AURA(アウラ)でLINEをフル活用するメリット・料金・評判まとめ

AURA(アウラ)でLINEをフル活用するメリット・料金・評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

AURA(アウラ)の特徴

AURA(アウラ)公式サイト
引用元:AURA(アウラ)公式サイト(https://lp.aura-mico.jp/)
AURA(アウラ)は、Micoworks株式会社により運営されているLINE(ライン)を活用したマーケティングツールです。「LINEでの反応率を上げたい」「顧客管理を最適化したい」という企業様に対して、サポーターから具体的な戦略や手法を提案してもらえます。

多機能を使いこなし一貫性のある顧客体験を実現

ユーザーの属性や興味関心に沿った情報発信から予約獲得まで、LINE(ライン)上で行える機能が用意されています。さらにbotの活用で、よくある質問への返答時間を短縮。業務の効率化も図れるサービス多数で、効果的にLINE(ライン)を活用できるでしょう。

セグメント配信

各ユーザーのニーズに沿った配信をする機能が付いており、リピート率の向上を狙えます。年齢や性別、地域でカテゴライズして、ユーザーの行動を促すメッセージを配信。またタップされる頻度の高いメニューを保持できるため、ユーザーが何に興味を示しているのか把握しやすいでしょう。

botで返信を効率化

bot機能で自動応答することで「よくあるお問い合わせ」に対して返答する時間を削減。 あらかじめ複数の質問と回答を設定することで、顧客対応をスムーズに行ないます。

予約システムで離脱防止

LINE(ライン)公式アカウント内で、予約管理システムを導入しています。固定されたメニューから予約を立ち上げ、必要事項を記入すれば手軽に来店予約が可能です。

LINE(ライン)内で予約まで済ませられるので、ほかアプリを起動させる必要もなく、ワンストップで集客できるのが魅力的。「面倒だから今はいいや」というユーザーの離脱防止になり、来店予約の獲得率を上げられます。

顧客分析とフィードバックで改善

顧客情報を表示するダッシュボードや、データベースで閲覧・編集できるCSVデータの出入力機能、顧客対応状況をステータスとして可視化できるステータスフォームまで利用可能です。

ダッシュボードでは、収集データをグラフや表でまとめてあり、一目見て情報を把握したいときに便利。情報の分析も容易になるので、戦略の見直しや企画したいときにも役立つでしょう。

またCSVデータをAURA(アウラ)にインポートもしくはエクスポートすることも可能。外部データと照らし合わせて捉えられるようになっています。

顧客対応状況をステータスフォームで管理すれば、画面に自動反映され、情報漏れを防げます。

AURA(アウラ)の広告掲載料金

 
AURAの使用料金は3パターンあるので、目的に応じたプランを選びましょう。

ライト スタンダード プレミアム
初期費用 100,000円※全プランで契約時に必要
月額 20,000円 50,000円 100,000円
運用管理者数(ID発行数) 1名まで 5名まで 10名まで
運用友だち登録数 ~1,000名 ~5,000名 ~100,000名
データ保存期間 2年間 2年間 2年間
最低保存期間 1年間 1年間 1年間

※表示価格は税抜きです。

引用元:AURA(アウラ)とは?機能、メリット、料金、評判・口コミ

AURA(アウラ)の口コミ・評判

 
AURA(アウラ)に関する口コミは、見つかりませんでした。ですが、AURAの評価に繋がる実績を、AURAの公式サイトから確認できました(2021年7月時点)。

  • 来店率76%アップ
  • 配信反応率5倍
  • 月間予約者数3,000件/社
  • 継続利用率99.5%

公式サイトに掲載されているAURA(アウラ)導入企業には、大手の会社名も見受けられました。その点から考えると、実績があり信頼のおけるツールだと言えるでしょう。

AURA(アウラ)を利用するメリット

AURA(アウラ)を利用すれば、集客と業務の効率化を同時に行えます。さらに、初めてLINE(ライン)を活用する企業様でも安心して活用できるサポート付きです。

工数を減らせる機能が多数

botでの自動返答機能や予約管理システムをLINE(ライン)上で済ませられるため、無駄な工程を省けます。新たにほかのアプリやツールを導入しなくても良いので、コスト削減にも繋がるでしょう。

新規と既存のどちらの顧客も逃さない

顧客の状況に応じて、段階的にメッセージを送る「シナリオ配信」があります。クーポン付与やキャンペーンのお知らせだけでなく、商品を購入したお客様に対してバックエンドの案内でアフターフォローも実施しています。

手厚いサポート&セキュリティ

それぞれの企業様にサポーターがつく、LINE(ライン)内でのKPI設定やユーザーフローを提案。また顧客データの数値をもとにした、戦略の提案から実装まで行なえます。加えて情報漏洩の対策として、データのSSL暗号化や2段階認証、IP制限も手掛けています。

AURA(アウラ)の利用開始までの流れ

公式サイトから資料請求やオンライン面談予約、問い合わせができるようになっています。ツール導入までの詳しい流れは、お問い合わせ時にお尋ねください。申し込みから導入まで即日で始められるとのことです。

まとめ

AURA(アウラ)を通してLINE公式アカウントを運用すれば、集客から予約獲得までワンストップで行えます。初めてLINE(ライン)を活用する企業様でも、サポーターがつくので安心して任せられるでしょう。

顧客のセグメント分けやKPI設定により、より戦略的なメニュー・メッセージの表示が可能。新規顧客の開拓から商品を購入したお客様へのアフターフォローまで、シナリオ配信で段階的にアプローチできるのも魅力です。

ただしLINE公式アカウントの活用だけでなく、「より包括的にプロモーション活動を拡大したい」「Webマーケティング戦略も含めて導入したい」と考えている企業様は、全研本社へぜひご相談ください。

企業様の強みや価値を活かせる集客戦略・マーケティング戦略を提案させていただきます。

集客にLINE公式アカウントを
最大限活用する方法とは

ページトップへ