工場にブランディングが必要な理由と実施時に意識したいポイント

工場にブランディングが必要な理由と実施時に意識したいポイント
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

工場が向き合うべき課題とは

工場にブランディングが必要な理由を解説する前に、多くの工場が抱えている課題を見ていきます。多くの工場は、下記ような課題に直面しているのでしょう。

収益改善

工場の課題として、最初に挙げられるのが収益の改善です。日本の工場は他の先進国の工場に比べて収益性が低い傾向があります。中でも中小規模の工場は、総じて収益性が低くなっています。

収益性が低くても経営を続けてこられたので大きな問題はないと考えてしまいがちですが、収益性が低いと以下の課題に繋がりやすくなります。

  • 次の成長に向けた投資が行えない
  • 競合他社との価格競争に対応できない

つまりわずかなきっかけで、営業赤字に陥る恐れがあるのです。収益性の低い工場が、収益性の高い海外の工場や大企業の工場に打ち勝つことは難しいといえます。収益改善は、低収益の状態が続いている工場が早急に取り組むべき課題です。
「〇〇といえば、あの企業!」
と第一想起されるポジションを作る
Webメディアを見る

販路の開拓

収益改善に欠かせないのが販路の開拓です。しかし多くの工場は、販路開拓にも問題を抱えています。新型コロナウイルスの影響で、主な販路開拓手段であった展示会に出展しづらくなっているからです。別の方法で販路開拓が必要な状況となっています。

打開策のひとつとして検討されているのが、オンラインを活用した販路開拓です。しかし、工場内にオンラインマーケティングの専門家がいないため、想定通り販路を開拓できていない工場も多いです。

自己流でホームページを開設する、リスティング広告を活用するなどに取り組んでいる工場はありますが、すべてが結果に結びついているわけではありません。販路開拓の早急な課題解決のためには、試行錯誤でさまざまな施策を講じるよりも専門家にオンライン戦略を提案してもらうのも検討すべきオプションです。

人材の確保

収益改善には、人材の確保も欠かせません。人手不足が続くと納期が守れなくなり、製品の品質が低下し、計画通り売上を伸ばせないといった問題が生じやすくなります。

さまざまな懸念点があるにもかかわらず、多くの上場では人手不足が続いています。人手不足が続く主な原因は以下の通りです。

  • 労働者人口の減少
  • 職場としての工場のイメージ悪化
  • 復興需要・オリンピック需要への対応

工場のイメージ悪化は、特に大きな問題といえるでしょう。現在の工場は、3K(きつい・きたない・危険)で休みが少ないうえ、給料も安いと思われている傾向にあるため、求職者を集めづらくなっています。必要な人材を確保するため、イメージの改善が欠かせないと考えられます。

競合との差別化

競合他社との差別化ができてない工場が多い点も課題として挙げられます。差別化ができていない理由は、強みやメリットを十分にアピールできていないことが多いです。製品を見れば違いがわかると思いがちですが、製品を見ただけで品質を見抜ける顧客はほとんどいません。

開示できる情報を開示して、自社を選ぶ理由を提示する必要があります。

海外の多くの工場は、自社の製品を選ぶべき理由をしっかりとアピールしています。現在は、海外の工場と競争しなければならない時代です。競合他社との差別化も、早急に取り組むべき課題と捉えるべきでしょう。

なぜ工場にブランディングが必要なのか

なぜ工場にブランディングが必要なのか

工場が直面する課題に対応する方法としてブランディングが挙げられます。ブランディングは、顧客にとって価値のあるブランドを作り出すための活動です。つまり、見込み顧客・既存顧客の頭の中に「○○といえば□□」というイメージを定着させる活動です。工場にブランディングが必要な理由を詳しく解説します。

売上を伸ばしやすい

自社の製品をブランド化することにより売上を伸ばしやすくなります。競合他社の製品よりも価値があると市場から認識されるからです。

例えば同じTシャツでも、有名ブランドのTシャツは無名ブランドのTシャツよりも高く売れます。機能的価値、情緒的価値、自己表現価値のいずれかが、無名ブランドのTシャツよりも高いと認識されているからです。

工場の製品でも同じことが起こります。他の工場の製品よりも何かしらの価値が高いと市場から認識されれば、その価値に見合った価格で取引が可能になります。このように、自社の製品のブランド化が売上の向上と繋がっています。

販路を開拓しやすくなる

自社の製品をブランド化することで、販路も開拓しやすくなります。ブランド化していないときよりも口コミの効果が高まるからです。Tシャツを例に理由を解説します。

Tシャツの着心地が良い場合、誰も知らない無名Tシャツであれば「このTシャツは意外と着心地が良い」となります。一方、で誰もが知っている有名ブランドであれば「やっぱり○○のTシャツは着心地が良い」となります。

ブランド化されていない製品は、自社の品質の良さを伝える口コミが獲得しにくいです。したがって高品質な製品を作っても、販路開拓にはなかなかつながりません。

一方でブランド化されている製品だと、自社の品質の良さを伝える口コミが手に入れやすくなり、それが販路開拓につながります。

人材を確保しやすくなる

工場のブランド化は、人材の確保にもつながります。自社の工場のイメージが改善するからです。

一般的に工場は「きつい・きたない・危険」などと考えられているため、ブランディングで自社のイメージを改善すれば大きなアドバンテージとなる可能性があります。工場のブランディングは、人材を確保するため積極的に取り組みたい施策といえます。

一般消費者との距離が開きやすい

ブランディングに取り組むべき理由として、工場と一般消費者との間に距離ができやすい点も挙げられます。難しい用語が飛び交う工場は、一般消費者からすると別世界と思われがちです。

別世界と認識されると「きつい・きたない・危険」などのイメージが先行しやすくなります。また一般消費者との距離が開くと、長期的に成長を続けることも難しくなります。選ばれる工場になるため、ブランディングに取り組む必要があります。

公開できない技術が多い

一般に公開できない技術が多いことも、ブランディングに取り組みたい理由として挙げられます。公開できない技術が多い理由は、競合他社に模倣されてしまうリスクがあるからです。

工場をブランド化できれば、情報開示に問題がある具体的な技術を積極的にアピールしなくても選ばれるようになります。

同類の商品が市場に溢れている

よく似た製品が市場にあふれている点も、工場がブランディングに取り組みたい理由といえるでしょう。

どこの工場で作ったものかわからないと、その他大勢に紛れてしまいます。その状態が続いていると、技術力が優れていたとしても選ばれづらくなります。ブランディングというと難しく聞こえるかもしれませんが、たとえば納品時に利用するダンボールに自社のロゴマークをプリントするだけでも競合他社との違いを示すことはできます。

その他大勢から抜け出すため、ブランディングに取り組む必要があります。工場のマーケティング戦略にはこのブランディング戦略のほかにも、差別化戦略なども重要な要素です。

下記より製造業のマーケティング事例を紹介していますので、ぜひご覧ください。

工場のブランディングを可能にする要素とは

工場のブランディングを可能にする要素とは

顧客から積極的に選ばれる工場になるため、ブランディングは欠かせない取り組みと考えられます。工場のブランディングは、どのように進めればよいのでしょうか。ここでは、ブランディングを可能にする考え方・施策を解説いたします。

一般消費者の立場で考える

工場のブランディングでは、一般消費者の目線あるいは利用者の目線が重要です。なぜかというと、ターゲットが必ずしも専門知識を有していないからです。一般消費者あるいは利用者に魅力が伝わる施策でないと、工場をブランド化することはできません。

具体的な取り組みの一つの例として、技術力や製品の特徴などを、キャッチフレーズで表現することが挙げられます。自社の技術力や製品の特徴などを表現する場合は、専門知識がない一般消費者や利用者でもわかる言葉を使用するようにしましょう。

難解な言葉を使用すると、いいたいことが伝わらず、自己満足の施策になりかねません。

工場のブランディングでは、専門知識よりもわかりやすさが重要です。言葉だけで説明しづらい場合は、動画や画像を活用してもよいでしょう。いずれにせよ情報の受け手が、理解できる施策を行わなければなりません。

ターゲットを明確化する

ブランディングの施策を考えるにあたり、ターゲットを明確にすることが重要です。ここでいうターゲットは、工場のファンになってほしい人と言い換えることができます。

ターゲットを明確にすることで、工場の魅力を伝えやすい施策やターゲットに伝わりやすい言葉遣いなどがわかります。

BtoCの工場におけるターゲットは消費者といえるでしょう。ではBtoBの工場は、誰をターゲットに設定すればよいのでしょうか。原則として、製品の選択や購入の決定権を持っている担当者がターゲットとなります。

ターゲットを設定してから、ブランディング戦略を実施するスタッフ間で共有することが重要です。それぞれのスタッフが別のターゲットを思い描いていると、意見をまとめることが難しく、方向性にぶれが生じます。

またブランディング戦略を実施していくと、いつの間にかスタッフ間でターゲットにずれが生じることもあります。定期的にターゲットを確認することも欠かせません。

オンライン化の促進

工場のブランディングでは、オンライン化の促進も重要です。新型コロナウイルスの影響で、顧客と対面で接することが難しくなっているからです。

企業の多くは社会の変化に合わせて、オンラインで情報を集めるようになっています。具体的にはオンライン展示会やオンライン商談、Webサイトなどで、情報を集める企業が増えています。

オンライン化への対応が遅れると、時代の流れから取り残されるため、工場のブランド化は難しくなります。

ちなみにオンラインサービスと工場のブランド化は、非常に相性が良いといえます。オンラインサービスを利用すれば、工場の技術力、生産設備、製造工程、品質管理、完成した製品などを画像や動画などで伝えられるからです。

Webサイトに、魅力がわかる動画を掲載すれば、見学しなくても工場の良さがわかります。オンライン化の促進は、工場のブランディングに欠かせない要素といえるでしょう。

商品の差異化を図る

商品あるいは製品の差異化も、工場のブランディングに欠かせない要素です。差異化とは、競合商品・競合製品との違いを明らかにして、別のものとして区別する取り組みです。

差別化との違いは、製品の優劣に言及せずに自社の製品をただ「他と違うもの」と位置付ける点にあります。

差異化の代表的なメリットは以下の通りです。

  • 競合他社との競争を避けられる
  • 競合他社から模倣されるリスクが低くなる
  • 顧客から選ばれるようになる

差異化の代表的な例として挙げられるのがモスバーガーです。モスバーガーは、スピードや安さよりも手作り感と美味しさに重点を置いて、多くのファストフード店と差異化を図っています。

競合他社には真似できない強みで、多くの顧客から根強く支持されています。

工場のブランディングでも、オンリーワンの存在になるため、競合他社には真似できない魅力を打ち出すことが重要です。

ポジショニングメディアの活用

ポジショニングメディアの運用も、工場のブランディングのための有益な施策です。ポジショニングメディアとは、特定の市場に自社の強みや競合他社との違いを浸透させる目的で運用するWebサイトです。

通常の企業ホームページと違って、自社の強みにテーマを絞って制作・運用するため、ニッチな市場であっても親和性の高いユーザーを集客できます。また競合他社との違いを明確に示すため、成約につながりやすい面もあります。

ポジショニングメディアは、工場のブランディングと相性の良い取り組みです。興味のある方は、以下のページで詳細をご確認ください。

ブランディングメディア

通常、ブランディングをする場合は何千万単位の制作費や広告費、そして時間を掛ける必要があります。
しかしブランディングに失敗してしまえば、効果が出ず莫大な費用を失うだけでなく、間違った印象がついてしまう可能性も。

ブランディングメディアとは、
親和性の高いユーザーに絞った認知度の向上を行い、ニーズが顕在化した際の第一想起されるブランドとして広めていきます

また、購買意欲や利用意欲のあるユーザーも同時にアプローチができます。その顕在的なユーザーにはなぜそのブランドや企業を使うべきかを解説し、さらに成約や購入につながるよう温度感を上げた集客ができます。

ブランディングメディアを導入した結果、

  • 1ケタ分受注単価が増える売上を獲得できた
  • 求人広告に依存することなく、自社サイトから今までの10倍採用応募が来るようになった

というようなブランディング効果も発揮できております。
詳しくは下記より資料をダウンロードしてください。

ブランディングメディア
について詳しく

ブランディングは工場が取り組みたい生き残り戦略

ブランディングは工場が取り組みたい生き残り戦略

工場のブランディングについて解説してきました。工場がブランド化することで、売上の増加や新しい販路の開拓、人材不足の解消などを見込めます。

工場のブランディングに取り組みたい方は、ターゲットを明確にしたうえで消費者目線・利用者目線で工場の技術力や品質などをわかりやすく伝えていくとよいでしょう。自社Webサイトやポジショニングメディア、オンライン展示会などを用いると、効果的にブランディングを進められるはずです。

自社だけで工場のブランディングを進めることは難しいと感じる場合は、WebマーケティングのプロであるZenkenにご相談ください。

120業種以上のWeb集客支援で培った知識と経験を活かし、貴社のブランド力を最大化する施策をご提案させていただきます。

工場ブランディングの
ご相談はこちら

ページトップへ