アットホーム(athome)の掲載料金や広告集客効果を調査

アットホーム(athome)の掲載料金や広告集客効果を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

アットホーム(athome)とは

アットホーム株式会社が運営する不動産ポータルサイトです。1967年の創業以来、不動産に関する数多くの情報を提供し続けています。

アットホーム加盟店・利用不動産店数がおよそ57,000店(2020年1月1日現在)、物件情報はなんと1,967,000件以上(2020年1月1日現在)も公開されています。

この数字を見ても分かる通り、多くの不動産会社がアットホームを利用して物件情報を発信しているのです。

これらの不動産会社は一般住宅や集合住宅はもちろん、店舗やオフィス向けの物件、リゾート物件など、多彩な物件を提案しています。

多くの不動産を発見できるポータルサイトとして知名度も高く、さらにエリアごとのアットホーム加盟店である不動産会社を探す機能や、契約・売却時に必要となるノウハウをまとめた情報ツールの配信等、多彩なコンテンツを掲載していることも魅力のひとつでしょう。

アットホーム(athome)の運営会社情報

運営会社 アットホーム株式会社
サイトURL https://athome-inc.jp/
住所 東京都大田区西六郷4-34-12
事業 不動産会社間情報流通
消費者向け不動産情報
不動産業務支援

アットホーム(athome)に広告掲載するメリット

アットホームでは3日に1度加盟店を訪れて、現場の声や悩みを聞いており、サービスの向上を図っています。また、週に1、2回の客付け可能チラシの配布も行っています。このようにアットホームと加盟店、加盟店と加盟店のネットワークを確保できる点がメリットとして挙げられます。

利用不動産店数が多いのは先に記載した通りです。店舗数が多いからこそ最大20社の同時査定ができ、一度に多くの不動産会社と比較可能になっています。この機能を上手に活用することで、ユーザーに自社のアピールポイントを印象づけることができます。

また、お気に入りの登録者数が多い物件は「人気物件ランキング」として、公開されるため、良い物件を紹介した分だけ成約率がアップします。

物件情報はアットホームのサイト内だけで集客しているわけではありません。Yahoo!Japan不動産やgooなどの提携サイトでも掲載されるため、幅広いユーザーに向けて物件を提案できます。さらに掲載する物件情報項目のひとつに「おすすめコメント」欄が設けられており、物件の優位性やオリジナリティをコメントに載せて紹介できるというユニークなサポート体制も整っています。

加盟店の多いアットホームは、「おとり物件」等の不動産情報が流通し、質が低いのじゃないかと不安視する方もいらっしゃいます。しかし、アットホームは独自の情報掲載ルールや審査体制を設けているため信頼できる物件、不動産会社を掲載しているのです。

アットホーム(athome)の掲載料金

公式サイトでは公開されていないのですが、約3万円/1ヶ月で100件ほど掲載可能なプランがあるようで、また入会金も32,400円(2017年1月時点)必要となるようです。

掲載課金と反響課金

不動産ポータルサイトの課金システムは、広告枠で費用が発生する掲載課金と問い合わせに対して費用が発生する反響課金の2種類があります。

athome(アットホーム)の掲載料金は広告枠で決まっているため、前者の掲載課金システムとなります。

アットホーム(athome)の掲載までの流れ

  1. 問い合わせ(電話orメール)
  2. 営業担当からの連絡受け取り
  3. 営業が訪問し物件掲載についての説明
  4. 申し込み
  5. 掲載開始

アットホーム(athome)で掲載集客効果はあるか

アットホームは店舗・事務所物件に強いため、これらの物件をメインに扱う業者の登録は必須と言えるでしょう。またひとつの地域で活躍する、いわゆる地元の不動産会社(中小規模)が多く利用していることで、アットホームにしか掲載されていないような不動産会社もあります。

つまり地域密着型の不動産が多く登録されているため、ユーザーはエリアに特化した不動産会社やその物件を探しやすいということです。

これはインターネット上の情報でも広く公開されていて、調べればすぐに分かります。地域密着型の不動産を探すユーザーの検索意図として、十分すぎる理由となるでしょう。

すでにお分かりだと思いますが、地域に特化した不動産を見つけるなら「athome」という認識を持つユーザーは少なくありません。エリアマーケティングを心がけた物件を紹介することで、よりユーザーの購買意欲を高めることができるでしょう。

また、魅力的な物件を掲載した不動産集客を実現することはもちろん、この地域ので不動産に関する相談をするならこの不動産屋であるというポジショニングをとることも大切です。

全研本社では、7000以上のWeb集客実績やポジショニングメディアによる購買検討層を狙い撃ちした商圏特化型のポータルサイト戦略を実現してまいりました。
直近の集客だけではなく、地域で撰ばれ続けるWebマーケティング戦略にご興味をお持ちでしたらお気軽にご相談ください。

集客のご相談はこちら
物件や会社情報掲載前に知っておきたい不動産ポータルサイト集

お問合せはこちら

不動産・住宅関連ページ

ページトップへ