エステサロンのリピーターを増やす方法

来店時に次回予約を取ってもらう

来店時に次回予約をしてもらうことは、シンプルながら非常に有効です。施術が終了し、気持ちが少し高まっている状態の時に「この状態を維持するために…」など理由を添えて、次回予約を促すと良いでしょう。
いま予約をすると割引がある、おまけの施術が無料になるなど、次回予約をすることで目に見える形の特典が付いていれば、より予約してもらいやすくなります。

実際にエステの場合、継続して通った方が効果的な施術内容が多いはずです。対面で話すことができるタイミングで次回予約を獲得できるように、ダメもとでも次回予約についてご案内してみましょう。

ポイントカードを活用する

来店時にポイントを貯めるポイントカードを作成するという手段があります。近年紙のポイントカードは減り、LINEなどを活用してショップカードを作成できるようになりました。
ポイントが貯まることで割引を適用することができ、顧客にとっても何回来ているのかという目安になります。数が多いほどに、なんとなく嬉しくなるような気持ちも含めて効果的な施策です。

ダイレクトメールを送る

誕生日などにダイレクトメールを送ることも効果的です。
実際に、誕生日のシーズンはイベントが増える人は多いのではないでしょうか。だからこそ誕生日に合わせて施策を行うことで、来店促進につながる可能性があります。

また、来店時に使える割引などをつけておくことで、リピート率向上はもちろん、一時お店から足が遠のいていた人を再度引き戻すこともできるかもしれません。

「また行きたくなる」エステサロンとは

「案内されたから」「ポイントがつくから」という理由でも、来店してくれればありがたいもの。しかし本当はお客様が望んで通ってくれる状態がベストなことは間違いありませんよね。
お客様が「また行きたい」と感じるエステサロンは、どういったものなのでしょうか?

自身の悩みを理解して的確な施術をしてくれる

セルフケアでは事足りず、わざわざエステサロンに行く理由は、自分ではできない施術内容であることに加え、プロの手を借りると確実に結果が出ることを期待しているためです。

体の状態を見て自分の悩みを言い当てられる、悩みに対して色々な施術を提案してくれる、自分では気づけなかった体の不調を教えてくれた、そんな経験をするとお客様は嬉しいと同時に信頼や安心感を持ってくれます。
自分の体に触れられるからこそ、この人・このお店なら安心してお任せできる、とお客様に思ってもらえるのが大切です。

施術者とコミュニケーションがとりやすい

エステサロンで緊張状態ではリラックスできないため、施術者との相性も重要です。技術は良くても、会話のペースや雰囲気などが合わないと感じられた場合には、リピートにつながらなくなってしまう可能性があります。

顧客第一で考えた時に、相手がどのような接客を望んでいるのか想像して、柔軟に対応させていくことが重要です。
ですが、そんな器用にお客様の気持ちが読めたら苦労はないですよね。そんなときは正直に聞いてしまった方が、そのまっすぐさに好感を持ってもらえます。

「少しお話しお聞きしてもよろしいですか?」とお断りを入れて了承いただければ、話もしやすいですよね。
逆に施術中はリラックスしたいという方であれば、施術前後に少しお話しをする時間をつくるなど、それぞれのお客様に合わせたコミュニケーションを考えることで、居心地のいいお店だと思ってもらえま

来店時のアンケートなどを活用し、会話の頻度などを事前に簡単に把握するといった方法も有効です。

どのくらいのリピート率があればいい?

必要なリピート率は60~80%

この数字を聞いて、多いと感じたでしょうか?もし多いと感じた場合には、現状のリピート率に少し課題感を持ったほうがよいかもしれません。

利益を出すためには、新規顧客のリピート率は最低でも60%以上は欲しいところです。実際にここまでリピート率がなくても、一見お店の経営はできているように思えます。メニューの価格を下げるほどに、新規顧客は獲得できるためです。
しかし、収益を上げていきたいのであれば、単価が低くなる新規のお客様ではなく、リピーターをつくっていかなければいけません。

なぜリピート率が重要?

新規顧客の場合、その価格を安く設定する場合がほとんどでしょう。それは一度来店した顧客が店舗を気に入り、リピートすることを前提としているためそのような価格設定が実現するのです。

しかしリピート率が上がらなければ、店側は赤字価格の新規価格で売り上げが上がり、人件費だけ掛かっていくというサイクルに陥ります。これは、稼働率はあるものの、収益が全く上がらないという構図に陥っているのです。

このことに気付けない経営者は多く、結果としてお店がつぶれていってしまいます。だからこそ、的確にお店の経営状態を把握することが必要なのです。

まとめ

リピート率を高める方法はいかがでしたか?すぐに分かりやすくリピート率をアップさせることは難しいかもしれません。

しかし諦めずに、継続的に施策を行っていくことが大切です。また、自身のエステサロンを客観的に見直すことで、強みが見えてきて、施策に反映できるかもしれません。

またリピート率を高めるためには、自身のエステサロンの強みとお客様の求めているものが合致していることがポイント。そういったお客様に見つけてもらう機会を増やすためには多角的な集客戦略が必要になってきます。

ホームページのSEO、MEO、snsや比較情報サイトなど、Web集客を含めたマーケティング戦略は、プロに相談してみましょう。

エステの集客アップ・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!