施工管理アプリ比較15選!おすすめアプリの機能や費用、口コミ評判や事例を一覧で紹介

施工管理アプリ比較15選!おすすめアプリの機能や費用、口コミ評判や事例を一覧で紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

施工管理アプリとは、建築事業者・工事会社などの現場で、図面・作業工程表の作成・報告など施工管理業務の効率化を図るためのツールです。

情報の一元化によって業務効率化が図れたり、工期の順守・短縮化などによって顧客満足度が高まったりするなどのメリットがあります。

一口に「施工管理アプリ」と言っても、特徴や機能、費用などはさまざまなので、各サービスを比較しながら自社に合ったアプリを選びましょう

この記事では、施工管理アプリや各々の特徴や費用・導入事例、口コミなどを紹介。施工管理アプリの機能やメリットなども解説するので、業務の効率化を図りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

施工管理アプリ比較一覧表

施工管理アプリをピックアップして比較しました。ぜひ、サービス選びの参考にしてみてください。

システム名 サービスの特徴
【PR】ダンドリワーク 利用率91%!80,000社・140,000ユーザーが継続利用する施工管理アプリ
・使いやすさにこだわったアプリで利用率91%を誇る
・情報の一元化によって業務を効率化
・年間1,700回以上の徹底した導入サポートやアフターフォロー
資料ダウンロードはコチラ >>
【PR】現場一番 リアルタイム動画の機能付き!
修正・指示が即時反映できる施工管理アプリ

・修正・指示をリアルタイム反映&即時通知できる
・初期費用無料!14日の無料トライアルあり
・顧客満足度を高める機能や仕組みが満載
資料ダウンロードはコチラ >>
 CONOC業務管理クラウド公式HPキャプチャ画像
【PR】CONOC現場管理クラウド
月額5,000円~!痒い所に手が届く多機能な施工管理アプリ
・月額料金5,000円~で、バックオフィスから現場までさまざまな情報を一元管理!
・導入から最短1営業日で利用可能!素早く現場に浸透させられる
・専属のスタッフが導入から運営まで万全の体制でサポート
資料ダウンロードはコチラ >>
ANDPAD 利用者数17万社、ユーザー数44万人という実績
SITE 3つの基本機能にこだわった使いやすさ
蔵衛門 写真を起点につながれるクラウド型の現場共有アプリ
Craft Bank Office 職人・管理者などにメリットのあるシステム
Kizuku 秒でのコミュニケーションを追求したツール
SPIDERPLUS 建設・メンテナンス業向けに開発されたシステム
デキスパート 30種類以上のソフトによって土木工事の施工管理をサポート
エニワン 工務店・リフォーム会社の業務に特化
LIXIL現場情報共有システム 社内・業者間での情報共有がしやすい
KANNA 専任担当者がトータルでサポート
Photoruction 容易にカスタマイズしやすいツール
現場ポケット シンプルな機能で導入しやすい価格設定

施工管理アプリとは

施工管理アプリとは、建設現場や工事現場などの施工管理を効率化するためのソフトウェアやアプリケーションです。
建設業者や工事業者が、作業の進捗状況や資材の管理などを含むプロジェクトを効果的に推進したり、コミュニケーションの円滑化などを図ったりするのに役立ちます。

施工管理アプリの主な機能

施工管理アプリの主な機能は以下の通りです。

機能 説明
稼働管理 作業スタッフの稼働状況を管理するための機能
工程表の作成や共有 エクセルで作成した工程表をクラウド管理できる機能
図面などの資料管理 現場で撮影した写真や図面などの資料をメンバーで共有できる機能
日報作成 案件ごとの日報作成が簡単に行える機能
営業管理 受注している案件の情報を一覧で管理する機能

【PR】利用率91%!80,000社・140,000ユーザーが継続利用する施工管理アプリ

ダンドリワークは、80,000社・140,000ユーザーという数多くの会社やユーザーが利用している施工管理アプリで、その利用率(2021年3月時点)は91%と高い水準です。
ダンドリワークが多くの建築事業者に支持されている理由は何なのか、以下で深掘りして紹介します。

ダンドリワーク

ダンドリワーク公式サイト画像
画像引用元:株式会社ダンドリワーク公式サイト(https://dandori-work.com/)

ダンドリワークの特徴

ダンドリワークは、「誰もが簡単に利用できる直感的なデザイン」「業務の効率化に向けた情報の一元化」「1,700回を超える説明会・アフターフォロー」などが特徴の施工管理アプリです。

そういった使いやすさやユーザー視点のサービスが多くの建築事業者に支持されており、利用率91%(2021年3月時点)という数値にも反映されています。

以下では、誰もが知る大手ハウスメーカーやホームセンターで有名なグループ企業など、ダンドリワークの導入企業を一覧でチェックできるので、気になる方はぜひ資料をダウンロードしてみてください。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

有名ハウスメーカーも導入!
ダンドリワークの導入企業一覧を
ダウンロード資料でチェック

ダンドリワークを選ぶべき理由

【理由1】利用率91%の使いやすさにこだわった施工管理アプリ

ダンドリワークは、現場で働いたことのあるスタッフが開発した施工管理アプリで、誰もが操作しやすいように分かりやすく、簡単に始められるのが特徴です。直感的に使えるデザインで、アプリの操作に苦手意識がある方でも導入しやすくなっています。ただ使いやすさにこだわっているだけでなく、2021年3月時点の利用率が91%と、数字にも表れているのがポイントです。

建築現場ではスマホやパソコンに詳しい人材ばかりが働いているわけではなく、中にはスマホすら触ったことがない方もいる場合があるため、誰もが簡単に操作できるシンプルさは、業務の効率化に大きくつながるでしょう。

【理由2】情報の一元化によって業務を効率化

施工管理アプリのダンドリワークは情報を一元化することによって、さまざまな業務の効率性を高めています。たとえば、以下のような情報が一つにまとまっています。

  • 工程表
  • 写真
  • 施工図面
  • 仕様書
  • 現場情報
  • コメント
  • 受発注
  • 検査

異なる元請け会社の情報であっても一つのログインID・パスワードでログインできるため、簡単に閲覧することが可能です。

【理由3】年間1,700回以上の徹底した導入サポートやアフターフォロー

ダンドリワークは、年間1,700回以上の説明会やアフターフォローを実施。建築業界に詳しいスタッフが、施工管理アプリを効果的に使用するためのレクチャーをしたり、導入後もアプリの効果が最大限得られるように継続的なフォローを実施したりしています。

導入から浸透までを徹底的にフォローしているので、「上手く活用できるかな…」という不安を軽減できます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

有名ハウスメーカーも導入!
ダンドリワークの導入企業一覧を
ダウンロード資料でチェック

ダンドリワークの導入事例

わかりやすい操作性のアプリでスムーズな運用が可能に

大阪のセミナーに参加したことがきっかけです。現場の管理が一括でできるという点にまずは惹かれました。先ほどお話ししたように、それまでは全部バラバラでしたので、写真、工程表、発注請負、いえレコなどといった各種機能を一緒に使えることが魅力でした。(中略)導入時にまだガラケーだった職人さんで年配の方だと抵抗はありました。そこはどうにか説得をして、スマートフォンに変えてもらえるように促しました。中には「どうしても抵抗があって無理」という方もいたので、その場合は特別に従来通りの対応をしていましたね。それも最初の内だけです。最終的にはスマートフォンに変えてもらって、今はガラケーの人はいないです。ほぼ全てスマートフォンかタブレットに変わりました。
みなさん、ダンドリワークの機能を説明した時点では納得してくれていたので、必要最低限使いこなすにも時間はかからなかったです。逆にこちらがちゃんとしていないと向こうが困るくらいの勢いでしたね。(中略)使いにくいという人はまずいません。たまに通知を見ていなかったという人はいますが、基本的に不満も聞くことはないですね。操作に慣れている人にはダンドリワークを見てもらう癖をつけてもらうようにもしています。(一部抜粋)
引用元:株式会社ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/219/)

連絡ツールの一本化により生産性が向上

私と管理職と現場監督の何人かで決定しました。その時は満場一致くらいの感じでした。これは便利だろうと。決め手はコストですね。ランニングコストがすごく安いな、と思いました。(中略)今思えば非常にスムーズでした。最初は『現場の人たちが使ってくれるのかな?』という懸念がありましたが、経験豊富なダンドリワークさんから『そこはご安心ください』というアナウンスをいただいていました。それに対してどうするかも、営業の方からご案内いただきました。(中略)売上などの数字の方は実際伸びています。それ以上に変化としては、連絡ツールが一本化したことで、当然課題だった生産性というところも向上しました。目に見えて現場に営業スタッフや監督が行く数や、電話をしている数などは相当減っています。
1人が一度に管理できる現場の数も増えていますし、平日の昼間などでもスタッフが事務所にいることが増えました。昔はよく『現場に行ってきます』とホワイトボードに書いてあったのですけど、それが事務所にいるようになり、事務所にいられるということは他の業務の時間に割けているということになるので、残業時間なども減っていますね。(一部抜粋)
引用元:株式会社ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/207/)

ペーパーレスによって見える化と効率化を実現

リフォームをはじめてからペーパーレス化する方法が何かないか、ということが課題でした。ずっと情報が埋もれて整備されてなく、何が何かわからない状態でしたので、たまたまダンドリワークの名古屋の説明会を聞いて、「これはいいな」と思ってすぐに導入を決断しました。(中略)入れる前はやっぱり紙だったので、FAXやラインでいちいち情報を確認しないといけなかったのが、ダンドリワークを入れたことで「わかったよ」の一言で終わるようになりました。やりとりが端的に済んで効率化できるようになったことは間違いないです。その他の連絡や報告についても効率化できています。(中略)ダンドリワークを導入してから1 年半くらいになりますが、効果があったという実感です。この先、まだまだ情報が蓄積されてくると、より効果を感じられると思っています。(一部抜粋)
引用元:株式会社ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/181/)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

有名ハウスメーカーも導入!
ダンドリワークの導入企業一覧を
ダウンロード資料でチェック

ダンドリワークの口コミ・評判

働き方改革の促進に繋がりました

以前は人の入れ代わりも多く、22時頃でも平気で仕事をしていましたが、「働き方改革」の促進、それに加えてダンドリワークで現場管理ができるようになったので、18時~19時には帰れるようになりました。常にダンドリワークで確認の漏れがないか、チェックするように社内外へ声をかけているので、乱発していた情報共有ミスの削減にもつながっています。引用元:株式会社ダンドリワーク公式HP(https://dandori-work.com/interviews/66/)

ダンドリワークのサービス・プラン

  • 初期費用:20万円~
  • 月額利用料:19,800円/月~

※料金は全て税不明

ダンドリワークの概要

企業名 株式会社ダンドリワーク
設立年 2013年5月23日
資本金 3億5,896万円(資本準備金を含む)
所在地 滋賀県草津市南草津二丁目1番地7

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

有名ハウスメーカーも導入!
ダンドリワークの導入企業一覧を
ダウンロード資料でチェック

【PR】リアルタイム動画の機能付き!修正指示の即時反映できる施工管理アプリ

現場一番は、リアルタイム動画の閲覧が可能な現場カメラを導入している施工管理アプリ。修正・指示を迅速に反映できるのが大きな魅力です。

現場一番は元大工の経歴を持ったスタッフが開発に関わっており、現場での使いやすさを追及した機能を数多く展開しているのも特徴です。

また、業務コストを14万5,500円/月削減できたり、IT導入補助金の対象ツールとして認定されていたりするなど、コスト削減の観点でもメリットが大きいといえます。

現場一番

現場一番公式サイト画像
画像引用元:株式会社 IWAKI STYLE公式サイト(https://genbaichiban.com/)

現場一番の特徴

現場一番の最大の特徴は、現場カメラの動画によってリアルタイムの進捗を確認できる点です。修正内容や指示を早急に確認できるため、作業の非効率なやり直しが発生しづらくなります。

また、実際の現場を知る元大工が施工管理アプリの開発に携わっており、工程管理機能・スケジュール管理・現場情報・入退室管理・複数現場管理・仕様書作業・完了報告・クレーム報告・施主情報など、めんどくささを改善する機能を豊富に搭載しているのも特徴です。

なお、これらの機能は全プランで使用可能となっているので、どの機能を選ぶか悩むことなく現場数に応じた適切なプランを選択できます。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

3分で魅力が分かる!
現場一番の資料をダウンロード

現場一番を選ぶべき理由

【理由1】修正・指示をリアルタイム反映・即時通知できる

施工管理アプリの現場一番は、現場カメラ(リアルタイム動画)の機能を導入しているため、修正内容や指示を即時に反映できます。また、現場の状況がいつでも確認できるため、進捗が把握しやすいのも特徴です。

段取り不足による待ちや手戻りなどが少なくなり、工期の遅れも最小限に抑えられるなどの効果が期待できます。

【理由2】初期費用無料!14日無料トライアルあり

現場一番は初期費用が無料です。また、14日間の無料トライアルも用意しているため、気軽に導入できます。じっくりと試しつつ導入を検討できるので、契約後の後悔を軽減することが可能です。

なお、14日間の無料トライアルでは、すべての機能を試せるだけでなく、サポートも行ってくれるので、何か不安な点があってもすぐに相談できます。

【理由3】顧客満足度を高める仕組み・機能が搭載されている

現場一番は、元大工が開発に携わっている施工管理アプリで、現場のめんどくささを解消する機能が豊富に搭載されています。たとえば、以下のような機能が挙げられます。

  • 工程管理機能
  • スケジュール管理
  • 現場情報
  • 地図/駐車場情報
  • 入退室管理
  • 複数現場管理
  • チャット
  • 図面管理
  • 納品/仕様書作業
  • 完了報告
  • クレーム報告
  • 現場カメラ
  • アンケート
  • 施主情報

ただ機能が豊富なだけでなく、現場一番は使い勝手も追求しており、現場で働くすべての方が、誰でも簡単に利用できるような操作性を実現しているのも特徴です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

3分で魅力が分かる!
現場一番の資料をダウンロード

現場一番の導入事例

電話対応・車両移動などを含む業務コストを削減

30歳の現場監督(月給30万円(時給1,800円))が、現場一番の施工管理アプリを導入すると、以下のようなコスト削減が期待できます。

  • 電話対応時間:10時間/月
  • 移動時間:50時間/月+37,500円

合計対応時間は60時間/月で、14万5,500円/月(1現場あたり)のコスト削減を目指せます。
参照元:株式会社IWAKI STYLE公式サイト(https://genbaichiban.com/)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

3分で魅力が分かる!
現場一番の資料をダウンロード

現場一番の口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

現場一番のサービス・プラン

  • 無料トライアル(14日間):無料
  • ライトプラン:9,800円
  • スタンダードプラン:19,800円
  • ハイクラスプラン:29,800円

※料金は全て税不明

現場一番の概要

企業名 株式会社 IWAKI STYLE
設立年 2005年3月
資本金 3,000,000円
所在地 京都市下京区立売中之町105モンブラン京都ビル7F

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

3分で魅力が分かる!
現場一番の資料をダウンロード

【PR】月額5,000円~!痒い所に手が届く多機能な施工管理アプリ

CONOC現場管理クラウド

CONOC現場管理クラウドの公式サイト画像
画像引用元:CONOC現場管理クラウド公式サイト(https://conoc-dx.co.jp/lp/conocLP/)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

お手軽価格で導入!
CONOC現場管理クラウドの
資料をダウンロード

CONOC現場管理クラウドの特徴

もともとは工務店だった株式会社CONOC。同社が工務店時代の苦労をもとに開発した施工管理アプリがCONOC現場管理クラウドです。

現場・事務・営業の壁を越えてさまざまな情報を一元的に管理でき、見積書や請求書といった書類をまとめて作成できるなど、工務店や施工店にとってまさに「痒い所に手が届く」機能が数多く搭載されています。

以下では、CONOC現場管理クラウドを選ぶべき理由や導入事例、料金プランなどを紹介します。

CONOC現場管理クラウドを選ぶべき理由

【理由1】月額料金5,000円~で、バックオフィスから現場までさまざまな情報を一元管理!

施工管理アプリのCONOC現場管理クラウドは、営業・事務・現場を問わずさまざまな情報の一元管理を可能にします。
営業進捗管理からそれぞれの部署の担当者のスケジュール管理、日報管理、施工管理はもちろん、下記のような経営改善にも力を入れています。

  • 粗利率や月間売上達成率など、工事期間中の経営をリアルタイムで把握
  • 工事見積や請求、基本契約など、建設事業に必要な書類発行を10種類以上テンプレ化
  • 月末締めでの請求書照合作業や支払い予定の書類一覧を自動作成

豊富な機能を備えているにもかかわらず、月額費用は5,000円~とリーズナブル
本記事で紹介している施工管理アプリの相場9,800円~29,800円と比べても、低い価格帯であることが分かります。

「社員数が多く、他の施工管理アプリでは利用料金が高くついてしまい二の足を踏んでいる…」という企業でも、CONOC現場管理クラウドなら安心して導入できるでしょう。

【理由2】導入から最短1営業日で利用可能!素早く現場に浸透させられる

CONOC現場管理クラウドは、導入後最短1営業日で利用可能できるため、早く現場に浸透させられ、業務を効率化できます。

20年以上の工務店経験がもとになった、シンプルで直感的な操作性が特徴となっており、機械操作に苦手意識があるスタッフも安心して利用できます。どうしても操作に不安がある際は、無料オンライン相談や契約前のデモ画面で操作感を確認することも可能です。

【理由3】専属のスタッフが導入から運営まで万全の体制でサポート!

施工管理アプリのCONOC現場管理クラウドは、専属のカスタマーサクセススタッフが万全の体制で導入をバックアックします。
アプリの使い方で何か分からないことがあれば、電話・メール・チャットでいつでもサポートを受けることが可能。また、アプリを実際に動かしながら操作方法をレクチャーする、無料の利用説明会も定期的に実施しています。

また、導入が済んでからは、カスタマーサクセススタッフに変わってシステムサポートスタッフが運営についてのサポートを行います。施工管理アプリは初めてで、導入や運営のためのノウハウがないという場合にも、CONOC現場管理クラウドはおすすめです。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

現場に素早く浸透
CONOC現場管理クラウドの
資料をダウンロード

CONOC現場管理クラウドの導入事例

書類作成にかかる時間が半分以下に短縮!

入力の二度手間がなくなったのが一番大きいです!顧客情報に全てが紐づいているので、書類探しにも時間がかからなくなりました。
各書類のステータスもリアルタイムで更新されるため、追いかけ作業もとっても楽です
引用元:CONOC現場管理クラウド公式HP(https://conoc-dx.co.jp/lp/conocLP/)

売上達成率と評価を見える化することができ社員の数字意識にも変化が!

数値に基づいた評価ができるので、不平等感も無くなりました。
従業員一人ひとりが売上・粗利の目標をきちんと意識するようになり、現場全体のレベルアップに繋がりました。
引用元:CONOC現場管理クラウド公式HP(https://conoc-dx.co.jp/lp/conocLP/)

このスペックとサポートが月額たった5,000円!コスパが良すぎます

使いこなせるか不安もありましたが、直感的に理解できる作りなので簡単に使えています。
新しい機能が増えていくたびにサポート担当者が丁寧に教えてくれます。
引用元:CONOC現場管理クラウド公式HP(https://conoc-dx.co.jp/lp/conocLP/)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

導入後も安心のサポート
CONOC現場管理クラウドの
資料をダウンロード

CONOC現場管理クラウドの料金プラン

月額利用料金:5,000円~(税不明)

CONOC現場管理クラウドの運営会社情報

企業名 株式会社CONOC
設立年 1987年8月
所在地 東京都渋谷区渋谷1-1-3 アミーホール504
URL https://conoc-dx.co.jp/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

\このサービスと決めている方はこちら/

お手頃価格で導入!
CONOC現場管理クラウドの
資料をダウンロード

まだある!施工管理アプリ

ANDPAD

ANDPAD公式サイト画像画像引用元:株式会社アンドパッド公式サイト(https://andpad.jp/)

ANDPADの特徴

利用者数17万社、ユーザー数44万人を誇っているANDPAD。経営から現場まで建築業界のDX化をワンプラットフォームで図ることを目指している施工管理アプリです。ゼネコンや住宅会社、設備工事など幅広い建築関連会社に選ばれています。

施工管理・図面・チャット・検査・ボード・受発注・黒板・引合粗利管理・API連携・資料承認・アプリマーケットなどの機能が備わっており、あらゆる業務に活用可能です。これらの機能を活用して、リアルタイムな情報がやり取りできる環境づくりを実現できます。

また、カスタマーサクセスやカスタマーサポートという専門部署を設置しており、顧客を組織全体かつ継続的にサポートすることも可能です。ANDPADをより効果的に活用できる体制づくりを支援してくれます。導入前には企業の状況・業務内容・課題などをヒアリングしたうえで、打ち合わせを繰り返しながら導入のプランについて提案。職人・協力企業に上手く浸透できるように実際のアプリを活用しながら説明会を実施しています。

さらに、きめ細やかカスタマーサポートも受けられるので、導入前・後も安心してANDPADを活用しやすい体制となっています。

ANDPADのサービス・プラン

ANDPADのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

ANDPADの口コミ・評判

労働環境が改善しました

ANDPADを導入してから確認や意思決定にかかる時間がかなり削減できています。仕事の質を高めつつ、無駄な時間が省けているので、労務環境も改善し、プライベートの充実にもつながっています。引用元:ANDPAD公式HP(https://andpad.jp/user_stories/1)

ANDPADの概要

企業名 株式会社アンドパッド
設立年 公式サイトに記載なし
資本金 108億9,209万円(資本準備金含む)
所在地 東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

SITE

SITE公式サイト画像画像引用元:株式会社CONIT公式サイト(https://www.conit.site/)

SITEの特徴

建築現場が抱えている課題の本質は、情報共有だと考えて開発された施工管理アプリです。現場に必要となる情報の共有を円滑にすることで、業務の無駄を徹底的に省けます。専門工事・短工事・小規模組織などに向けて開発されているので、より多くの業界が活用しやすいツールです。

SITEはチャット・スケジュール管理・案件管理の3つの機能に限定しているという特徴があります。3つに限定することで、シンプルなシステムとなり現場に定着しやすいシステムに。3つの機能は連携しているので、使い方によっては導入の効果は抜群にアップします。

また、導入する際には協力会社を含めた説明会・活用方法の提案・運用ルールの策定などを実施しており、3か月間徹底的にサポートを行っています。業界出身者が対応しているので、どのような使い方が良いのかも詳しくアドバイス可能です。

課題に合わせて4つのプランを用意しており、状況に合わせて機能をプラスすることもできます。コストや導入の目的などに応じて、ピッタリのプランを選択可能です。専門スタッフが課題に応じたプランの提案もしているので、もし自社にマッチしたプランが不明な場合でも相談できます。

SITEのサービス・プラン

  • 基本パック
  • 現場強化パック
  • 組織強化パック
  • フル強化パック

SITEの口コミ・評判

シンプルな機能が決め手でした

SITEはチャット、スケジュール、案件管理に特化したシンプルな機能で、弊社が希望する機能はカバーしていましたし、忙しい中で社員が難しく考えなくても扱える点が決め手となりました。
引用元:SITE公式HP(https://www.conit.site/case-studys/unity/)

SITEの概要

企業名 株式会社CONIT
創立年 2017年7月
資本金 8,800万円
所在地 東京都新宿区下宮比町2-1

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

蔵衛門

蔵衛門公式サイト画像画像引用元:株式会社ルクレ公式サイト(https://www.kuraemon.com/)

蔵衛門の特徴

工事の写真や電子小黒板、図面、大腸などが見える化できる施工管理アプリです。写真などの情報を起点として工事に携わる全てのメンバーがひとつに繋がることができ、あらゆる業務の効率化を推進します。

スマホ・タブレット・パソコンなどのツールで現場を確認でき、1ユーザーにつき2台まで同時ログインが可能なため移動中でもチェックしやすくなっています。また撮影した写真はその場でクラウドに自動保存されるため、自動で見やすく整理されるなど余計な手間も一切かかりません。

現場と事務所の往復が減り、遠方の現場であっても指示が出しやすくなるなどの効果が得られます。その結果、コスト削減・時間の有効活用などのメリットが期待できるのです。また自動で台帳作成もできるため、手間・時間の大幅削減にもつながります。

参加できるユーザーの人数は無制限なので、協力会社でも自由に招待が可能です。分かりやすい操作性になっているので、とくにパソコンなどに詳しくない方でも使いやすいツールと言えます。そのため導入するための教育に時間を割く必要もありません。

蔵衛門のサービス・プラン

  • フリー:0円
  • プレミアム:1メンバー660円

※料金は全て税不明

蔵衛門の口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

蔵衛門の概要

企業名 株式会社ルクレ
設立年 1995年9月20日
資本金 3,000万円
所在地 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル3F

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

Craft Bank Office

Craft Bank Office公式サイト画像画像引用元:クラフトバンク株式会社公式サイト(https://craft-bank.com/)

Craft Bank Officeの特徴

クラフトバンク株式会社では建設会社と建設職人がもっと儲かる仕組みを構築したいと考えており、クラフトバンクオフィスだけでなくマッチングや職人酒場などのサービスを提供しています。

クラフトバンクオフィスは専門の工事会社と地場のゼネコンの業務効率化を図るために開発されたオールインワンの経営管理システムです。経営者・営業は売り上げや利益をリアルタイムで見える化でき、現場の人工経費・請求・入金などを簡単にチェックできます。

一方の監督・職人はスマホを活用して報告・連絡・相談の業務をより簡単に。面倒な勤怠打刻・日報作成・経費申請などもスマホだけで完結できます。現場の状況をチェックする・明日の予定を確認するために、わざわざ帰社する手間もありません。

総務や労務にとっても使い慣れたエクセルの管理表を現場の報告に基づき自動で作成可能です。書類提出の催促・予定確認・社内確認などの業務負担が削減できるだけでなく、人為的な入力ミスなども減らせるといったメリットがあります。つまり色んな部署・職人にとって大きなメリットをもたらしてくれるツールなのです。

Craft Bank Officeのサービス・プラン

Craft Bank Officeのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

Craft Bank Officeの口コミ・評判

データを一元管理できるようになった

クラフトバンクオフィスを導入してから、まず全員のスケジュールがリアルタイムで共有されるこ とにより、わざわざ確認しなくても誰でも会社全体〜個人の予定・動きが把握できるようになりま した。

また、すべての案件について、日程、担当者、日報、関連する資料がひとつにまとめて管理できる ようになったおかげで、職人を遊ばせることがなくなり、月15件もの案件増が実現できています。
引用元:Craft Bank Office公式HP(https://corp.craft-bank.com/cbo/case/Shintec)

Craft Bank Officeの概要

企業名 クラフトバンク株式会社
設立年 2021年2月22日
資本金 1億円
所在地 東京都中央区日本橋久松町12-8 プライム日本橋久松町ビル 8F

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

Kizuku

Kizuku公式サイト画像画像引用元: コムテックス株式会社公式サイト(https://www.ctx.co.jp/kizuku2_pr/)

Kizukuの特徴

基本的なやり取りは現場トークだけで、業務のほとんどが完結する施工管理アプリになっています。チャット形式の見える化によって現場の無駄・無理・ムラを最小限に抑えることが可能です。いつでも・どこでも・誰でも使いやすいように簡単に使えるチャットトークでやり取りを行っています。

各現場に関わっている職人などの関係者間でグループトークが行え、メッセージ・スタンプや写真、図面、報告書などをトーク上にアップすることで、進捗状況が一目で把握可能です。前工程の進捗状況を見ながら次の肯定の準備を始める、他の現場へ補修などの施工対応を行うなど、現場調査の効率化にもつながります。

文章を打つのが面倒だと感じる方のためにスタンプも数多く用意しているので、秒レベルでのメッセージ共有が可能です。毎日数点の写真をアップするだけで、品質維持など工事の詳細も可視化しやすくなります。
トーク・図面/写真管理・現場管理・プロジェクト管理・入退場管理・グループウェアなどの機能も備わっています。ほかにもオプション機能もあるため、必要な機能をセレクト可能です。

Kizukuのサービス・プラン

  • 初期費用:110,000円
  • プロプラン30:22,000円
  • プロプラン50:33,000円
  • プロプラン100:55,000円

※料金は全て税不明

Kizukuの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

Kizukuの概要

企業名 コムテックス株式会社
設立年 1989年4月26日
資本金 36,000,000円
所在地 富山県高岡市東中川町7-18

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

SPIDERPLUS

SPIDERPLUS公式サイト画像画像引用元:スパイダープラス株式会社公式サイト(https://spider-plus.com/)

SPIDERPLUSの特徴

建設・メンテナンス業に向けて、図面や現場管理ができる施工管理アプリです。図面管理・写真管理・電子黒板・帳票出力まで対応しており、記録や報告作業の負担を大幅に短縮できます。クラウド式になっているので、会社や事務所のメンバーとも容易に進捗状況など情報共有がしやすくなっている点も特徴的。

現場まで図面などの荷物を持っていく必要もなく、タブレットさえあれば完結可能です。もし想定外に図面の確認が必要になったとしても慌てることなく、サクサクとタブレットでチェックできます。また現場と事務所の往復回数も減らせるため、コストダウンも図れます。

これまで紙ベースで行っていた施工管理業務をタブレットだけで完結させることによって、月に数十時間の労働時間削減も可能。時間外労働の上限規制に対しても効果的なアプローチが行えます。職場環境の働き方改革にもつながり、離職率低下などの効果も期待できるのです。

照度測定機能・配管勾配測定機能・風量測定機能・進捗管理機能・杭施工記録機能・S+BIM・コンセント試験機能など様々な機能も搭載されているので、現場でも使いやすいようになっています。

SPIDERPLUSのサービス・プラン

SPIDERPLUSのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

SPIDERPLUSの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

SPIDERPLUSの概要

企業名 スパイダープラス株式会社
設立年 2000年2月
資本金 公式サイトに記載なし
所在地 東京都港区虎ノ門2-2-1 住友不動産虎ノ門タワー27階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

デキスパート

デキスパート公式サイト画像画像引用元:株式会社建設システム(KENTEM)公式サイト(https://www.kentem.jp/)

デキスパートの特徴

30種類ほどのソフトから構成されている土木工事の施工管理向けの総合的ソリューションシステムです。各ソフトがデキスパートの基本部で起動し、工事名など基本となる情報を共有でき、ソフトのデータ連動もスムーズになっています。技術を提案するだけでなく、電子納品までの業務をトータルで管理できるため、現場の施工業務をより効率化できる点は特徴的です。

30種類以上のソフトは業務に欠かせないソフトだけをチョイスできるため、自社に合ったオリジナルのシステムが構築できます。ソフト間でのデータ共有もできるため、重複したデータ入力作業を省くことが可能です。そのため人為的な入力ミスも起こりにくくなります。

特にインストロール制限もなく、同時に複数台で作業しても問題ありません。付属のLAN版プロテクターを認識しているネットワーク上なら、印刷・データ出力も無制限となっています。

たとえば積算情報を読み込み、作業の情報として労務・機械・資材・測点・施工管理基準などをデキスパートの基本部内で管理し、オプションソフトで登録情報などを管理することで、あらゆる工程の作業効率アップを実現。

デキスパートのサービス・プラン

デキスパートのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

デキスパートの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

デキスパートの概要

企業名 株式会社建設システム(KENTEM)
設立年 1992年7月2日
資本金 4000万円
所在地 静岡県富士市石坂312-1

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

エニワン

エニワン公式サイト画像画像引用元:エニワン株式会社公式サイト(https://www.any-one.jp/)

エニワンの特徴

3300社以上・ユーザー数13,000人以上・継続率99.4%などの実績を誇っている施工管理アプリです。常に顧客の声を反映しており、アップデートし続けています。工務店・リフォーム会社の業務に特化しており、大手から中堅、個人まで規模に関係なく使用可能です。

電気工事や設備工事などの工程でも自由に使用でき、新しい形での利益率アップを図れるソフトになっています。

エニワンの特徴と言えば、建材流通商社であるナカザワ建販が開発しているという点です。業界を知り尽くしているからこそ、細部までこだわっており、使い勝手の良さやサポート体制が充実しています。工務店の業務の効率化を目指すことで、工務店の負担軽減も図れるなどのメリットあるのです。

導入時には動画マニュアルを用いて、定期的なオンラインミーティング・講習などを実施し、スムーズな稼働をサポートしています。バージョンアップやヘルプデスクなどのサポートは全て無料です。有料にはなりますが、追加講習やオンライン打ち合わせ、各種帳票カスタマイズ、エクセル修正レクチャーなどにも対応できます。

エニワンのサービス・プラン

エニワンのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

エニワンの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

エニワンの概要

企業名 エニワン株式会社
設立年 公式サイトに記載なし
資本金 3000万円
所在地 大阪府大阪市中央区安土町1-6-14-5階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

LIXIL現場情報共有システム

LIXIL現場情報共有システム公式サイト画像画像引用元:株式会社 LIXIL公式サイト(https://ssl.gltomonokai.com/)

LIXIL現場情報共有システムの特徴

LIXILが事務局を務めており、多くの事業者と一緒に会員を支援する「協働共栄」を理念としている組織である「Good Living 友の会」が提供している施工管理アプリです。クラウドシステムで、社内・業者間での情報共有がしやすく、建設現場管理の効率もアップできます。

たとえばスマホやパソコンなどで簡単に図面などを見ることができ、FAX・メールよりも配布の手間や労力が大幅に省けます。現場ごとに指定した業者だけで共有できるため、セキュリティ面でも安心です。

新築1棟につき1GB、1社50GBまで保管ができ、リフォーム物件は件数無制限となっています。そのため現場の様々な情報を一元管理しやすく、現場の状況の写真なども気軽に共有可能です。

また、協力業者別にスケジュール管理も容易になっているため、今後の工事のセクジュール調整などがしやすくなっています。社内での情報共有もできるので、営業・経理・設計・工務・業務など他部署の情報問い合わせ・確認なども少なくなるなどの効果も期待できるのです。

LIXIL現場情報共有システムのサービス・プラン

  • 初期費用:220,000円
  • 月額利用料:11,000円

※料金は全て税込

LIXIL現場情報共有システムの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

LIXIL現場情報共有システムの概要

企業名 株式会社 LIXIL
設立年 1949年年9月19日
資本金 68,530百万円
所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号大崎ガーデンタワー24F

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

KANNA

KANNA公式サイト画像画像引用元:株式会社アルダグラム公式サイト(https://lp.kanna4u.com/)

KANNAの特徴

3万社以上の企業から導入されているシステムであり、現場・経営から支持され続けている施工管理アプリです。

同時に並行している現場であっても案件一覧・案件カレンダー・案件ボードなどで現場の進捗状況を一元管理ができます。常に情報は更新されるので、最新の情報を把握しやすいです。またオプションにはなりますが、API連携によって、基幹システムとの連携も柔軟に対応でき、ビジネスに応じたオリジナル機能の開発も実現。よりカスタマイズされたオリジナリティのあるDX化が行えます。

システムを導入するにあたって、一番不安な点はセキュリティ面です。KANNAであれば企業ごとのセキュリティレベルに合ったオプションを強化することも可能。2段階認証・監査ログ・IP制限などにも対応しています。

さらに、専任の担当者がオンラインで操作などのシステムの説明会を実施。KANNAの効果的な活用方法のアドバイスやカスタマイズの代行作業など、さまざまなサポート体制も整っているので安心です。専任担当者が企業ごとに応じた最適なプランの提案も行ってくれます。

KANNAのサービス・プラン

  • ライト
  • ベーシック
  • エンタープライズ

KANNAの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

KANNAの概要

企業名 株式会社アルダグラム
設立年 2019年5月8日
資本金 公式サイトに記載なし
所在地 東京都港区芝浦1丁目1-1 浜松町ビルディング11階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

Photoruction

Photoruction公式サイト画像画像引用元:株式会社フォトラクション公式サイト(https://www.photoruction.com/)

Photoructionの特徴

建設現場の生産性向上を目指すための建設生産支援に特化したクラウドツールです。建設生産に関して、業務をソフトウェアで効率化することが可能で、スマホやタブレットなどで大量の写真を撮影したとしても自動で整理できます。また電子黒板・台帳作成なども簡単なので、生産性も向上しやすいツールです。

建設業向けに考えられたサービスを数多く用意しており、ソフトウェアの中から選択することで自動化可能な「BPO機能」も備わっています。そのためソフトウェアだけでは困難なケースでも柔軟に対応しやすくなっているのです。

さらにカスタマイズが容易に行えるのも特徴のひとつ。企業ごとに最適化したカスタマイズ開発が行えるので、自社のDX戦略にも役立つツールに仕上がっています。

効果を最大限生み出すための導入支援をはじめ、困ったときに気軽に相談できる体制や状況に合わせて選択できるサポートプランなども整っているので安心です。初期設定などのサポートだけでなく、運用レポート共有やセキュリティレポート共有、新機能案内などのサポートにも対応しています。

Photoructionのサービス・プラン

Photoructionのサービス・プランの詳細は、公式サイトに記載が見当たりませんでした。

Photoructionの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

Photoructionの概要

企業名 株式会社フォトラクション
設立年 2016年3月14日
資本金 2,382百万円
所在地 東京都中央区築地5丁目4−18 汐留イーストサイドビル 6階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

現場ポケット

現場ポケット公式サイト画像画像引用元:株式会社アステックペイント公式サイト(https://gempo.info/)

現場ポケットの特徴

施工管理者の悩みに寄り添って開発された施工管理アプリです。現場に関わる人と人が円滑にコミュニケーションを取れるようにサポートしており、あらゆる現場の悩みが解決できるようなシステムを構築。

徹底的に機能を絞ることによって導入の費用を抑えているという点は特徴的です。初期費用は一切不要で、年間契約であれば月に9,680円というリーズナブルな費用設定になっています。アカウント数無制限・データ容量無制限・現場登録数無制限なので、どのような規模であっても使いやすさ抜群です。

またサポートセンターが完備されているため、検討期間や導入・運用までトータルでサポート。専門のスタッフが導入に関する不安に寄り添いながら、丁寧にフォローできる体制となっています。無料体験セミナーもあるため、導入前にどのような操作性かチェックすることも可能です。

トーク機能・アルバム機能・日報機能・報告書作成機能と非常にシンプルな機能を搭載。無駄な機能を排除し、現場での使いやすさを追求したアプリになっています。

現場ポケットのサービス・プラン

  • 初期費用:0円
  • 月額契約:11,000円

現場ポケットの口コミ・評判

公式サイトに記載がありませんでした。

現場ポケットの概要

企業名 株式会社アステックペイント
設立年 2000年10月
資本金 公式サイトに記載なし
所在地 福岡市博多区博多駅東3丁目14番1号 T-Building HAKATA EAST 9階

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

クラフタ

クラフタ公式サイト画像画像引用元:クラフタ公式サイト(https://crafta.site/)

クラフタの特徴

クラフタは、パソコンが苦手な職人さんでも使いやすい施工管理アプリです。複雑な操作は一切なく、誰でも簡単に操作できます。

クラフタには、LINEとほぼ同じ使い勝手を持つメッセージ機能が搭載されているため、職人さん同士のコミュニケーションを円滑にし、現場の情報共有をスムーズにします。
また、メッセージで送った写真は各現場の専用フォルダに自動格納されるため、写真管理の手間を削減することも可能です。

クラフタのサービス・プラン

クラフタは完全無料で利用できます。

クラフタの口コミ・評判

情報共有による齟齬や抜け漏れが解消

クラフタを導入したことによって、情報共有による齟齬や抜け漏れは解消されたと感じております。今までは、バラバラなツールを使っていたことによって、情報の抜け漏れが生じていました。それがクラフタという一つのツールで、情報共有できるというのは誰しもがハッピーになります。引用元:クラフタ公式HP(https://crafta.site/cases/renocraft/)

クラフタの概要

企業名 株式会社グローバ
設立年 2014年
資本金 2,300万円
所在地 東京都渋谷区渋谷2-14-4 渋谷mImビル4F

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

施工管理アプリのメリット

そもそも施工管理アプリを導入するメリットを把握していなければ、導入の意味が分からないことも。施工管理アプリを導入することで、業務効率化や顧客満足度アップなどのメリットがあります。

工事の納期順守や品質確保

施工管理アプリを活用すれば情報が共有できるため、工事の状況把握がしやすくなり、細かな内容であればチャットでも相談可能です。情報一元化することで、情報の抜けなどもしにくくなるなどトラブル防止にも役立ちます。情報の連携が図れることによって、納期の遵守・品質管理などの効果も得られるのです。

業務効率化アップ

あらゆる情報が一元管理されることによって、情報はアプリ内で共有することができ、リアルタイムに最新の情報が反映されます。また写真の共有も可能なため、わざわざ現場に足を運び確認する手間もなく、大幅に手間を省けるといった効果が期待できるのです。人手不足などの課題を抱えている建築業界において、業務効率化アップは導入において大きなメリットとなります。

顧客満足度アップ

施工管理アプリを使用することで、業務効率化・工期の順守・短縮化などに繋がり、顧客にとっても大きなメリットになります。また顧客への報告頻度を増やすことで、顧客の安心感も図ることができ、信頼性向上にもつながるのです。

施工管理アプリ導入に関するよくある質問

Q1.施工管理アプリってどう選ぶの?

施工管理アプリと言っても、アプリによって搭載されている機能や使いやすさなどが異なります。そのため自社にあったアプリを選ばなければ後悔する恐れも高いので注意が必要です。作業現場のシステムと連携が図れるかどうか、必要な管理機能が搭載されているかどうか、使いやすさはどうか、利用人数・アカウント数などを必ずチェックしてください。
施工管理アプリによっては無料でお試しできるタイプもあるので、不安であれば無料お試しをしてみることも大切です。

Q2.施工管理アプリのタイプとは?

施工管理アプリと言っても「幅広い業種で活用できるタイプ」「特定の業種に強みがあるタイプ」「無料で使えるタイプ」に大きく別れています。どのタイプが良いという訳ではなく、自社の状況に応じて選ぶことが大切です。
たとえば経費をかけたくなくのであれば無料の方が向いていますが、ただ機能が限られているので求める機能が搭載されているかチェックしなければなりません。また事業範囲が多岐にわたっているなら幅広い業種で活用できるタイプの方が便利です。業種ならではの進め方などの特徴があるなら、特定の業種に強みがあるタイプの方が向いています。

Q3.施工管理アプリの導入費用は?

施工管理アプリは無料で使えるものから、数千円・数万円・数十万円まで非常に費用の幅が大きくなっています。必ずしも高ければ良いという訳ではなく、自社が求める機能が搭載されているかどうかが重要です。
また月額費用だけでなく、初期費用・オプション費用が発生するケースもあります。そのため気になるアプリがあれば追加費用がないかどうかなども、しっかりと費用面を確認してください。

施工管理アプリに関するまとめ

施工管理アプリは、建築現場などの業務効率化を図るうえでは必要不可欠なツールといえます。とくに建築現場では慢性的な人材不足もあり、業務効率化は喫緊に解決したい課題の一つです。
自社に合った機能を搭載した施工管理アプリを選ぶことによって、自社だけでなく顧客にとっても様々なメリットが期待できます。数多くのアプリがあるので、複数のアプリを比較・検討しながら自社にマッチした施工管理アプリを選ぶようにしてください。

施工管理アプリの比較一覧表を
もう一度チェック

【免責事項】
本記事は、2023年10月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ