【コールセンター代行の集客・広告戦略】マーケティングによる顧客獲得のポイント

【コールセンター代行の集客・広告戦略】マーケティングによる顧客獲得のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

受付代行・電話代行といったコールセンターサービスの市場は、コロナ禍にあっても微成長を続けています。

その背景にはコロナウィルスの感染拡大による対応で、公的な案件が発生したこと。
また一般企業でもテレワークが推奨された影響や、コスト節約などを目的にコールセンター業のアウトソーシングが増えたといったことがあります。

一方で微成長にとどまっている原因は、クラウド型のコンタクトセンターソリューションの広がりによる、案件単価の下落です。

しかしながらコールセンターサービスの市場は、成長速度の鈍化は考えられるものの、今後も一定の需要を見込める環境となっています。

そういった環境下でも安定して顧客を獲得し続けるためには、自社の強みを軸とした集客・広告戦略を考え、マーケティング施策を実行していくことが必須です。

この記事ではコールセンターサービスの集客・広告戦略、マーケティングのポイントについてまとめています。

顧客から選ばれるコールセンターとは

顧客から選ばれるコールセンターとは

広告やマーケティング施策による集客をする上で、まず考えるべきは自社の強みとして何を伝えるのかという点です。

広告を出稿するだけでも、ある程度の露出に伴って認知向上は期待できます。しかしそこから自社が選ばれるかどうかは、選ばれるだけの理由が伝わっているかが非常に重要になります。

コールセンターとしてのバリュープロポジションを明確化

自社の強みを考える上では、顧客のニーズに応え、競合他社と差別化できていることは何かという視点で考えてみてください。

その際に参考となる考えとして、バリュープロポジションがあります。バリュープロポジションとは、自社だからこそ提供できる価値のことです。

バリュープロポジションはまず、顧客のニーズ分析、競合分析を行います。その上で自社が持っている強みや得意なことを洗い出し、自社独自の強み・提供できる価値を明確化していきましょう。

こうした手順で考えることで、自社が勝ちやすい市場・攻めやすい市場が見つけやすくなります。

明確化されたバリュープロポジションを軸に広告で伝えることを考えれば、顧客が自社を選ぶべき理由がより伝わるようになるわけです。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは

コールセンターに対する顧客のニーズとは

顧客から選ばれるコールセンターとは

まず一般的にコールセンターをアウトソーシングする際に、顧客が選ぶ基準として用いられやすいものは押さえておきましょう。

コールセンターの選び方として比較基準とされやすいものは以下があります。

  • コスト(費用や料金体系など)
  • セキュリティ体制
  • 実績
  • サービスの品質や柔軟性
  • 得意な業界・製品などの専門性

これらに対しては、自社ホームページ等でしっかりと答えを用意しておいた方がよいでしょう。

顧客が比較選定の基準とする可能性が高いため、そもそもこれらに関しての情報がない場合に比較の土俵にすら乗れなくなってしまいます。
こういった情報を踏まえた上で、自社ならではの強みをしっかりと伝えていきましょう。

市場を細分化して差別化を考える

差別化を考えるにあたっては市場の範囲を定めることが重要です。

日本全国のコールセンターサービスを相手に差別化することは非常に困難なことはいうまでもありません。
しかし、特定の業界や製品、エリア、言語、サービス体制などで細かく分けてみることで、競合は限定的となり、その中での差別化が目指しやすくなります。

自社には差別化できる強みがないと考えている場合、どの競合を相手に差別化できないと考えているのかを改めて整理してみましょう。

またひとつの特徴では差別化ができなくても、複数の特徴や強みを掛け合わせることで差別化を実現できることもあります。

コールセンター代行の広告・マーケティング施策

自社ホームページの情報整理・SEO対策

コールセンター代行の広告・マーケティング施策

ネットでの情報収集が当たり前の現在、比較検討の際に社名やサービス名で検索されることは当然といっていいでしょう。

また様々な広告手法を行うとしても、そのリンク先がホームページになることがほとんどです。

検討段階の顧客の背中を後押しできるように、自社の強みが伝わるか、どこにどの情報があるかわかりやすくなっているかなど、改めて整理をしておきましょう。

先程述べたように自社ならではの強みや、ターゲットニーズに合わせたSEO対策もしておくことで、関連するキーワード検索からの流入も期待できます。

LP(ランディングページ)を作っておくのも有効

顧客が求める情報を1ページにまとめた、LP(ランディングページ)をホームページ内に用意しておくことも、お問い合わせ率を上げる点でも有効です。
お問い合わせや申し込みまでページの切り替えなく行えるようにすることで、顧客に余計なストレスを与えずに済みます。

リスティングやディスプレイ広告などのWeb広告

リスティング広告は検索連動型広告ともいい、Google等の検索結果に広告枠として表示されます。
費用はかかりますが、自社の認知がない状態でも顧客に知ってもらう機会を創出できます。

検索キーワードによってクリック単価が決まっており、検索数が多いキーワードはその分コストもかかってしまいます。
ターゲットニーズを分析し、より細かい検索キーワードを設定することで、費用を抑えつつ相性の良い顧客に見つけてもらいやすくなります。

ディスプレイ広告は、様々なサイトで表示されるバナー広告です。
ユーザーの検索履歴などから、ニーズのあるユーザーに対して広告を表示できるため、自社の情報に触れる機会を増やせます。

ポータルサイトや資料請求サイトへの掲載

コールセンターのポータルサイト広告戦略

コールセンターサービスを比較しているポータルサイトや資料請求サイトへの広告掲載・資料掲載も、顧客のニーズがはっきりしているためお問合せにつながる可能性が高いでしょう。

費用をかければ資料請求した方の情報を細かく閲覧できたりするため、見込み顧客の獲得も期待できます。

代表的ではありますが、以下のようなポータルサイト・一括資料請求サイトがあります。

サイト名 ボクシル
広告・資料掲載について https://boxil.smartcamp.co.jp/
サイト名 アイミツ
広告・資料掲載について https://imitsu.jp/suppliers

BtoB向けの
一括資料請求サイトまとめ

オフラインの雑誌掲載・イベント出展

コールセンタージャパン

月刊誌「コールセンタージャパン」では、コールセンター業界の最新情報や変化を発信する専門誌。
コールセンターの運用やアウトソーシングを考える方が主な読者層になっています。

紙面への広告掲載が可能なだけでなく、コールセンタージャパンではコールセンター・CRMのイベント等も開催。
オフライン媒体の広告を検討する際には参考にしてみてください。
コールセンタージャパンの評判や広告掲載の料金を調査

差別化ポイントで比較できるポジショニングメディア戦略

ポジショニングメディアとは、自社のバリュープロポジションを軸に、あえて競合と比較することで差別化ポイントを顧客に明確に伝えるWebサイトです。

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

根拠なく自社を勧めるのではなく、ユーザーニーズ分析に基づき、あるニーズにはA社がベスト、だが別のニーズでは自社がベストと見せることで、自社の強みと相性の良い顧客を集客することができます。

既存のWeb広告や資料請求サイトなどでは、広告枠に制限があったり、フォーマットが決まってしまっている場合があります。
結果、競合と並列的に掲載されてしまうため差別化が難しいのです。

自社の強みをしっかりと表現できる広告戦略であることが、ポジショニングメディアの大きな強みです。

ポジショニングメディア戦略の
詳細はこちら

コールセンターの集客やマーケティング戦略の課題を解決

全研本社では、ポジショニングメディア戦略を中心に述べ7,000件以上の集客支援実績がございます。

クライアントのバリュープロポジションを徹底的に分析。培ってきたノウハウをもとに、業界を問わず適切なマーケティング戦略を提案いたします。

WebサイトやLPのデザイン・制作、公開後の運用までワンストップで対応可能です。
コールセンターサービスの集客や広告マーケティングでお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ