建設業のホームページ制作はコンテンツ作りが集客を左右する

建設業のホームページ制作はコンテンツ作りが集客を左右する
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

建設業の集客でホームページ制作が重要な理由

建設業の集客でホームページが重要視される理由として、以下の点が挙げられます。

自社の強みをアピールできる

1つ目の理由は、自社の強みを制限なくアピールできることです。建設会社を探している見込み客の多くは、強みを調べてニーズに合っているところを選びたいと考えています。このようなニーズに応えるため、ホームページを制作しておくことが重要なのです。

信頼感を醸成しやすい

2つ目の理由は、お客様から信頼を獲得しやすくなるためです。ホームページに、会社概要・会社沿革・施工実績・取得資格などを掲載することで、信頼を獲得しやすくなります。これらの情報で、会社の特徴を理解してもらえるからです。

集客を自動化できる

3つ目の理由は、集客を自動化できるからです。特定のキーワードで検索結果の上位にホームページが表示されれば、広告などを行わなくても集客できるようになります。広告コスト、営業コストを削減するため、取り組みたい対策といえるでしょう。

98.4%がホームページを開設している

4つ目の理由として、建設業の多くが自社のホームージを開設していることが挙げられます。総務省のデータによると、建設業の98.4%(令和元年時点)が自社のホームページを開設しています。

競合他社との競争に負けないため、ホームページを開設しておきたいと考えられます。

出典:総務省「令和元年 通信利用動向調査報告書(企業編)

建設業のホームページに必須のコンテンツ

建設業のホームページに必須のコンテンツ

建設業がホームページを制作する場合、どのようなコンテンツを掲載すればよいのでしょうか。建設業のホームページに掲載したいコンテンツ例を紹介します。

画像豊富な施工実績

建設業のホームページに必ず掲載したいコンテンツが、施工実績です。施工実績を掲載していない建設業のホームページがほぼ皆無であることからも、その重要性がわかります。

施工実績が重要な理由は、依頼先を決定する際の判断材料になるとともに、見込み客に契約後の姿をイメージさせられるからです。建設業を営む会社にとって、履歴書のようなコンテンツといえます。

制作のポイントは、画像を豊富に使って、建設に関する専門的な知識がない方でも自社の特徴を理解できるようにすることです。単に、画像を並べるだけでなく、こだわりや工法などについて解説することも重要です

建築中の画像も、見込み客にとっては魅力的なコンテンツになりえます。具体的な進行状況を確認できるからです。

施工実績は、建設業のホームページで最も重要なコンテンツといえます。画像などを準備してから制作しましょう。

自社独自の工法・施工技術

独自の工法や施工技術も、建設業のホームページに必ず掲載したいコンテンツといえます。その工法や施工技術を求めているユーザーからのアクセスを期待できるからです。また、これらを積極的にアピールすることで、競合他社との差別化にもつながります。

例えば、独自の工法を開発するに至った経緯を紹介する、独自の施工技術を開発するにあたり苦労した点を紹介するなどのコンテンツを作成して、ブランディングを図ってもよいでしょう。

独自の工法・施工技術のブランド化は、自社の価値も高めてくれます。自社の価値が高まれば、集客だけでなく採用活動などにも良い影響が及びます。他社には真似できない工法や施工技術がある場合は、ホームページで積極的にアピールしましょう。

信頼性を高める会社沿革

会社沿革も、建設業のホームページに掲載したいコンテンツです。会社沿革を掲載することで、自社にしかない歴史や魅力を伝えられます。これらを伝えることで、会社の信頼性が高まります。

会社沿革は、サービス内容などに興味をもった見込み客が、会社のことをより詳しく知るために確認する傾向があります。したがって、見せ方には注意が必要です。

出来事を時系列に沿って並べるだけで作成できますが、文字を並べるだけでは興味をもってもらえる可能性は低くなります。施工実績とその他の出来事を連動させるなど、見込み客を引き込む仕掛けが必要です。

単に制作するだけでなく、読ませる工夫をすることが重要なコンテンツと考えられます。

問い合わせフォーム

以上のほかでは、問い合わせフォームも建設業のホームページに欠かせないコンテンツといえます。もちろん、電話やメールでも問い合わせは可能ですが、問い合わせフォームには独自のメリットがあります。

代表的なメリットといえるのが、「必要な情報を漏れなく入手できること」と「定型で問い合せが届くため整理しやすいこと」です。また、ホームページの訪問者には、「営業時間外でも問い合わせができる」「ホームページから問い合わせできる」などのメリットがあります。

管理を簡単にするため、あるいはチャンスロスを防ぐため、設置しておきたいコンテンツといえるでしょう。

ホームページ制作はスマートフォン上での表示や操作性も重要視する

ユーザーのほとんどがスマートフォンで情報収集を行っています。

もちろんより多くの情報を閲覧するためにパソコンやタブレットでホームページを確認してくれるケースはあります。

しかし、パソコンを持っていない、使い慣れていないユーザーはいたとしてもスマホに使い慣れていないユーザーはほとんどいません。

ついパソコン上での画面がメインでホームページ制作が進みがちですが、必ずスマートフォンでの使いやすさや見やすさが担保できるかを意識しておきましょう。

コンテンツマーケティングの運用支援依頼、オウンドメディアの制作、内製化を成功させたいとお考えの方はぜひ資料をダウンロードしてご確認ください。

SEO対策や競合他社分析も重要

建設業のホームページを制作するときは、コンテンツだけでなくSEO対策や競合分析にも力を入れる必要があります。なぜ、これらが重要になるのでしょうか。

SEO対策が重要な理由

SEO対策とは、検索エンジンで特定のキーワードが検索されたときに、自社サイトを上位表示させるための対策です。具体的には、ユーザーが必要としている情報をわかりやすく提供する、コンテンツのタイトルを最適化するなどをSEO対策といいます。

SEO対策が重要な理由は、狙ったキーワードで上位表示されなければアクセス、つまり見込み客を集められないからです。そのため、SEO対策にも力を入れる必要があります。

競合対策が重要な理由

ここでいう競合対策とは、同業他社のホームページを調査・分析することです。具体的には、狙ったキーワードで上位表示している同業他社のホームページを調査・分析することになります。

競合対策が重要な理由は、上位表示の難易度などを評価するためです。この目的で、以下の点などを調査・分析します。

  • 特定のキーワードで検索すると上位に表示される会社
  • 特定のキーワードで検索すると上位に表示されるホームページの規模

以上を調査・分析したうえで、具体的な対策を練ります。基本的には、上位に表示されているホームページの内容を上回るホームページの制作を目指しますが、現実的には困難なケースもあります。

このようなケースでは、ホームページの切り口を変更するなどの対策が必要です。事前の調査・分析を怠ると、ホームページを制作してから、上位表示は難しかったとなるかもしれません。だから、競合対策が重要視されているのです。

エリアマーケティングも意識しよう

SEO対策や競合他社分析も重要

建設業のホームページを制作するときは、エリアマーケティングも意識しましょう。
エリアマーケティングは、狙った地域に絞ってリソースを投下し、エリア内での自社地位を確立するためのマーケティングの考え方です。

そこで、エリアマーケティングで欠かせないのが、市場分析・顧客分析、競合分析、自社分析です。

  1. 市場分析…自社がどの商圏で戦うのか
  2. 顧客分析…どんなターゲット層が自社に受け入れられているか
  3. 競合分析…競合の市場シェアや強み、どんなターゲットを狙っているかなどの戦略
  4. 自社分析…自社がどのような強みを持っているのか、どのような弱みがあるのあ

以上のエリアマーケティング分析をもとに戦略立案をし、ホームページ制作や集客に反映させていきます。

例えば、SEO対策を行う際には「商圏×建設会社」で上位表示をさせるのではなく、「商圏×RC住宅」「商圏×増築」といった自社の強みを活かせるジャンルのキーワードに絞ってSEO対策をすることで売上に近いユーザーを集客することができます。

デザイン面で言えば、地域色を出して地域密着型建設会社として打ち出したり、商圏内の建設会社と違う路線のデザインを打ち出して差別化、対象としている顧客へのブランディングにつなげるといったことが可能です。

成果が出せるホームページ制作をするときは、マーケティング力が欠かせません。

建設業の集客にホームページは欠かせない

自社の強みを伝えられるホームページは、建設業にとって欠かせない集客ツールです。このことを表すように、98.4%の企業が自社ホームページを開設しています。まだ開設していない企業は、チャンスロスをしているかもしれません。

建設業のホームページに欠かせないコンテンツは、施工実績・会社沿革・問い合わせフォームなどです。ただし、闇雲に制作すればよいわけではありません。それぞれの目的を意識して、最適な方法でコンテンツを制作する必要があります。

キャククル運営元の全研本社では、120業種以上のマーケティング支援をしてきた実績をもとにホームページ制作から売上につながる親和性の高い顧客の集客施策までご案内しております。
是非お気軽にご相談ください。

ホームページ制作サービスに関するお問い合わせ

ページトップへ