地域別」「年齢・役職別」など、求職者のニーズにカスタマイズしたWebメディアを独自に開設します。たとえば、

職種別の場合
  • 「薬剤師」「保健師」案件が得意な転職エージェント
  • 「インフラエンジニア」案件を専門的に扱う転職エージェント
地域別の場合
  • 「京都」の案件が得意な転職エージェント
  • 「海外」案件が豊富な転職エージェント
年代別・役職別の場合
  • 「20代」の案件を扱う転職エージェント
  • 「CxO」案件を得意とする転職エージェント

など、自分が興味のある分野の求人や人材紹介会社を探しているユーザーのみを集客。メディアに訪問すれば、ユーザーは自分が相談すべき人材紹介会社を見つけることが出来ます。

また、掲載している人材紹介会社としては、自社がどんなジャンルに強いのか、他にも社員へのサポート力や実績をベースに、人材紹介会社を探しているユーザーに自社の魅力を理解してもらうことができます。

そのため、最終的に採用に繋がりやすい応募の獲得が可能になります。

ポジショニングメディア導入前と後の違い

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

ポジショニングメディアからの反響は、よくある競合他社と比較される「とりあえず問い合わせ」のような低い温度感ではなく、「この人材紹介会社の求人に応募してみたい」という温度感の高いリードが獲得できます。

ポジショニングメディアを導入した人材紹介会社の事例

ポジショニングメディア導入前はリスティング広告を中心に求職者の方を募集しておりましたが、会員登録率が非常に悪かったのを覚えています。

導入後は、コンスタントに登録される方がいらっしゃり、大手ではなく私どもがいいと啓蒙された上での登録なので、売上にも繋がりやすい傾向があります。

〇〇系の転職ならウチだと訴求できているので、そこもいい人材が集まりやすいポイントになっていると思っています。

ポジショニングメディア
についてもっと詳しく知る

SNS

Twitterやfacebook、LINEといったSNSのアカウント運用によって、ユーザーとのコミュニケーションの機会を増やすことができます。

アカウント運用の基本は、定期的な発信を継続すること、発信内容に統一したテーマがあること、そしてユーザーにとって有益な情報を発信することです。

フォロワーが増えれば自社の認知が上がるのはもちろん、拡散されることでより多くの人に情報を届けることが可能になります。

LINE公式アカウントに注目

LINEはスマホをもつ日本人のほとんどが日常的に使用しています。このLINEを使ったマーケティング戦略は昨今では非常に重要です。

ほとんどの人が利用しており、友達登録などが簡単に行えます。ユーザーにログインや情報登録などの負担を与えることがないのはマーケティングでは大きな魅力です。

メールと違って届いたメッセージを確認するのに手間もかからないため、目に留めてもらえる可能性が高まります。

有益な情報発信だけでなく、ホームページやオウンドメディアへのコンテンツへの入り口として運用することで、集客の起爆剤にもなるでしょう。後述するリファラル集客にもLINE公式アカウントを活用することが可能です。

リファラル集客

リファラル集客とは、自社社員外部パートナーなどの人的な繋がりを利用して求職者を集客する方法です。集客原価がかからない上に自社独占での集客が可能です。

また、自社の人的な繋がりによる採用のため、初めから信頼関係が築きやすく、離職率が低いメリットもあります。リファラル集客を進める上で必要なことは、知り合いを通じた採用であるため、期待を裏切らないような求職者の満足度を高める取り組みです。

たとえば入社が決定した際に、入社への感謝の気持ちを表す手書きの手紙をプレゼントする等、期待値を上回る感動体験が味わえる企画を用意する等があります。

自社ホームページのSEO対策

自社ホームページのSEO対策

自社のホームページを活用し、求人登録のニーズがあるSEO対策で集客を図る方法もあります。SEOとは「Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼ―ション)」の略語で、日本語では「検索エンジン最適化」を意味します。

狙った検索キーワードで求職者が検索された際に上位表示させる施策です。上位表示に成功すれば、ホームページに訪問する求職者も増え、集客に繋がる可能性があります。

興味を持って流入してきたユーザーが「ここに登録しよう」と思ってもらえるように、SEO対策にも取り組みましょう。

SEO対策する上での注意点

seo対策で重要なのは「キーワード選び」です。ユーザーにどんなキーワードで流入して欲しいのかを考えて選ぶことが大切です。単なる「転職」のようなキーワードでは検索数が多い上、大手企業が既にSEO対策を行っており、上位表示が非常に困難です。その他、キーワードを考える上での注意点は以下の通りです。

  • 求職者がどんなキーワードで検索しているのかを考える
  • 競合性の高いビックキーワードは避ける
  • 常日頃の分析と対策を怠らない
  • 複数のキーワード抽出ツールを併用する

キーワードに合致したコンテンツ作りが上位表示のカギ

SEO対策は、キーワードを決めることがゴールではなく、キーワードに合致したコンテンツ作りこそが重要です。せっかく検索者がホームページに訪問しても、求めている情報が無ければ、すぐに離脱されてしまいます。

求職者の立場になり、キーワードに対してどんなコンテンツを提供すれば満足してもらえるのか調査した上でコンテンツ作成に取り組みましょう。

社内でコンテンツ作成しているが集客できずに困っている方へ

学習塾のSEO対策が上手く行かずお困りのWebご担当の方へ

SEO対策は、Web担当者にとって最も重要な施策の一つです。どのように実施すれば良いのか、ネット上にはあらゆる情報で溢れています。

しかし、内製で時間と労力をかけてコンテンツを制作しているものの、「順位が上がらない」「流入が増えない」と困っている担当者も少なくありません。

せっかく時間をかけて一生懸命作ったコンテンツですから、相応の結果が欲しいと思うのも当然です。しかし、時間をかけたからと言って必ず上位表示されるとは限りません

  • 自社サイトの順位や流入を増やしたい
  • 自社に合う見込み客が獲得できるコンテンツマーケティングを運用・外注したい
  • SEOノウハウを学び、将来はコンテンツマーケティングの内製化を目指したい

といった要望がございましたら、全研本社にお問い合わせください。120業種及び8,000件以上のWebコンサルティング実績と知見をベースに、ペルソナ設定から、検索キーワード選定、検索意図を組み込んだコンテンツ設計・制作等、SEO対策から貴社サイトへの流入を増やす戦略的なコンテンツをご提案します。詳しくは下記より資料がダウンロードできます。

求職者から選ばれる人材紹介会社になるために

求職者から選ばれる人材紹介会社になるために

求人紹介だけでなくキャリアアドバイスも行なう

転職者が人材紹介会社を人に勧めたくなるのは、求人紹介にプラスαの価値があった場合です。例えば面談時にキャリアアドバイスを行なうのもひとつの手法です。

的確なアドバイスで「将来のビジョンが整理できた」「自分が進むべき方向性が見えた」といった体験ができた場合、この人材紹介会社でないと得られない価値があるとユーザーは思うでしょう。

面接対策についても丁寧にサポートする

面接対策を行なうことも、プラスαの価値になります。どこの人材紹介会社でも面接対策自体は行なっているケースは多いです。

しかし事業内容や仕事内容の説明だけで終わる人材会社も多く、丁寧に面接対策を行なうだけでプラスαの価値と感じるユーザーは多いのではないでしょうか。

自己分析やそれを整理してアウトプットしてもらうことに重きをおいた面接対策を行なうなど、丁寧にサポートすることで良い印象を持ってもらえることでしょう。

入社後も継続的にフォローを行なう

入社後も電話やLINEでフォローしたり、サポートを行なうことも大切です。転職者にとっては、転職した後の定着と活躍がキャリア形成上一番大切になります。

継続的に、そして気軽に相談できる体制を整えることで、友人や知人が転職をしたい…と相談を持ちかけられたときに、「○○社を紹介してあげよう!」と思ってもらえるのです。

以下の記事でも、人材紹介会社の集客に役立つ情報を紹介しています。こちらも合わせてご一読ください。

ページトップへ