スマイティの掲載料金や広告集客効果を調査

スマイティの掲載料金や広告集客効果を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

スマイティとは

スマイティは大手価格比較サイト「価格.com」や、グルメに関する有名レビューサイト「食べログ」等のインターネット関連のサービス事業を展開する株式会社カカクコムが運営する不動産ポータルサイトです。

また、アパマンショップやSUUMO、いい部屋ネット等々の大手賃貸サイトの豊富な不動産情報が集まっているため、ユーザーも希望通りの物件を見つけやすい環境が整っています。

なお取り扱っている賃貸物件数は、5,300,000件(2018年9月末時点)と、日本最大級の規模を誇ります。

掲載している物件は賃貸だけではなく、新築や中古マンション、一戸建ての購入に関する提案も行っていて、さらに所有している不動産の売却にも対応しており、住まいに関するあらゆる要望に応えているポータルサイトです。

スマイティに掲載するメリット

スマイティは物件の探しやすさとその結果の見やすさに定評があります。

エリア検索や家賃相場から賃貸物件を検索することはもちろん、新しく掲載された新築物件を目立つように表示する等、視覚的に物件を認識しやすくなっています。

スマイティならではのユニークな条件検索として「住みやすい街」から物件探すこともできます。この機能では、住んでる街・住みやすい街の補助金や地価、災害情報、レビューなどの情報を集約し、住みやすい街を紹介しています。

婚姻率ランキングや犯罪率ランキング、空き家ランキング等の様々な統計データも集められており、まだどこのエリアに住もうか決まっていないユーザーが住みたいと思える街を探すのに大いに役立ちます。

地域ごとの特性・特徴を把握して適切なマーケティングを行うことにより、「住みやすさ」という観点からそのエリア内の物件をユーザーにアプローチすることも十分可能です。

物件情報をイメージしやすいサイト構成

さらにスマイティでは画像や間取図の提供も必須事項となっており、登録した画像は部屋情報として検索結果に表示されます。

このように物件情報をイメージしやすいサイト構成になっているため、ユーザーが物件の特徴を簡単にイメージできる工夫をする等、より魅力的な画像を用意すると反響率も向上するでしょう。

成約率を高める工夫も

もうひとつのメリットとして、キャッシュバックキャンペーン開催による成約率の高さがあります。

専用フォームから気になる賃貸物件に問い合わせ、入居が決定したら、キャンペーンに応募(問い合わせから45日以内)して完了。たったこれだけの作業で最大現金10,000円も受け取ることができるのです。

このようなキャッシュバックキャンペーンでは、「アンケートを提出しなければならないだろう」と思われる方もいますが、スマイティでは、そのような面倒な作業が一切なく、スムーズに入居祝い金が支払われるため、ユーザーも気軽に不動産会社に問い合わせることができるのです。

このことから分かるように、お祝い金目当てのユーザーもいるため、成約率が比較的高くなります。

スマイティの掲載料金

不動産ポータルサイトでは、掲載課金と反響課金の2種類の課金モデルがあります。掲載課金では、広告枠を設け、その枠ごとに掲載料金がかかるというものです。一方、反響課金とは、問い合わせがあるたびに料金が発生するという課金モデルになります。

スマイティはというと、物件掲載料を無料にし、問い合わせがあった場合にその手数料を支払う反響課金制を取り入れています。

スマイティの掲載方法について

スマイティに広告を掲載する際には、賃貸物件広告の場合「お問い合わせフォーム」より案内資料請求が必要となります。

また、新築・中古マンション、一戸建て物件の広告の場合は「お問い合わせフォーム」から詳細依頼しなくてはいけません。

いずれにしても、スマイティトップページ下部「広告掲載について」から、案内に沿って作業する必要があります。

スマイティで集客効果はあるか

多くの不動産ポジショニングメディアと連動し、他サイトに掲載されている不動産情報が閲覧できるスマイティは、不動産ポータルサイトのポータルサイトといった立ち位置で多くの物件情報を発信しています。

そのため、多彩なユーザーニーズに対応しており、豊富な選択肢のなかから自分に合った不動産を見つけたいというユーザーに自社物件を見つけて貰える可能性があります。

さらにスマイティでは、間取図・画像登録を必須事項であったり、物件の周辺地域情報を把握するために正確な地図情報を表示したり、多数の不動産会社が取り扱っている物件をひとつにまとめたりと、ユーザーが使いやすく、見やすいサイトを徹底して提供しています。

このように視覚情報を数多く表示しているからこそ、所有する物件のイメージが捉えやすく、そこから物件の魅力をアプローチすることも可能です。

先にも記載しましたが、細かい条件での検索もできるため、部屋に特徴や強みがある場合にユーザーから見つけてもらいやすくなっています。

お祝い金目当てのユーザーもいるため、自社物件の優位性をアピールすることで、多くの反響を得ることができるでしょう。

不動産会社が知っておきたい集客方法

不動産・住宅関連ページ

ページトップへ