太陽光発電の広告方法・媒体・事例をまとめて調査

太陽光発電の広告方法・媒体・事例をまとめて調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

2019年には卒FITユーザーが出始めた太陽光発電。蓄電池など自家消費への切り替え提案や、ZEH住宅の認知拡大、省エネ志向の高まりなどから、市場はまだまだ成長していくと見られています。そんな中で、集客や売上アップを狙って広告を強化し、シェア拡大を狙う企業も多いことでしょう。

こちらの記事では、太陽光発電の広告方法・媒体などを、事例なども交えて紹介していきます。

また、市場の変動が激しい太陽光発電業界で競合との差別化を図るのに最適なポジショニングメディアも紹介いたします。導入後に「受注単価が2.5倍になった」「成約までにかかる時間が3分の1に短縮した」といった成果を残してきた施策ですので、ぜひ検討してみてください。

太陽光発電の広告方法・媒体

Webを活用したオンライン広告、チラシなどのオフライン広告、様々な広告手法があります。

広告出稿の大きな目的は、自社の認知向上です。ただ、社名を知ってもらうだけで終わる、売上に繋がらない広告に意味がありません。成果を得られるには、どういった強みや特徴がある会社として認知してほしいのかという点を明確にしたうえでの広告展開が必要です。

競合に対して優位性を示す分野(=自社の強み)によって、広告を出稿する媒体や伝え方が変わってきます。自社を選んでくれる顧客を一番高い確率で獲得できる媒体・伝え方を見つけ出すことができれば広告の費用対効果が上がり、成果も得やすくなります。

ここでは広告媒体とその例を紹介します。自社に合うものを選び、売上に繋がる集客を実現しましょう。

太陽光発電に特化したポータルサイトへの掲載

太陽光発電の情報が集まっているポータルサイトに企業情報を掲載したり、バナー広告などを出稿することで認知を高めることができます。

ポータルサイトを見ているユーザーはすでに比較検討フェーズに入っており、購入や問い合わせへの温度感が高まっている状態です。

その段階でユーザーの選択肢の一つとして自社をPRできるため、目に留まる機会を増やすことができれば受注にもつながりやすいでしょう。

ポータルサイト例1:タイナビ
タイナビキャプチャ画像
引用元:タイナビ公式サイト(https://www.tainavi.com/)

タイナビへの登録・広告掲載には、一定の審査基準が設けられています。
クレームの多い企業は契約解除にするなど、ポータルサイトとしての信用をしっかり守っています。

タイナビへの広告掲載の詳細は公式サイトをご確認ください。(https://www.tainavi.com/insert-ad/)

ポータルサイト例2:ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズキャプチャ画像
引用元:ソーラーパートナーズ公式サイト(https://www.solar-partners.jp/)

ソーラーパートナーズに情報掲載するには、加盟審査に合格する必要があります。
厳しい加盟基準ではありますが、だからこそ審査に合格し、掲載されていることが自社の信用へもつながります。

ソーラーパートナーズへの広告掲載・加盟の詳細は公式サイトをご確認ください。(https://www.solar-partners.jp/_f/partner_recruitment.html)
ソーラーパートナーズに広告を掲載する時の料金や評判をリサーチ

ポータルサイト例3:グリエネ(グリーンエネルギーナビ)
グリエネキャプチャ画像
引用元:グリエネ公式サイト(https://griene.jp/)

グリエネに情報掲載するには、加盟店としての登録が必要になります。
審査基準などは特に明示されていないため、まずはお問い合わせする必要があります。

グリエネへの広告掲載・加盟の詳細は公式サイトをご確認ください。(https://griene.jp/lp_shop/shops_contacts)

オウンドメディアの運用

ポータルサイトへの情報掲載は、自社を多くのユーザーに認知してもらい、候補に入れてもらうのに有効です。しかし、ポータルサイトで使われている主な比較軸は「費用」のため、価格競争に陥るリスクもあります。

オウンドメディアは、自社で所有したWebサイトなどで、ユーザーにとって有益な情報を配信しながら自社の魅力を感じさせる媒体です。一般的なのはブログ形式のWebサイトです。比較検討中のユーザーが知りたい情報や得をする情報を提供することで自社に対する信用度を高められます。

オウンドメディアを運用することで、購入の意思は固まっていないが将来的には購入の可能性がある、いわゆる潜在的な顧客にアプローチできる点が特徴です。一方、効果が出るまでに一定の時間がかかることはデメリットといえます。

太陽光発電のオウンドメディア事例:ソーラーサポートセンター
ソーラーサポートセンターキャプチャ画像
引用元:ソーラーサポートセンター公式サイト(https://sorasapo.com/)

株式会社中京ソーラーが運営するオウンドメディア「ソーラーサポートセンター」。ブログ形式で定期的に記事を更新しています。太陽光発電の基礎知識から、導入の際の注意点など、ユーザーが知りたいと思う情報を専門家の立場から解説しています。

ポジショニングメディアの制作・運用

住宅業界のポジショニングメディアポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポータルサイトが多く使われている原因は、ユーザーの比較検討ニーズに応えているという点です。しかし広告を出稿する企業側から見れば、比較検討がほぼ完全に顧客任せになっているのは悩ましい点です。なぜなら、値段が特段に安いなどといった伝わりやすい強みがない限り、顧客が競合に流れてしまいやすいからです。

顧客の比較検討ニーズに応えながらも自社ならではの強みを目立たせることに向いているのは、ポジショニングメディアです。ポジショニングメディアは新規で立ち上げるWebサイトのため、アクセスするユーザーの数においてはポータルサイトに劣ってしまいます。

しかし、ニーズが自社の強みと合致する顧客をターゲットとしてして、サイトの内容や比較軸をそれに応じて合わせることで、サイトに訪れたユーザーが高い確率で自社を選ぶという効果が得られます。

下記は、ポジショニングメディアの導入で得られた成果の例です。

  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった
  • 数ある競合から自社に興味を持ってもらえるようになり、反響獲得後から契約までの期間を3分の1に短縮できた
  • 今まで下請け仕事ばかりだったが、Webから月2件元請けの契約が取れるように

ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、下記のページから事例なども紹介されている無料資料をダウンロードしてください。

ポジショニングメディア戦略
の事例と詳細を見る

雑誌・フリーペーパーへの広告掲載

太陽光関連の専門紙は、主に企業や官公庁などが読者層になります。
一般ユーザーへの広告としては活用が難しいかもしれませんが、BtoBや自治体への認知を高めたいという場合には有効でしょう。

また慎重に調査をしてから決定する一般ユーザーに対してであれば認知向上は期待できます。
一部フリーペーパーはホームセンターなどでも配布されているため、ターゲットと媒体読者層を確認して検討してみてください。

フリーペーパー例:SOLAR JOURNAL (ソーラージャーナル)
ソーラージャーナルキャプチャ画像
引用元:ソーラージャーナル公式サイト(https://solarjournal.jp/information/36812/)

雑誌例:RE JOURNAL (アールイージャーナル)
ソーラージャーナルキャプチャ画像
引用元:ソーラージャーナル公式サイト(https://solarjournal.jp/information/33137/)

「SOLAR JOURNAL」「RE JOURNAL」の広告掲載の詳細は、公式サイトをご確認ください。
(https://solarjournal.jp/advertising/)

雑誌例:PVeye
PVeyeキャプチャ画像
引用元:PVeye公式サイト(https://www.pveye.jp/media/view/202012)

「PVeye」の広告掲載の詳細は、公式サイトをご確認ください。
(https://www.pveye.jp/advertisement/)

チラシ広告・新聞広告

ゴク楽チラシキャプチャ画像
引用元:ゴク楽チラシパック公式サイト(https://ゴク楽チラシパック.com/太陽光発電のチラシ【7パターン】紹介)

特定のエリア・特定のユーザー層に集中してプロモーションしたい場合は、チラシ広告や新聞広告も有効です。

地域を限定できるため、広告予算をエリア集客に集中させたいのであれば、検討してみてもよいでしょう。

またBtoBや企業向けにPRしたい場合は、日経新聞などビジネスパーソンや経営者が主な読者層の媒体を選んでみてください。

自社のバリュープロポジションを明確に

バリュープロポジションのイメージ図

バリュープロポジションとは、簡単に言ってしまうと自社独自の強みということです。

ただし必ず起点としてユーザーニーズがあります。
ユーザーが求めているのに競合が提供できていない、しかし自社なら提供できる。その価値がバリュープロポジションです。

バリュープロポジションを見つけ出すためには、ターゲットのペルソナ設定とニーズの調査・分析が必須。

またそれらを踏まえた上で競合サービスを分析し、競合がどういったニーズに対して価値提供しているかをまとめる必要もあります。
バリュープロポジションを明確化する作業は手間もかかりますが、非常に強力な差別化・独自化ポイントとなり、広告・マーケティング戦略を考える上で軸となります。

太陽光発電の広告についてのまとめ

太陽光発電については、オンライン・オフラインともに多様な広告手法があります。

ですが肝心なのは、誰に何を伝えたいのかということ。
上述したバリュープロポジションが「伝えたいこと」であり、「誰に」はその価値を求めているユーザーです。

そのターゲットユーザーに最も接触できるのは、どの広告媒体なのかという視点で検討してみてください。

太陽光発電を検討しているユーザーが本当に求めている価値は、安さではありません。

エコなライフスタイルの実現、災害への備え、そしてそれを支える継続的なサポート。

ニーズの実現性とメリットをより具体的に伝える広告・コンテンツを展開することで、価格競争を脱し、信頼感に基づいた顧客を増やすことができます。

ページトップへ