駐車場集客のコツ!駐車場経営会社のためのマーケティング戦略

駐車場集客のコツ!駐車場経営会社のためのマーケティング戦略
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

駐車場経営会社必見 3つの集客で満車を目指す

駐車場の経営は24時間365日、どのような顧客を獲得して最高の回転率を回していくか、立地するマーケットの状況に対してカスタマイズしていく必要があります。

そのベースとなるのが現地の調査、他社の立地や料金、利用者の年齢層や時間帯などをシミュレーションすること。

以下、シミュレーションを行うのに必要な考え方を3つに分けると

  • WEBマーケティング
  • 現地でのリアルマーケティング
  • サービス&料金設定

これらの要素を調査・分析し、自社の展開する駐車場サービスに最適にカスタマイズができるかが重要なポイントとなります。

駐車場経営会社の集客法【その1】
WEBマーケティングで満車!

エリア+駐車場のキーワードを入れた際に「どのメディアにも自社の名前がる」という状況を作り出せれば、自然に誘導し選択したくなるように促すプロモーションが可能です

駐車場探しは7割~9割の割合でスマホなどのネット検索。そのため対策は不可欠であり、時間貸しによる駐車場はネット対策をいかにおこなうかが売上を大きく左右します。

駐車場の検索ワードは「地域名やエリアを表すワード+駐車場」が多く、そのことを理解し上手く自社サイトや情報ページに向かうようコントロールしなければなりません。

対策方法としては多様なメディアへの露出を増やした戦略です。多様なメディアとは事業者のサイト、ポジショニングメディア、検索サイト、地図情報から口コミ、各SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)、さらにはカーナビまで、かなり多くのメディアでPRできることがわかります。

駐車場経営会社の集客法【その2】
現地でのリアルマーケティングで満車!

現地でのリアルマーケティングとは、駐車場の利用者、施設、店舗に対して現物の告知物(チラシ・プラカード)を使いターゲットへ直接存在を働きかけ売上に直結するための活動です。

時期、時間帯、場所、使用するツールなどその場に適合した考え方とツールが必要。例えばオープンしたての駐車場であれば、幅広いユーザーに認知してもらうため、場所や入口付近でのチラシ配布やプラカード戦略を数カ月という長期間おこなうなどです。

オープン時、リニューアル時というタイミングに合わせた活動、通常の認知向上の活動、提携や月極を狙う活動など、目的に応じて行動し現地でリアルマーケティングを成功させましょう。

そして、現地でのマーケティングでもう一つポイントとなるのが駐車場サイン。わかりやすい看板の効果で解説します。看板の効果だけで駐車場の売上が1.5倍になった事例もあるほど、駐車場にとって看板は重要な役割をもつことがわかります。

使う看板はシンプルに2種類。この看板が売上に直接寄与する看板で、集客を増やす可能性をもっています。

周囲にアピールする「P」看板や満空看板

とにかく目立つ位置に設置します。

この看板が見えないということは駐車場の存在に気づかれないので致命的です。看板を設置する前に自分の目で車に乗って確かめましょう。一度つけてしまうと簡単には変えられないので微妙な角度、高さを理解し設置することを推奨します。

料金がすぐに確認できる料金看板

なんの料金をアピールしたいかを設定してください。

例えば料金の安さを売りにするなら、前面、入口付近に大きな看板でアピールします。また、上限料金が安いといったことをアピールするなら時間料金を小さくし上限料金を大きな割合で書くようにしましょう。

時と場合によってはあえて料金を小さく目立たせない場合もあります。駐車場需要の高い繁華街エリアのように目立たせすぎると料金が高いという印象をもたれるケース。このような場合には逆に小さくするのですが、基本は「目立たせる」ものです。

駐車場経営会社の集客法【その3】
サービス&料金設定で満車!

駐車場周辺の外部環境と、駐車場の運用状況の内部環境を調査分析しプランニングすることが必須です。なぜなら売上がさがっている多くの理由は実際の利用者の動き、競合対策との乖離が生じている料金形態になっているからなのがほとんど。

乖離を無くすには一般利用者の感覚・目線で調査分析し、戦略を考えサービスを導入しましょう。他のことでは利用者や消費者の立場であるのに、自身の仕事となった途端にわかりづらくなります。

一番の注目点はやっぱり料金で、その表記の仕方も60分600円とするのか20分200円とするのかだけでも、安い高いの判断に影響し利用率が変わってくるかもしれません。他にはわかりやすい目印を何に設定するかなどです。

近隣の状況と利用者の感覚をよく調査して、その場に適した料金設定や伝わりやすい表記にしましょう。

このような3つの手法を駆使して実際に集客をおこないますが、どの手法を用いるにせよ駐車場予定地の周辺市場調査をおこなうことで、集客の成功率があがると繰り返し述べてさせていただきます。

駐車場経営のための市場分析 需要と供給を調査する方法

業界内の一般的な調査方法としては、まず所有地の半径数キロ圏内に月極駐車場とコインパーキングが何ヵ所存在しているか確認します。これは利用者と同じように、ネット検索でも調べることができます。
※月極駐車場検索サイト、コインパーキング検索、といったキーワードで検索可能

調査するべきポイントは

  • どんな駐車場が何ヵ所、どこにあるのか
  • 料金相場
  • 駐車場の形態

周辺の各駐車場の稼働状況が良ければ、重要が供給を上回っているため駐車場を新設するのはありだと考えられています。稼働状況も管理会社に問い合わせれば確認可能です。

料金設定も概ね同エリア内ではあまり差がつかないのが特徴です。周辺地域を調べることで、自身の経営する駐車場の収益を知ることも可能です。

最後に駐車場の形態ですが、平面か何階層にするかなどは周辺の稼働状況と料金設定で決めれば良いでしょう。あとは、砂利の駐車場となると大切な車を傷つけてしまう、もしく傷けられてしまうかもしれないと不安を感じる人もいます。そんなことでトラブルになるかもしれないならアスファルトにすることも考えましょう。

駐車場経営【差別化・集客】自社と他社の強みを理解し集客

「ここに駐車場があったら便利なのにな、月極するなら近くで安くて出入りがしやすい場所がいいな」

利用者に自社の駐車場を見つけてもらい、実際に使ってもらうためには上記の集客手法、市場調査、そして他社との差別化が必須。そんな時に効果的な考え方がバリュープロポジションです。

バリュープロポジションとは

バリュープロポジション

  • ユーザーが望んでいること
  • 競合他社は提供できない
  • 自社が提供できる

この3つが交わるところ、それが自社にしか価値を提供できないポジションなので、その点をユーザーにわかりやすく届けることを意識した戦略を展開しましょう!

バリュープロポジションを意識したWEB戦略・集客のことなら全研本社の集客チームへご相談ください。7000件以上のコンサル実績から、効果的な駐車場の集客をお手伝いいたします。

ページトップへ