シェアリングエコノミーの集客・顧客獲得方法のポイント

シェアリングエコノミーの集客・顧客獲得方法のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

シェアリングエコノミーの集客のポイント

シェアリングエコノミーサービスを検索する人
シェアリングエコノミーのサービスは、ある種のマッチングサービスと考えることができます。

ある価値を提供したい個人と、それを求める個人をマッチングさせることで、
価値を提供する人・価値を受けとる人どちらもwin-winの状態をつくる。

個人と個人を引き合わせるマッチングサービスであると考えたとき、
シェアリングエコノミーのサービスで必要なこと、求められていることも明確になります。

シェアリングエコノミーの特徴や、流行している理由から、
差別化できる点などの集客につながるポイントを考えていきます。

シェアリングエコノミーのメリット・デメリット

シェアリングエコノミーのメリット

初期費用が掛からない

シェアリングエコノミーは遊休資産を活用することでサービス展開をしています。そのため新たに場所やモノを購入する必要が無く、現在ある資産を有効活用でき、初期投資を最小限に済ませることができるのです。

借りる側も安価でOK

初期費用が掛かっていない分、借りる側も安価な価格で借りることができます。同等の立地やクオリティであっても、元々利益目的に無い資産のため有効に活用することができるのです。

新たな経済効果を期待できる

場所やモノがシェアされることで、新たな経済効果が生まれる期待があります。シェアによって安価で不便が解消されれば、さらなる消費促進を期待できるためです。

場所やモノだけでなく人材やスキルをシェアすることができるため、短時間での運用を効率的に行うことも可能です。このように新たな経済の芽が多数ある点も大きな魅力と言えるでしょう。

シェアリングエコノミーのデメリット

安全性と信頼度には課題が残る

シェアリングエコノミーはあくまでも個人間の利用です。また、安価な価格設定ゆえに想定できないようなトラブルも起こり得るでしょう。

急激に普及しているため、法整備が万全でない領域も多数あります。互いの信頼関係構築のために、身分証明書の提示や評価制度などがありますが、それでもグレーゾーンがあることは確かです。

貸す側、借りる側の双方が節度を持った行動を心掛ける必要があるでしょう。

シェアリングエコノミーが流行する理由

「モノを持たない」という価値観の普及

節約意識からモノの所有欲が抑制されている

正規雇用者でも経済環境の厳しさは年々増しており、結果としてできるだけ消費を抑えたいと考える層が若者を中心に増えています。モノは「持つもの」ではなく「必要な時に活用するもの」という価値観が拡がっていることから、シェアリングという概念が普及していると言えるでしょう。

環境問題への意識の変化

「エシカル消費」や「サステナビリティ」など、地球環境や社会環境に配慮した商品の需要が高まっています。地球温暖化の影響や災害が相次いだことを理由に、モノを購入する際の配慮はもちろん、「持たない」とい選択肢も増えているのです。

シェアリングエコノミーが日本経済を救う可能性

スマートフォンやインターネット環境の進化を通じて、オンラインで行われているサービスは明らかに拡大しました。オンラインの普及は、住んでいるエリアが関係なくなっていくということを指します。

景気減退、地方創生、少子高齢化など、現在日本社会は様々な問題を抱えています。その中でシェアリングエコノミーは日本経済を救うのではという期待感から、今後さらに市場が拡大していくでしょう。

メリットや背景から見えてくるシェアリングエコノミーの集客ポイント

タブレットで検索する女性
まず価格の安さというのは、どのようなサービスでも大きな強みとなります。

またマッチングサービスと考えたときには、デメリットとなっている安全性と信頼性を払拭できる機能が必要になります。
第一に考えられるのは、ユーザーによるレビュー。対応やサービスの内容など、細かいユーザーレビューが掲載されていることで、ユーザー側には安心感が生まれ、提供者側のサービス向上のモチベーションにもつながります。

これはまさにwin-winの状態であり、マッチングサービスと考えれば当然必要となってくる仕組みです。
レビューが確認できるだけではなく、どのようなレビュー内容にするか、どのように評価を見せるかという点も差別化のポイントとなります。

そしてシェアリングエコノミーが流行した大きな理由である、インターネットの普及。
これはスマートフォンの普及と言い換えてもいいでしょう。そうしたときに意識すべきはスマートフォンでのUI・UX。簡単にいってしまえば、見やすく使いやすいかということです。

よりシンプルで手軽に使えるようなデザインになっているか、競合サービスや類似サービスなどと比べながら考えることで、選ばれるサービスをつくることができます。

シェアリングエコノミーのサービス事例

Airbnb

「エアビー」の愛称で親しまれる、個人スペースのシェアリングエコノミーです。費用を抑えながら宿泊体験が可能となります。

ANYTIMES

スキルをシェアするシェアリングエコノミーです。地情報を活用し、近くにいる人同士でスキルをシェアすることが可能です。

エアークローゼット

洋服のシェアリングエコノミーも一般化しています。費用を掛けず様々な種類の洋服を楽しめることから、若年層を中心に需要が拡大しています。

Anyca

自身が所有する車をシェアするシェアリングエコノミーです。珍しい車に乗れるチャンスもあり、車好きにはたまらないサービスとなっています。

akippa

使っていない駐車場をシェアするシェアリングエコノミーです。事前予約も可能なため、出入庫をスムーズに行うことができます。

シェアリングエコノミーの集客を考える上で大事なこと

自社のシェアリングエコノミーのバリュープロポジションとは

今後シェアリングエコノミーのサービスが増えていく中で、自社と競合の差別化という観点が重要となるでしょう。そこで大切なのは、バリュープロポジションという考え方です。

バリュープロポジションとは、ユーザーニーズはあるものの競合は提供できていない自社独自の強みを指します。

バリュープロポジションのイメージ図

今後拡大していくシェアリングエコノミー市場に備え、改めて自社独自の強みや特徴を整理することが大切です。

バリュープロポジションを起点として、ターゲットや競合、市場の分析、マーケティング戦略を考えることが市場で勝ち残るためには非常に重要と言えるでしょう。

バリュープロポジションを軸に差別化できる集客方法

自社のバリュープロポジションを駆使したメディアとして、ポジショニングメディアを活用するという方法があります。自社の強みを活用したメディア運営を行うことで、効果的に強みを発信していくことが可能です。

全研本社では、バリュープロポジションを軸にした戦略的コンテンツマーケティングを得意としています。徹底的な分析の上で攻めるべき市場やユーザーに対して、クライアントの強みを明確に伝えるポジショニングメディアを展開することで、継続してサービスを利用してくれる相性の良い顧客の獲得を可能にしています。

ポジショニングメディアの
詳細はこちら

まずはお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ