Webマーケティングのメリットとデメリットを解説

Webマーケティングのメリットとデメリットを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

Webマーケティングを活用することのメリットとデメリットについて詳しく紹介。 「Webマーケティングの重要性がイマイチわからない...」とお悩みの方に向けてわかりやすく解説します。

そもそもWebマーケティングとは

イメージ画像
ずばりWebマーケティングとは、「Webを利用して売れるしくみを構築すること」です。
デジタル化が急速に進んだここ数年で、この言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
しかしながら「Webって言葉はざっくりしすぎてよくわからない」「自社の業界にも活用できるの?」という疑問を抱いている方は少なくありません。
本記事ではそのような方たちに向けて、Webマーケティングとはどのようなものか、これから取り組むべきWebマーケティングとはなにか、メリットやデメリットをふまえて分かりやすく解説していきます。

Webマーケティングを導入するメリット

イメージ画像

ターゲットを細かく設定できる

Webマーケティングは、コンテンツを届けたい人を絞ることができるというメリットがあります。そのためたくさんの人に一度にリーチできることが大きなメリットのように見えますがそれだけではありません。
ユーザー情報(性別・住所・趣味)に基づいて、細かくターゲットを絞ることができます。これにより、自社の商品・サービスを本当に届けたい人に絞ることが可能です。

費用を抑えることができる

Webマーケティングは、「初期投資額」や「運用費用」が低いというメリットがあります。例えばWebサイトの立ち上げを考えたとき、無料で使えるツールが多数存在します。そのため初期投資0円で始めることも可能です。
また、Web上で広告を掲載する際は月10~20万程度と比較的低いコストで運用することができます。
なぜなら上記でもお伝えしたように、ターゲットを絞ることができるからです。顧客像とは関係のない人への配信を避けることで余分なコストを抑えることができるのです。

顧客のデータが蓄積される

Webマーケティングは、Webを介して実行したものに対して、データを残すことができます。例えば、Webサイトを訪れた時やオンラインで商品を購入された時などに設定していれば顧客のデータを保存することができます。

マーケティングを行う際にデータの有無は大事な要素です。新商品の構想を練る時、広告の効果を測定する時に必ず必要になるからです。その貴重なデータを半永久的に残すことができる点は大きなメリットであるといえます。

効果測定しやすい

Webマーケティングは、Webを利用して配信したものに対して効果が目に見えるという特徴があります。そのためどのサービスに反響があり、どのサービスが興味を示されなかったのか等を具体的な数字で把握することができます。そこで得た情報を基に素早く次の施策へ移ることができます。
実行→効果測定→改善→実行のサイクルを素早く回すことによって費用対効果を最大限まで延ばすことができるのが大きなメリットです。

Webマーケティングを導入するデメリット

イメージ画像

トレンドのアップデートが必要

デメリットとして、Webのトレンドに常に敏感である必要があります。なぜならユーザーの興味の示すものやWeb媒体の運用方法は、時代に合わせて変化していくからです。
したがって、Webマーケティングを担当する方は情報を常にアップデートする姿勢を持ち、時代に乗り遅れないように施策を練り続けることがポイントといえるでしょう。

高い専門性が必要

「コストがかからない」「効果的に集客を行いやすい」といったメリットだけで行動を起こすのは少し危険です。なぜならWeb上では「炎上」というトラブルがつきものだからです。
例えば、SNSで不適切な発言をしてしまった場合、口コミで大きく広がり、結果としてブランドに大きな傷を付けることもあります。リテラシーや専門性を持った方がWebを担当すると良いでしょう。

集客にお悩みの企業が取り組むべきWebマーケティング施策

イメージ画像
続いて効果が期待されるWebマーケティング施策について、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

「長期的な効果を期待したい」ならSEO対策

SEOとは英語で「Sistem Enzine Optimization(システム エンジン オプティマイゼーション)」日本語で「検索エンジンの最適化」のことを指します。つまりSEO対策とは、Googleなどの検索結果ページに自社のサイトを上位に表示させるための対策のことをいいます。
デジタル化が進んだ昨今、消費者は検索エンジンを用いて様々な情報を収集しています。そのため、ユーザーが目に留まる位置に自社サイトを表示させておくことはとても大事です。
SEO対策を行うことで認知度の獲得や効率良く集客を行うことができます。ただし、SEOはすぐに効果が出にくいというデメリットがあります。よって効果は長い目で見ることが必要といえるでしょう。

メリット

  • 中長期的に流入が見込める
  • ニーズが顕在化した顧客を呼び込むため、集客力が高い

デメリット

  • 成果が出るのに時間がかかる

「すぐに効果を実感したい」ならリスティング広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索結果ページで表示される広告のことを指します。こちらの広告はユーザーの視線から移動されやすい場所にあるため、クリックされやすいといったメリットがあります。よって、効果をできるだけ早く実感したいという方にとってはおすすめの手法となります。一方、広告枠を巡り競合内で価格競争が起きやすいため、掲載費用が高くなりやすいといったデメリットもあります。

メリット

  • 顕在層へアプローチができるため、即効性がある
  • 広告掲載をいつでもはじめられ、やめられる

デメリット

  • 掲載費用が高い

「少ないリスクで始めたい」ならアフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、自分のメディアを持っている人へ自社の広告を掲載させてもらうことです。「成果報酬型広告」とも呼ばれ、実際に掲載した広告を通じて購入行動があった場合に報酬を支払う仕組みとなっています。Webマーケティングに関する知識に自信がない方でも、広告主がユーザー目線に立って広告の効果が得やすように工夫してくれるため、少ないリスクで始めやすいといったメリットがあります。押さえておくべきことは、一般的にASP(Afiliate Service Provider:アフィリエイト サービス プロバイダ)にお金を払って運用してもらう必要があるので一定の費用は必要になります。

メリット

  • 少ないリスクで始められる
  • 費用対効果が高い

デメリット

  • 初期費用・月額費がかかる

「潜在層を見つけたい」ならディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、アプリやYahoo!などのWebページに表示される画像や動画形式の広告のことです。テキストだけの広告に比べて、商品の魅力を伝えやすいという特徴があります。広告の効果について、よくリスティング広告と比較される傾向があります。

ディスプレイ広告は、検索に至っていないものの潜在的にニーズを持っている人に向けて表示するため、顕在層以外もアプローチが可能です。もちろんニーズが顕在化していない人に向けての掲載となりますのでリスティング広告と比較して効果が出にくいという懸念点もあります。

メリット

  • 潜在層へアプローチができる
  • 画像や動画で訴求ができる
  • 費用対効果が高い
  • デメリット

    • リスティング広告に比べて成果が出にくい

    「費用対効果を重視したい」ならリターゲティング広告

    リターゲティング広告とは、一度自社サイトを訪れたことのあるユーザーに対して表示する広告のことです。既に自社の商品について知っているユーザーに対してのアプローチとなるため、比較的に効果が得られやすいメリットがあります。購入しようか検討している内に興味が薄れ、他のページへ移動してしまうケースは多いため、自社サイトをお持ちの方は活用してみても良いでしょう。

    メリット

      ,li>購入行動を促しやすい
    • ターゲットの絞り込みができる
    • 費用対効果が高い

    デメリット

    • ブランドイメージ低下のリスクがある
    • 新規開拓には向かない

    「ターゲットを絞りたい」ならSNS広告

    SNS広告とはソーシャルメディア(Facebook、Twitterなど)に掲載する広告のことです。SNS広告では利用しているユーザーごとにターゲットが絞り込めるのが大きな特徴です。SNSを利用するユーザーの多さはもちろんこと、最近ではメディアを通じて購入に至る人も増えてきています。よってSNS上に広告の掲載を行うことで効果的なアプローチが可能です。

    各SNSで利用しているユーザー層にも特徴があるため、以下の情報を参考にしてください。

    Facebook

    • 25歳から54歳のユーザーが特に多い
    • 実名登録制度を原則としているためビジネス用途で使用するユーザーが多い

    Twitter

    • 日本人の3人に1人が利用しており、他のSNSに比べ30代の層が多い
    • 拡散機能がついており、ユーザー同士でシェアされる
    • 世の中の話題性に敏感な人が多い

    Instagram

    • 男性に比べて女性のユーザーが多い
    • 動画や画像を使って生活に密着したコンテンツが多く共有されている
    • 60%のユーザーが新しい商品をInstaramで見つけており、ビジネスでも活用できる

    YouTube

    • 幅広い層のユーザーが視聴している
    • 幅広い種類のコンテンツが配信されている

    「自社のファンを増やしたい」ならオウンドメディア

    オウンドメディアとは、自社で保有するメディアのことです。自社のホームページやブログも含まれますが、一般的には企業が所有・運営するWebマガジンや独自のWebメディアなどがあります。

    バナー広告などの一般的なWeb広告は、有効なWeb集客手法ではありますが、煩わしいと感じているユーザーも少なくありません。その点オウンドメディアは、ユーザーに寄り添ったコンテンツを提供することを目的としています。新規ユーザーをファンにし、ブランドイメージを向上させることができる点は大きな特徴となっています。

    このように、ブランド構築にオウンドメディアを活用するケースが増えています。キャククルの運用元である全研本社ではこれを「ブランディングメディア」と呼んでいます。

    ブランディングメディア

    ブランディングメディアとは、インターネットで情報発信することで自社の商品・サービスをブランド化したり、ブランドの認知度を向上させたりするメディアのことを指します。競合との差別化や自社の強みの明確化は、効率的な集客に欠かせないことです。

    • 「自社商品を買ってくれるユーザーにピンポイントでアプローチしたい」
    • 「自社のブランド構築に役立つ強力なメディアを持ちたい」

    という方のために、ブランディングメディアの概要を紹介する資料を用意しております。ご興味ある方は、こちらからダウンロードしてください。

    自社のファンを増やす!
    「ブランディングメディア」とは?

    Webマーケティングを成功させるには?

    イメージ画像
    Webマーケティングを上手に行うことができれば、自社にもメリットがありそうと少しでも感じていただけましたでしょうか。しかし、実際に取り掛かったところでは戦略立案、コンテンツ制作、長期にわたるメディア運用といったハードルがあります。
    社内にノウハウがなく、どこから始めればいいか分からないという方は一度プロに相談した方が安心です。

    全研本社には、Webマーケティング120業種を超えるクライアント様を支援してきた実績があります。

    これからWebマーケティングに注力していきたい方や、そもそも自社にあっているか確認したい方は、ぜひ気軽にご相談ください。

    効果的なマーケティング戦略
    について全研本社に問い合わせる

ページトップへ