製造業のブランディング効果を解説!いま取り組むべき理由とは

製造業のブランディング効果を解説!いま取り組むべき理由とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

最終製品を消費者に提供しているメーカーとは違い、企業間での取引がほとんどな製造業。会社のブランディングと聞いても、具体的にイメージできる人は少ないのではないでしょうか。

ブランディングとは、顧客に商品、サービスなど会社のブランドイメージを第一想起させるための活動です。

分かりやすくいうと「○○と言えばあの製品」「△△を依頼するならあの会社」というように、ターゲットに広く認知され愛着を持たれるように、自社の存在意義やビジョンなどを発信していきます。

ITの普及における情報の多様化によって、BtoB企業においてもブランディングは市場での競争力に関わる重要なポイントです。

ここでは、製造業でブランディングを行うべき理由やメリット、ブランディングがもたらす効果、ブランディングの進め方について解説していきます。

製造業におけるブランディングについて考える

製造業のブランディングについて考える

製造業にブランディングが必要な理由

企業が必ずしもブランディングを実施しなければならないという訳ではありません。実際に、ブランディングのために特に何も活動していないという会社はいくらでもあります。

しかし、顧客がある商品やサービスを依頼したいと考えたとき、ブランディングを行った会社とそうでない会社とでは、その時点で認知度やイメージにおいて大きな差があります。

「どんな仕事をしてくれるのか」「どんなプロダクトを提供してくれるのか」をイメージしやすい会社のほうが、顧客に選ばれやすくなるのです。

自社の商品・サービスを選んでもらうためには、他社との差別化を図る必要がありますが、技術の高度化や標準化が進み、技術力や価格での訴求はそう簡単ではありません。ブランディングを行うと、会社の存在や提供価値が顧客視点で見たときに差別化ポイントとして映ります。

製造業のブランディングとは

企業そのもののブランディング

企業の存在や取り組んでいることを世間に周知することで認知度を向上させ、企業イメージを定着させるブランディングです。環境への取り組みや社員教育、社会や地域への貢献活動などが挙げられます。

技術のブランディング

会社が持つ技術をブランドとして発信することです。産学連携での取り組みや特許取得の実績など、顧客に分かりやすいよう、技術に関する価値を可視化してブランドの向上を目指します。

製品・サービスのブランディング

自社が製造する製品において、サービスの長所やメリットといった「価値」を伝えるのが製品・サービスのブランディングです。製造業の場合、その商品・サービスを使うことによってどんな悩みや課題を解決できるのか、どんな効果があるのかを発信します。導入事例を用いることで顧客により伝わりやすくなります。

製造業がブランディングを行うメリット

市場での競争力に強くなる

競合他社と価格で争わなくて済むため、市場での競争力において有利になります。ターゲット層に「自社の強み=価値」が認知されていると、価格を下げなくても取引が成り立つようになります。売り上げや利益率の向上につながるでしょう。

価格ではなく、価値で取引先との関係を築いていけるため、顧客満足度の向上にもつながっていきます。それにより顧客のLTV(Life Time Value:顧客生涯価値)が高まり、長期的にみても市場競争に強くなっていきます。

販売戦略や企画がしやすくなる

ブランドが明確になっていると販路開拓や新規企画について話し合う際、目的が明確になります。

社内全体で問題意識を共有できるようになり、目標を立てやすくなるでしょう。会社の方向性に一貫性が出てくるため、取り組むべきことやビジョンにズレが生じそうになったときにも修正しやすくなり、経営にまで良い影響をもたらします。

社員のモチベーションが維持される

ブランドイメージが社内を中心に世の中へ浸透していくと、社員に愛社精神が生まれモチベーションアップにつながっていきます。「この会社で働けて嬉しい」という社員の誇りが団結力を生み、売上アップや業績拡大に波及していくでしょう。

さらに、社員がブランドのビジョンや指針によって自律的に動くようになり、人材管理やマネジメントがしやすくなります。

製造業のブランディングの進め方

製造業のブランディングの進め方

ブランディング戦略では、具体的にどのようなことをしていけば良いのでしょうか。ここからは、製造業のブランディング方法や実際に進める際のステップについて解説していきます。

自社技術や顧客の理解を深める

自社の技術がどういったもので、どんなターゲットニーズがあるかをしっかりと理解できていないと、誰に対しどんなことを訴求すべきかかが定まりません。また、取引先の理解を深めておくことも重要です。どんな市場で、どんな悩みを持ち、どんな課題を解決したいと思っているのかなど、一歩踏み込んで調べておきましょう。そこから顧客像を設定し、とくに訴求すべきポイントを定めていきます。

フォーカスする「価値」を決める

自社技術や顧客の理解を深め、自社が市場においてどの「立ち位置」にいるかを理解したら、自社の何にフォーカスしてPRするのか、ブランディング対象を決めましょう。ブランディングを確立したいのは「企業そのもの」なのか「技術力」か「製品・サービス」か。アピールしたい項目の種類や方向性によって、訴求方法や差別化ポイントも変化します。

メッセージを発信する

ブランドイメージを持ってもらうために、自社製品を購入する可能性のあるターゲットに向けてメッセージを継続的に発信していきます。必要に応じて、自社Webサイトのリニューアルを検討してみるのも良いでしょう。どんな技術を持ち、どんな製品をどんな理念のもと販売しているかを分かりやすく伝えるため、オウンドメディアなどのコンテンツを活用するのもおすすめです。

ブランディングがもたらす効果

新規顧客の開拓に役立つ

ブランディング戦略によって認知度を高めることで、「○○技術ならあの会社が有名」ということが専門分野や業界内で知れ渡ることになります。知名度が高まり市場全体に認知されるようになると、これまで取引を行っていなかった業界からも、引き合いの声がかかるかもしれません。新しい分野に進出する機会につながる可能性もあるのです。

また、ブランドが浸透していれば展示会などに出展した際にもブースへ足を運んでくれる人が多くなり、集客力が増して今後の営業がしやすくなります。

市場で戦わずして勝つ

取引先へのイメージアップにつながり、ニーズが出た際に担当者に思い出してもらいやすくなります。ブランディングが成功していると、たとえ他社の製品と自社製品とで技術・品質面に大きな差はなくとも自社が選ばれる確率が高まります。

企業間との取引は合意と契約までに時間がかかりますが、継続的な取引が見込めるでしょう。一度取引をしてしまえば、安定的な受注が見込める可能性も高まるのです。

価格以外の価値を認めてもらい契約にこぎつければ、競合他社との価格競争からも離脱することができます。さらに既存の取引先との関係性が良好だと、新規顧客の獲得時にも競合より優位に立てる可能性があります。

費用対効果がアップ

ブランディングが確立することで、多額の広告費や販促費を投入してプロモーション活動を行わなくても、効率的に集客できるようになります。これまで広告にコストをかけていた企業は費用対効果が向上するでしょう。

広告・販促コストを削減せずとも、一連のPRの根底に「ブランディングの概念」を追加すれば、広告費だけにかけていたコストをブランディング戦略にも回せている、という考えもできます。新たなリソースを投下せずにブランディングを行うことも可能なのです。

削減した分のコストを、新しい商品の開発や機能性、サービス向上の追求にまわすこともできます。商品・サービスが市場において「唯一のブランド」となる可能性があれば、チャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。

採用面のメリットもあり

ブランディングを強化することで自社の魅力を発信し続けると、採用活動にも好影響を及ぼします。

ブランディングに成功している企業には、採用に大きなリソースを注がなくても、新卒・中途を問わずエントリー希望者が集まってくる傾向にあるのです。優秀な社員を採用できる可能性も高まるため、社内の人材の質を高める近道にもなるでしょう。

ブランディングと売上を両立するWebブランディング施策

通常、ブランディングをする場合は何千万単位の制作費や広告費、そして時間を掛ける必要があります。
しかしブランディングに失敗してしまえば、効果が出ず莫大な費用を失うだけでなく、間違った印象がついてしまう可能性も。

そこで、自社商材と親和性の高いユーザーには認知度を上げ、
成約につながるユーザーはしっかり集客をするWebブランディング施策を行うことで、
知る人ぞ知るブランドとして認知度と売上を上げることが可能です。

そのWebブランディング施策が全研本社が提供する「ブランディングメディア」です。
ブランディングメディアを導入した結果、

  • 1ケタ分受注単価が増える売上を獲得できた
  • 求人広告に依存することなく、自社サイトから今までの10倍採用応募が来るようになった

というようなブランディング効果も発揮できております。
詳しくは下記より資料をダウンロードしてください。

ブランディングメディア
について詳しく

Web集客やマーケティング戦略に悩んでいるなら

全研本社では、自社だけの強みを打ち出すことを軸にしたマーケティング戦略をご提案しています。とくに競合との差別化ポイントや独自の強みを示すことができる「戦略的コンテンツマーケティング」が得意で、将来的なブランディング戦略にもつながっていきます。

弊社では、製造業をはじ120業種以上を超えるWeb集客支援の実績と経験を有しております。自社のブランディングを示しながら良質な集客も実現する実践的なマーケティング戦略に興味がございましたら、ぜひご相談ください。

ご面談の際は、具体的な事例をお見せしながら戦略を説明させていただきます。ご要望があればオンライン商談システムを使った打ち合わせも可能です。

Web集客やマーケティング戦略の
ご相談はこちらから

ページトップへ