LINE広告代理店13選を比較!運用代行料金や口コミ評判、事例を解説

LINE広告代理店13選を比較!運用代行料金や口コミ評判、事例を解説
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

この記事では、LINE広告代理店を紹介しています。それぞれの代理店の特徴や強み、導入事例、費用についてまとめていますので、LINE広告を検討している企業の担当の方はぜひご参考ください。

LINE広告の運用で効率的に集客をする場合、広告代理店や運用パートナーに依頼するという選択肢があります。代理店・運用パートナーへの依頼によって、自社がターゲットとしている層にアプローチができる、スピーディーな対応が可能、また必要に応じて運用の改善に取り組めるといったメリットがあります。以下で紹介していますので、ぜひご覧ください。

幅広いターゲットに対応!
トータルサポートが期待できる
LINE広告代理店を見る

LINE広告代理店の選び方

幅広い年代をターゲットにできるか

LINEは非常にユーザー数が多く、利用している年代も幅広い点が大きな特徴です。そのため、広告を打ち出す場合には、ターゲットとする年代・性別などに合わせた戦略を立てることが必要になります。

もしターゲットとする年代・性別などを限定している代理店の場合は、自社がターゲットとする層にアプローチするのが難しくなってしまう可能性があります。そのため、その代理店が幅広い性別・年代をターゲットとしているかといった点の見極めがポイントとなってきます。

この部分については、代理店のホームページの実績を確認したり、打ち合わせで実際にどのような層をターゲットにしているかを尋ねたりすることで把握できます。

運用体制は分業型か専任型か

広告の運用を行うパートナー企業の体制には2種類あります。管理・運用・プランニングを複数人で分担しながら行っていく「分業型」と、ひとりで全てを担当する「専任型」があり、どちらの体制をとっている代理店なのかといった点も確認しておくこともポイントです。

一般的に多くの作業が発生するケースは分業型が適しており、一方で専任型あるPDCAが期待できます。また専任型の場合は、担当者とコミュニケーションを取りやすいというメリットもあります。

LINE広告における豊富な実績があるか

代理店選びの際には、実績についてのチェックも大切です。公式ホームページなどをチェックし、これまでにどのような成果を上げてきたのかといった点や、どのような取り組みを行ってきたのかといった点を確認します。

特に重視したいのは、自社の課題に当てはまるような事例があるかどうか。類似するような課題の解決実績がある場合は、必要とする知見を持っている可能性が高いと言えます。

LINE広告代理店・運用パートナー会社一覧

会社名 サービスの特徴
【PR】株式会社シーエムスタッフ ・ターゲットに合わせた運用設計を行う
・専門知識とノウハウを持つ運用スタッフによる対応
・媒体が持つ特性を活かした戦略
サービスの詳細資料はコチラ>>
株式会社グラッドキューブ ・ターゲットに合わせたクリエイティブを制作
・LINEを含めた総合的なプランニングを実施
GMOインターネット株式会社 ・LINEの行動履歴や蓄積データをもとにターゲティングを実施
・効果測定結果から調整を繰り返し効果の改善を目指す
株式会社ユニアド ・細かくヒアリングを行い、お客さまのビジネスを理解
・身近な相談役として運用担当者が直接相談に対応
ASUE(アスエ)株式会社 ・広告配信後の改善にも力を入れている
・広告運用のエキスパートが直接お客さまを担当
ArtsWeb株式会社 ・ソーシャルメディアコンサルタントの視点からのサポート
・勘に頼った方法ではなく、計画的な方法による集客支援
プライムナンバーズ株式会社 ・1人の広告コンサルタントが担当するお客さま数を絞っている
・さまざまな業種・商圏における広告運用を手がけてきた経験
株式会社ユニークワン ・営業・制作・広告運用のスタッフ全員が広告専門資格を保有
・独自開発した広告レポートツールにより配信状況の確認が可能
株式会社K2コミュニケーションズ ・デジタルマーケティング資格を保有するコンサルタントによる運用
・スピードにこだわり、お客様からの要望にも迅速に対応
株式会社アイビス ・Webだけではない総合的な提案が可能
・数々の実績を重ねてきた担当者が運用を行う
サイバーホルン株式会社 ・LINE広告運用に特化した専任の担当者が対応
・運用担当者が営業経験者であり、積極的に提案を行う
株式会社総合アド ・「LINE Green Badge」を取得した広告運用チーム
・配信結果の傾向から次回の戦略に役立てられるようレポートを提出
株式会社カルテットコミュニケーションズ ・多彩な媒体に対応することが可能
・幅広い業種での運用経験がある

【PR】ピンポイントでターゲティングするLINE広告代理店ならココ!見込み客集客をお任せ

株式会社シーエムスタッフ

LINE広告代理店株式会社シーエムスタッフ公式サイト画像
画像引用元:株式会社シーエムスタッフ公式サイト(https://cmstaff.co.jp)

シーエムスタッフのサービス・実績
資料をダウンロード

株式会社シーエムスタッフの特徴

幅広いサービスを提供する総合広告代理店

シーエムスタッフはWebマーケティング、SNS広告、動画制作、YouTubeの運営、広告メディアといった、多岐にわたるサービスを提供する総合広告代理店です。お客さまの事業規模や予算、ニーズ、プロモーション活動の段階に合わせたさまざまなプランの提案が可能で、ビジネスの成長に貢献します。

同社の特徴は、必ずしもWebの施策のみで完結させるのではなく、これまで30年間培ってきた経験と実績をもとにして、従来の広告とWeb広告を高いレベルでプランニングできるという点。さまざまな媒体が持つ強みを活かした取り組みの提案が可能です。

各媒体の特性を活かした戦略

LINEをはじめとしたさまざまなSNS広告の取り扱いも行っており、計画・企画の段階からクリエイティブの作成、さらに施策を行った後のレポーティングまでお任せ可能です。SNSそれぞれが持つ特性に合わせた広告展開を行っていきます。

例えばWeb広告の成果が頭打ちになっているため新しい施策を行いたい、また広告を出稿しているものの分析や改善の仕方がわからないといった課題などにもしっかりと答えてくれます。

シーエムスタッフのサービス・実績
資料をダウンロード

株式会社シーエムスタッフが選ばれる理由

【理由1】ターゲットに合わせた運用設計によって早期の成果を目指す

SNS広告では、性別や年齢、性格、価値観などを踏まえてターゲットへ配信を行えます。このようなSNS広告の特徴を活かし、ターゲットに合わせた運用設計によって早期の成果を上げることを目指していくのもシーエムスタッフの強みです。

現在SNS広告を出稿しているものの、ノウハウが社内にないため何となく広告を出しているといった場合には、同社に相談してみることがおすすめです。ターゲットに合わせたアプローチを整理し、仮設を立てて検証を繰り返すことで、お客さまが目指す成果につながる広告運用を行っていきます。

【理由2】専門の知識・ノウハウを持つプロの運用スタッフが対応

シーエムスタッフでは、LINE広告を出稿したいと考えている全ての会社に対して、専任スタッフが一貫してサポートを提供します。これは、特に注目すべきポイントの一つです。

SNSの広告は、ツールのアップデートのスピードやトレンドの移り変わりが早いなど、変化が非常に激しいという特徴を持ちます。

その変化に対応していくためには、専門的な知見が必要となりますが、シーエムスタッフにおいてSNS広告の運用を担当するのは、専門ノウハウを身につけたプロの運用スタッフです。

これまで運用してきた数多くのSNS広告から学んだ「勝ちパターン」とノウハウを活用し、それぞれの企業のニーズに合わせた運用をサポートします。

【理由3】ピンポイントで見込み客を集められるCPFの経験も多数

LINEの公式アカウントを運用する上で重要なポイントとなってくるのが「友だち数」です。友だちの数が多ければ多いほど発信した情報を受け取ってくれるユーザーが多くなるため、まずは友だち追加をしてもらうという点は非常に大切です。

ここで注目しておきたいのが「CPF(Cost Per Friends)」と呼ばれる「友だち追加広告」。多くのユーザーにリーチしたい、友だちが思うように増やせないといったニーズや課題を抱えている場合に注目したい方法といえます。

またCPFを活用すると地域や年齢、興味のあることなどピンポイントでターゲティングできるため、見込み客を集めたい場合におすすめの方法です。同社は、このCPFについても多くの経験があり、見込み客の獲得を目指している場合には一度相談してみるのもおすすめといえます。

シーエムスタッフのサービス・実績
資料をダウンロード

株式会社シーエムスタッフの主な導入事例

新店舗の集客を目的としてLINE公式アカウントを活用

新店舗の開店にあたり、集客を行うためにSNSを活用したいという企業の導入事例です。こちらの事例ではLINE公式アカウントを開設して、ユーザーが使いやすい予約機能やメニューデザインを設置。さらにメニューやクーポンの配信といったようにユーザーにとって有益な情報の発信を行いました。

その結果、4ヶ月で友だち登録が300件を突破。短期間で登録を伸ばすことができ、既存客への効果的なアピールに成功したことに加えて来店数の向上にも貢献できています。また、こちらの事例ではLINEの運用を行うほか、LPの制作も行っています。

参照元:株式会社シーエムスタッフ公式HP(https://cmstaff.co.jp/case/c-delica/)

LINE広告を活用してキャンペーンの告知を実施

「他者との違いを効果的に訴求したい」という要望のあった企業における導入事例を紹介します。このケースにおいては、LINE広告を利用してキャンペーンの告知により、CTRが2%を超えています

このように、ターゲットに合わせた効率的な配信を行い、潜在層への認知獲得から来店につなげるといった成果を上げています。

また、LINE広告の活用のほかにもドローンを使ったCM制作も行っています。「ユーザー数の多さ」「柔軟なターゲティングが可能」といった特徴を持つTVer広告を選択し、高い完全視聴率を生かすことにより認知の拡大を図るという取り組みも行いました。

参照元:株式会社シーエムスタッフ公式HP(https://cmstaff.co.jp/case/hondacars-aichihigashi/)

キャラクターによるブランディングの強化への取り組み

「ブランドの認知」に伸び悩みを感じていた加工食品メーカーによるサービス導入事例です。こちらの企業では、自社のキャラクターを活かしたブランドの認知拡大を図りたいということでシーエムスタッフに相談した結果、LINE公式アカウントでファンを作っていく、という施策が採用されています。

実際の施策では、LINE広告のほか、LINEのオリジナルスタンプの制作、公式アカウントの運用を開始し、5,000人以上からの友だち登録を獲得しました。

さらに、定期的にレシピ動画の配信を行うことでお客さまからの声をいただいたり、Instagramをフォローしてもらうなど、さまざまな形でお客さまからの反響が得られています。

参照元:株式会社シーエムスタッフ公式HP(https://cmstaff.co.jp/case/yoshidacorporation/)

シーエムスタッフのサービス・実績
資料をダウンロード

株式会社シーエムスタッフのプラン・費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社シーエムスタッフの企業概要

会社名 株式会社シーエムスタッフ
所在地 愛知県名古屋市東区東桜1丁目9-29 オアシス栄ビル9F
URL https://cmstaff.co.jp

シーエムスタッフのサービス・実績
資料をダウンロード

その他のLINE広告代理店・運用パートナー会社

株式会社グラッドキューブ

LINE広告代理店株式会社グラッドキューブ公式サイト画像画像引用元:株式会社グラッドキューブ公式サイト(https://www.glad-cube.com)

株式会社グラッドキューブの特徴

LINE広告も含めた総合的な広告プランニングを行うことによって、売上の向上を目指すグラッドキューブ。お客さまが「誰に広告を届けたいのか」という点に着目し、それぞれのターゲットに合わせたクリエイティブを作成します。

また、同社では業界の専門的な情報とプロのノウハウ・経験を活かしてお客様に合わせたプランを作り上げる点も特徴。「マーケティングパートナー」として広告戦略を共に考えていきます。

株式会社グラッドキューブの主な導入事例

広告文のテストの繰り返しによりユーザーの共感を獲得

女性向けサプリメントを取り扱う企業での導入事例です。こちらの企業では、ユーザーの年齢や季節に応じた広告文など、訴求点を変えた広告文のテストを繰り返し実施。その結果、ユーザーの共感を得られ、コンバージョンが372%アップするという成果が得られています。

参照元:株式会社グラッドキューブ公式HP(https://www.glad-cube.com/service/line.html)

株式会社グラッドキューブのプラン・費用

  • 代行費用:広告費20%(広告費50万円以上)

株式会社グラッドキューブ企業概要

会社名 株式会社グラッドキューブ
所在地 大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
URL https://corp.glad-cube.com

GMOインターネット株式会社

LINE広告代理店GMOインターネット株式会社公式サイト画像画像引用元:GMOインターネット株式会社公式サイト(https://www.gmo.jp)

GMOインターネット株式会社の特徴

GMOインターネットのLINE広告運用代行サービスでは、広告運用に必要なクリエイティブ制作や管理などの代行を実施。また、LINE内における行動履歴・蓄積データをもとにしたターゲティングを行う点も特徴です。

さらに、広告出稿後の効果を改善していくことを目的として、効果測定結果をもとに調整を繰り返していくのもポイントのひとつ。LINEユーザーのサイト訪問、友だち追加を促進します。

GMOインターネット株式会社の主な導入事例

公式HPに記載がありませんでした。

GMOインターネット株式会社のプラン・費用

  • LINE広告運用代行サービス 初期料金:5.5万円
  • LINE広告運用代行サービス 月額予算:11万円/月~
  • LINE広告運用代行サービス 利用料金:運用手数料30%

GMOインターネット株式会社企業概要

会社名 GMOインターネット株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー4~14階・総合受付11階
URL https://www.gmo.jp

株式会社ユニアド

LINE広告代理店株式会社ユニアド公式サイト画像画像引用元:株式会社ユニアド公式サイト(https://www.uniad.co.jp)

株式会社ユニアドの特徴

ユニアドでは、掲載開始までに細かくヒアリングを行うことにより、お客さまのビジネスの本質や現状の成果、課題点などについて理解できるように努め、その上で提案を行います。

全国対応が可能となっており、「お客さまの身近な相談役」として運用を担当するスタッフが直接相談に対応してくれます。また、幅広い業界での運用実績を持つ点も特徴といえます。

株式会社ユニアドの主な導入事例

LINE広告の採用により問い合わせ数アップ

これまでリスティング広告のみを運用していた美容・コスメ関連の企業において、LINE広告の配信を実施。その結果、CV183%アップ、CPA51%削減という成果を実現。問い合わせアップにつなげています。

参照元:株式会社ユニアド公式サイト(https://www.uniad.co.jp/service/line)

株式会社ユニアドのプラン・費用

  • LINE広告運用代行 初期費用:5万円(税不明)
  • LINE広告運用代行 運用費:月額広告費の20%

株式会社ユニアド企業概要

会社名 株式会社ユニアド
所在地 東京都港区赤坂7-2-3 赤坂ジートルンクビル 2F
URL https://www.uniad.co.jp

ASUE(アスエ)株式会社

LINE広告代理店ASUE株式会社公式サイト画像画像引用元:ASUE(アスエ)株式会社公式サイト(https://asue.jp)

ASUE(アスエ)株式会社の特徴

同社は、広告配信後の改善に力を入れている点が特徴のひとつ。ユーザーの反応を察知し、分析・改善・設定を行い成果のアップを目指します。また、同社では広告運用のエキスパートである運用担当者が直接担当しています。

さらに、ブランドイメージを守るため広告感をあまり出したくない、といった要望にも対応していくことも可能です。

ASUE(アスエ)株式会社の主な導入事例

クーポンを使った来店率が向上

アウトドア用品店におけるサービス導入事例です。

こちらの企業では、来店数を増やしたいというニーズを持っていたことから、来店クーポンの広告配信を行いました。配信にはターゲットやサービスの相性からLINE広告を活用しており、Googleディスプレイ広告と比較するとクーポン使用の来店数が2.9倍となっています。

参照元:ASUE(アスエ)株式会社公式サイト(https://asue.jp/service/line-ads-platform/)

ASUE(アスエ)株式会社のプラン・費用

  • LINE広告運用代行 初期費用:0円
  • LINE広告運用代行 運用代行手数料(月額):広告費の20%

ASUE(アスエ)株式会社企業概要

会社名 ASUE(アスエ)株式会社
所在地 愛知県名古屋市中区 錦三丁目5番30号 三晃錦ビル6F
URL https://asue.jp

ArtsWeb株式会社

LINE広告代理店ArtsWeb株式会社公式サイト画像画像引用元:ArtsWeb株式会社公式サイト(https://arts-web.co.jp)

ArtsWeb株式会社の特徴

ソーシャルメディアコンサルタントの視点からのLINE集客支援サービスを提供しています。勘に頼った方法ではなく、計画的な方法による集客を実施。それぞれのお客さまに合わせた支援を行う点が特徴といえます。

LINEを使った集客をしたい、新しい集客方法を試したいといった要望がある場合にはチェックしてみることがおすすめです。

ArtsWeb株式会社の主な導入事例

公式HPに記載がありませんでした。

ArtsWeb株式会社のプラン・費用

公式HPに記載がありませんでした。

ArtsWeb株式会社企業概要

会社名 ArtsWeb株式会社
所在地 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル 9階
URL https://arts-web.co.jp

プライムナンバーズ株式会社

LINE広告代理店プライムナンバーズ株式会社公式サイト画像画像引用元:プライムナンバーズ株式会社公式サイト(https://primenumbers.co.jp)

プライムナンバーズ株式会社の特徴

プライムナンバーズでは、お客さまが考えるゴールに向かい二人三脚で達成を目指していきます。広告運用にはさまざまな工程があるため、ひとりあたりの広告運用コンサルタントが担当するお客さまの数を少数に絞ることによって、運用リソースの確保を行っている点も特徴です。

さらに、これまでさまざまな業種・商圏における広告運用を手がけてきた経験があります。そこで培ってきたノウハウを活かして、それぞれのお客さまの事業形態に合った施策の提案を行います。

プライムナンバーズ株式会社の主な導入事例

幅広くWeb広告に対応

婦人靴とハンドバッグを中心に展開しているブランドでの導入事例です。プライムナンバーズでは、こちらのブランドのWeb広告を担当。リスティング広告やFacebook広告、Instagram広告に加えて、リマーケティング広告やショッピング広告など幅広く対応しています。

その結果、コロナ禍にもかかわらずECサイトの売上と問い合わせが5倍になるという成果を上げています。

参照元:プライムナンバーズ株式会社公式サイト(https://primenumbers.co.jp/casestudy/diana/)

プライムナンバーズ株式会社のプラン・費用

  • LINE広告運用手数料:請求金額総額の20%

※利用予算が月額100万円(税不明)を下回る場合、原則月額20万円(税不明)を手数料の下限金額と設定

プライムナンバーズ株式会社企業概要

会社名 プライムナンバーズ株式会社
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-2-12 菱化代々木ビル2階
URL https://primenumbers.co.jp

株式会社ユニークワン

LINE広告代理店株式会社ユニークワン公式サイト画像画像引用元:株式会社ユニークワン公式サイト(https://unique1.co.jp)

株式会社ユニークワンの特徴

インターネット広告に特化した広告代理店であるユニークワンでは、営業や制作、広告運用のメンバー全員が広告専門資格を保有しています。そのため、お客さま企業が抱える課題に合った方法の提案が可能。丁寧なサポートを提供しています。

また、同社では独自開発した広告レポートツール「racooon(ラクーン)」を使用。このツールの使用により、いつでも広告配信状況の確認が可能となります。

株式会社ユニークワンの主な導入事例

運用コンサルティング、広告配信のなどのサポートを活用

海上運送事業を手がける企業の導入事例です。ネットの情報発信が遅れているという声が社内で上がったことからFacebookページを開設。その後、Twitterなどの活用のためにユニークワンのサービスを利用しています。

初期段階から運用コンサルティングや広告配信の支援を受け、1年半でフォロワー数が24,000人まで増加したという成果が得られています。

参照元:株式会社ユニークワン公式サイト(https://unique1.co.jp/column/case/124/)

株式会社ユニークワンのプラン・費用

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社ユニークワン企業概要

会社名 株式会社ユニークワン
所在地 新潟県新潟市東区江南1-9-11
URL https://unique1.co.jp

株式会社K2コミュニケーションズ

LINE広告代理店株式会社K2コミュニケーションズ公式サイト画像画像引用元:株式会社K2コミュニケーションズ公式サイト(https://k2c.co.jp/lineads/)

株式会社K2コミュニケーションズの特徴

さまざまなデジタルマーケティング資格を保有しているコンサルタントが運用を担当。運用にこだわるのはもちろんですが、スピードにもこだわっており、クライアントからの要望にもスピーディーに対応していきます。

また、総合広告代理店であることから、Web広告だけではなくテレビCMなどさまざまな媒体に対応が可能なので、コンセプトを統一した広告戦略に取り組めます。少額の予算でも対応可能である点も特徴のひとつです。

株式会社K2コミュニケーションズの主な導入事例

LINEチラシの配布によりリーチが可能に

リニューアルオープンに合わせてLINEチラシの配信を行うことにより、これまでリーチできていなかった層にもリーチが可能となりました。チラシで情報を届けるとともに、LINE友だち追加が狙える点もポイントとなっています。

参照元:株式会社K2コミュニケーションズ公式サイト(https://k2c.co.jp/web/legend20201127.html)

株式会社K2コミュニケーションズのプラン・費用

  • LINE広告:最低出稿金額55万円(税込)〜

株式会社K2コミュニケーションズ企業概要

会社名 株式会社K2コミュニケーションズ
所在地 愛媛県松山市朝生田町5-7-30 スペリオタワー朝生田1F西
URL https://k2c.co.jp/lineads/

株式会社アイビス

LINE広告代理店株式会社アイビス公式サイト(広告手帳)画像画像引用元:広告手帳公式サイト(https://ibis.gs)

株式会社アイビスの特徴

アイビスは、総合代理店としてWebだけではない総合的な提案が可能です。お客さまのビジネス促進のためのマーケティングプランを検討し、提案します。さらに、広告手法に合ったデザインの提案も可能となっています。

さらに、広告運用はこれまでさまざまな実績を重ねてきた担当者が担当します。毎月のレポートにより、広告運用の成果のほか、効果があった取り組みや改善点などについても詳細な確認が可能です。

株式会社アイビスの主な導入事例

類似セグメントを活用して新規顧客の獲得

子ども向けのサプリメントを販売する企業の導入事例です。こちらの企業では、母親層をターゲットとし、トライアルセットの購入促進を目的として、アイビスのサービスを利用しています。

類似セグメントと呼ばれる配信する手法を使用し、コンバージョンしたユーザーと似たユーザーへの広告配信により、新規顧客を大量に獲得しました。

参照元:株式会社アイビス公式サイト(https://ibis.gs/promotion_detail/lap/)

株式会社アイビスのプラン・費用

  • 広告費が月10〜25万円(税不明)の場合:代行費用(月額):55,000円(税込)
  • 広告費が月25万円(税不明)〜の場合:代行費用(月額):広告費の20%

株式会社アイビス企業概要

会社名 株式会社アイビス
所在地 大阪府大阪市浪速区湊町2-1-7 ルネッサ難波ビル5F
URL https://ibis.gs

サイバーホルン株式会社

LINE広告代理店サイバーホルン株式会社公式サイト画像画像引用元:サイバーホルン株式会社公式サイト(https://cyberhorn.co.jp)

サイバーホルン株式会社の特徴

サイバーホルンでは、LINE広告運用に特化した専任の運用者が担当する点が特徴です。新機能の実装などにもスピーディーに対応できるため、機能拡張などによる旧設定の広告成果が低下するといったことを防げます。

さらに、運用担当者全員が営業を経験しているため、ビジネス全体を考えたマーケテイング視点からの提案を積極的に行う点もポイント。予算の額にかかわらず広告設計を行い、ビジネスの成長を目指した運用を行っていきます。

サイバーホルン株式会社の主な導入事例

公式HPに記載がありませんでした。

サイバーホルン株式会社のプラン・費用

  • 初期費用:0円
  • 運用手数料(広告費100万円(税不明)以内):広告費の20%
  • 運用手数料(広告費100万〜200万円(税不明)):20万円(税不明)
  • 運用手数料(広告費200万円(税不明)以上):広告費の10%

サイバーホルン株式会社企業概要

会社名  サイバーホルン株式会社
所在地 東京都新宿区津久戸町4-7OSビル9F
URL https://cyberhorn.co.jp

株式会社総合アド

LINE広告代理店株式会社総合アド公式サイト画像画像引用元:株式会社総合アド公式サイト(https://www.sogo-ad.jp/line/index.html)

株式会社総合アドの特徴

総合アドの広告運用チームは「LINE Green Badge」を取得していることから、LINE広告に関する知識やスキルを持ったメンバーによる運用支援が可能となっています。単に広告配信を行うだけではなく、アフターフォローも充実。配信結果の傾向を確認し、次回に役立てるようにレポートの提出を行っています。

また、同社ではLINE公式アカウントの開設や運用もトータルでサポートを行っています。

株式会社総合アドの主な導入事例

公式HPに記載がありませんでした。

株式会社総合アドのプラン・費用

  • 広告掲載:11万円(税込)〜

株式会社総合アド企業概要

会社名 株式会社総合アド
所在地 愛知県名古屋市東区泉二丁目21番25号 高岳院ビル8F
URL https://www.sogo-ad.jp/line/index.html

株式会社カルテットコミュニケーションズ

LINE広告代理店株式会社カルテットコミュニケーションズ公式サイト画像画像引用元:株式会社カルテットコミュニケーションズ公式サイト(https://quartet-communications.com)

株式会社カルテットコミュニケーションズの特徴

カルテットコミュニケーションズは、リスティング広告やFacebook広告、LINE広告などのSNS広告など多彩な媒体に対応している点が特徴のひとつです。

お客さまから直接依頼されるだけではなく、広告代理店や制作会社などから広告運用実務を依頼されることもあり、幅広い業種での運用経験もあるという点もポイントとなっています。このように、お客さまのビジネスに合わせた提案が可能。媒体の選定からの依頼もできます。

株式会社カルテットコミュニケーションズの主な導入事例

問い合わせ数が増加

自動車コーティング業を手がける企業において、ホームページからの問い合わせを増やしたい、個人の新規顧客を増やしたいという要望がありサービスを導入しています。

こちらの事例では、ホームページリニューアルとリスティング広告の運用を行うことにより、月1〜2件の問い合わせだったものが月平均15〜20件に増加しました。

参照元:株式会社カルテットコミュニケーションズ公式サイト(https://quartet-communications.com/voices/customers/takumi)

株式会社カルテットコミュニケーションズのプラン・費用

  • 手数料:月額3万円(税不明) ※広告費20万円までの場合

株式会社カルテットコミュニケーションズ企業概要

会社名 株式会社カルテットコミュニケーションズ
所在地 愛知県名古屋市中区錦2-4-15ORE錦二丁目ビル11階
URL https://quartet-communications.com

LINE広告代理店とは?詳しく解説

「LINE広告代理店」とは、LINE広告に出稿する際に必要となる広告の制作を行い、広告効果を最大化するために運用を代行する企業のことを指します。
「どのようなニーズを持つユーザーを集めたいのか」といった相談から、「広告を出した結果どのようなユーザーが集まったか」という分析まで、対応・運用範囲も幅広く手厚いサポートが期待できます。
LINE広告は2016年6月にサービスを開始し、以降、さまざまな業種・業界で導入されています。ユーザーニーズが多様化する今、LINE広告においてもどのようなターゲットにどのような戦略でアプローチしていくかが広告効果最大化のカギとなります。

LINE広告運用代行の費用相場

キャククルが調査した中で費用は大きく分けると2つのパターンがありました。
ひとつは広告費全体の20%を支払うケース。もうひとつは月額定額制で、月●円と決められているケース。
月間の予算にもなりますが、目安としてご参考ください。

LINE広告代理店に依頼するメリット

費用対効果を最大化できる

LINE広告代理店にはこれまでの実績と蓄積されたノウハウがあり、一から自社で運用を行うよりもスピーディーに成果につなげることが期待できます。
自社でゼロからLINE広告を運用をするとなると、人件費・採用コスト・ノウハウを蓄積するための研修・セミナー費といったさまざまな費用がかかります。結果的に広告代理店に支払う費用よりも超過してしまうケースも考えられます。
運用代行することで、過度な時間と費用をかけることなく、効果を最大化できる点はメリットのひとつと言えます。

自社の業務に専念できる

代理店や運用パートナーにLINE広告を委託することで、広告運用の全プロセスを代行してもらえるため、自社は本業に全力を注ぐことが可能です。
すでにノウハウや効果的な戦略を持つプロフェッショナルに依頼することで、今まで見えていなかった製品やサービスの魅力に気づくことも考えられます。そのため、代理店・運用パートナー選びは非常に重要。どのような運用を行うかはパートナー企業の手腕によるところも大きく、信頼関係を構築できる相手を選ぶことが望ましいと言えます。

広告運用後の分析・改善提案に期待できる

LINE広告は出稿するだけで終了ではなく、重要なのは広告運用後の分析、そして改善です。適切な戦略に基づいて広告出稿をした結果、LINE広告からどのくらい集客できたか、効果がどのくらいあったかといった分析は必須です。
また、その分析に基づき、仮説を立てて改善のためのPDCAが広告運用には必要不可欠。プロである広告代理店や運用パートナーに依頼することで、自社の業界に特化した分析や改善に期待できる点も大きなメリットです。

LINE広告代理店に依頼するデメリット

必ず成果が約束されているわけではない

多くの費用と時間を投資しても、必ずしも成果がでるとは限りません。これは実績のある代理店に依頼しても同じこと。
成果の一喜一憂するのではなく、成果以外にどれだけの施策をどのスパンで試してもらえるか、といった指標をもっておくことをおすすめします。

広告運用に関するノウハウの蓄積ができない

自社で運用ノウハウを蓄積したいという目的がある場合は、代理店への依頼ではなく自社運用を検討することが望ましいと言えます。
ノウハウを蓄積する理由や目的を明確にし、代理店に任せたい範囲を明確にすることでこのデメリットを解消することができます。

担当者の能力に左右されてしまう

代理店や運用パートナーとして数々の実績がある場合でも、担当者によっては、広告運用を最大化できない可能性もあります。
広告運用は知識や経験値も含め、信頼関係が重要です。密なコミュニケーションを繰り返しとってもなお任せきれない際は、代理店を変えることも検討していきましょう。

LINE広告の認定パートナー「LINE Biz Partner」とは?

これからLINE広告を始める、またはLINE広告でうまく集客できておらず代理店に任せたい場合は、LINEの認定パートナーである「LINE Biz Partner」に依頼するのがおすすめです。LINE Biz Partnerとは、LINEから広告サービスの販売や開発において認められた代理店のことを指します。LINEが提供している法人向けサービスの拡大や機能追加・改善をより一層積極的に推進することを目的に導入されたプログラムです。認定パートナーにはいくつか種類があるので紹介していきます。

LINEセールスパートナー

アカウントサービス「LINE公式アカウント」・運用型広告「LINE広告」を中心とした広告商品を販売するパートナーです。部門は「セールスパートナー」「ローカルセールスパートナー」「LINEミニアプリセールスパートナー」の3部門。特に優秀なパートナーは「Diamond」「Gold」「Silver」「Bronze」として表彰されます。

LINEテクノロジーパートナー

店頭販促ソリューション「LINEで応募」や、LINE上で自社サービスを提供可能なプラットフォーム「LINEミニアプリ」を中心とした広告商品と、API関連サービスの導入において技術支援を行っているパートナーです。一定以上の実績を残した代理店が認定されます。配信効果を上げている代理店に贈られる「Performance」やお客様満足度を向上させているパートナーに贈られる「Customer Care」など、認定バッヂは全部で12種類。業績に合わせて付与されます。

LINE CXパートナー

企業の経営課題解決をLINEサービスによって支援しているパートナーです。LINEの企業価値の創造に貢献している代理店が認定されるもので、認定パートナーになるとLINEから様々な優遇を受けられます。

LINEの認定パートナーを選ぶメリット

認定パートナーは運用やサポートなどの体制が整っていて、実績も十分あるとLINEから認められている代理店です。認定パートナーはLINEから優先的に新しい広告商材を提供してもらっていたり、LINEが開催する勉強会に参加したりする機会があります。そのため認定パートナーに運用代行を依頼すると、認定パートナーのみが知る機能やサービスを利用できたり、一般の代理店よりも厚くサポートをしてもらえたりするでしょう。LINE広告の運用代行を探しているなら、安心して任せられる認定パートナーを選ぶと良い結果が得られやすくなります。

LINE広告代理店に関するまとめ

LINE広告の運用を手がけている広告代理店について紹介してきました。
それぞれの代理店が持つ特徴や強み、費用、導入事例について紹介してきましたので、実際にLINE広告の運用を検討されている企業の担当の方は、代理店選びの参考にしてみてください。

LINE広告代理店・運用パートナー
会社一覧を見る

ページトップへ