引き合いを増やす方法は?Web施策による成果アップのコツ

引き合いを増やす方法は?Web施策による成果アップのコツ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

引き合いを増やすならWeb施策が重要

電話をかけようとしている女性
引き合いを増やすための方法としてWeb施策があげられます。現在ではネットが普及しているため、企業や個人宅に足を運んで営業するよりもWeb施策を講じただけで、自然に引き合いを増やすことに成功している例が多いです。

Web施策では「アクセス数を増やす」→「引き合いを増やす」の2ステップで行うのが大切です。この2ステップそれぞれに具体的な施策を取り入れることで、Webならではの情報拡散力で認知が広がり、よりたくさんのユーザーを惹きつけて引き合いにもつながります。

アクセス数を増やす3つの方法

UPと矢印
Webによる施策を行うためには、まずアクセス数を増やすことが何よりも大事です。アクセス数を増やす方法を3つに分けてご紹介していきましょう。

SEO対策を行う

SEO対策を行うことで検索上位に表示させることが可能です。一昔前のSEOの具体的な施策にはページをやたらと増やすことや、被リンクの大量購入などがありました。しかし現在は検索エンジンが年々賢くなっていることもあって的確なSEO対策とは言えません。

現在のSEO対策で力を入れるべき点は、キーワードについてきちんと書かれているサイトであるかどうかです。ユーザーが困って検索しているキーワードが的確に対応している文章にすることで、検索エンジンも「このページがおすすめ」だと推奨してくれるようになります。

Web広告を活用する

これまでテレビやラジオ、雑誌、新聞といったマス広告が主流でしたが、現在はWeb広告の活用でアクセス数を増やせるようになりました。具体的なWeb広告にはさまざまな施策があり、SNS広告、ディスプレイ広告、リスティング広告、動画広告などあらゆる広告を活用して集客効果を高めることができます。

これらWeb広告の多くが自動で最適化されます。集客につながるユーザーへ的確に広告を出すことで、従来の広告では難しかった集客成果も期待できるでしょう。

SNSを活用する

最近はとくにSNSを1つの集客ツールとして活用されています。拡散力のあるTwitter、InstagramといったSNSは、インフルエンサーやアフィリエイターによって非常に多くの人の目に留めることも可能です。大々的に広告しなくても、商品の使用した感想を投稿したり、商品画像をおしゃれにアップしたりすることでフォロワーの購買意欲につながるため、インフルエンサーやアフィリエイターの影響力は非常に大きいものです。

また、Facebookでは地域、年齢、職業などの条件を絞って的確なユーザーへ広告を表示させられます。こちらも効率的な集客が望めるのでおすすめです。

引き合いを増やす3つの方法

注意点やチェックポイント
アクセス数が増えてきたら、次に目指すのはリードの獲得、成約率といった引き合いが重要になります。ここからは引き合いを増やす施策を3つご紹介します。

ポジショニングメディアで自社商材を検討する購買意欲の高い引き合いを作る

ポジショニングメディアを使うことで、導入意欲の高い引き合いのみを増やすことが可能です。
ポジショニングメディアでは競合他社と自社の違いを理解させ、自社商材の導入を検討しているのみを抽出することができます。

獲得した引き合いから商談化率8割、受注単価2.5倍以上を実現した実績もあります。
詳しくはこちらからご覧ください。
ポジショニングメディア
について詳しく

自社HPを改善する

HPはパンフレットとほぼ同じような役割を持っています。そのため、自社HPがない場合には世間に公表できる情報がなく、ユーザーが情報から判断することができないという問題が生じます。HPを作ったものの、引き合いを取れるようにと考えるとやれることがたくさんあります。例えば、商品情報や企業情報、採用情報、そして問い合わせ欄の設置、無料相談によって引き合いの場面が多くなります

LPを作成する

LPとはランディングページを意味しており、検索結果や広告などを経由してユーザーが最初に訪問するページです。充実した内容や目を惹くデザインで、幅広いユーザーに対応しているということが一目でわかるLPだと、引き合いも増やすことができます。

Webでの引き合いを増やすために気をつけたい3つのポイント

チェック項目
楽に見えてしまうWeb上での引き合いですが、注意すべきポイントを知っておかないと失敗に終わる可能性もあります。続いては、Webでも引き合い時に気を付けたいポイントをご紹介します。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインとは、どんなデバイスでも返信内容の文字を見やすくすることです。たとえばスマホサイズの文字をパソコンで見ると、小さすぎて見えない人が多いでしょう。そのような文字サイズや見づらい配置を改善することで、より多くの引き合い場面を作ることが可能です。

ページ表示速度の最適化

引き合いとは無関係に感じるページ表示速度も、実は注意すべきポイントです。LPの表示速度が遅いことが原因で、リスティング広告が意図として表示されない問題は多いです。

検索エンジンではネット検索するユーザーに向けてより快適に閲覧できるサイトであることも重視しています。SEO対策とLPの表示速度を早くするといった施策で、集客問題を改善していきましょう。

ホームページ上に電話番号の記載

問い合わせフォームがあるだけでは満足に利用できていない人も多いです。ユーザーの中には文章では自分が抱える疑問や不満を伝えにくいと考える人もたくさんいます。購入や予約前に、商品をよく知っている人と会話しておきたいというケースも多いので、しっかりと電話番号もホームページ上に記載しておきましょう

Web施策をうまく活用して引き合いを増やそう

メリット・注意点
今回はWeb施策の活用で引き合いを増やすノウハウをご紹介してきました。「アクセス数を増やす」→「引き合いを増やす」といった流れに沿って施策を行うことで、ユーザーの信頼が獲得でき、より引き合いに結び付くでしょう。

Web施策には多岐にわたりますし、引き合い時には覚えておきたい注意点もあります。Webならではの注意点をよく把握したうえで、結果につながる施策を行っていきましょう。

キャククル運営元の全研本社では、120業種以上のWeb集客支援を行いユーザーから選ばれるためのマーケティング施策の提供に尽力してまいりました。

もし、Webから良質な引き合いを増やして、営業部隊が疲弊しない効率的な受注活動をしていきたいとお考えでしたら、お気軽にご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ