便利屋さんの宣伝集客方法アイデア集 おすすめ集客方法も紹介

便利屋さんの宣伝集客方法アイデア集 おすすめ集客方法も紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

便利屋の宣伝集客方法を考える前に!ターゲットは明確にする!

便利屋の集客・宣伝戦略を成功させるには、ターゲットが明確であることが大事です。

ターゲットを明確にするために必要なのは

  • 自社の強み・弱み
  • 競合の強み・弱み
  • 顧客のニーズ
  • エリア・地域の特徴

的確なターゲッティングを行うためには現状の正確な分析があってこそ。分析に必要な項目を理解し、どんな人たちを自社の顧客にするのかを考えることです。

データに基づき市場を分析した後はセグメンテーションを行い、よりターゲットを細分化していきます。告知活動から可能なかぎりレスポンスを増やすためにも、よりピンポイントで集客活動が行えるように分析していきましょう。

便利屋の宣伝集客方法のアイデア集

折り込みチラシ

新聞の折り込みチラシなら、便利屋を必要とするご年配の世帯にも届けられる可能性が高いです。古典的な方法ですが、狙った地域に宣伝したいなら活用できる方法です。

ポスティング

折込チラシ同様の効果が見込めます。ポスティングであれば自分たちで配る場合にはコストを抑えることもでき、場合によっては手渡しもできるため、直接売り込む可能性もできます。

紹介(紹介カード)

顧客側が初めてのサービスを利用する際、信頼できる知人からの紹介があれば安心です。既存顧客と、知人を紹介してもらえるほどの信頼関係ができていれば信頼性の高いルートになります。

リピーター集客

一度商品やサービスを利用した顧客が、リピーターになってくれるのはもっとも信頼性の高いルートになります。顧客がさらに自社をファンとなってくれるような工夫が必要です。

看板

店頭の看板はお店の景観を損なわない範囲で目立たせ、一目見たときに何のサービスを扱っているかわかるようにしましょう。

フリーペーパー

フリーペーパーは地域に特化した情報誌が多いです。あとはどのような年齢層を対象としているかによりますが、告知したいエリアに対してフリーペーパー内の広告を利用するのは有効です。

ポータルサイトへの登録

消費者としてWebで検索するときには、ほぼ間違いなく比較検討してサービスの利用を決定します。1つのサイト内で比較検討ができるポータルサイトはよく活用されるので登録しておくといいでしょう。

ホームページ

自社ホームページ

自社のホームページはオンライン上の顔です。どの企業ももっていて当然なので、どうやって自分たちの強みを際立たせるか考えて作りましょう。

オウンドメディア・自社ブログ

ブログやオウンドメディアは、主にホームページの差別化に役立つコンテンツです。ブログは誰でもすぐにできます。日々の業務の様子を綴るだけでも顧客は親近感がわいて接点が取りやすくなるかもしれません。

ポジショニングメディア

自社にしかない強みと向き合い、競合他社の特徴を徹底的に調査し、市場内でどんなポジションにいるかを把握するためのWEBサイトです。

SNS・動画

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスに登録し、店舗情報を登録することで簡易なホームページを作成することもできます。登録しておけば、エリア検索時に位置情報とともに表示されるので、見つけられやすくなります。

Facebookページ

実名登録のSNSで、国内では30代以上のミドル世代が主な利用者と言われています。特定のエリアを狙った広告の出し方もできるので、ここというときに活用しましょう。

Twitter

拡散性と即効性の高いSNSです。140文字という短い言葉で綴る広告は、よりキャッチーで拡散したくなるものが効果的です。10代~60代まで幅広い年齢層が使っています。

Instagram

画像で共感を得る感覚的SNS。ユーザーは女性が多く、見た目にシャアしたくなるような画像を上手く使えれば、拡散できるでしょう。

LINE公式アカウント

コミュニティツールとして定番化したLINEの業務向けアカウント。LINE使用者が当たり前になってきた今、LINE公式アカウントはプッシュツールとして有効です。

YouTube

動画配信による商品やサービスの宣伝は、時にTVメディア以上の成果をもたらします。ここ数年で一気に伸びた動画市場はぜひ活用したいメディアです。

エキテン

店舗・施設の口コミランキングサイトです。様々なジャンルの業種が登録されており、便利屋・代行サービスでも1.5万件以上の登録があります。

リスティング広告

費用をかけて、特定のキーワードで検索上位に表示させることができる広告システムです。オーガニック検索によるSEOは時間がかかってしまうのですが、新規立ち上げ時など、一気に認知を広めたいときに活用とするといいでしょう。

プレスリリース

報道機関に向けた告知・発表のことですが、広告とは違い、記事として掲載されることから信頼度は高くなります。

便利屋が特に検討したい広告宣伝方法はこれ

上記で紹介したものの中から、便利屋の集客に効果的と思われる戦略をピックアップします。

折込チラシ、ポスティング

チラシ類は昔からあるもっともメジャーな広告戦略のひとつで、エリア重視で宣伝できる手法です。便利屋のように、拠点から近い範囲の顧客へ、周知するにはどの世代に対しても効果的です。

紹介カード

顧客から新しい顧客を紹介してもらう際に、きっかけとなるツールがあるのとないのとでは紹介の発生確率に差ができます。オフラインの集客ではちょっとしたひと手間がきっかけになることもあります。

自社公式サイト

オンライン上では検討どころか必須です。WEB上で検索をする際に、自社のサービスを紹介するサイトは必ずもちましょう。その際に、気をつけるのは他社との差別化です。

Googleマイビジネス

先述した通り「便利屋+地域名」のキーワードで検索をかけた際にGoogleマップに表示されたり、自社サイトとは別に簡易な紹介ページを作ったりできます。登録は無料なので、ぜひ活用しましょう。

ポジショニングメディア

詳しくは後述します。

便利屋という業種はかなり特殊

通常、専門性をもってそこに特化したサービスがビジネスとして成り立っていますが、便利屋はその専門性からあふれた部分でビジネスが成り立っている業種です。つまり明確なビジネスの形がないことが便利屋といえます。

  • 明確なサービスがない
  • 比較しにくい
  • わかりにくい

このような便利屋の特性を踏まえたうえで、存続するための重要な点は「信頼」です。見ず知らずの便利屋に頼むのは怖いという方は多くいます。

おそらく一番有効な集客は知人、友人からの紹介、そしてその方たちからのリピートです。このルートを重視したうえで集客について考えていきましょう。

紹介以外の集客として考えるのはオフラインの集客施策です。

チラシ、ポスティング、フリーペーパー、自治体の広報誌など、理由は高齢者が利用ユーザーになる可能性が高いと考えるためです。

次いでWEB上の施策として、まずやっておくべきことは自社公式サイトの作成と、Googleマイビジネスの登録です。

Googleマイビジネスで御社のことを見つけて公式サイトへ来てもらい、御社の特徴を紹介します。また無料で登録できるポータルサイトがあれば登録しましょう。

これらの施策のうえで、それでも他社との差別化が必要、もしくは競争がはげしい場合など、次に紹介するポジショニングメディアという手法を提案します。

便利屋は、いわゆる何でも屋で定義がなく曖昧だからこそ、どういう人たちに対して、どういうサービスが喜ばれているのか、何が得意なのか、などをうちだしたポジショニングを示す戦略が重要です。

集客宣伝の前にもっと大切なのは、ポジショニング

ポジショニングとは競合他社との違い、市場内での自社の立ち位置を明確にすることです。

この考えを用いたポジショニング戦略では、差別化や独自化をするために自社の立ち位置をはっきりさせましょう。

ポジショニングはブランディングに近いです。しっかりと自社の存在を市場内に示すことで、顧客となる消費者側が選びやすくなるということを考えます。

戦略で大事なのは他社より上をいくのではなく、自社の強みをはっきりと認知されやすくすることです。

全研本社では、ポジショニングメディアを活用した集客戦略を得意としています。

7000件以上の実績をもつ弊社には、様々な業種のノウハウが蓄積されているので、便利屋業界の集客もお任せください。

ポジショニング戦略の肝は行動力にあります。どれほど思考を重ねて考えたとしても、実行しなければ意味がないからです。

考え方はわかったけど、具体的にどんなふうに実行すればわからない、という場合は下記までお問合せください。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアの紹介資料

WEBマーケティング戦略のひとつである、当社のWEBサービス「ポジショニングメディア」について、資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

ポジショニングメディア資料

バリュープロポジション漫画お問合せはこちら

ページトップへ