AGAの集患戦略はエリアでの差別化の意識が重要

AGAの集患戦略はエリアでの差別化の意識が重要
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

AGA治療の集患におけるあなたのクリニックの強みとは

近年、AGA治療の認知度が一般的に高まるとともに、AGAクリニックの需要が高まってきました。需要の向上とともに、AGA治療を専門とするクリニックも増えています。

では、ご自身のクリニックへ患者を誘導するための強豪との差別化は十分でしょうか?

患者さんは複数のクリニックを比較している

AGA治療の認知度が高くなっていると言っても、髪の毛や頭皮というデリケートな悩みゆえ体験者から話を聞くことは容易ではありません。そのような背景が影響し、AGA治療を受ける人は複数のクリニックを比較している傾向にあります。

現時点で患者自身が考える髪の毛や頭皮の悩みを軸に、以下のような点に重点を置いてクリニックを探しています。

そもそも悩みが解決しそうなクリニックなのか?

AGA治療における医師の実績はもちろん、体験者の声が豊富なクリニックほど信頼度は高まります。「AGA」と言ってもその進行度は様々なため、自分に見合った治療を提供してくれるかも重要なポイントになります。

継続的に通うことができるのか?

AGA治療となれば、多くの人が単発で終了する治療ではないことを理解しています。そのため継続的に通える雰囲気や立地かどうかはもちろん、費用面で生活の負担にならないかということも重要なポイントです。

では、自身のクリニックの強みは何か?

実績や費用、プライバシーへの配慮など、必ず自身のクリニック内に強みにできるポイントがあるはずです。その強みはただ見出すだけでなく、ホームページや広告を用いて患者へPRすることが大切です。

しかし第三者目線で自身のクリニックを俯瞰してみた際にその強みは患者が求めているものか、言い換えればユーザーニーズがあるものかを的確に判断する必要があります。独自性が高い強みであっても、ユーザーニーズが高くなければ意味が無いのです。

集患で意識する差別化すべき競合の範囲は?

近隣エリアのマーケティング分析は必須

では、どのようなユーザーニーズを意識すると良いのでしょうか?

AGA治療の場合、定期的な通院が必要なため近隣で受けたいというユーザーニーズが高いです。そのため初めてクリニックを訪れる際には「AGA+地域名」といった近隣がヒットしやすい検索ワードが用いられる傾向があります。そのため、同じ商圏内にある競合を知り、強みを分析することが大切です。

バリュープロポジションを明確にすることが大切

同じ商圏内の競合を分析した後に大切なことは、自身のクリニックのバリュープロポジションを明確にすることです。

バリュープロポジションとは、ユーザーが求めていて、競合にはない、自分だけの強みのことをいいます。

ここにしかない強みということを伝えることで、ユーザーがなぜ「あなたのクリニックで治療を受けたいと思うのか」が明確になり、比較された際にも選ばれる理由となります。

ホームページのSEO対策のポイント

seoイメージ
バリュープロポジションを明確にした上で実際に集客を行っていく中で、ユーザーの現在の状況を的確に捉えることも重要です。先に紹介した「AGA+地域名」は最も検索されやすいキーワードではありますが、対象によってはさらに細かい検索キーワードを設定している場合があります。

AGA治療を受けると決めている場合

既にAGA治療を受けると決めているニーズ顕在層は、AGA治療に関する細かいキーワードで検索します。例えば「AGA+費用」や「AGA+期間」など、自分がクリニックに通院することを想定した内容がほとんです。

さらには実際の治療時に行う可能性がある「遺伝子検査」や、費用面の不安から「医療費控除」など、より具体的なキーワードが設定される傾向にあります。このようなキーワードに対して答えとなるコンテンツを置いておくことで、クリニック自体の差別化や信頼度向上につなげることが可能です。

AGA治療を受けることをまだ決めていない場合

AGA治療を受けることを決めてはいないものの、なんとなく髪の毛が薄くなってきたことを気にしているニーズ潜在層に対しては、ニーズ顕在層と同様のコンテンツは不向きです。いきなりAGA治療を全面に押し出すのではなく、髪の毛に対する広範囲に及ぶ悩みから接触していくと良いでしょう。

例えば「薄毛+原因」「薄毛+遺伝」と言ったキーワードや、「ハゲ+どうする」や「ハゲ+食い止める」など、今はまだ完全に髪の毛が薄くなってきたわけではないものの、今後に対する不安から来るような内容がほとんどです。

日々の生活や利用する髪の毛のケア商品など、AGAとは全く異なる角度でアプローチしていくと効果的です。

お問合せはこちら

マーケティング戦略に関連する記事



ページトップへ