CODEALの広告掲載にかかる費用や評判をリサーチ

CODEALの広告掲載にかかる費用や評判をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ここでは、DX・IT人材と企業をマッチする求人サイト「CODEAL」についてご紹介。気になる広告掲載費用や評判について調べた内容をまとめています。エンジニア・デザイナー・マーケッターの採用を予定している企業は必見です。

CODEALの特徴

CODEAL
引用元:CODEAL公式サイト(https://www.codeal.work/)

CODEAL(以下コデアルと称する)は、エンジニアを中心とした即戦力が期待できるDX・IT人材を採用できるサイトです。コロナ禍でも需要が高いDX・IT人材は売り手市場だといわれていて、中途採用に困難を極める企業は少なくありません。同サイトなら約1万4,000人のDX・IT人材にアプローチできるので、スムーズな人材獲得を実現できるでしょう(2021年8月時点)。

コデアルは、社員募集・フリーランスへの業務委託の2種類の求人広告を掲出できます。中途採用で即戦力となるIT人材を募集したい企業、業務委託を検討している企業には使い勝手が良いサイトだといえます。

2015年のサービス開始当初は副業人材募集がメインでしたが、現在は多様な働き方の人材募集ができる求人サイトへと生まれ変わっています。

参照元:コデアル公式HP(https://www.codeal.work/contents/recruiterlp-01/)

900社以上が利用した実績を持つ求人サイト

コデアルは、900社以上が利用した実績のある求人サイトです(2021年8月時点)。有名な上場企業から、創業からまだ日が浅いスタートアップ企業まで、数多くの企業に導入された実績があります。毎月求人数は増え続けており、多くのDX・IT人材に注目されています。複数ポジションの求人広告を掲載することも可能です。

CODEALの広告掲載費用

コデアルの広告掲載費用に関する情報は見つけられませんでした。詳しくは、コデアル株式会社までお問い合わせください。

CODEALの口コミ・評判

CODEAL

コデアルの利用を決めて求人を出してから採用までは3日間でした。とても早かったです。こんなに応募が来るのか!と思いましたし、良い方とも出会えたので満足度はとても高いです。
引用元:コデアル公式HP(https://www.codeal.work/contents/archives/8990)

コデアルを通じて、複数の方に業務委託で、週2~3日くらいのペースで働いていただいています。弊社ではリモートワークにも積極的に取り組んでいることもあり、東京以外の地域の方(兵庫県、長野県、福島県)にも業務委託として参加していただいています。コデアルの場合、正社員希望よりも、いろんな働き方をしたいという方が多いという印象です。そのため、業務委託の方を探す場合に使用しています。
引用元:コデアル公式HP(https://www.codeal.work/contents/archives/7726)

CODEALに広告掲載するメリット

CODEAL
CODEALに広告掲載する際の判断材料となれるように、メリットをまとめました。

無料トライアル&クラス分けでギャップを少なくできる

コデアルでは無料トライアルを実施しています。試しに使用してみて、操作性や流れを掴んだうえで申し込みをしたいと、考えている企業も利用しやすいでしょう。

また、同サイトではコデアルクラスと言って、求める人材の役割(役職)を設定できるため、求職者と企業の意識のずれを少なくできます。クラスは1~5と役員の6段階に細かく分けられているので、企業が求めているスキルを求職者側から一目で確認できるようになります。

即戦力が期待できる求職者が90%以上

コデアルでは、コデアルクラス3以上の求職者が、全体の94.4%を占めています。クラス3は「自分から進んで提案できる」力を身につけている求職者のため、即戦力が期待できるレベルです。

クラス4は「チーム以外のことを考えて目的に沿った提案ができる」レベルとなっています。さらに、クラス5は「全チームのことを考えて提案して導ける」レベルと、主任・課長・部長クラスのスキルを持った求職者がたくさん集まっています。

また、4.8%の求職者は、役員として活躍できる経験・スキルを身につけており、すぐにでも活躍が期待できるレベルです。一つのサイトで新卒から役員まで、色々なポジションを募集できるのが魅力でしょう。

エンジニア・デザイナー・マーケッターの登録が8割超え

コデアルでは、エンジニア・デザイナー・マーケッターが求職者の80%以上を占めています。また、人事・労務・広報・経理など、IT技術を駆使して業務をこなす求職者の登録が増えているため、さまざまな角度からITに関わる人材を募集できます。

CODEALの広告掲載までの流れ

コデアルで求人広告を掲載する場合は、お問い合わせフォームから必要事項を入力したうえでお問い合わせください。無料トライアルも利用できるので、サイトの使用感を確かめてから導入を決められると良いでしょう。

サイト内ではメッセージ機能が搭載されています。担当者と直接なやり取りができますので、忙しくてまとまった時間の確保が難しい場合は、やり取りの時間を気にする必要がないメッセージ機能を用いて、疑問点や不明点を解消していくことをおすすめします。

自社とマッチした人材を採用するには

CODEAL
自社とマッチする人材を見つけるには、他社との差別化が必要です。特に、コロナ禍でDX・IT人材はますます需要が高くなっており、競合他社も良い条件で人材募集をしている傾向にあります。

競合他社が良い条件を提示する中で自社を選んでもらうには、強みや魅力を正しく訴求することが大事です。入社後・契約後のギャップを少なくするためにも、自社の強みを詳細に記載できる媒体に、求人広告を掲載していきましょう。

情報量が多くて掲載しきれない場合は、自社で採用に特化したオウンドメディアを作るのも有効です。自社が必要とする人材を募集できるメディアや手法で、新卒採用・中途採用・業務委託を進めると必要な人材をすぐに集められる可能性が高まります。

採用オウンドメディアは、自社の魅力を社員へのインタビュー記事やブログなど、様々なコンテンツを利用することで、求職者に自社のことをより深く知ってもらうことが可能です。

下記ページでは採用オウンドメディアについてまとめております。オウンドメディアを利用して採用活動をしたいとお考えの企業様は、是非ご参考にしてみてください。

採用オウンドメディアとは

ページトップへ