Webブランディングとは?手法や成功事例を解説【5分で理解】

Webブランディングとは?手法や成功事例を解説【5分で理解】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Webブランディングは、Webサイトを使って商品(サービス)のブランドを作ることです。商品が持つ「世界観」をWebサイトで表現し、その世界観に共感するユーザーを集客する活動とも言えます。

また、Webブランディングは、集客から商談に繋がるリード(見込み顧客)が獲得できるメリットもあります。まさに、理想のユーザーを集める方法ですが、何をすればWebサイト上でブランディングが確立できるのでしょうか?

この記事では、Webブランディングとは何か、その目的や具体的な方法について解説します。さらに、

  • 競合から自社に興味を持ってもらい契約までのリードタイムが3分の1に短縮できた
  • 自社のサービスを理解してくれる見込み客が増えて商談率が8割までアップした
  • 「こんな顧客が欲しかった!」という集客が増え受注単価が2.5倍に増えた

など、商品の「世界観」を理解したリードが獲得できる成約にも繋がる集客メディア「ポジショニングメディア」についても紹介します。

また下記のページにはブランド戦略やブランディングの基礎情報をまとめている資料も用意しております。この記事と合わせて、ぜひ参考にしてみてください。

【無料】ブランディング
ガイドブックをダウンロードする

Webブランディングとは

Webブランディングのイメージ画像

ブランディングとは、企業や商品(サービス)のブランドの認知度を高め、そのイメージを良いものにしていくことです。もう少し掘り下げて言えば、知名度を上げるだけでなく、ユーザーが信頼感を持ったり、共感を得られたりするような価値を高める意味も含みます。例えば、

  • A社の商品は他社よりも品質が高い
  • B社の商品は素材へのこだわりがある
  • C社は環境に配慮したエシカルなものづくりをしている

というように、好意的な印象を持ってもらうための「イメージづくり」とも言えます。競合他社よりも自社が優れている点を知ってもらうことで、ブランドイメージを作り上げていきます。

その活動をWeb上で行うことがWebブランディングです。あらゆる情報をWebで収集する現代では、Webを通じたブランディングは欠かせないものとなっています。

Webブランディングの役割

では、Webブランディングに求められる役割とは何なのでしょうか?。具体的に見ていきましょう。

商品の認知度を高める

前述でも触れたように、Webブランディングは、企業や商品を知ってもらう役割があります。例え優れた商品力があったとしても、ユーザーに認知してもらわなければ購入には至りません。

そのため、企業や商品の存在を知らない「潜在層」が探している情報に合わせて情報を発信する必要があります。

商品に対する共感力を高める

Webサイトの閲覧体験を通じて、商品に対するポジティブな印象を与えます。「商品を購入することで何が得られるのか」といった世界観を、データ上の数字のみならず感情面でもポジティブな体験をしてもらうことで、商品に対する共感力や購意意欲を高めます。

競合商品と差別化させる

Webブランディングを上手く取り入れることで、競合他社との差別化を図ることが可能となります。例えば「同じような機能」「同じような価格帯」「同じような商品の知名度」であれば、他社にはない自社商品の優位性を持たせることで、競合他社との販売競争に左右されずに指名を受ける可能性が高まります。

Webブランディングのメリット

Webブランディングのメリットのイメージ画像

Webブランディングを行うことで得られるメリットは非常に大きいものです。特に大企業はブランディングの構築に力を入れています。大きな市場から優先的にシェア獲得を狙いますが、一方でニッチで小規模な市場は参入していないケースがあります。

この市場をいち早く狙える中小企業こそWebブランディングが必要です。市場における自社のポジションを確立することでニッチな市場でも新規開拓と売上拡大が狙えます。ここではWebブランディングを行うことで得られるメリットをまとめました。

Webブランディングのメリット
1.自社商品が選ばれやすくなる
2.価格で勝負する必要がない
3.ユーザーのリピート率が上がる
4.口コミによる宣伝効果が期待できる

自社商品が選ばれやすくなる

価格や品質が同じ商品が複数あったら、あなたはどうやって商品を選ぶでしょうか?選択の基準には企業やブランドへの信頼、イメージがあると思います。

「同じ値段なら○○社の方がいい」というような選び方をされている方が多いことでしょう。これがブランディングの効果の一つです。

価格で勝負する必要がない

品質が同じなら、企業間で「値下げ合戦」になりがちです。しかし自社の商品に付加価値があれば、値段ではないところで差がつけられるため、受注を獲得するために、わざわざ値段を下げる必要がありません。

ファッション業界における高級ブランドは、高価なのは当たり前ですが、それだけの価値があることは誰もが知っています。そのようなブランドイメージを持たせることが重要です。

ユーザーのリピート率が上がる

ブランドに良いイメージがあって、ユーザーが商品を通じて素晴らしい体験をしたとしたら、その後はどんな行動が予想されるでしょうか?それはブランド商品のリピートや指名買いでしょう。継続的にブランドの商品やサービスを利用すること自体に価値があれば、リピート率は自ずと高くなります。

口コミによる宣伝効果が期待できる

リピート率と同様に、ユーザー・ユーザーが価値を感じてブランドに愛着を持っていれば、口コミによる宣伝効果が期待できます。ユーザーによる商品・サービスの宣伝は、見込み客を招くことができるのです。

中小企業ほどブランディングを利用するべき

「ブランディングなんて大企業がするものでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これだけのメリットがあるものを、中小企業が利用しない手はありません。独自のブランド価値を確立することが、大手に対する優位性につながるのです。

ブランドの知名度や印象がアップすれば、指名検索の増加も期待できます。検索数アップによりランディングページへのアクセス、そしてコンバージョンへたどり着くユーザーの母数を増やすことができるのです。

Webブランディングを実現する具体的な方法

Webブランディングをはじめるべき理由やメリットについて説明してきましたが、ここからは具体的にWebブランディングを実現させる方法について解説します。

Webブランディングを実現させる方法 具体的な内容
ポジショニングメディア 競合他社にはない「自社の強み」を伝え、相性の良いユーザーだけを集客
ホームページ制作(リニューアル) 統一されたブランドイメージとサイトの使いさすさを追求
コンテンツマーケティング 将来的に購入する見込み客を育成しつつブランドイメージも浸透
コンテンツSEO ユーザーに価値あるコンテンツを作成し新規ユーザーを獲得
インフルエンサーによるWebブランディング SNS上で影響力のあるインフルエンサーのレビューで商品イメージを訴求

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアLPスクリーンショット

自社にあったユーザーや市場に対して、競合他社にはない自社ならではの強みを伝えるためのポジショニングメディアという手法があります。ポジションと名の付くように、

市場における企業の自社の強み明確化し、強みを必要とするユーザーだけを集客

します。他のWebマーケティング施策とは違い、自社と競合との違い、自社の良さを整理してユーザーにアピールすることができるので、ターゲットを絞り込んで効率よく集客することができるのが大きな特徴です。

ユーザーが抱えているニーズと自社の強みが合致すれば、購入の意思決定に大きな影響を与えられます。

結果、他のWebマーケティング施策よりも自社商材を買ってくれたり、ホットリードになりやすいユーザーを創出できるため、効率的に売上に繋げることができます。

キャククル運営元の全研本社では、これまで120以上の業種で7,900サイト以上の導入実績があります。

業界内の競合調査や、貴社の強みを見つけ集客するマーケティング分析、ポジショニングメディアの制作・運用・改善まで幅広く対応しております。

ポジショニングメディアの
導入事例を見る

実際に導入した企業の体験談

ここでは、実際にポジショニングメディアを導入した企業の体験談を業界別に紹介します。

注文住宅業界(従業員30人以下)

資料請求からの商談率が数%程度だったのが80%近くまで改善。当社の家づくりに魅力を感じてくれる見込み顧客が増えた。値下げの要求もなく、受注単価が1000万もアップ、来年の予約まで埋まっています。

製造業界(従業員50人以下)

当社商材の良さを理解した問い合わせが来るようになり、そのほとんどが商談に移行。反響数は4倍増、数百万円の受注単価が2.5倍〜最大5倍まで伸び、成約までの期間も3分の1に短縮できました。

物流システム業界(従業員700名以下)

はじめてのWeb集客のため、ホームページ経由の資料請求数などを計測する環境整備から全研本社が連携。ポジショニングメディア導入後は数億円のリードが月間で一桁増えています。

フランチャイズ業界(従業員800名以下)

毎月の資料請求数が増えただけでなく、面談まで進めば3件に1件は契約が獲得でき、年間3~4件の新規契約を取れるようになった。地方や主要エリアの出店も進み、全国規模で展開できるようになりました。

ポジショニングメディアの概要や、その他の導入事例を詳しく紹介した資料を差し上げていますので、ご興味のある方は下記からダウンロードしてください。

ポジショニングメディアの
資料をダウンロードする

ホームページ制作(リニューアル)

自社のホームページを制作したり、すでにある場合はリニューアルをしたりなど、ブランドの価値が伝わるようにします。Webデザインにはトレンドがあるので、すでにあるサイトでもデザインが数年前のものならリニューアルを検討すべきです。

時流に合わせたブランドイメージの刷新や、伝え方をブラッシュアップすることは、どんな企業にも必要なことです。

ホームページは企業の顔

ユーザーがブランド名を検索して、最初に閲覧するのがおそらく企業(ブランド)のホームページでしょう。せっかく訪問したのに見栄えが悪かったり、デザインが古くてはブランドイメージが損なわれてしまいます。

パソコンやスマートフォンの閲覧環境は目まぐるしく変化しており、数年もすればホームページの見え方が古臭くなってしまいます。ブランドを印象づける「企業の顔」として、デザインはトレンドを意識しなければなりません。

イメージを揃える

ホームページの中で、デザインテイストが違うページがあると、ブランドのイメージが散漫になってしまい印象づけが難しくなります。ブランドイメージが一貫して表示されるように、イメージを揃えたデザインが必要です。

ユーザビリティに配慮する

ユーザーが欲しい情報にスムーズにたどり着ける、あるいは購入まで迷わずに手続きができること設計はとても重要です。情報設計も日々新しい技術が登場していますので、ユーザーにとっての使いやすさも追求しなければなりません。

コンテンツマーケティング

Webでのマーケティング手法に、「コンテンツマーケティング」というものがあります。ユーザーに価値ある情報を発信するコンテンツを制作することで、サイトの訪問者を増やし、ブランドや企業のファンを作る取り組みです。

今すぐ商品を購入してくれるユーザーだけでなく、また商品の詳細を知らないユーザーであっても、将来的に購入してくれる見込み客を増やしていくという手法です。

コンテンツマーケティングのメリットとしては、潜在的なユーザーにアプローチできること、ユーザーニーズが掘り起こせること、そしてブランドあるいは企業がユーザーの課題を解決してくれる専門家として認識され、長期的に購入してくれるリピーターになりやすいことなどがあります。

コンテンツSEO

コンテンツマーケティングと似ているのですがコンテンツSEOという手法もあります。コンテンツを使って見込み客とのコミュニケーションを行うコンテンツマーケティングの一部で、検索ユーザーの意図に応えるコンテンツを作り、SEOで上位表示させることで新規ユーザーを獲得する手法です。

コンテンツマーケティングの中でも特に重要な施策ですが、単に大量のコンテンツを作れば良いというものではありません。検索者のニーズに応える的確な情報を提供することが求められます。ちなみに検索ニーズには主に次の4つがあります。

検索ニーズの種類 具体的な内容
「とは」検索 言葉の意味を探す検索(例)「Webブランディングとは」など
「ハウツー」検索 問題を解決する方法を探す検索(例)「Webブランディングを導入するには」など
「比較検討」検索 購入することが決まっておりどこに依頼すべきかを探す検索(例)Webブランディング 比較 など
「感情」検索 検索者の感情をそのまま検索すること(例)「Webブランディングしたい」

インフルエンサーによるWebブランディング

最近話題になっているものに、インフルエンサーによるWebブランディングが挙げられます。SNS上で影響力のあるインフルエンサーが商品を使ったり、レビューしたりすることで、売上を伸ばすことができます。

インフルエンサーとフォロワーは、SNSを通じて近い距離にいます。そのため、一般的な広告に比べて避けられにくく商品に対する共感力の拡散が期待できるのです。

ただ、これはBtoC商材に適したマーケティングの手法だというのが一般的な認識。BtoBでは、インフルエンサーを通じた訴求はしにくい傾向にあります。

自社のブランドをどう作ったら良いのか迷っている方へ

自社ブランド作りを協議するイメージ画像

競合他社がひしめき合う中、自社商品やサービスの魅力を知ってもらいたいと、あの手この手でWeb集客をしても、「期待するほど効果がない…」「成約になかなかつながらない…」とお困りではありませんか?Web集客をしているからには、売上に結びついていないと意味がありません

全研本社では、業界における企業の「強み」を打ち出し、「強み」を必要とするユーザーを繋げる「ポジショニングメディア」をはじめとしたWeb集客戦略づくりを得意としています。

もし、現在のWeb集客が上手くいっていないなら、全研本社へお問い合わせください。

成約に繋がる
Webブランディングの相談をする

ページトップへ