ビジネスにおいて集客力や利益を上げるためには、ライバルとなる「競合他社」への対策が欠かせません。

自社の商品・サービスが高評価を得ていたり、自社サイトや広告へのアクセスが多かったりしても、より強力な競合他社がいるとユーザーの関心はそちらに向いてしまいます。

競合他社に勝ちたいなら、地域ナンバーワンを目指せる戦略を立てなければなりません。そのためには、競合他社の研究や自社のブランディングが重要となってきます。

そこで、当ページでは競合他社に勝つためのポイントや、取り組むべき対策について解説していきます。

競合他社に勝つには

競合他社に勝つために必要なことは「比較検討の段階で勝つ」ということです。

デジタル化が著しく進歩している現代、ユーザーは先に必要な情報を集めてからアクションを起こします。そのため、情報を提供できる自社サイトやリスティング、チラシなどを使って露出を増やすことも重要です。

しかし、ほとんどのユーザーは情報収集にあたって、複数の候補をピックアップして比較検討します。この段階で競合他社に劣ると判断されるようであれば、自社の商品・サービスを購入してもらえる確率が大きく減ってしまうのです。

比較検討の段階で勝つためには、ブランディングによって自社と競合他社の差別化を図らなければなりません。ただし、闇雲に対策してもお金や時間を浪費してしまうだけなので、企業側は「3C分析」を意識して情報を集める必要があります。

  • 市場(Customer)
  • 競合(Competitor)
  • 自社(Company)

これらの情報を集めることで現状や改善点が見えてくるので、取り組むべき対策も適切に選択できるのです。

市場を知る

情報収集にあたって、まず自社の商品・サービスに関する市場(Customer)を分析する必要があります。

そもそも市場を分析しないと、競合がいるのかどうかも把握できないため、戦略や対策を考える以前の問題です。また、ターゲットの設定や自社の評価もできなくなるため、最初に分析しなければならないのです。

分析すべき主な項目は以下の通りです。

  • 市場規模
  • 市場の成長性
  • 顧客のニーズ
  • 顧客属性(性別、年齢、地域、職業など)
  • 顧客の行動原理

これらの項目から競合の存在、市場の推移、訴求すべきターゲットといった情報が手に入ります。市場の情報があれば、戦略や対策の方向性を決めやすくなるため、より効果的なアプローチへと繋がるのです。

競合を知る

次に分析するべきものは競合(Competitor)です。競合他社の強みと弱みを徹底的に研究することで、決定打となる戦略や対策が見えてきます。

  • 市場シェアの比率
  • 競合他社の戦略
  • 競合他社のリソース
  • 競合他社の主要ターゲット
  • 競合他社の業界ポジション

これらを項目から得られる情報により、競合他社の動向や特性を把握することができます。さらに、市場における自社の立ち位置、勝負すべきポイントなども明らかとなるため、戦略や対策を考える上で大いに役立つのです。

また、競合他社を知ることで自社と比較できるようになります。お互いの強みと弱みを把握することは差別化にも繋がるため、競合他社と戦うなら相手の情報をできる限り入手しましょう。

自社を知る

市場と競合について把握できたら、自社(Company)の分析も行います。

  • 自社の経営理念
  • 自社のリソース
  • 自社の売上高
  • 自社の既存事業
  • 自社の商品・サービス

このような情報を洗い出した上で、市場と競合に関する情報を照らし合わせれば、より具体的な戦略や対策を検討できるのです。

また、戦略や対策が本当に実行できるかどうかは、自社のリソースや売上にも関わってきます。無理に対策を行っても逆効果になりかねないので、その観点からも自社分析は重要と言えます。

なお、自社の強みは客観的に分析しないとわからない可能性もあるため、フレームワークなどを活用するのがオススメです。

比較検討で勝てるブランディング

必要な情報が入手できたら、いよいよブランディング対策に取り掛かります。

比較検討で勝つために重要なことは自社と競合他社との差別化です。そのためには「どのような強みを活かして、どういったユーザーに訴求するのか」をしっかり考える必要があります。

また、自社ならではの強みがなければ何としても作らなければなりません。強みを持たずに競合他社と戦うのは、はっきり言って無謀です。

業種や商品・サービスによって細かい対策内容は変わってきますが、押さえるべきポイントは共通しています。

自社の信頼性を向上させるブランディング

ユーザーが商品・サービスを購入するにあたり、最も重要となるファクターは「信頼性」です。ブランディングはユーザーの信頼を獲得して、肯定的なイメージを持ってもらうことから始まります。

逆にどれだけ優れた商品・サービスを提供できたとしても、企業としての信頼性が欠けている場合、比較検討の候補から即除外されると言っても過言ではありません。

この信頼性を向上させるためには、ユーザーにできる限り情報を提供して安心感を与える必要があります。特に最近は口コミがユーザーの意思決定に強く関与しているため、アクセス頻度も高まっています。

実際、口コミにはユーザーのリアルな意見が反映されるので、安心感を与えるという点ではこれ以上ないコンテンツです。そのため、高評価の口コミをたくさん集めることは、立派なブランディング対策なのです。

そして、自社サイトや広告の内容も安心感に関わってきます。商品・サービスの説明に一貫性を持たせることや、常に最新の情報を提供することなど、基本的な部分もブランディングに影響してくるため、しっかり確認する必要があります。

また、最近は写真や動画によるコンテンツが増えていますが、これも安心感に繋がります。文章よりダイレクトに情報が伝わるため、ユーザーから好印象を得られるのです。

このようなコンテンツでユーザーに安心感を与えることが、企業規模での信頼性向上に繋がります。

自社の優位性を示すブランディング

比較検討の段階で勝ちたいなら、自社の商品・サービスが競合他社より優れているという「優位性」を示すブランディングも重要です。

価格、機能、サポート体制など比較対象は多岐に渡りますが、競合他社に勝るポイントがあれば、そこを重点的にアピールすることで効果的に訴求できます。

言い換えれば、競合他社の弱みを徹底的に突くことが勝利の秘訣と言えます。結局のところ、競合他社との戦いは「顧客の奪い合い」なので、これは卑怯でも何でもありません。

自社の優位性をユーザーに示すためには、自社サイトや口コミを見てもらう必要があります。つまり、ユーザーにアクセスしてもらわなければならないため、検索結果画面に影響するSEO対策やMEO対策が欠かせないのです。

また、地域に特化した情報サイトを活用することも有効です。このような情報サイトはユーザーが比較検討する際にアクセスされやすいため、ここで優位性を伝えることができれば、自社を選んでもらえる確率が高まります。

ただし、優位性を示したいからと言って、競合他社を貶めるようなことをしてはいけません。逆に自社の評価が下がったり、炎上問題など引き起こしたりする恐れがあるためです。節度を持った訴求を心がけましょう。

ニーズの適合性を強調するブランディング

もう1つブランディングで重要となるファクターが「適合性」です。これは自社の商品・サービスが顧客ニーズと合致しているかどうかを示すものです。

そもそも比較検討される商品・サービスは似たようなものですので、信頼性や優位性で大きな差がつかないこともあります。つまり、ユーザーが判断に迷ってしまうのです。

そこで、ユーザーに対し「競合他社よりあなたに合った商品・サービスがありますよ」と訴求できれば、意思決定に繋がる最後の一押しとなります。

ニーズの適合性を強調するためには、情報を的確に伝える必要があります。ただ合っているというだけではなく、その理由を裏付けるコンテンツも添えて紹介すれば、より効果的な訴求となります。

また、情報が伝達するスピードも重要ですので、文章に加えて写真や動画も活用するべきでしょう。

地域ナンバーワン戦略なら全研本社へ

ここまで競合他社に勝つためのポイントや対策を紹介してきました。

競合他社には比較検討の段階で勝つためには、ブランディングによる差別化が必要です。しかし、いきなり戦略や対策を考えるのは難しいため、まずは市場・競合・自社をしっかり分析しなければなりません。

分析から情報を得ることで現状や改善点が見えてくるため、口コミやMEO対策、情報サイトなど複数の対策から適切なものを選択できるようになります。

全研本社では検索結果画面上の意思決定に関わるWebブランディングの他、効率的に口コミを獲得する方法などをご提案しています。

また、業界や地域ごとに5500以上のWebメディアを運用しているため、差別化を意識したブランディングも得意としています。

「どんな対策に取り組んでもイマイチ効果が出ない・・・」とお悩みなら、ぜひ全研本社に一度ご相談ください。