集客を成功させるためにはマーケティング活動が欠かせませんが、その中でも「エリアマーケティング」という方法が注目を集めています。

エリアマーケティングとは「全国均一ではなく地域ごとに合わせたマーケティング活動」のことを指しています。わかりやすく言えば地域の特性を把握した上で、自社の商品やサービスをどのように販売・宣伝するのか考える方法です。

適切なエリアマーケティングを行うことで、自社が訴求するべきユーザーを洗い出せるため、より効果的な集客が実現するのです。

特に実店舗型のビジネスは良くも悪くも地域性の影響を受けやすいため、このエリアマーケティングによって集客の成否が変わってきます。

そこで、当ページでは集客に繋がるエリアマーケティングの要点や、具体的な対策方法について解説していきます。

エリアマーケティングの重要ポイント

エリアマーケティングでは対象となる地域での情報収集、および分析が重要になってきます。特に「人口構成」と「商圏」はしっかり見極めなければなりません。

人口構成

商品・サービスの知名度や売上を向上させるためには、まず対象地域の人口構成を調べることが重要です。

人口、世帯数、年齢層、男女比などのデータを収集した上で、自社の顧客データと照合すれば、商品・サービスの需要や市場の成長性を分析することができます。

これによりアプローチするべきユーザーが多い地域を把握できるため、どこにどれだけのコストをかけるべきか、ターゲットが明確化されるのです。

言い換えれば、ターゲットがあいまいな状態で集客に取り組んでも、コストに見合った効果を得られる可能性は低いと言えます。

また、余計なコストや労力がかかったり、訴求するべきターゲットを見逃してしまったりする恐れもあるため、それを踏まえてもターゲット分析が必要不可欠です。

地域の人口構成を調べる場合、市町村のホームページなどで公開されている、人口統計や国勢調査のデータが参考になります。また、Web上で公開されているエリアマーケティング用のツールを使って分析することも可能です。

商圏(集客できる範囲)

エリアマーケティングでは人口構成だけではなく、商圏を洗い出すことも重要です。

商圏に関しては「ハフモデル」の理論がカギとなってきます。これは「消費者は大きな店舗に足を運びやすい。ただし距離は近いほうが良い」という傾向をもとに提唱された理論です。

つまり、商圏を洗い出すためには自社店舗を地理的に分析する必要があります。競合店の分布、交通インフラ、最寄り駅までの距離などを調べることにより、理想的な商圏が見つかるのです。

これにより競合状況や交通手段を把握できるようになるため、ターゲットをより選定しやすくなります。例えば、競合より距離的に有利な地域にコストをかけるなど、商圏に応じた無駄のない戦略を立てることが可能となります。

商圏はエリアマーケティング用のツールを使えば、人口構成のデータも照合しながら分析することができます。無料で利用できるツールも多いのも嬉しいポイントです。

エリアマーケティングの対策はWeb中心

エリアマーケティングの対策はWebを使うデジタルな方法と、チラシなどを使うアナログな方法に分類されます。

どちらもメリットとデメリットがそれぞれ存在しますが、結論から言えばエリアマーケティングの対策はWeb中心で取り組むべきです。時代の流れはもちろん、Webならではのメリットが大きいため、エリアマーケティングによる集客効果も向上しやすいのです。

紙媒体の衰退とスマホの普及

現在、チラシや新聞といった紙媒体は衰退傾向にあります。その理由は、ユーザーがインターネットで簡単に検索することができるためです。さらに最近はパソコンではなく、スマホからの検索がメインになってきています。

つまり、ユーザーは場所や時間に関係なく情報を調べることができるのです。そのため、エリアマーケティングの対策もWeb、特にスマホに最適化した方法を考えなければなりません。

ニーズを捉えたアプローチ

エリアマーケティングではニーズが顕在化しているユーザーに対して、積極的にアプローチをかけることが重要です。

例えば、ユーザーがリフォーム業者を探している場合、Webなら「〇〇市 リフォーム」「○○市 リフォーム業者」といったキーワードですぐ検索できます。

そのため、ニーズを捉えた検索キーワードに対策を施せば、アクセス増加などを通じて自社の知名度も向上しやすくなるのです。これはWebの特性を活かしたメリットと言えるでしょう。

属性のマッチング

エリアマーケティングではユーザーの属性(年代、性別、職業など)に応じた対策も欠かせません。

地域の人口構成や顧客データをもとに、自社の商品・サービスとマッチングする属性を把握し、その属性を持つユーザーへ訴求することが重要なのです。

googleアナリティクスを始めとした分析ツールを用いることが出来れば、どんなユーザーが問い合わせしてくれるのかを把握することが出来ます。

その為、属性のマッチングも情報を管理・更新しやすいという点から、Webで取り組むことがオススメです。

エリアマーケティングのWeb集客4選

ここからエリアマーケティングに関するWeb対策を4つ紹介していきます。

リスティングやSEO対策によるキーワードマーケティング

Web集客の中でもメジャーな方法である「リスティング」や「SEO対策」は、エリアマーケティングの観点からみても有効です。

リスティングはユーザーの検索キーワードを想定して広告を出すサービスですが、この時にエリアマーケティングで分析した情報やデータが役立ちます。

なぜなら人口構成や商圏を把握することで、その地域に合った検索キーワードも見えてくるためです。最適な検索キーワードを設定することで、リスティングの効果はさらに向上します。

また、検索エンジンで上位表示を狙うSEO対策でも、検索キーワードの選定がとても重要となってきます。対策するキーワードが間違っていると、そもそも集客に繋がらないためです。

そこで、エリアマーケティングの情報やデータを活用すれば、SEO対策に必要なキーワードを洗い出すことができるのです。自社サイトが検索上位に表示されれば、その分だけユーザーの目に入りやすくなります。

このようにエリアマーケティングから発展させる形で、キーワードマーケティングを実行できるのです。

自社サイトやWeb広告のマッチング精査

エリアマーケティングで自社サイトやWeb広告を活用する場合、表現内容がユーザーのニーズ・属性とマッチングしているか、しっかり精査する必要があります。

商品・サービスを紹介する文章の内容はもちろん、ページや広告のデザインなど見た目も洗練させることで、よりユーザーを訴求しやすくなるためです。

また、現在はスマホへの最適化も必須となっているため、細かな構成や操作性にも目を向けて精査しましょう。

MEO対策による自社理解の促進

地域ごとに展開するエリアマーケティングでは、同じく地域集客に強い影響を持つ「MEO対策」が重要となってきます。特に実店舗型のビジネスの場合、エリアマーケティングにとどまらずMEO対策は必要不可欠です。

MEO対策を実行すれば、Googleマップ検索でも自社サイトを上位表示させることができます。これにより検索エンジンだけでなく、マップ検索を利用するユーザーに対する訴求が可能となります。

特にスマホではマップ検索が多用されているため、最近のスマホ普及率を踏まえてもMEO対策は優先して取り組んでおきたいところです。

また、検索エンジン上でもMEOの上位3枠(ローカルパック)はSEO1位のサイトより上位表示されます。そのため、ユーザーの視認性が非常に高く、自社サイトや電話に流入させることが可能です。

このようなMEO対策を通じたエリアマーケティングにより自社理解の促進はもちろん、売上アップに繋げることができるのです。

エリア情報サイトによるブランディング

エリアマーケティング対策では、特定の地域にフォーカスを当てて様々なコンテンツを提供する「エリア情報サイト」を活用するのも有効です。

エリア情報サイトでは競合他社の情報も掲載されているケースが多いため、ユーザーは複数の選択肢を持つことになります。

そこで、自社の魅力をうまくアピールできればブランディング(競合との差別化)を図れるため、比較検討しているユーザーを後押しできるのです。

エリア情報サイトの種類は様々ですが、オススメは業界別に情報を掲載しているタイプです。情報の統一性があり、ユーザーにとっても利便性が高いため、高い集客効果を発揮します。

エリアマーケティングなら全研本社におまかせ!

ここまでエリアマーケティングについて解説してきましたが、実際のところ個人レベルで対策に取り組むのは難しいと言えます。
結果を出すためには専門的な知識が求められるだけでなく、複数の対策を並行する必要があるためです。

全研本社ではWebエリアマーケティング観点を用いたWeb集客を得意としており、多くのクライアント様にご満足頂いております。

是非、企業や店舗を「知ってもらう」今までのWeb集客でなく「選んでもらう」までのWeb集客を実現させたいとお考えでしたら、お気軽にご相談ください。