アパレルの差別化戦略!独自の強みで集客を促進

アパレルの差別化戦略!独自の強みで集客を促進
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

アパレルで差別化する方法・考え方

差別化のために必要なこととは

差別化、と聞いてまず何を思い浮かべるでしょうか?

他のブランドとの「違い」を真っ先に思い浮かべた方は、本当にそうなのか考えてみてください。なぜならば、差別化を行うにあたり最も重要なのは、自ブランドが持つ「価値」を明確に把握しているかどうかだからです。

「価値」と一言に言っても、その内容は様々です。

気を付けなければいけないのは「自分が思う価値」と「顧客にとっての価値」は、違う可能性が高いということ。差別化ということを念頭に置いて考えるのであれば、「顧客にとっての価値」を優先してなくてはなりません。

今一度、自分のアパレルがどのような「顧客にとって価値」を与えているのか考えてみてください。デザイン、機能性、配色…様々なものがあるでしょう。そして本当に、顧客が価値を感じられるものになっているのか、検討してみましょう。

顧客にとっての「価値」とは?

では実際に、「顧客にとっての価値」とは何でしょうか?日頃私たちは、この価値という言葉を多用しているため、提供している内容が本当に価値かどうか、深く考えるタイミングがなかったかもしれません。

顧客に与えられる「価値」とは、顧客がその商品を選ぶ明確な理由と言い換えることができます。新しいブランドを構築したり、新たな商品を開発する際に、しばしばアイディアをベースにその内容を構築しがちです。

しかしその一見画期的とも思えるアイディアは、本当に顧客にとって有効なアイディア、すなわち価値となるのかは、一旦冷静に考えてみる必要があります。

機能的価値の限界

価値を追い求めていくと、価格優位性を追求したり、機能性を追求することが多くなります。しかし価格だけに重点を置くと、価格競争を強いられ、経営が不安定になる可能性が残ります。また機能性は、ある程度の商品になれば一定の機能性を備えているため、素人目には区別がつかなくなっていまします。

その時に重要になるのが感情的価値です。人は商品を選択する際に、機能性だけで選ぶわけではありません。「なんとなくかっこいい」「なんとなくオシャレ」というように、自身の感情が揺れる商品を選択するとがあるのです。

商品の成り立ちといったストーリーは、他の商品には付随しない内容です。だからこそ、そのように感情的な価値を付随させることが、差別化において最も重要だと言うことができます。

アパレルのブランディングとは

ブランディングとは?

ブランディングとは、そのブランドに対する共感や信頼など、ブランドに対する価値を高めていくためのマーケティング戦略を指します。ブランドのコンセプトや構成要素を明確にすることで、そのブランドがどのようなブランドかを明確にしていくのです。

ブランディングをする上で必要な考え方

最も大切なのは、顧客にどれだけ共感してもらえるかという点です。

現在アパレルプランドは数多くあります。その中で顧客に選択してもらうためには、顧客から共感を得られるようなブランディング施策でなくてはなりません。

ただかっこいい、お洒落というだけでは顧客は見向きもしてくれません。なぜこのブランドはこのようなコンセプトなのか、しっかりと文字やビジュアルで説明できるように、明確にしておく必要があります。

出店戦略でも差別化の考え方が重要

出店場所はもちろん選択することができますが、果たしてその場所は戦略的に選択出来ているでしょうか?何よりも大切なのは、戦略的に出店場所を選択することです。

立地戦略を考える

路面店が良いのか、もしくは大型店の中に店舗を出すのが良いのか。もしくは大型点が良いのか、小型店が良いのか…、立地戦略の切り口は様々です。

そのため出店可能性がある場合にはその地域を調査する立地戦略が非常に重要です。さらに、他店舗と比較を行う中で、自店舗がどのような状態であれば生き残ることができるのかという、エリアポジション戦略を考える必要があります。

生き残っている店舗を参考にする

これらを踏まえた上で大切なのは、現在生き残っている店舗を参考にすることです。実店舗であっても、ECであっても、生き残っているのには理由があります。その理由を的確に把握できれば、それが自ブランドを存続させる戦略になるかもしれません。

現在も生き残っている店舗は、明確にエリアポジション戦略を引けている場合が多いです。そのため他のブランドを参考にしながら、ターゲットが似ている場合にはその差別化も意識して戦略を立てるとより強固なエリアポジション戦略が完成します。

差別化した強み・ブランディングを伝える広告を

せっかく自ブランドや自店舗の強みを作り出しても、それが伝わり、認識してもらわないと意味がありません。例えば、チラシやホームページ、SNSやポジショニングメディア、アプリなど、アパレルの集客方法に興味のある方は以下をチェックしてみてください。

ポジショニングメディアの紹介資料


ポジショニングメディアについての紹介資料

当社のWEBマーケティング戦略のひとつである「ポジショニングメディア」について、アパレル業界のものを資料にしました。すでに導入されたお客様の声や、一般的なWEB集客手法の課題もまとめています。

アパレル業界のポジショニングメディア戦略についての資料はこちら

アパレルの集客・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!

ページトップへ