アパレルの経営推進はコンセプトを土台にした方向性の統一がカギ

アパレルの経営推進はコンセプトを土台にした方向性の統一がカギ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

アパレルの経営を強化するポイントとは


まず経営を行う上で考えるべきものは、そのブランドの戦略です。戦略立案を行うにあたり重要なのは、「誰に」「何を」「どうやって」売るかを考えることです。この内容は具体的に決定する必要があり、これらを元にブランドのコンセプトを決めていきます。

コンセプトが決まれば、どういったプロモーションや広告をうつべきかという方向性も明確になり、経営や販売戦略にあたって考えるべきこともはっきりとしてきます。

このようにアパレル経営を行う上では、その基礎となるブランドコンセプトの立案という土台作りが大切なのです。

環境やルールが変化していることに留意する

経営者は、世の中の潮流を十分に理解しておく必要があります。現在アパレル業界は、激変の最中だと言うことを忘れてはなりません。

衰退していく既存産業

一時期一斉を風靡したファストファッションは、衰退の一途を辿っています。消費者の意識が変化したことが大きな要因となっており、日本市場からも撤退が相次いでいます。また、百貨店産業も衰退の一途を辿っており、アパレル業界は大きな転換期を迎えているのです。

新たなビジネスモデル

そんな中、新たに台頭してきているのはECをビジネスモデルの中心としたアパレルブランドや、大手ではないベンチャー企業も続々と参入を続けています。彼らの強みは、デザイン力などではなく、テクノロジーを駆使した戦略です。

これまでのアパレル業界は、デザインや価格と言った素人目でもわかる内容が重視されてきました。しかし現在は、デザインだけではない顧客への価値提供が重視されているのです。

生き残るアパレルの特徴


では今後、どのようなアパレルブランドが生き残っていくのでしょうか。

アパレル業界を取り巻く制作現場は、劣悪なものであるとされてきました。このような現状を顧客が理解している今、ただ安いだけの服や、意味もなく高い服は受け入れられなくなってきています。

自社独自の価値を提供できているか

アパレルがブラントとして生き残っていくために必要なのは、自社独自の価値を提供できているか、という点です。例えば「私たちのブランドが生まれた背景はこうなんです」というストーリーを、経営者が自分の言葉で説明できるかなどが非常に重要となります。

デザインも一見同じように見えても、ブランドの背景となるストーリーが見えれば、それだけで差別化の要素となります。

ファンを離れさせない仕組みづくり

そして大切なことは、ファンを離れさせない仕組み作りを行うことです。

「このブランドの服さえ着ていればお洒落に見える」「このブランドはいつも自分好みの服を出してくれる」など、顧客に印象付けることが仕組みとしては有効です。

例えばユニクロの場合、安価でありながら普段着、オフィス着として活用できる印象を持つ人は多いのではないでしょうか。さらに、ユニクロを着ておけば、シンプルながらすっきりとした印象を与えることができます。

このように、お洒落感度が高い人はもちろん、そうではない人も購入できるようにファンを囲い込んでいるのです。

客単価向上で売上アップをねらう

がんばっても集客できないなら
一度ファン化した顧客には、単価アップを期待することができます。しかしファンと言えど、接客を行ってほしいわけではないかもしれません。顧客との適切な距離を見抜ける販売員こそ、売上を獲得できると言えるでしょう。

アパレルの経営を圧迫する在庫管理を改善

アパレル産業の経営を圧迫している要因に、在庫を抱える必要があるという点が挙げられます。商品の種類が多く返品のリスクがあることから、在庫を過剰に抱えてしまった場合には、ブランドにとって大きなリスクとなります。さらにアパレルの場合、定価で販売できる期間が短いからこそ、一度抱えてしまった在庫分を取り返すのが難しくなってしまうのです。

これまでアナログで管理されてきましたが、現在は在庫管理用のツールも多く開発されています。この部分の負荷はもちろん、人件費の削除も経営には非常に重要になるでしょう。

新たな集客方法でリピーターづくりも

アパレルの経営を安定化させる上で、リピーターはとても大切です。お客様を呼び込む集客方法をしっかり確立することで、さらなる売上アップや経営の拡大を目指すことができます。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアについての紹介資料

当社のWEBマーケティング戦略のひとつである「ポジショニングメディア」について、アパレル業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

アパレル業界のポジショニングメディア戦略についての資料はこちら

アパレルの集客・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!

ページトップへ