日本の美邸の広告掲載料金やメリット・評判を調査

日本の美邸の広告掲載料金やメリット・評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

日本の美邸
引用元:日本の美邸公式サイト(http://www.fudosha.com/japanquality/)

日本の美邸の特徴

日本の美邸は、世界からも評価を受ける日本各地の高級住宅を取り上げる雑誌です。地域に根差した木の家づくりと暮らしを発信している「チルチンびと」の別冊として株式会社 風土社より刊行されました。

主な読者は富裕層で、海外の友人を家に招くことも想定されています。

ここでは日本の美邸への広告掲載を検討している注文住宅・ハウスメーカー様に、同雑誌の特徴や利用するメリットについて解説します。

さまざまな切り口から特集を組む

各号で「陰翳」「窓」「花と緑」など毎回新しい特集を組み、日本らしく美しい建築物を紹介しています。

「火」をテーマにしたときは、薪ストーブや暖炉、囲炉裏を取り入れた日本古来の味わいを残す邸宅を取り上げていました。

見開きで紙面いっぱいに住宅の写真を載せているページもあり、臨場感たっぷりです。品の良い家具とマッチした薪ストーブの写真から、使用する画像の質へのこだわりも感じられます。

受注単価アップに貢献

日本の美邸を生んだ「チルチンびと」という雑誌は、創刊から20年以上経っており、その間広告掲載による工務店の受注率アップに役立っているようです。

具体的には、
・平均受注単価は2,000万円から3,000万円台にアップ
・7,000万円〜 9,000万円台の受注が増加
・掲載建築家の受注単価は2億円~4億円平均に増加
という結果を出しています。

ターゲットは富裕層

日本の美邸を生んだ雑誌「チルチンびと」の主な読者は、公務員、小中高・大学教員、勤務医、地域企業経営者です。

またこの他に、企業創業者、病院経営者、上場企業役員、海外駐在経験者も増加傾向にあります。

高級住宅を取り扱う雑誌なので、読者は富裕層です。また日本邸宅の美しさを発信している点から、日本人としてのアイデンティティーや和の心を大切にしていることが分かるでしょう。

日本の美邸の広告掲載料金

掲載にかかる費用は、以下の通りです。

スペース サイズ 広告料
表4 270×200mm 1,320,000円(税込み)
表2対向 285×210mm 990,000円(税込み)
中面 285×210mm 770,000円(税込み)

※色数4Cで1ページを想定しています

上記の価格表は参考までにご覧ください。詳しく知りたい方は、公式サイトのお問い合わせフォームを利用すると良いでしょう。

日本の美邸の口コミ・評判

日本の美邸に広告掲載をした企業様の口コミは、見つかりませんでした。

しかし、すでに発行部数が25,000部を超えていることや、広告掲載をした工務店の受注率アップに貢献した実績を踏まえると、信頼できる媒体だと言えるでしょう。

日本の美邸に広告掲載するメリット

日本の美邸は、日本独自の美しさや高級感に重きを置いている雑誌です。雑誌のカラーを取り入れた広告を打つことで、自社のブランディングや信頼度アップに繋がります。

また読者は富裕層で、海外のお客様を招く家庭と想定されているため、ターゲットを絞って広告掲載ができるでしょう。

さらに特集のテーマに沿って自社の事例をPRすれば、記事との親和性が高まり、読者からの関心を集めることができます。

日本の美邸の広告掲載までの流れ

広告掲載をするまでの流れについて、記載がありませんでした。

一般的な流れは、以下の通りです。

  1. 広告掲載申込み
  2. 打ち合わせ・掲載号、発売日、広告体裁などの確認
  3. 原稿の作成・納品
  4. 初稿チェックなど
  5. 校了・出版

  6. 広告の申し込みや原稿の提出には、締切日が設けられていますので、掲載したい月号の入稿スケジュールを広告代理店や出版社である風土社に問い合わせてみてください。

    「日本の美邸」広告掲載料金やメリットまとめ

    日本の美邸への広告掲載は、ターゲティングをした訴求力のあるマーケティングに適しています。ただし刊行物の広告掲載は単発の場合、広告効果が限定されてしまいます。

    継続的な施策としては、Web集客の併用がマストです。

    • 他ハウスメーカーに特化したポータルサイトを活用
    • グーグルマイビジネスを利用し認知度を上げる
    • 雑誌媒体とWeb媒体の両方に広告を打つ
    • ポジショニングメディアで購買意欲の高い層を狙う

    といったマーケティング戦略を組み合わせて、顧客を集める集客チャネルを複数確保するようにしましょう。

    中小の工務店・ハウスビルダーのWeb集客なら全研本社へ

    雑誌などの定期刊行物に広告を掲載すれば、工務店やハウスビルダーのブランディングに役立ちます。フリーペーパーであれば、地域に密着したプロモーションが可能です。

    紙媒体はターゲットが細かくセグメントされていますが、Webメディアでも地域やターゲットを掛け合わせた戦略が可能であり、メディアを選べば中長期的な集客施策になります。

    全研本社が蓄積してきた住宅系メディアのノウハウや工務店ホームページ・LPの最適化の実績をもとに、いま優先すべきマーケティング戦略をご提案させていただきます。

    貴社が抱える課題やマーケティング戦略に関するお悩みなど、ぜひ弊社までご相談ください。オンライン商談の設定も可能です。

    工務店・ハウスビルダーの
    Web集客ご相談はこちら

    売れる工務店の
    集客方法とは?
    注文住宅のマーケティング戦略




ページトップへ