製造業のWeb活用テクニック!顧客獲得・集客につながるポイント

製造業のWeb活用テクニック!顧客獲得・集客につながるポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

コロナ禍で従来の営業活動が難しくなったいま、マーケティングにwebを取り入れたいと考えている企業が増えています。

製造業においても例外ではなく、顧客獲得のためにこれからますますwebが重要な役割となるでしょう。そこで、今回は「製造業のweb活用テクニック」をテーマに、マーケティング施策のポイントを解説していきます。

コロナ禍で企業のwebに求められる役割が変化

一般顧客がメインターゲットとなるBtoCとは違って、さまざまな企業と比較・検討されながら取引関係を結ぶのがBtoB企業。「webを介してすぐに商品やサービスを購入することができない」という特徴から、そもそもwebを活用した集客活動に力を入れていない企業が多いのが現状です。

しかし、非対面で情報を伝えることができるwebは、いまや立派な営業ツールの一つ。webから新規顧客を獲得していく時代です。技術力がものをいう製造業こそ、これから積極的にwebを活用して、技術力を訴えていく理由があります。

製造業の顧客獲得・集客にWebを活用すべき理由

ITアイコンとタッチする手
webを活用することで、顧客獲得にどのような成果をもたらすのかがわからない場合、積極的にwebを活用することに躊躇してしまいますね。そこで、ここでは顧客獲得にwebを活用することの意味や、そのメリットを説明していきます。

インターネットでの情報収集・比較検討はあたりまえ

BtoB企業をターゲットにすることが多い製造業では、比較・検討段階が重要なポイントとなります。

比較検討される対象に挙がることが、契約に繋がる最初の一歩です。比較検討のテーブルにも上がっていない場合は、契約に繋がる可能性は0に等しいので致命的です。

せっかく素晴らしい商品や技術を持っていても、認知されなければユーザーに検討いただくことは叶いません。いつ・どこでもかんたんに情報収集ができる時代だからこそ、ニーズに素早くアプローチできるかが大切です。

営業活動を工夫することで顧客獲得に差が出る

営業部門や広告部門に力を入れていない製造業こそ、webを活用した集客活動はむしろ積極的に行うべきです。インターネットの情報から比較検討を行うのがスタンダードな時代なので、webサイトを活用して他社にはない自社の魅力を積極的にアプローチしていきましょう。

飛び込みの営業のように手あたり次第に営業をかけなくても、見込みの高いユーザーに「見つけてもらう」ことで集客へとつなげていくのがwebの役割です。webを立派な営業マンとして活躍させ、新規顧客獲得を目指しましょう。

製造業の商品特性上、有利に働くこともある

製造業がwebで集客?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、製造業のように提供しているサービスがニッチであるほど、サイトを訪れた潜在顧客が優良顧客へとつながる可能性は高いのです。

BtoCのようにすぐに成果につながらなくても、問題を抱えるユーザーへ明確に課題解決の提示ができれば、いずれ取引につながる可能性がグッと高まります。そのためにはユーザーが知りたい情報を継続的に提供して「この企業に相談したい」と思わせることが重要です。

製造業のwebサイトで意識したいこと

webサイトを持っていても集客につながるコンテンツを意識しなければ、会社のコーポレート的な存在で終わってしまいます。製造業のwebサイトで求められる役割をしっかりと押さえておきましょう。

ブランディングの強化

BtoB取引を含む製造業のwebサイトにおいては、企業の信頼感というものは非常に大切な要素です。しかし、部品や素材といった製品の一部を提供する製造業では、企業ブランディングが後回しになることも。

購入するうえで「信頼できるか?」「実績はあるか?」といったところは必ずチェックされるので、安心感につながる企業ブランディングはwebサイトの大切な役割のひとつです。

課題解決の提案

インターネットによる情報収集がスタンダードになったことで、課題を解決することを目的に検索をかけるユーザーが増えています。その際、自社が抱えている問題と似たような事例があれば、より興味を持ってもらえることでしょう。

製品やサービスのアピールはもちろん大事ですが、クライアントにとって価値のある情報が提供できているかがポイント。課題解決の事例など、ユーザー側に魅力のあるコンテンツを充実させることを意識しましょう。

マーケティングの要素

製造業webサイトの役割は、ユーザーにとって価値のある情報を提供することです。そのうえで、ユーザーがどのようにサイト内を回遊していったか、見込み顧客の属性が確認できるマーケティングツールを組み込んでおきましょう。

ユーザーが何を調べているのかを分析することで、必要だと思われる情報をサイトのコンテンツに追加することができます。企業の存在をアピールし、サイトを訪れたユーザー情報を分析、適切なタイミングでアプローチする。この工程を繰り返すことで見込み顧客を優良顧客へと育成していきます。

製造業のWeb活用パターン

ここからは、製造業がどのようにwebサイトを活用しているのか、もう少し踏み込んだ内容を紹介していきます。

企業情報

まず忘れてはならないのが企業情報です。企業情報だけを載せているだけではマーケティングとしての機能を果たせませんが、会社の信頼度として意外に見られているコンテンツです。設立年から住所、保有設備など、なるべくわかりやすく記載しておくとユーザーにとって安心材料になります。

事例紹介

企業の技術力アピールや、製品の良さを伝えるのに便利なのが過去の事例紹介です。企業によっては「お客様の声」としてコンテンツにまとめられている場合もあります。

技術力が重視される製造業では、過去に行なった事例やお客様の声が実績の裏付けとなります。また、事例が多いほど、導入を検討しているクライアントも社内会議で推薦しやすいでしょう。事例紹介は実績としてアピールすることができ、第三者への安心や信頼感にもつながります。

動画やアニメーションを活用したコンテンツ

なかでも製造業のサイトでおすすめなのが、動画やアニメーションを使ったコンテンツ作り。自社製品の良さや技術力を臨場感のある動画で紹介したところ、思わぬ反響があったとのケースもあります。

動画やアニメーションはテキストよりも導入後のイメージを具体的につかむことができるので、専門性の高い製造業のサイトではとくに有効な手段となります。

顔が見えるサイトで親しみやすさup

企業の安心感や信頼度は集客につながるポイントだとお伝えしましたが、より親しみやすさをアピールするなら、顔が見えるコンテンツ作りもおすすめです。

代表や社員の顔をホームページに出すことで親しみやすさを持ってもらい、問い合わせへのハードルを下げることが狙いです。「気軽に相談できそう」と思ってもらえることも、集客につながる大切な要素であるといえます。

まとめ

これを読まれている方のなかには、すでに自社サイトをお持ちの企業様も沢山いらっしゃることでしょう。これからの集客に備えてwebサイトをリニューアルしたいとお考えの場合、デザイン性の高さよりもこうした質の高いコンテンツ作りがなによりも重要になっていきます。

もし、制作会社などにサイト構築を依頼する場合は、自社のビジネスを理解し、マーケティングの知識がある企業に依頼することをおすすめします。

どの戦略を活用していくべきか、迷った場合はぜひご相談を。貴社にとって最適なwebマーケティング戦略をご提案させていただきます。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ