地方採用のコツ!採用方法や課題、メリットを解説

地方採用のコツ!採用方法や課題、メリットを解説
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

中小企業だから人が集まりにくい、地元密着型の小さな会社だから採用活動を行っても無駄と諦めていませんか。ここでは、地方採用に注目が集まる理由と、上手く採用するコツを紹介していきます。
ニッチな企業だから人が集まらないと諦める前に、前向きに地方採用を検討してみませんか。

地方採用に注目が集まる理由とは?

地方採用に注目が集まるのは、全職種で労働力が低下傾向にあるためです。今や人手不足は中小企業に限った話ではありません。

大手企業であっても、都市部の企業であっても、採用活動を積極的に行わなければ人は集まってこないでしょう。

企業が持続的成長を実現するには、地方採用に挑戦するなど、採用活動の幅を広げることが大切です。

地方採用をすると労働力不足を解消できる

地方採用は難しいように思われがちですが、人手不足に悩む企業は挑戦してみる価値があるでしょう。雇用機会が増し、労働力不足を補えるメリットがあるためです。

企業がある所在地とは別の地方から人材を雇用することで、全国各地から労働力を集められるようになります。日本では今後労働人口は減っていく見通しなので、現時点で労働力を確保できている企業も取り組み始めてみてはいかがでしょうか。

多様な働き方が認められ、人々の意識が変わりつつある

地方採用は難しいと言われてきましたが、今後は採用のハードルが低くなっていく見通しです。新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務・サテライトオフィス勤務といったテレワーク制度を導入する企業は増えています。

多様な働き方が認められたことで、働き方に対する人々の意識が変わりつつあります。今後は、居住地域とは別の地域にある企業に、就職・転職する人も増加していくでしょう。

地方採用の方法


地方採用は注目度が高まっている手法ですが、やみくもに始めても採用につなげるのは難しいでしょう。
ここからは、地方採用の方法をピックアップして紹介していきますので、始める際は下記の方法を実践してみてください。

1.ホームページを製作する

地方採用を上手く進めるには、WEBを有効活用しましょう。ホームページの製作もその1つで、まずは企業が採用活動を行っていると内外にPRすることが大事です。

新卒採用・中途採用の実施の有無や採用スケジュール、求める人材と与える役割について詳しく掲載します。

ただし、情報を羅列するだけのホームページを製作しても、求職者からは魅力的に映らないので注意が必要です。

2.採用活動用のオウンドメディアを運営する

オウンドメディアは自社で運営するサイトのことで、製品や自社の取り組みをPRするなど、いろいろな使い方ができます。地方採用を行うなら、採用活動用のオウンドメディアを製作しておくと良いでしょう。

求職者が気になっているポイントは、仕事内容・働く環境・雇用条件です。

採用活動用のオウンドメディアでは、求職者の心を掴むためにどのような従業員がいて、どのような働き方をしているかを重点的に取り上げていきます。

下記ページにて、採用オウンドメディアを利用して採用に成功するためのポイントをまとめております。オウンドメディアを利用して採用活動を行いたいとお考えの企業様は、ご参考にしてみてください。

採用オウンドメディアとは

3.求職者に負担がかからない面接を実施する

地方採用では、所在地とは異なる地方から人を集めるので、交通費・宿泊費・滞在費・移動時間がネックになります。

お金や時間をかけた分だけ内定に繋がるとは限らないため、応募までのハードルが高くなります。オンライン面接や出張面接を採用し、求職者に負担をかけない面接を実施しましょう

4.WEB強化と並行して直接営業にいく

地方採用で大切なのは人脈づくり。地方学生の応募を増やしたい場合は、高校や大学に直接営業をかけるのも手です。

パンフレットや求人票を用意して、「このような学生を募集しているのでよろしくお願いいたします」、と学校側にアプローチをかけておきましょう。認知度を向上するほど、応募者を増やせる見込みがあります。

5.営業レターやパンフレットを各地に送る

地方の学校に直接足を運べない場は、営業レターを送るのも有効な手法です。
自社の紹介や求める人物像を紹介したパンフレットを、学校に置かせてもらうだけでも反響が期待できます。

人材採用は、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる戦法で、アプローチした分だけ採用につなげられます。

6.地方の人材を集められる求人サイトを利用する

地方採用するなら、地元の求職者が利用する求人サイトを利用するのも手です。求人サイトと一口に言ってもいろいろな媒体があり、各々の特色があります。

どの地域の人を募集したいのかよく検討し、地元の人がよく利用する求人サイトに広告を掲載してみましょう。

ただし、求人広告は一定の期間しか掲載できないので、他の手法も組み合わせて行うことが大事です。

地方で自社にマッチする人材を採用する戦略「ポジショニングメディア」


地方採用するなら、「ポジションニングメディア」で自社の取り組みをアプローチするのがおすすめです。

求人サイトのような広い層をターゲットとする採用施策を打ち出す場合、情報が届けられるユーザーは多いものの自社に興味を持つユーザーはごく一部です。また、競合も多く掲載している場合も多く、自社の強みが伝わらず人材が競合を選んでしまうケースも少なくありません。また、採用できたとしてもそのあとすぐ離職してしまえば採用コストだけがか嵩んでしまいます。

ポジショニングメディアは、自社情報をできるだけ多くのユーザーに露出して誰かが興味を持つとは逆のアプローチを取った施策です。自社と競合の強みと採用・定着しやすい人材の特徴を洗い出したうえ、そのようなユーザーに特化した専門メディアを展開します。

ポジションニングメディアを製作するメリットは、求職者のニーズと自社の取り組みを擦り合わせられる点にあります。

求職者が「〇〇業 求人」とWebで検索する際に表示さえる無数の競合と直接競争するのでなかく、たとえば「〇〇業 Uターン」など、特定の産業で都会から地元に移住したいという求職者に対して自社の認知度を上げていきます。

「Uターンで〇〇業なら自社」というイメージを確立することで、そのようなニーズを持って探しているユーザーに第一想起してもらえます。こうやって自社と相性の良い人材を集中的に集めることで、採用率・定着率が両方とも高まります。

ポジショニングメディア
について詳しく

地方採用を成功させるポイント


これより先は、地方採用を成功させるポイントを紹介していきます。地方採用はやみくもに取り組んでも効果が得られにくいので、下記のポイントを踏まえて取り組んでいきましょう。

1.働き方改革の中で取り組んでいるものを全面的にPR

働き方改革の中で、自社が取り組んでいるものがあれば全面的にPRしましょう。新型コロナウイルスの影響で人々の意識が変わり、多様な働き方を望む人が増えています。

自社で取り組んでいるもの、取り組めるものがあれば、強みとして打ち出すことが重要です。
特にテレワーク制度があると、居住地を変えなくて済むため、地方の人も応募しやすくなります

2.長時間労働をなくす姿勢と取り組みを紹介する

地方採用を成功させるには、長時間労働をなくす姿勢と取り組みについて、求職者に伝えることも大切です。

給与や雇用が安定しない現代では、給与や福利厚生の良さが必ずしも求職者に響くとは限りません。
むしろ給与や福利厚生よりも、労働時間の長さや職場環境を重視している人が増えている傾向にあります。

長時間労働をなくす姿勢や取り組みをアピールすれば、たとえ遠方であっても応募を決意してくれる求職者が入るでしょう

3.シニアと子育て世代に目を向ける

地方採用のポイントは、幅広い人をターゲットにして、雇用機会を創出することです。地方採用と言えば、新卒採用やUIターン転職などを想像しがちですが、もっと幅広い人達を雇用できないか検討してみる必要があります。

地方に住むシニアや子育て世代の中には、働く場所がなくて、止む無く家庭に入っている人も少なくありません。働く場所があれば就職したいと考えている潜在層にアプローチすると、地方採用も上手くいく可能性が高まります。

テレワーク制度を導入している企業は、シニアや子育て世代を雇用できないか検討してみましょう

4.非正規雇用の格差を是正する

地方採用に踏み切る際は、非正規雇用の格差を是正するのも大切なポイントです。
非正規雇用の労働条件を改善すると、地方からも非正規雇用の人材を採用できるようになります。

また、正規雇用と非正規雇用の格差がなくなれば、自社社員が勤務時間を減らしたいときに、非正規雇用に転換を願い出ることが可能になるでしょう。

5.近場の企業&競合他社にはない強みや特徴をアピールする

遠方にある企業が採用活動をする際にネックとなるのが、地元の近場企業との差別化です。近場の企業や競合他社では得られないメリットがあるからこそ、遠方から応募者を集められます。

近場の企業や競合他社には提示できない強み、自社の特徴を認知してもらえる状況をつくりだしましょう

自社ならではの強みや特徴が判明したら、後は大勢の人にアピールする場を設けることが大事です。

地元の企業や競合他社との違いがより明確になるように、興味が持った人に直ぐに魅力が伝わるポジションニングメディアなどを活用したいところです。

地方採用をするなら、早めに動き出すと労働力を確保できる

地方採用は難しい採用戦略ではありますが、早めに挑戦しておくことで、深刻な人手不足に陥る前に対処できます
日本においては、今後ますます労働人口は減っていくので、労働力の低下は避けられない状態です。

労働力が極限まで低下すると、採用活動をするための労働力や時間、コストを捻出できなくなります。

ホームページやオウンドメディア、ポジションニングメディアなど活用できる手は何でも使用して、早急に認知力の向上に努めることが大事です

動けるうちに早め早めに、手を尽くしておくのが吉と言えるでしょう。

地方採用の戦略でお悩みなら


Zenkenでは、マーケティング戦略の提案を得意としています。クライアントならではの強み・価値である「バリュープロポジション」を軸とした提案をさせていただきます。

培ってきたマーケティングのノウハウを活かして、採用マーケティングにおいても企業様に合った支援が可能です。

現状の自社の採用戦略やマーケティング戦略に、課題や疑問があればお気軽にご連絡下さい。

Web採用マーケティングに関する
ご相談はこちら

ページトップへ