検査技術の広告掲載費用と評判まとめ

検査技術の広告掲載費用と評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、検査技術の特徴と広告掲載するメリットなどについて紹介しています。産業向け・製造業向けの媒体に広告掲載を考えている企業は注目です。

検査技術のキャプチャ

引用元:日本工業出版公式サイト(https://www.nikko-pb.co.jp/user_data/p_top.php?category_id=17)

検査技術の特徴

実務に役立つ検査技術に関する情報誌

検査技術は、発行部数1万2,000部を誇る検査に関する専門誌です。装置・設備・構造物の検査で役立つ情報が掲載されています。また、試験や評価法、寿命予測といった実務で活躍する専門知識も詰め込まれているため、製造業に従事する人に愛読されています。

20年以上発行している実績を持つ

検査技術は、1996年11月に創刊されてから、20年以上発行され続けている実績を持ちます。実務に直ぐに活かせる基礎知識だけでなく、技術課題やハイテク技術など専門的な情報も扱っている雑誌です。入門者から第一線で活躍する技術者まで、幅広い人に読まれています。

検査を行う様々な業界の事例や技術を紹介している

装置・設備を持つ各業界の検査をテーマに取り上げているのが、検査技術です。機械・科学・材料・物理・土木・建築など様々な業界の知識を網羅し、トラブルを防ぐ検査技術について紹介しています。各産業の事例や技術を毎号扱っているので、色々な業界の知識を横断的に身につけられるのが魅力です。

検査技術の広告掲載料金

  •  表紙貢(4色)400,000円
  •  表2頁(4色)352,000円
  •  表3頁(4色)300,000円

検査技術の口コミ・評判

検査技術の広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした

検査技術に広告掲載するメリット

検査技術の読者は各産業にいるので幅広い層に訴求できる

安全性と品質を重視する日本では、色々な業界で検査が徹底的に行われています。そういった背景から、検査技術の読者は、検査の知識を要する石油・電力・ガス・メンテナンス・機械鉄鋼・土木建築など、各産業の従事者が程よく分散している傾向です。そのため、一回の広告掲載で幅広い産業に訴求できるのが魅力でしょう。

検査技術の習得に関心を寄せている20~40代の読者にアプローチできる

検査技術の年齢別の読者層は20~40代が多く、各産業で現役で働いている人達がメインです。技術習得への意欲が高い人、反響が期待できる層に対して自社製品を訴求できるでしょう。自社でターゲットを発掘してアプローチをかけなくても、今まさに検査技術に関心を持っている層にアピールできます。

検査技術の広告掲載までの流れ

検査技術に広告掲載を依頼する際は、ラフが前々月20日までの締め切り、完版・データが前々月25日、ポジが前々月末日までの提出となっています。月1回の発行で特別進行の際は締め切り日が変更になる可能性があるので、早めに日本工業出版株式会社へご相談しましょう。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

集客に力を入れるなら、自社と競合他社の棲み分けを図るのがおすすめです。自社だけの強みを持っておくと、広告を見て関心を寄せてくれた企業の後押しになるでしょう。検査技術への広告掲載と併せて、下記の施策も実施してみてください。

  •  製造業が集まる展示会に参加して、消費者のニーズを掴み差別化を図る
  •  ホームページの制作をして、自社と競合他社の違いを訴求する
  •  自社からアプローチをかけられる媒体に登録し、購買意欲の高い層にアプローチする
  •  ポジションニングメディアで自社の強みを明確にし、購買意欲の高い顧客を集める

製造業のWeb集客
成功させるポイントとは

ページトップへ