MaxGaugeの導入事例や口コミ評判を徹底解説!価格も併せて紹介します

MaxGaugeの導入事例や口コミ評判を徹底解説!価格も併せて紹介します
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

MaxGaugeとは

MaxGaugeとは、データベースの可用性とパフォーマンスを効率的に管理できるシステムです。

一般的なツールと比べると、全てのデータを最小限の負荷で収集することが特徴で、24時間365日の情報収集やセッションとSQLを明細に記録することが可能です。

ITインフラを可視化させ、開発や運用の効率化を図る上でのソリューションを求めている担当者の方におすすめです。

以下では「MaxGauge」の特徴や費用、口コミ、会社情報を詳しくまとめております。資料は下記からダウンロードできますので、導入を検討している際はぜひご活用ください。

\データベース関連エンジニアの工数を大幅削減/

データベースをリアルタイム監視!
MaxGaugeの
資料をダウンロード

MaxGaugeの特徴

リアルタイムで監視し管理能力の向上を図れる

MaxGaugeには、リアルタイムでデータベースの運用状況を確認できる機能が搭載されており、不意な問題発生時にもすぐに対応することが可能です。障害発生時に起こるアラートを発砲するのと同時に原因分析を素早く実施できるため、管理能力の向上を図れるシステムです。

またデータベースの着信要求の応答を停止してしまった場合にも、Direct Memory Access機能によりリアルタイム監視をすることが可能です。

障害分析を効率的に実施できる

MaxGaugeは常に取得している多くの指標データから長期間のCB稼働推移や問題が発生した件数が多い時間を簡単に把握することができます。そして、その取得したデータを素早く問題別に切り分けることも可能。

様々なデータや指標を効果的に連携させることで、問題発生時でも正確な分析ができることが魅力の一つです。

安定的なシステム稼働を実現できる体制構築を支援

システムの安定的な運営を目指すには、毎日の継続的なチェックと改善が必要になり、手間がかかってしまいます。MaxGaugeを提供している日本エクセムでは、そんな悩みや不安を抱えているユーザー向けに、『SmartDBAサービス』と言う技術支援サービスも提供しています。

『SmartDBAサービス』では、月額30万円からリモートによるDBA業務支援サービスを提供。問題の予兆や実際に問題が発見された場合には、改善策のアドバイスなども含めて報告会で担当エンジニアからデータベースの状況についてアドバイスを受けられます。

データベース監視ツール『MaxGauge』と技術者支援サービス『SmartDBA』を組み合わせることにより、システムの安定稼働実現をサポートします。

MaxGaugeの特徴まとめ

MaxGaugeはデータベースのパフォーマンス管理し、問題が起こった際に状況を迅速に把握し、原因を分析して可視化させます。そのため、問題が生じた際に復旧するまでの時間を短縮することができます。

また大きな特徴としてリアルタイムで監視し、検出された問題を最小限の負荷で詳細に分析する機能があることが挙げられます。大量のユーザーがデータを照会する環境のもと、システムに起こるであろう問題を予兆したり、共通エビデンスによる情報共有をしたりできます。

その結果、データベース運用を効率化できるシステムとなっています。以下では、MaxGaugeの資料を用意しています。資料をダウンロードすることで、MaxGaugeのより詳細の特徴や機能を知ることができます。

\データベース関連エンジニアの工数を大幅削減/

データベースをリアルタイム監視!
MaxGaugeの
資料をダウンロード

MaxGaugeの導入事例・口コミ評判

MaxGaugeの導入事例・口コミ評判

事例1:KDDI株式会社(通信業界)

課題:運用負荷が増していく負のスパイラルが起こっている

情報系基盤のDWHは「Oracle Database」で構成されていますが、長年にわたる運用の中で課題が顕在化されてきました。その課題というのが、「安定運用」と「問題発生時の対応にかかる手間の大きさ」です。データ活用の需要が高まる中で、現在多くのユーザーが自由にクエリを投げてみたいデータを抽出しています。

しかし、クエリの状態が悪いと膨大なリソースを消費してしまい、全体の安定性に悪影響を与えてしまいます。ユーザーのクエリが原因である場合、「どのクエリに問題があったか」までは判明するのですが、実行したユーザーとの紐付けに時間がかかってしまい、改善の方針が立てにくいことが課題でした。

またタイムアウトが多発した場合に、ユーザーが無闇にクエリを複数回発行する望ましくない運用が行われているという実態もあり、その運用によってシステムリソースをさらに圧迫してしまっていました。問題が発生するごとに、開発/運用チームで原因究明と対応をしているため、運用負荷が増していくという負のスパイラルが起こり始めています。

解決策:ユーザーの可視化を即座にできるようにするためにMaxGaugeを導入した

問題解決に向けて動き出した当初から、「MaxGauge」の導入は有力な選択肢でした。MaxGaugeを導入したことは、期待通りのメリットを生んでいます。

以前までは、問題が起こった際の原因究明からユーザー可視化まで半日程度かかっていた工程が、即座にユーザーを特定することができるようになりました。

また全クエリの内容と合わせて「実行ユーザー」の情報も記録できるようにしたため、改善活動の方針を立てやすくなりました。さらに運用の安定化を図るべく、高い負荷がかかっているクエリを切断する工程を自動化することで、大幅な運用負荷の軽減に寄与しています。

引用元:MaxGauge公式サイト導入事例@IT掲載記事(https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2304/04/news001.html)

事例2:プロパティデータバンク株式会社(不動産テック)

課題:欲しかったデータベースの履歴データが全てなくなっていた

新しい機能のリリース後に急に重くなったというパフォーマンスに関する問い合わせが多く、データベースの履歴から調査や分析を行うのですが、原因調査のために3〜4ヶ月前のデータを取得しようとした際に欲しかった履歴データが残っていなかったことがありました。

原因としては、コストの関係上データベース管理ツールは一部のシステムのみ導入していたことで、問題の改善までに時間をかけてしまっていました。

解決策:比較検討した結果MaxGaugeを導入した

前述した通り、すでに他社製のデータベース監視ツールを導入していましたが、監視業務のさらなる品質向上や生産向上を視野に入れてリプレイスを検討することになりました。複数社の監視ツールを比較検討した結果、MaxGaugeを導入することに決定しました。

導入の結果、高負荷時の処理や問題が発生した場合にでも調査や状況把握を迅速に行うことができ、かつ問題の予兆も早期発見できるようになりました。

また画面が見やすく画面がとても見やすく操作がしやすい点も導入判断の重要なポイントでした。

引用元:MaxGauge公式サイト(https://www.ex-em.co.jp/customer/#partner-sub-title)

事例3:株式会社フルキャストホールディングス株式会社(人材総合サービス業)

課題:システムに大きな負荷がかかっていたことを懸念していた

会社の急成長に伴い登録者数が多くなり、バックエンドでは登録手続きや即払いに対応するための決済処理などが発生し、システムに大きな負荷がかかる傾向にあった。業務システムを安定的に運用していくためにはどうしたらいいのかを検討していました。

解決策:パフォーマンスの向上を図るためにMaxGaugeを導入した

MaxGaugeを導入した結果、Oracleデータベースのリアルタイム監視や、詳細な事後分析機能による課題発生時の原因特定・パフォーマンスを向上させる目的を果たしました。また。「運用・保守のために人材をうまく活用するツール」として、課題の早期・改善などに取り組めています。

引用元:MaxGauge公式サイト(https://www.ex-em.co.jp/customer/#partner-sub-title)

事例4:ディーコープ株式会社(ソフトウェア開発)

課題:前担当者が退職してしまい、運用管理をこなすことが困難と感じた

当時利用していたデータベース管理サービスが提供終了となり、担当者が退職してしまったため、前任者と同じレベルでデータベースの運用管理をこなすことは困難だと直感しました。

インフラ全般の監視は統合監視ソフトウェア「Zabbix」でこなしていましたが、SQLがデータベース内部でどう動いているか、パフォーマンスがどうなっているのかを調べることは難しいことが難点です。そこでデータベースの専門知識を持つ人に運用管理へ参画してもらいたいと考えました。

またもう一つの課題として、問題に対処する過程におけるコミュニケーションが挙げられます。運用チームと開発チームの間でこうした相談をする際、必要な情報は共有しているものの、SQL動作の証跡や負荷状況などは詳細な情報がないため、うまく伝えられないことが多いからです。そこで、データベース運用管理の課題を一挙に解決するために、日本エクセムが提供するデータベース可視化ツール「MaxGauge」とリモートDBA支援サービス「Smart DBA」を導入しました。

解決策:MaxGaugeを導入し、データベースの運用管理を始めた

MaxGaugeを導入したメリットとして、事後調査の機能が備わっていることが挙げられます。データベースの障害はすぐに分かるとは限らず、事業部門などを経由して、時間が経過してから報告されることもあるからです。

MaxGaugeであればセッションや実行されたSQLなどを記録しているため、事後でもどのような状況だったか振り返って調査ができます。

また、ログに残す期間もストレージの都合に合わせて適宜調整することが可能となりました。さらにリアルモニタリングを確認しておくことで、問題にいち早く気づくことができるので便利です。

引用元:MaxGauge公式サイト導入事例@IT掲載記事(https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2104/01/news002.html)

データベースをリアルタイム監視!
MaxGaugeの
資料をダウンロード

MaxGaugeの注目機能

リアルタイム分析機能

MaxGaugeには、リアルタイム分析機能が搭載されています。10分間のデータの中からリアルタイムで発見した問題を、迅速に診断します。ユーザーが画面をカスタマイズすることができるため、自身で使いやすいように自由に変更することが可能です。

アラート機能

いつ・どのようなタイミングで障害が発生したのかをすぐに確認し、分析することができるようにアラート機能も搭載しています。どういった状況下で問題が発生しやすいかを分析できるため、問題が発生することを予兆し、対策に備えるることも可能です。

事後分析機能

多くのツールは、システム全体とセッションの情報ごとの結びつきを連携させることが難しくなっています。しかしMaxGaugeでは事後分析機能が搭載されており、システム全体はもちろんのこと、セッションやSQLとシームレスに繋げて分析することが大きな特徴です。その結果、自然かつ簡単に段階的な分析を可能としています。

MaxGaugeの料金プラン

販売体系は、「パッケージライセンス」「タームライセンス」「サブスクリプションライセンス」「MaxGauge Cloud(Saas)」になっています。詳しい金額は、以下の資料をダウンロードして確認してください。

データベースをリアルタイム監視!
MaxGaugeの
資料をダウンロード

MaxGaugeの会社概要

会社名 日本エクセム株式会社
所在地 東京都千代田区神田錦町3-7 東京堂錦町ビル4F
設立年 2008年
会社URL https://www.ex-em.co.jp/

 

MaxGaugeのまとめ

MaxGaugeを導入するとデータベースに起こる問題を詳細に分析し、原因を迅速に可視化できます。リアルタイム分析機能により、いつ・なにが起こったのかを詳細に調査し、分析することが可能。

また他のツールでは難しい、データベース全体からセッション、SQLまでをシームレスに分析することができることも魅力です。システムに問題が起こった際に、原因究明から復旧まで時間をかけていた担当者にとって、データベース運用における課題解決のソリューションになると言えます。

データベースをリアルタイム監視!
MaxGaugeの
資料をダウンロード

ページトップへ