チンチルびとの広告掲載料金や評判をまとめて紹介!

チンチルびとの広告掲載料金や評判をまとめて紹介!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

チルチンびとの特徴

チルチンびと公式サイトキャプ田y

引用元:風土社公式サイト(http://www.fudosha.com/chilchinbito/)

チルチンびとは、住まいは生き方というコンセプトをもとに作られた住宅情報誌です。全国書店及びAmazonで販売されているため、住宅専門紙としては圧倒的な実売部数を誇っています。

1997年に創刊された同誌は、新和風住宅、今でいうところの和モダン住宅のブームを先導した影響力の強い誌面だといえます。さらに、シックハウスの問題を提起し、健康住宅のブームを盛り立てたことでも知られています。

さまざまなテーマの住まいを紹介している

チルチンびとには毎号テーマがあり、さまざまなテーマの住まいを紹介しているのが特徴です。たとえば、過去には、ご飯を楽しむ家・コンパクトな家・緑と暮らす・家で働く暮らし・60代、70代の家づくりなどがテーマとして取り上げられています。

昨今、核家族化や長寿命化により、住まいの在り方は大きく変わっています。コンパクトで実用的な家づくりが好まれたり、60代以降に住み替えを考える人が増えたりと、住まいに対する考え方が変化してきたのです。

チルチンびとは家づくりの流行を踏まえた誌面になっているので、家づくりを検討している人が参考にしやすい内容となっています。広告掲載をすることで、家づくりを考え始めた人に、自社を知ってもらうきっかけになるでしょう。

読者の心を惹きつけるアピールができる

チルチンびとは読者の心をくすぐる内容が盛りだくさんで、読者が真似したいと思うような家づくりを紹介しています。あからさまに広告だと分かるような演出ではないため、読者の心を惹きつけるアピールができます。

こんな暮らしがしたいと読者に思ってもらえれば、自社を知ってもらったり、サービスや製品の成約に繋げたりする効果が期待できるでしょう。

チルチンびとの広告掲載料金

スペース 色数 原稿サイズ(天地×左右) 広告料金
表 4 1 ページ 4C 270×200mm 税込110万円
表 2 1 ページ 4C 285×210mm 税込99万円
表 2 対向 1 ページ 4C 285×210mm 税込88万円
表 3 1 ページ 4C 285×210mm 税込88万円
中面 1 ページ 4C 285×210mm 税込77万円
見開き 2ページ 4C 285×420mm 税込132万円
縦 1/3 ページ 4C 265× 62mm(枠付き) 税込33万円

チルチンびとの口コミ・評判

チンチルびとの広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

チルチンびとに広告掲載するメリット

チンチルびとに広告掲載するメリットは、7年間で読者が5218棟も建てたいう実績のある住宅情報誌に掲載できるという点です。木の家づくりを望む人々がまず読む情報誌として幅広い層に支持されているため、広告を打つことで候補に入れてもらえる可能性が高まります。

読者がかける総工費は2500~3000万円が37.1%と最も多い

チンチルびとの読者が実際に家を建てた際に、かけた総工費は2,500万~3,000万円が37.1%と最も多い結果となっています。次いで、3,000万~4,000万円の層が32.3%、2,000万~2,500万円の層が16.7%でした。

上記から分かるように、平均的な総工費の家づくり、もしくはコスパに優れた家づくりを求める読者が多いことが分かります。上記の価格帯のラインナップを揃えている会社は、広告を掲載すると狙い通りのターゲットを集客できる可能性が高いでしょう。

読者は会社員・公務員・自営業が多く、1世帯が過半数以上を占めている

チンチルびとの読者で実際に家を建てた人の多くは、会社員・公務員・自営業というデータがあがっています。

会社員が23.7%、公務員が19.9%、自営業が18.0%です。また、読者の多くが1世帯で、実際に建築した読者の67.5%は1世帯でした。上記のデータからみると、核家族世帯向けの広告掲載が向いているといえるでしょう。

チルチンびとの広告掲載までの流れ

チンチルびとに広告掲載をするときは、風土社までお問い合わせください。タイアップ広告に関しては取材期間が必要なため、ある程度期間がかかります。早めに掲載依頼をする必要があります。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

注文住宅・ハウスメーカーの広告掲載を考えているなら、チンチルびとに掲載するのも一つの手です。とはいえ、総工費を2,000~4,000万円で考えている読者層が多いため、自社で提供している価格帯と合わない可能性があります。他の広告媒体も合わせて検討すると、より集客効果が高められるでしょう。

・低価格・高価格の住まいを検討している読者が多い雑誌に広告掲載をする。
・SNSで特典企画を行うなど、若い層にも届くアプローチをする。
ポジショニングメディアで成約に至りそうなユーザーを抽出して広告を打つ。

上記の方法も織り交ぜて戦略を立てると、より自社の製品に合う顧客を集められるでしょう。
注文住宅・ハウスメーカーの集客
広告方法まとめ

ページトップへ