設備と管理の広告掲載料金や口コミ評判・メリットまとめ

設備と管理の広告掲載料金や口コミ評判・メリットまとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「設備と管理」に掲載する広告について

「設備と管理」に掲載する広告について

「設備と管理」の特徴、広告料金などは次の通りです。

「設備と管理」の特徴

「設備と管理」は、オーム社が毎月11日に発行している、ビル・建物管理に関する日本唯一の専門誌です。具体的には、以下の情報などを掲載しています。

  • 設備の運転・保守技術
  • 空調設備・電気設備・給排水設備・防災設備などの最新情報
  • ビル経営・マンション管理の最新情報
  • 新築ビルや各種イベント
  • ビル管理技術者試験の案内と支援情報

ビル・建物管理に関する幅広い情報をわかりやすく解説している専門誌といえるでしょう。

ちなみに「設備と建物」の主な読者は、ビル建物管理に携わる経営者と技術者です。発行部数は40,000部となっています。

「設備と管理」の注目ポイント

「設備と管理」では、お得に広告を掲載できることがあります。例えば、広告を出稿すると、製品・サービスガイドを無料で掲載できることがあるのです。

具体的には、広告1ページの場合は、製品・サービスガイドを追加で1ページ、広告2分の1ページの場合は製品・サービスガイドを追加で2分の1ページ掲載できます。

つまり、1ページまたは2分の1ページの広告料金で、2ページまたは1ページを使って自社の商品やサービスをアピールできることがあるのです。

「設備と管理」の広告料金

「設備と管理」の広告料金は次のようになっています。

掲載スペース 刷色 広告料金
1ページ 2分の1ページ
表紙2対面 4色 420,000円
2色 245,000円
表紙3対面 1色 160,000円
目次 2色 220,000円
目次袖 2色2/1 130,000円
普通頁 4色 390,000円
2色 185,000円
1色 140,000円 80,000円
表紙2 4色 440,000円
2色 280,000円
表紙3 4色 420,000円
2色 220,000円
表紙4 4色 470,000円

>>出典:オーム社:設備の管理広告料金表

 

「設備と管理」の評判

「設備と管理」を購読している方の感想を紹介します。

・専門知識を吸収できる
「ビル管理会社に転職しました。専門的な情報をわかりやすく解説してくれるので非常に助かっています。」

・最新情報を得られるので便利
「業界の最新情報を得られるため、欠かせない存在といえます。特に、調べるのが煩わしい法令改正の情報を入手できる点が良いですね。」

広告宣伝方法についての見直しは大切

広告宣伝方法についての見直しは大切

「設備と管理」への広告掲載を考えている方は、広告宣伝の見直しについても理解を深めておきましょう。広告宣伝により無駄なコストが発生していることがあるからです。

広告宣伝における無駄なコスト

広告宣伝における無駄なコストは、自社に利益をもたらさない広告宣伝にかかっているコストといえます。

具体的には、売上増を目的としているのに売上に結びついていない広告、知名度向上を目的としているのに知名度向上に結び付いていない広告、明確な目的を設定していない広告などにかかっているコストが該当します。

見直しのポイント

無駄なコストが発生している広告宣伝は見直さなければなりません。見直しのポイントは以下の3点です。

  • 誰に
  • 何を
  • どうやって

なんとなくではなく、以上の3点を明確にしたうえで広告宣伝を行う必要があります。「誰に」は商品やサービスを販売したいターゲット、「何を」は自社が販売したい商品やサービス、「どうやって」は販売などの手法です。

以上を明確にすれば、自社に利益をもたらす広告宣伝を行えるはずです。

見直し=コストの削減ではない

広告宣伝の見直しというと、コストの削減と考える方がいるのではないでしょうか。確かに、コストの削減につながることもありますが、「見直し=コストの削減」というわけではありません。

コスト削減の対象になるのは、利益を生まない活動です。広告宣伝は、利益を生み出す活動です。したがって、利益を生み出せていない場合は、単純にコストを削減するのではなくやり方を見直す必要があります。

以上、広告媒体として見た「設備と管理」の特徴と、広告宣伝見直しについて解説しました。製造業向けの広告戦略についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

製造業の広告戦略で使える
集客マーケティングのポイント

ページトップへ