濃いファンをつくり集客できるエステのホームページ戦略

濃いファンをつくり集客できるエステのホームページ戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

エステサロンはホームページから集客できる?

ホームページ集客の必要性

ポータルサイトがあれば、ホームぺージは集客は必要ないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?結論から言うと、答えはNOです。ポータルサイトとホームページの役割は全く異なるため、どちらも必要です。

ホームページ

ホームページは、自身の言葉で様々な情報を伝えることができます。ホームページまでたどり着いたお客様はある程度興味を持って見てくれる人です。最後のひと押しができるように、お客様が知りたいこと、お店側が伝えたいこと詰め込み、写真や色使いで店舗のコンセプトや世界観を伝えましょう。

ポータルサイト

一方でポータルサイトはサロンを知ってもらうきっかけとして有効です。ポータルサイト自体がエステ関連のキーワードの検索で上位表示されているのでサロンを探す多くの人が見ることになります。そのポータルサイト内での検索にうまく自分のサロンが出てくれば、まったく知らなかったお客様にもアプローチが可能です。

しかしポータルサイトは掲載できる情報が限られていたり、情報量が多いゆえに突き抜けた強みがないと埋もれてしまう可能性もあります。また掲載料や成約時の手数料などのコストが発生することも。コストと反響率のバランスを見た調整が必要になります。

ポータルサイトを使いつつホームページを充実させる

ポータルサイトから一定の集客が望めるのであれば、使い続けるのは間違いではありません。ですが今後の経営を安定させるのであれば、ホームページの情報を充実させていくのは必須。
お店のブランディングや、ターゲットとするユーザー向けに特化したseo対策をすることで、より自分のお店に魅力を感じてファンになってくれる、濃いお客様の集客が可能になるでしょう。

ホームページに載せたいコンテンツ

人気の施術メニュー

集客において、メニューをつくることは非常に重要です。何度も継続して受けたくなるメニューができれば安定したサロン経営を望めます。しかし、そのメニューづくりこそ難しいもの。いくつかの工夫が必要です。

分かりやすい名前を付ける

結局そのメニューを受けることでどんなメリットがあるのかがわかるような施術名にしましょう。施術を受ける人は悩みの解消や癒しなど、エステサロンに通う目的があります。それにしっかり応えられる施術であることが伝わらなければ意味がありません。
まずはメニュー名を見ただけで、どのような内容なのかが一目で分かるようにするのが理想。ですが、どうしてもおしゃれな名前やかわいい名前にしたいのであれば、キャッチコピーを付けたり、写真で効果を見せるなどで、その施術を受ける価値を見せていきましょう。

他の店舗との差別化をはかる

人気が出るメニュー内容は、他のエステサロンと重複しているようではいけません。どのあたりに強みを持ってそのメニューを組んでいるのか、きちんと伝えることが大切です。
例えば、フェイシャルに関わるメニューを組んだとします。そのメニューに対して、このサロンだからこそ、この内容を受けられるということを施術で示さなくてはいけません。
近年エステサロンの数は飽和しており、多くのエステサロンを見かけるようになりました。また、SNSの発達によりエステサロンの施術内容を調べやすくなったことで、一般人の知識が向上しています。
だからこそ、似たような内容であっても、強みを打ち出すことが必要なのです。

季節ごとのキャンペーン

他にも、季節ごとのキャンペーンも有効です。
夏であれば「水着になる前に」と言った文言や、クリスマス前であれば「デートの前に綺麗になる」など、様々な内容でキャンペーンをつくることができます。
既存メニューとのバランスを見ながら組むと良いでしょう。

ホームページ以外のWeb集客方法

ポータルサイト

ポータルサイトとは、ホットペッパービューティーに代表されるような、様々なエステサロンの情報がまとまっており、その中でユーザーが検索できるサイトを指します。エステサロン検索において代表的なサイトをご紹介します。

ホットペッパービューティー

国内最大級のエステサロンの検索・予約サイトです。
エステサロン以外にもヘアサロンやネイルサロン、まつエクサロンなどを検索できるため、利用している方は多いのではないでしょうか。ホットペッパーの食事予約や、じゃらんのホテル予約でも活用できる共通のポイントが貯まるため、賢く活用すればお得に利用できます。

OZmoll

エステサロン予約で、新規で検索しやすいのがOZmollです。
プランが明確に記載されており、ニーズに合った内容を検索しやすくなっています。また、編集部厳選のサロンが掲載されていることから、腕は確かながら特別割引が効いているプランが多数あります。賢く、自身の悩みを解消するエステサロンを見つけたい場合にオススメです。

EPARKビューティー

近年、掲載サロン数を格段に伸ばしているのがEPARKです。
初回来店者に対する特典が豊富で、他のポータルサイトに比べて安価で利用することができます。継続利用という点では掲載されているエステサロンが偏っているかもしれませんが、一度覗いてみると良いでしょう。

ポジショニングメディア

実際にエステサロンに行くとなると、1回の施術で全てが完結するということは考えにくいと言えるでしょう。そのため最低でも数回、継続的にエステサロンに通う必要が生じます。そうなった場合には、家から近いかどうかなど、物理的な面も非常に重要になってきます。そこで活きてくる施策が、ポジショニングメディアです。

「地域名+エステサロン」「施術名+地域名」などでseo対策したポジショニングメディアをつくり、サイトを検索上位に表示させます。
そしてポジショニングメディア内で競合と比較し、自店の優位性を見せていきます。例えば、地域名で検索しているユーザーはなるべく通いやすい店舗を探しているのだろうといった仮説から、検索ワードを推測。「○○駅に近いサロン」や「駐車場完備のおすすめサロン」など、いろいろな切り口から近隣のサロンを比較し、優位性を見せます。

自店の強みとユーザーニーズが合致するポイントでコンテンツを作成できるため、差別化をしやすいことはもちろん、自身のエステサロンのブランディングも可能です。しかしサイトをつくる上ではマーケティングの知識、サイト制作のノウハウが必要となるため、初心者には少し難しい施策と言えます。

まとめ

自社のseo対策のみならず、地域名や自社の強みをキーワードとした、ポジショニングメディアをつくることで、より広いユーザーにアプローチできるとともに、自社の差別化もはかることができます。
そして安定した集客、サロン経営のためにはメニューはもちろん、エステサロンの存在自体を差別化し、他店との違いを魅せていく必要があります。Web集客を含めたマーケティング戦略は、一度プロに相談してみましょう。

エステの集客アップ・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!

ページトップへ