Webサイトを差別化する際に知っておきたいポイントと方法!

Webサイトを差別化する際に知っておきたいポイントと方法!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Webサイトに差別化が必要な理由

別方向の矢印
インターネットは、情報にあふれています。それでも自社サイトを見つけてもらうためには、自社Webサイトの差別化が必要です。差別化ができていないと、他のサイトに埋もれてしまいます。

たとえば「料理のレシピを集めたサイト」はWeb上にたくさんあります。幅広いジャンルの料理のレシピを扱うほど、色々なニーズを持つ人を集めらると思われるかもしれません。しかし、ジャンル問わずの料理を扱っているサイトが既に多く存在しているため、逆の効果が出る可能性が大きいです。大量にある既存サイトとの違いがわかりにくいサイトでは、誰にも注目されないままになってしまいます。

差別化を図るには、たとえば「幼稚園に通う女の子のためのお弁当レシピ」に特化したWebサイトにすると良いでしょう。ターゲットを絞ることで、幼稚園に通う女の子のためのお弁当作りに悩む親に、自社サイトを見つけてもらえます。

このように、Webサイトにアクセスしてもらうには、差別化が必要なのです。

Webサイトを差別化するポイント

ポイント
Webサイトを差別化するとは、「自社サイトならではの魅力をユーザーに理解してもらう」ということです。どうすれば差別化が実現できるのか、ポイントを3つ紹介します。

ユーザーにとってのメリットを考える

自社サイトを使うメリットをユーザーに感じてもらうことで、他のWebサイトとの差別化が図れます。他のサイトにはないメリットがあれば、ユーザは自社サイトを頼りにしてくれるようになるでしょう

たとえばお弁当のレシピなら「冷凍食品だけで完成する」ことは、手間のかかるお弁当を作れない人にとって、とてもありがたいです。「冷凍食品だけで完成して栄養バランスもバッチリなお弁当のレシピ」が毎日更新されていれば、ユーザーは毎日のお弁当作りが楽になるので、大きなメリットを感じるでしょう。

選ばれている理由から導線を考える

自社サイトをすでに訪れてくれているユーザーの声は、Webサイトを差別化するうえでとても貴重です。どのような方向性で差別化を進めれば、ユーザーにさらに喜んでもらえるのかがわかるからです。

たとえばユーザーは、自社のお弁当レシピサイトを「他のサイトよりも写真の数が多くてわかりやすい」から見てくれているのだと、わかったとします。その場合はさらに写真の数を増やしたり、写真の質を向上させたりすれば、他のサイトとの差別化を効果的に進められるでしょう。

ブランドイメージをつける

ブランドイメージを定着させることも、Webサイトの差別化に有効です。ユーザーはブランドの価値観に共感すると「このサイトは他のサイトとは違う」と感じてくれるからです。

たとえばお弁当レシピのサイトなら「捨てる食材をゼロにするサイト」というのも、立派なブランドイメージです。ニンジンや豚肉など、あまりがちな食材を使い切るためのレシピを充実させ、食材別にレシピを探しやすくすることで、ユーザーはサイトの価値観を感じられるようになります。

「捨てる食材をゼロにするサイト」という価値観に共感したユーザーは、自社サイトで優先してレシピを探してくれるようになるでしょう。

差別化した効果を最大化するには?

矢印・競争
Webサイトの差別化ができても、それだけで満足してはいけません。差別化した効果を最大限に活かす方法を考えましょう。

Webサイトの差別化だけでは効果が得にくい

他社と差別化するためには、Webサイトだけに注目するのではなく、広告など他の施策も合わせて戦略を考えましょう。Webサイトと広告で、ユーザーに伝えているメッセージが異なれば、差別化の効果が得にくいからです。

たとえば化粧品を販売するWebサイトで「肌荒れしにくい」ことをアピールして、他の化粧品のサイトとの差別化を狙っていたとします。しかし広告では「価格が安い」ことばかりをアピールしていると、けっきょく何が強みの化粧品なのかがよくわからなくなり、差別化に失敗してしまうでしょう。

差別化する際は、Webサイトや広告など、すべてを含めて差別化の方向性を決めることが大切です。ユーザーに伝えるメッセージに一貫性を持たせて、差別化効果・ブランディング効果を高めましょう。

ポジショニングメディアによる差別化強化

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアは、自社の強みや立場を競合と位置づけしながら明確にして発信するメディアです。ポジショニングメディアを活用することで、差別化をさらに強化することが可能です。

たとえば「肌荒れに悩む人のためのエステサービス」に特化している、会員制のWebサイトを持っているとしましょう。この場合はユーザーニーズと一致しているキーワードをもとにポジショニングメディアを個別に立ち上げることで、どのエステサービスを選べばいいのか迷っているユーザーに対して、自社のサイトを紹介できます。

ポジショニングメディアを使えば、自社サイトをまだ認知していないユーザーや、自社サイトに直接たどり着くほどニーズの意識がはっきりしていないという潜在層のユーザーが集められます。そのため、ニッチな商材を扱っている場合や自社サイトを立ち上げたばかりのときに検討したい施策です。

Webサイトの差別化で集客アップ

UPと矢印
Webサイトを差別化する理由や、差別化するための方法をお伝えしました。効果的に集客をして売上を増やすには、Webサイトを差別化するだけでなく、すべての施策の方向性をそろえることが重要です。

キャククルを運営する全研本社では、120以上の業界での集客経験をもとにWeb集客サービスを提供しています。ご興味があれば、お気軽にご相談ください。貴社に最適なWebマーケティング戦略を提案いたします。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ