【オフィスソリューション事業の集客】広告マーケティングで顧客獲得を効率化

【オフィスソリューション事業の集客】広告マーケティングで顧客獲得を効率化
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

オフィスソリューション事業のマーケティング戦略のポイント

オフィス機器、セキュリティ、空調、オフィスデザインなど、
様々な方法でクライアント企業の働く環境の快適性・安全性・効率向上を実現するオフィスソリューション事業。

新規顧客を獲得する方法として、訪問営業や飛び込み営業はコロナウィルスの影響で難しくなり、
電話営業も、よほどタイミングよくなければ話すら聞いてもらえないということも多いでしょう。

ですが顧客のビジネス課題の解決手段として、オフィス機器や環境の改善が効果的であることも確かです。

これからのオフィスソリューションの集客・マーケティング戦略では、この潜在ニーズを持った顧客、
つまり現在の課題の解決手段としてオフィスソリューションという選択肢があることに気づいていない顧客に、いかにして認知してもらうかが非常に重要です。

オフィスソリューション事業の広告・マーケティングでやるべきこと

オフィスソリューションの広告・マーケティング

顧客のほうから自社を見つけてもらうためには、やはりWebマーケティングの導入は必須です。
とりわけ「コンテンツマーケティング」が重要になります。

コンテンツマーケティングでは、顧客のニーズや課題を分析し、その答えとなる有益な情報を発信することで、信頼感の醸成やブランディングを実現します。

例えば、オフィスプリンタの選び方や、効率的な空調のポイント、ビジネス別の推奨セキュリティ機能などなど、顧客のニーズと自社の強みを掛け合わせたコンテンツがつくれるとベストです。

顧客の困りごとに対して、オフィスソリューションを用いた解決策を紹介するコンテンツをつくることができれば、顧客の選択肢の中に自社の存在が加わることになります。

オフィスソリューションの広告・マーケティング手法

では上記のコンテンツマーケティングを、どのような媒体やメディアを通じて実施するかをご紹介していきます。

公式サイト内のブログ記事

最も手軽に始めやすいのはブログコンテンツです。
公式サイトはすでに一定のSEO評価を受けていることが多く、継続的に更新をすれば、検索上位に記事が表示されやすいでしょう。

ただし公式サイト内には企業情報、商品情報など、あらゆる情報が掲載されていますので、情報だけを求めている顧客にとってノイズになってしまう可能性もあります。

あまり自社の存在を前面には出さず、ユーザーの読みやすさを意識して、サイト構造の見直しなども含めて実施してみてください。

オウンドメディア

オウンドメディアは、公式サイト以外で自社で運営するWebメディアです。
公式サイトとは違い、特定のテーマに特化した専門サイトとして立ち上げることができるため、そのテーマに興味のある顧客をより集めやすくなります。

またオウンドメディアは企業のブランディングにも役立ちます。
専門的かつわかりやすい有益な情報発信をすることで、「〇〇に特化した専門サイトを運営している → 〇〇が得意な企業なんだ」とイメージを定着させることが可能です。

オウンドメディアの
制作・構築のポイント

ポジショニングメディア

オフィスソリューションのポジショニングメディア戦略

ポジショニングメディアとは、競合企業と比較して情報を見せることで、市場内での自社の立ち位置(ポジション)を明確にし、自社と相性の良い顧客を確実に集客していく方法です。

その軸となるのが「バリュープロポジション」という考え方です。
バリュープロポジションとは簡単に言ってしまうと、顧客が求めているのに、競合は提供できていない、しかし自社なら提供できる価値のことです。

ポジショニングメディアでは、自社のバリュープロポジションを軸にストーリーを設計するため、
あるニーズで選ぶならA社だが、別のニーズなら自社ベストといった形で見せることで、自社の強みと相性が良く購買意欲の高い顧客の集客を実現できます。

同時に「〇〇で選ぶならこの会社」といった、ブランディング戦略も同時に可能としているマーケティング戦略です。

ポジショニングメディア戦略
詳細はこちら

フックとなるオフィスソリューションサービスを決めよう

オフィスソリューションを提供する企業の大半は、オフィス機器はもちろんセキュリティ、ITツール、音響や空調など総合的なサービスを提供しています。

ですが、その対応力の広さを前面に出して「当社は何でもできます」とアピールすることは、逆にとがった強みがなく、顧客から見ても明確な選ぶ理由がない状態になってしまいます。

上述したバリュープロポジションにも通じますが、顧客をつかまえるフックとなる、自社ならではの圧倒的な強みを全面的に出すべきです。

総合的な対応力が重要であることは、まず顧客に関心を持ってもらってから伝えれば問題ありません。まずは顧客に見つけてもらうことを意識しましょう。

近年のオフィストレンドについて

オフィスソリューションのトレンド

自社の強みを考える上で、トレンドに対応できるような強みがないかという観点で、見つめなおしてみてもよいでしょう。

まずトレンドとして顕著なのは、デザインにこだわったオフィスが増えていることです。
ただオシャレなだけではなく、社員の働くモチベーションを上げ、生産性を向上させる工夫も組み込まれていることが特徴的です。

機器やシステムの入れ替えやメンテナンスのみならず、デザイン設計も含めたオフィスソリューションの提供が必要になってくるのかもしれません。

またコロナウィルスの流行から、社内レイアウトや空調設備の見直しといったニーズも高まっています。
エアコンや空気清浄などの空調システム、衛生管理などに効果的なソリューションがある場合は、顧客が興味を持つフックとなるかもしれません。

加えてテレワークの普及に付随して、オフィスの縮小化や特定のオフィス自体を持たない企業も徐々にですが増えてきています。
小型のオフィス向けのソリューションを整えたり、オンライン会議・商談システムやセキュリティツールなどのITツールの提供を強化するといった選択肢も需要が高まりそうです。

オフィスソリューション事業の広告マーケティングまとめ

オフィスソリューションの広告マーケティング戦略としては、まず自社独自の強みであるバリュープロポジションを定め、それを軸とした広告展開・メディア制作を検討してみてください。

そのためには顧客ニーズの分析、競合サービスの調査が必要です。顧客・競合・自社の情報を俯瞰的に見ることで、自社が勝つべくして勝てる市場が見つかります。

全研本社では、クライアント企業のバリュープロポジションの分析から、市場選定、Webメディアの構築・制作、公開後の運用まですべてを一貫して対応しています。

ぜひ集客戦略やマーケティングについて悩んでいる方や、マーケティングの始め方がわからないといった場合は、お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

ページトップへ