ファーマシーGo!の口コミ・評判、料金について徹底リサーチ!

ファーマシーGo!の口コミ・評判、料金について徹底リサーチ!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

引用元:ファーマシーGo!公式サイト(https://pharmacy-go.jp/)

薬局特化型のデジタルサイネージを提供しているファーマシーGo!とは

デジタルサイネージとは、駅や商業施設などにディスプレイやプロジェクターなどの電子的な表示装置を設置して情報を発信するシステムのこと。
デジタルサイネージは、薬局への導入も進んでおり、薬局の待合室や投薬台付近にデジタルサイネージを設置することで、効果的に情報伝達が可能です。さらに患者さんの待ち時間のストレス軽減にも効果が期待できるため薬局・患者さん双方にとってメリットがあるといえるでしょう。

ファーマシーGo!は、薬局特化型のデジタルサイネージを提供しているサービスです。薬局に特化しており、現役薬剤師が監修した200以上の動画や静止画が無料で使用できることが大きなメリットです。

以下では「ファーマシーGo!」の特徴や料金、口コミ、会社情報を詳しくまとめております。資料は下記からダウンロードできますので、導入を検討している際はぜひご活用ください。

\薬局でデジタルサイネージを取り入れるなら/

薬局のDX化を推進できる
ファーマシーGoの資料をDLする

ファーマシーGo!の特徴

全国で600店舗以上の導入実績がある薬局特化型デジタルサイネージ

デジタルサイネージを提供する企業が多くなっている中、ファーマシーGo!は上場企業から個人店までの全国600店舗以上の導入されている実績があります。

薬局特化型のデジタルサイネージであり、現役薬剤師が監修した200以上の薬局用動画や静止画が完全無料で使用できることが大きなメリット
薬局側でコンテンツを用意する必要がないため、初めてのデジタルサイネージ導入でも安心です。

さらに、必要に応じて薬局オリジナルの動画や静止画も制作可能。薬局の魅力を伝えられるだけでなく、デジタルサイネージを通して、OTC商品の紹介をすることで売上アップも見込めます。

幅広い表示コンテンツで各店舗に応じた活用が可能

ファーマシーGo!では、静止画や動画に対応しているのはもちろんのこと、レイアウトも幅広く用意しています。表示できるコンテンツには、Webサイトや天気情報、文字テロップも含まれています。

従来のデジタルサイネージでは、受付番号を表示するためには複数台を導入する必要がありましたが、ファーマシーGo!であれば、動画と受付番号を1台で表示可能
導入費用が抑えられるだけでなく、待ち時間中に必ず目にする受付番号と同じ画面に動画を表示することで、サイネージの効果を最大化することができます。

時間指定や曜日ごとに配信する内容を柔軟に変化できるシステム

ファーマシーGo!では、画面に表示させる内容を時間や曜日ごとに指定できます。そのため、時間ごとに変動する患者の年齢層に応じた訴求ができるようになり、最新情報や健康情報、商品案内を効率的に配信することが可能です。

その結果、薬局内の商品売り上げ向上を図ることができます。また表示させる内容は本部にてパソコン1台で管理でき、専門知識のない方でもコンテンツ配信の設定が可能です。

ファーマシーGo!の特徴まとめ

ファーマシーGo!は、薬局に特化したデジタルサイネージです。薬局での待ち時間中に患者に対して伝えたい情報を提供できることで、効果的に患者の商品購買意欲を刺激したり、薬剤師の業務負担を軽減させることが可能です。

ファーマシーGo!の詳しい機能や費用について知りたい方は資料ダウンロードにて詳しい情報をご確認ください。

\薬局でデジタルサイネージを取り入れるなら/

薬局のDX化を推進できる
ファーマシーGo!の資料をDLする

ファーマシーGo!の導入事例・口コミ評判

事例

事例1:竹の葉薬局 小金井緑町店

課題:知って欲しい取り組みがあったが、壁掛けモニターではテレビを流すだけになっていた

薬局内に壁掛けテレビはあったものの、テレビを流すだけに活用していました。そのため、野菜の販売やイベント開催などの知って欲しい取り組みを患者に発信することができていませんでした。また地域密着型の薬局だからこそ、現場の薬剤師と患者の接点を増やしていきたいと考えていました。しかし、小型店舗のため、薬剤師の業務負担が大きくかかり、薬剤師自ら患者への情報提供をすることが難しくなっていました。

解決策:他薬局との差別化を図れたことで、「かかりつけ患者」の数が増加した

まず患者と薬剤師の距離を縮めることを目的とし、薬剤師の自己紹介動画を制作しました。普段の仕事中の姿からは想像できない薬剤師の姿を待合室で患者に伝えることにより、薬剤師へ話しかけることのハードルを下げることができ、患者自ら薬剤師に声をかける姿が多く見られるようになりました。また、薬剤師出演の商品情報案内動画を制作。目の前にいる薬剤師が商品を紹介することで、患者に安心感を与えられ、販売数の増加につながりました。その結果、薬剤師自身が患者に対して商品を紹介するという業務負担を軽減させることにも成功しました。

参照元:ファーマシーGo!公式サイト(https://pharmacy-go.jp/)

事例2:はなのゆ薬局

課題:患者が気軽に相談できる雰囲気作りや取り組みの周知を図れていなかった

患者が薬剤師に気になることや心配ごとを相談できていなかったので、もっと気軽にそういった悩みを相談できる雰囲気を作りたいと思っていました。またLINEでの健康相談や在宅医療、健康イベントなどを行っているにもかかわらず、患者に周知できていなかったので、情報を発信していきたいと考えていました。そして温泉併設薬局という珍しさがあることを、温泉利用者にうまく伝えられておらず、存在を認知されていませんでした。

解決策:薬剤師に患者自ら質問することが増えて、薬局の取り組みについて周知できた

普段の仕事中の姿とは異なる薬剤師の姿を見せるために、自己紹介動画を制作しました。動画を薬局内で放映することで、薬剤師への壁をなくし、気軽に相談できる雰囲気作りを行いました。また、薬局の特色を活かしたオリジナルコンテンツを10点以上制作。薬局の取り組みについて、動画や静止画などのコンテンツにすることで、患者の認知度の向上を図りました。さらに、温泉利用者向けに薬局紹介動画を制作し、動画内で温泉からの道のりを説明しました。温泉からのアクセスをわかりやすく伝えることで、温泉に行ったついでに処方箋を持って薬局に来店する患者が増えました。

参照元:ファーマシーGo!公式サイト(https://pharmacy-go.jp/)

ファーマシーGo!のその他の事例を
資料で確認する

薬局のDX化を推進できる「ファーマシーGo!」の注目機能

多様な表示コンテンツを放映できる

静止画や動画だけでなく、Webサイトの放映をすることが可能です。そのため、薬局が伝えたい内容とWeb上の予約状況などを放映することができます。

配信内容を柔軟に変更可能

PC1台で、各店舗のモニター表示を変更することができます。加えて時間や曜日の指定が可能のため、より各店舗に応じた配信を実現できます。

テレビだけなく、ipadにも対応

テレビだけでなく、iPadにも対応しています。そのため、各店舗の規模やレイアウトに合わせてより患者に効率的に情報を提供できる場所に設置することができます。

ファーマシーGo!の料金プラン

公式HPに記載がありませんでした。

ファーマシーGo!の料金プランを
資料で確認する

ファーマシーGo!導入に関するよくある質問

ファーマシーGo! 公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社MEDIENCER(https://mediencer.jp/)

Q1.テレビや既存のモニターで放映できますか?

HDMI入力端子がついていれば、STB端末を接続してコンテンツ配信・映像放映が可能です。

Q2.どんなコンテンツを配信できますか?

動画(MP4)/静止画(JPG,PNG)の配信が可能です。対応する形式のデータをご用意ください。そのほか、天気情報/テロップ/テキスト/WEBサイトの配信・表示も可能です。

ファーマシーGo!の会社概要

会社名 株式会社MEDIENCER
所在地 東京都新宿区西新宿3-2-7 KDX新宿ビル7F
設立年 2020年
会社URL https://pharmacy-go.jp/

薬局のDX化を促進!手厚いサポートが魅力のファーマシーGo!

ファーマシーGo!

薬局特化型のデジタルサイネージでDX化を促進するサービス「ファーマシーGo!」。薬局に特化しているため、薬剤師が抱えがちな課題を解決することができます。「ファーマシーGo!」について詳しく知りたい方はぜひ以下の資料をダウンロードしてください。

\初めての導入でも◎/

ページトップへ