リード獲得ツール・サービス12選比較!商談化率60%のツール事例や費用感を交えて解説

リード獲得ツール・サービス12選比較!商談化率60%のツール事例や費用感を交えて解説
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

Web広告などを通じて見込み顧客を獲得する「リード獲得」は企業の売上を左右します。リード獲得をしたいけど「仕組みを作るためのリソースがない」「効率よく営業したい」など悩みを抱えている企業担当者様も多いのではないでしょうか。

本記事では、リード獲得に役立つリード獲得ツール・サービスについて紹介します。それぞれのツールやサービスの特徴に加え、費用感についても解説。導入を検討している担当者はぜひご一読ください。

また、自社商材を検討するユーザーを獲得できるキャククルのリード獲得サービスも併せて紹介します。
完全成果報酬型!
商談化率60%を実現する
リード獲得サービスはこちら

リード獲得サービス3選

虫眼鏡で拡大されている人
ここでは、リード獲得サービスを3つ紹介します。各サービスの特徴のについてまとめていますので、ご一読ください。

キャククル

キャククル公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: キャククル公式サイト(https://www.shopowner-support.net/our-service/lead-kyakukuru/)

キャククルのサービスを
資料で確認する

キャククルのリード獲得サービスと他のリード獲得サービスの一番の違いはリードの成約率の高さ

スポンサー商材に特化した集客記事を制作したり、既に検索結果画面の上位に表示されているスポンサー商材と親和性の高い記事に掲載したりするため、成約確度の高いユーザーが流入します。

記事内ではスポンサー商材の強みを徹底的に深掘りと訴求をするため、送客される段階でスポンサー商材の理解度が高く、営業しやすいリードを獲得することができます。

加えてキャククルのリード獲得サービスは全ての掲載企業にまとめて資料ダウンロードができる一括請求ではなく、個別請求&厳選一括請求というユーザーが欲しい資料を選択できるユーザー選択型のダウンロード方法を採用することで、スポンサー商材の強みを理解したユーザーからのリード獲得につなげることができます。

キャククルを運営するのは、これまで8,000サイト以上、120以上の業界でオウンドメディア制作を手がけてきたZenken。

「コンテンツでモノを売る」を生業にしてきたZenkenだからこそ提供できる高品質な記事広告で、スポンサー商材のリード獲得に寄与します。

商談化率60%を実現する
リード獲得サービスの
資料を無料ダウンロード

料金目安

  • 初期費用:無料
  • 月額掲載費用:無料
  • リード獲得金額:1.2万円~

会社概要

  • 会社名:Zenken株式会社(東証グロース市場上場)
  • 所在地:東京都新宿区西新宿6-18-1 住友不動産新宿セントラルパークタワー18・19階
  • URL:https://www.shopowner-support.net/our-service/lead-kyakukuru/

SALES ROBOTICS

SALES ROBOTICS公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: SALES ROBOTICS公式サイト(https://salesrobotics.co.jp/)

SALES ROBOTICSはSALES ROBOTICS株式会社が提供しているリード獲得サービス。400万社を超える膨大な企業データベースを用いて、最適なターゲットリストを作成してくれます。

SALES ROBOTICSは戦略設計、リスト作成から分析まで一気通貫で支援。成果の最大化を掲げ、コンサルティングを提供しています。

専任のコンサルタントは効果的なトークスクリプトの作成や企業アプローチ方法の提案など細かく相談に乗ってくれるため、初めて依頼する場合も安心して任せられます

また、インバウンドコールの営業効率化を掲げ、インバウンド・チャットセンターの問い合わせ代行業務も実施。インバウンドセンターは多言語にも対応しているため、海外からのリード獲得も目指せます

料金目安

公式サイトに記載がありませんでした。

会社概要

  • 会社名:SALES ROBOTICS株式会社
  • 所在地:東京都中央区晴海3-12-1 KDX晴海ビル7階
  • URL:https://salesrobotics.co.jp/

BALES

BALES公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: BALES公式サイト(https://bales.smartcamp.co.jp/)

BALESはスマートキャンプ株式会社が運営しているリード獲得サービス。中でもインサイドセールスのリード獲得を得意としています。

インサイドセールスにおけるリード・商談不足やリソース不足の課題に向き合い、支援を実施。リード獲得では、専任チームがデータを元に、最適なコンサルティングをしてくれます。

BALESはこれまでに、200社以上に導入した実績があります。支援企業は大手中小を問わず幅広く支援可能。

また、インサイドセールスの課題に応じて複数のサービスを提供しているため、インサイドセールで課題を抱えている場合におすすめです。

料金目安

公式サイトに記載がありませんでした。

会社概要

  • 会社名:スマートキャンプ株式会社
  • 所在地:東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル13階
  • URL:https://smartcamp.co.jp/

リード獲得ツール9選

ここではリード獲得ツール9ツールを紹介します。ツール導入の費用や導入事例なども紹介しているため、リード獲得ツールの導入を検討している場合にお役立てください。

リード獲得でWeb集客

GeAIne(ジーン)

GeAIne(ジーン)公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: GeAIne(ジーン)公式サイト(https://the.geaine2.jp/)

GeAIne(ジーン)はエッジテクノロジー株式会社が提供している確度の高いアポを効率的に獲得できる問合せフォーム型の営業ツール。新規開拓営業のアプローチ手段を増やすための機能が充実している点が特徴です。

GeAIneは企業リストから問い合わせフォームを自動で検知し、問い合わせフォームの自動入力・自動送信に対応。送信文章は1社1社に合わせてカスタマイズできるため、企業に合わせた対応が可能です。

また、問い合わせフォームが見つからない場合は「info@」や「sales@」などのお問い合わせ用の企業アドレスを自動検出し、アプローチできます。

さらに、AIが自動解析し、確度の高い営業リストを作成してくれます。リストは過去の受注リストや受注実績に連動し、ランク付けが可能。ランク付けをもとに確度の高い企業へアプローチし、リード獲得を狙えます。

提供機能

  • 問合せフォームに営業文章の自動送信
  • AIが確度の高い営業リストを抽出
  • 営業文章のABテスト
  • 営業リストの取得
  • 簡易レポート作成

料金目安

  • 基本プラン:40,000円/月額
  • スタンダード:67,500/月額
  • ハイエンド:80,000/月額

ツールのサポート体制

  • レクチャー:オンライン・オフライン
  • ノウハウ共有

導入実績

  • 株式会社木立:WEB制作事業で毎月約10件の反響
  • Evand株式会社:安定して毎月2件契約を獲得

会社概要

  • 会社名:エッジテクノロジー株式会社
  • 所在地:東京都千代田区神田須田町1-32-7 クレス不動産神田ビル5階
  • URL:https://www.edge-tech.co.jp/

APOLLO SALES(アポロセールス)

GeAIne(ジーン)公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: APOLLO SALES公式サイト(https://apollosales.co/)

APOLLO SALES(アポロセールス)は営業リスト作成に特化したリード獲得ツールです。アタックしたい企業の条件を指定すると、インターネット上にある企業情報から自動リストを作成。リスト作成の手間が省けます

リスト作成のもととなるデータベースはリアルタイムで更新されているため、最新情報をもとにした精度の高いリスト作成が可能です。

APOLLO SALESは、作成した営業リストを活用した機能も充実。自動でメール送付や問い合わせフォームへのアプローチもできるため、アポイント率向上を目指せます。

アプローチ結果はスコア化してくれるため、スコアをもとにしたテレアポ営業もできます。

専任の担当者が初期導入からコンサルティングまで一気通貫で支援してくれるため、初めて導入する場合にもおすすめです。

提供機能

  • 営業リスト作成
  • 作成した営業リストに自動でアプローチ
  • データベースは日々アップデート
  • 企業条件をカスタマイズして抽出

料金目安

  • 月額数万円~

※詳細金額は要問合せ

ツールのサポート体制

  • 初期導入からコンサルティング

導入実績

  • 株式会社アルバイトタイムス
  • 麹町パートナーズ株式会社

会社概要

  • 会社名:株式会社 Onion
  • 所在地:東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F
  • URL:https://apollosales.co/index.html

アポレル

アポレル公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: アポレル公式サイト(https://lp.alliancecloud.co.jp/aporeru_202201)

アポレルは株式会社アライアンスクラウドが提供しているリード獲得ツール。オンライン上で直接、決裁者とアポが取れるツールとなっています。

アポレルは完全審査制で決済者を募集。アポを実施する側と受ける側、双方を結ぶマッチングプラットフォームとなっています。そのため、効率よくリード獲得が狙えます

従業員数や業種などの情報をもとに、決済者と直接ダイレクトメッセージを送れる機能を有しています。

また、決裁者限定のオンラインイベントを実施。イベント後には興味・関心の高い、決済者とすぐにマッチングできるサービスを提供しています。

提供機能

  • 決済者アポ獲得支援
  • オンラインピッチイベント
  • ダイレクトメッセージ
  • コンシェルジュからの仲介

料金目安

公式サイトに記載がありませんでした

ツールのサポート体制

公式サイトに記載がありませんでした

導入実績

  • 動画制作企業:1ヶ月で15件のアポイント
  • 人材派遣企業:1ヶ月で17件のアポイント

会社概要

  • 会社名:株式会社アライアンスクラウド
  • 所在地:東京都目黒区青葉台3-10-9 VORT青葉台6階
  • URL:https://alliancecloud.co.jp/

Musubu

Musubu公式ホームページスクリーンショット
画像引用元:Musubu公式サイト(https://www.musubu.in/)

Musubuは法人営業向けのリスト制作に特化したリード獲得ツール。140万件以上のデータベースをもとに、受注度の高い営業リストを簡単に作成することができます。

データベースの情報は、上場企業から未上場の中小企業まで登録されているため、自社では届きにくい、企業リストが手に入ります

また、Musubuに登録する企業情報はひとつひとつスタッフが丁寧に確認し、データベースを作成。そのため、質の高い情報を取得できます。

さらに、独自の学習機能で見込み顧客となる企業を数値化できるマッチ度算出機能を提供。確度の高いリード獲得を目指せます

提供機能

  • 法人営業に特化したデータベース
  • データベースからDLできる項目が多い
  • 営業を行う優先順位を決められる

料金目安

  • 初期費用:なし
  • 継続費用:15,000円~(税込)

ツールのサポート体制

公式サイトに記載がありませんでした

導入実績

  • Yahoo!Japan
  • Zoom

会社概要

  • 会社名:株式会社soraプロジェクト
  • 所在地:福岡県筑紫野市上古賀3-1-1
  • URL:https://sora1.jp/

Urizo

Urizo公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: Urizo公式サイト(https://urizo.jp/)

Urizoは株式会社セールスサポートが提供しているリード獲得ツール。企業リスト作成に特化した機能を豊富に有しています。

Urizoはiタウンページやハローワークなど30以上のサイトからメールアドレス・電話番号・FAX番号・住所などを収集。条件を指定するだけで、自社に合う営業リストを自動生成できます。

使用しているデータベースの情報は自動収集に加えて、スタッフがダブルチェックを実施。質の高いデータを担保しています。

さらに、Urizoは収集した企業をもとにしたファックスDM送信代行、郵送DM代行も実施しています。これまで2010年のリリース以来、毎年導入者数を増やし2021年には60000社突破するなど様々な企業で導入しています。

提供機能

  • 複数サイトからの同時収集
  • 業種・地域での絞り込み
  • エクセル出力機能
  • 取得可能データ数の事前確認

料金目安

  • 無料版:0円
  • ベーシック:9,900 円(月額)
  • スタンダード:15,400 円(月額)
  • プレミアム:23,100 円(月額)
  • スーパープレミアム:44,000 円(月額)

ツールのサポート体制

導入実績

  • トヨタ
  • 日本郵便
  • 焼肉ライク

会社概要

  • 会社名:株式会社セールスサポート
  • 所在地:東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
  • URL:https://urizo.jp/

FORCAS(フォーカス)

FORCAS公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: Urizo公式サイト(https://www.forcas.com/)

FORCAS(フォーカス)は企業情報データベースから自由に営業リストが制作できるツール。150万社以上の企業データベースから成約度の高い見込み顧客を予測し、自社に合ったリスト作成が可能です。

FORCASは外部ツールとの連携に優れており、顧客管理ツールやMA(マーケティングオートメーション)ツールなど幅広く連携できます。

また、名寄せ検索エンジンにより顧客データの統合が可能。統合したデータは自動で分析、可視化できるため顧客の傾向が一目で把握できます。

提供機能

  • 企業データベース
  • ターゲットリスト
  • 名寄せ
  • 顧客分析
  • 企業リサーチ

料金目安

公式サイトに記載がありませんでした

ツールのサポート体制

公式サイトに記載がありませんでした

導入実績

  • トレジャーデータ株式会社
  • NSW株式会社

会社概要

  • 会社名:株式会社セールスサポート
  • 所在地:東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
  • URL:https://urizo.jp/

Marketo(マルケト)

Marketo公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: Marketo公式サイト(https://jp.marketo.com/)

Marketo(マルケト)は世界5000社以上に導入されているMAツール。リードの行動を可視化し、広い範囲から集客できる点が特徴です。

また、情報伝達にも優れており、営業部とマーケティング部門でスムーズな連携が図れます

Marketo(マルケト)は導入から最適化までを3つの段階にわけ、支援を実施。専任のコンサルタントが段階に応じて最適な施策を講じてくれます。

さらに、ユーザーを集めたマーケティング勉強会を開催するなど、手厚いサポートが受けられます。

提供機能

  • マーケティングオートメーション
  • メールマーケティング
  • モバイルマーケティング
  • ソーシャルマーケティング
  • デジタル広告
  • webパーソナライゼーション
  • アカウントベースドマーケティング
  • マーケティングアナリティクス
  • プレディクティブコンテンツ
  • プレディクティブオーディエンス
  • Marketo Sales Insight
  • Marketo Sales Connect

料金目安

公式サイトに記載がありませんでした

ツールのサポート体制

  • ユーザーサポート
  • カスタマーサポート
  • チュートリアル

導入実績

  • HITACHI
  • エン・ジャパン
  • ソーシャルマーケティング

会社概要

  • 会社名:アドビ株式会社
  • 所在地:東京都品川区大崎 1丁目11番2号ゲートシティ大崎 イーストタワー
  • URL:https://www.adobe.com/jp/

EXPOLINE

EXPOLINE公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: EXPOLINE公式サイト(https://www.expoline.jp/)

EXPOLINEは株式会社スプラシアが提供しているウェビナー型のリード獲得ツールです。ツールの利用時には、ウェビナー開催の事前準備から開催後のフォローまで専任の担当者が徹底サポート。

準備の手間不要でウェビナーを開催することができます。EXPOLINEはカスタマイズ性が高く、自社の用途に併せて設計可能。自社だけのオリジナルイベント空間を演出できます。

また、データ分析にも優れており、申し込みフォームの顧客情報に加え、ウェビナー視聴時のユーザー行動ログまで確認できるため、データ分析を元に、リード獲得から育成を目指せます。

提供機能

  • オンラインイベントサイト制作
  • ライブ/疑似ライブ/オンデマンドの各形式で動画配信可能
  • アンケート/Web面談/チャットなどのコミュニケーション機能
  • ハイブリッドイベント開催
  • スタンプラリーやレコメンド、カート機能
  • 来場者向けの参加登録/セッション予約/チケット決済機能
  • 主催者向けの競合他社排除/リアルタイムデータ確認/参加者情報・ログ管理

料金目安

  • 初期費用:700,000円~
  • 月額費用:問い合わせ

ツールのサポート体制

  • 集客
  • コンテンツ制作
  • 事務局
  • マーケティングサポート

導入実績

  • カネカ食品株式会社
  • キャノンマーケティングジャパン

会社概要

  • 会社名:株式会社スプラシア
  • 所在地:東京都中央区築地1丁目13−14 NBF東銀座スクエア 8階
  • URL:https://www.sprasia.co.jp/

Switch Plus MA

Switch Plus MA公式ホームページスクリーンショット
画像引用元: Switch Plus MA公式サイト(https://www.profuture.co.jp/mk/switch-plus)

Switch Plus MAはCMSとMA機能を兼ね備えたリード獲得ツール。ノーコードでサイト制作から顧客管理、メール配信まで、幅広い業務を実行できる点が特徴です。

また、手間となるWebサイトの更新はテキストの入力、画像の登録だけで簡単に実施可能。詳細な設定が必要となるMAも顧客リストさえあれば、複雑な設定不要で利用できるなど使い勝手が良い仕様となっています

さらに、支援体制も充実しており、専任の担当者がWebマーケティングをフルサポート。初めて依頼する場合の悩みにも答えられる手厚いサポート体制を構築しています。

使いやすさを求めてツールの導入を検討している場合におすすめです。

提供機能

  • Webサイト構築機能
  • 顧客リストの簡単インポート
  • HTMLメールを簡単作成
  • 見込み顧客の特定
  • セミナー情報ページの公開

料金目安

  • ライトコース:初期費用20000円+月額費用20000円~40000円
  • スタンダーコース:初期費用20000円+月額費用50000円~70000円

※PV数によって月額費用が異なる

ツールのサポート体制

専任担当が貴社のWebマーケティングを徹底サポート。

導入実績

公式サイトに記載がありませんでした。

会社概要

  • 会社名:ProFuture株式会社
  • 所在地:東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル 5階
  • URL:https://profuture.co.jp/

リード獲得とは「見込み客」を見つけること

磁石に人が吸い付かれている様子
営業現場でリードとは「見込み顧客」のことを指します。つまりリード獲得とは自社のサービスや商品に興味・関心があり、将来的に顧客になりうる「見込み顧客」を見つけ出すこと。マーケティング用語ではリードジェネレーションとも呼ばれます。
リードを見つけることは、成約につながる可能性の高い顧客を見つけることと言い換えることができます。つまり、リード獲得をし、顧客のニーズに合わせた対応をすることで、

  • 成約につながる可能性の高い顧客にアプローチできる
  • リピーターとして末長く付き合える優良顧客の獲得につなげられる
  • 営業の効率化につながり人手不足を解消できる

というメリットを享受することができます。

リードが新規顧客になる行動にはいくつか種類があります。例えば、「自社のWebサイトから資料ダウンロードをした」「サービスについて問い合わせをした」という行動がその一例です。

リード獲得を行う目的は「売上UP」

人々が磁石に吸い込まれている画像
リードを獲得する目的は新たな顧客と契約し、売り上げを向上させることです。一般的な営業やマーケティングでは、リード獲得を機にビジネスが展開されます。

リードを多く獲得しても、リードの購買意欲が低くては、受注につながりません。同じリードでもニーズや条件は顧客ごとに異なるため、すべてのリードに対して同じ施策を打ち出すとしつこいと受け取られ逆効果に終わる可能性があります。

そのため、質の高いリードを獲得するには自社商品やサービスについて理解を深められるような施策を講じることが大切です。

リード獲得の施策はオフライン型・オンライン型の2種類

リード獲得をするために有効な方法は業態、業種、商材などによって異なります。リード獲得の施策は従来手法の展示会やテレアポなどのオフライン型とWeb広告などのオンライン型の2つに分かれます。ここでは、オンライン型とオフライン型それぞれの施策について紹介します。

リード獲得方法一覧

リードを獲得する方法は、オンラインとオフラインに分類されます。それぞれ特徴が異なるため、自社の商材・サービス特徴やターゲットにあわせて最適な手段を選びましょう。

オフライン広告 オンライン広告
ポジショニングメディア チラシ配布
オウンドメディア 飛び込み営業
ディスプレイ広告 展示会
リスティング広告 セミナー
動画広告 交通広告
SNS広告 DM
メールマガジン テレマーケティング

オフライン型のリード獲得施策の種類

ここではオフライン型のリード獲得施策について紹介します。

テレマーケティング

テレマーケティングは顧客に対して、電話でコミュニケーションを取り、自社商材を購入してもらう手法。架電リストをもとに、リード獲得に向けて電話で自社商材をセールスする方法が一般的です。

テレマーケティングではトークスクリプトをもとにセールスを実施。商品について専門知識がない人材でもすぐに実践ができる点が特徴です。

テレマーケティングは架電リストが重要。効率良く成果をあげるには、質の高いリストを作成することが大切です。

展示会

展示会は企業が自社製品やサービスの販売や競合他社の情報を知ることができるイベント。展示会は基本的に特定のテーマが決められ、企業はテーマに沿ってブースを出展します。

主にBtoBを中心に開かれます。また、展示会の参加者は目的が製品やサービスの購入ではなく、求めているサービスや製品について情報収集目的で参加する場合がほとんどです。

そのため、商品やサービスの購入ではなく、リード獲得を狙うために出展する場合が多いです。

また、展示会は同業他社が一堂に会するため、他社と差別化する工夫が必要です。

セミナー

セミナーは自社で開催するものと、他社が開催するものの2種類があります。どちらの場合においても自社に興味のあるターゲットにアプローチが可能

セミナーでリード獲得を狙うには名刺交換や参加者との交流時間を設けることが大切です。

セミナーは製品やサービスに興味をもち参加しているターゲットが多いため、質の良いリード獲得を狙えます。また、直接企業担当者とやりとりできるため、参加者の不安を解消できる点がメリットです。

オンライン型のリード獲得施策の種類

ここまでオフラインのリード獲得施策について見てきました。ここからはオンラインのリード獲得施策について解説します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、オウンドメディアなどの自社メディアで記事などのWebコンテンツを制作・配信し、潜在顧客にアプローチする手法です。

ユーザーにとって有益なコンテンツを配信し自社サイトへ流入させ、Webフォームへの個人情報入力を促すことでリード獲得へ繋げられます。

コンテンツマーケティングを行う際には潜在顧客層が関心を持っているキーワードを調査するなど、SEO対策(検索結果で上位表示させる施策)を講じることも大切<です。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示できればユーザーの目に留まり、多くのリード獲得を見込めます。

コンテンツマーケティングのWeb集客

Web広告

Web広告を利用するリード獲得は、テキスト形式や動画形式など顧客に合わせた広告配信が可能。Web広告は主に、リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告の3つに分かれます。

Web広告からリード獲得を狙う場合、ターゲットユーザーに合わせた広告形式を選択することが大切です。

SNS

InstagramやFacebookといったSNSもリード獲得に欠かせないツールです。SNSは情報発信に特化したオンラインメディアで、リアルタイムの情報を配信できる点がメリットです。

また、拡散力が高いため、より多くのユーザーに自社製品やサービスを知ってもらえます。

SNSを活用し、自社商品やユーザーが気になることを発信することでリード獲得を狙えます。

ウェビナー

ウェビナーとは「オンライン上(ウェブ)で開催されるセミナー」の略です。実際のセミナーよりも開催コストを抑えてセミナー開催をできる点がメリットです。

自社に関連するウェビナーを開催することでテーマに関心が高い層を集められます。

リード獲得ツールとは?導入するメリットは何?

Meritの文字が書かれている紙と色鉛筆
ツールを活用することで効率的なリード獲得の手段が得られます。ではツールを活用することでどんなメリットがあるのでしょうか。以下で具体的に紹介します。

複数の見込み顧客にアプローチできる

リード獲得ツールを利用することで、複数の見込み顧客にアプローチすることが可能です。従来の営業活動では、営業担当者が会話を重ね信頼関係を築くことが重要でした。

しかし、現在ではオンライン会議ツールなどで遠隔地の見込み顧客でも簡単に話すことが可能。そのため、以前よりも多くのリードとコンタクトが取れるようになっています。

見込み客の特徴を把握しやすい

リード獲得ツールの中には、リードの基本情報や、行動履歴などを蓄積できるものもあります。最適な提案をするためには、行動履歴などの情報は大切です。

行動履歴などの情報に潜在ニーズが存在している可能性があります。この潜在ニーズを掘り起こしやすいのがリード獲得ツールです。

潜在ニーズを把握し、リードに最適なアプローチをできる点がメリットです。

リードの獲得から管理までの効率化

リード獲得ツールを活用するメリットの一つに、既存のリード情報やツールで獲得した情報を一元管理できる点が挙げられます。

データは、営業部から運用部門などと共有しやすいため、迅速に適切な対応が可能。また、商談の打診、交渉の進み具合などリアルタイムで情報を更新できるため、進捗把握をしやすい点もメリットです。

リード獲得ツールの種類・比較

リード獲得ツールにはどんな種類があるのでしょうか?ここではリード獲得ツールについて紹介します。

CMS

CMSはContents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で簡単にいえば、Webサイトやサイト運営が簡単にWebサイトを構築できるシステムのことを指します。CMSはWebページを簡単に増やすことができ、より多くの人に自社製品・サービスをPRできます。

また、先に述べたようなコンテンツマーケティングを実施することで、自社のWebサイトからリード獲得が可能。CMSはリード獲得単価を抑えて、リード獲得できる点がメリットです。

さらに、自社サイトを持つことにより、Web上でのブランディングもできます。

SEO最適化ツール

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で自然検索で自社サイトを検索結果ページの上位に表示する戦略のことです。CMSを使用し、コンテンツマーケティングを実施する場合にSEOの知識が必要になります。

SEO最適化ツールを使用することで「ユーザーがどんなコンテンツを求めているのか」「どんな検索キーワードが求められているのか」といったことが理解できます。

ツールを使用することで潜在的顧客へのアプローチ方法が明確になります。SEO最適化ツールは上記に述べたCMSと併せて利用し、対策することがおすすめです。

リスティング広告最適化ツール

リスティング広告とは、検索連動型広告ともいわれ、検索結果に応じて自然検索で上位表示される広告のことです。

リスティング広告は、購入するキーワード単価×広告のクリック数によって金額が決定します。広告費がかかるものの、顕在化した顧客にアプローチできる点が特徴です。

リスティング広告最適化ツールを使用することで、自社のリスティング広告を一元管理できるため、業務効率化を図りながらリード獲得を目指せます。

ウェビナーツール

ウェビナーツールとはウェブで実施されるセミナーの際に活用されるツール。ウェビナーツールを導入すれば、ウェビナーの企画から運営までスムーズに進めることができます。

ツールによっては参加者の人数を計測できるものや離脱したタイミングがわかるものなどもあるため、改善しながら最適なウェビナー運営を実施できます。

営業リスト作成ツール

営業リスト作成ツールは、顧客となる可能性のある企業や個人を自動的に収集し、営業リストを作成するツール。本来は自社で営業先となる会社をリストアップする必要がありますが、営業リスト作成ツールを使用することで、ピックアップの手間を省けます

営業リスト作成ツールは業界や従業員数など一定の条件を入力すれば、条件とマッチする企業を自動でリストアップ。ツールによってはリストアップしたデータをもとに自動でメール配信ができるなど利便性に特化したものもあります。

MAツール

MAとはMarketing automation(マーケティングオートメーション)の略で、リードの獲得、育成、商談までを効率的にできるツールです。MAツールを利用することにより、ユーザーに合わせてページのデザインを変更したり、メール送信ができる点がメリットです。

条件を設定するだけで、自動的にリード獲得ができるため、マーケティングを効率的に進めることが可能です。

メールマーケティングツール

メールマーケティングツールは、購読者リストを作成して、自動返信メールを送信したり、顧客に効果的なメールを配信するためのツールです。
このツールを利用することで、顧客に対してタイムリーかつパーソナライズされたメールを送信することができ、顧客との良好な関係を構築することができます。

リード獲得ツール・サービスを選ぶポイント

木のブロックに書かれているポイントの文字
今回、ご紹介したようにリード獲得ツール・リード獲得サービスは多くの種類があります。

そのため何を選べばいいかわからないと感じてしまう場合があるでしょう。ここでは、リード獲得ツール・サービスを選ぶ際のポイントについて解説します。

BtoB向けかBtoC向けのサービスか

自社の商材・サービスがBtoB向けなのか、BtoC向けなのかによって、リード獲得ツールを選ぶポイントが変わってきます。
近年のBtoBマーケティングにおいて、質の高いリード獲得は欠かせません。BtoBマーケティングは、ユーザーが製品・サービスを認知してから購入するまでのマーケティングプロセスが長いのが特徴です。自社のマーケティング戦略に取り組んだうえで、必要なマーケティング施策を導入しましょう。

課題解決できる機能があるか

営業活動を始めるにあたり、まず課題の洗い出しをすることが大切です。ツールごとに搭載されている機能は異なります。

ツールによっては多くの機能を有しているものもありますが、多いから良いという訳ではありません。

その際に、参考にすると良いのが自社が抱えている課題です。課題を元にツール導入で何を解決したいのかを明確にすることで導入後の失敗を防げます

見込み度の低い顧客にアプローチするのであればMAツールといったように、課題を元にツールを検討することが大切です。

使いやすいツールを選ぶ

ツールを選ぶ際のポイントの一つとして、使いやすさが挙げられます。高機能なツールやサービスを導入しても、正しく使いこなせなければ意味がありません。かえって、非効率になる可能性も考えられます。

とはいえ、使いやすさは実際に使ってみなければわかりません。ツールによっては無料トライアルやデモができるものもあります。

使いやすさを基準に選ぶ場合、製品を実際に使用して選ぶことも大切です。

料金体系を確認する

ツールやサービスの料金体系は様々。価格の幅が広いため、しっかりと料金体系やプランを確認することが大切です。

高く高性能だから自社に合うとは限らないと同じように、無料でも欲しい機能がなければ導入する意味がありません。その際には、先に述べたように自社の課題を元に検討しましょう。

料金体系は実際の使いやすさや機能など複数の条件で検討することが大切です。

サポート体制が充実しているか

サポート体制が整っているかも、ツール選びの際に見るべきポイントです。どんなに使いやすいツールであっても、導入時には不明点が多くなります。

導入時にサポートしてくれるか、また緊急時に対応してくれるかなど、サポート体制を事前に確認することが大切です。

リード獲得ツール・サービスのまとめ

まとめの文字が書かれている木のブロック
本記事ではリード獲得ツール・サービスについてメリットや選ぶ際のポイントについて解説してきました。

リード獲得ツールを・サービスを使用すれば、リード獲得のための営業活動を効率よく進めることができます。また、リード獲得の可能性を広げつつ、営業に割く人員やコスト削減も可能

リード獲得ツールやサービスの導入を検討している企業担当者様は、本記事を参考に最適なツールを選んでみてください。

リード獲得ならZenkenへ

当メディアキャククルを運営するZenkenでは、戦略の立案に加えて、メディア制作から運用まで一気通貫で支援しています。これまでに、120以上の業界で8000を超えるWebマーケティングを支援してきた実績があります。得意としているのはクライアントの強みを活かしたマーケティング・集客戦略の立案です。

リード獲得と併せて、自社のブランディングを強化したい、Webでの集客力を高めたいなどお考えでしたら、Zenkenにご相談ください。

また、当メディア「キャククル」のサイト内には様々な業種、業界向けに集客ノウハウを提供する記事が数多くあります。キャククルでは、貴社サービスと相性の良いキーワードを記事内で、商品商材の紹介と共に送客リンクの設置が可能。

購買意欲の高いユーザーにアプローチできるため、掲載のご希望がありましたら、お問い合わせください。

完全成果報酬型!
商談化率60%を実現する
リード獲得サービスはこちら

ページトップへ