人材派遣の集客・登録者募集はWeb広告での差別化戦略がカギ

人材派遣の集客・登録者募集はWeb広告での差別化戦略がカギ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では人材派遣における求職者・登録者の応募を獲得するための、考え方や戦略のポイントなどを紹介していきます。

数ある派遣会社の中から自社が選ばれるためには、自社ならではの強みや特徴といった「自社を選ぶべき理由」を明確にして、それを伝えるマーケティングや広告戦略が必要になります。

このあと様々なポイントを解説していきますが、あわせて自社のターゲットなる求職者だけを狙って集められる「ポジショニングメディア」というWeb集客の戦略もご紹介します。

ポジショニングメディアの詳細は記事の後半でお伝えいたしますが、導入した企業からは「問い合わせから、具体的な打ち合わせや相談を実施する率が高まった」「登録いただくまでの時間が短くなった」という声もいただいています。

現状の施策ではうまく効果が出ていない、問い合わせからなかなか登録までつながらない、といった課題がありましたらぜひご覧ください。
※詳しくは記事の後半(クリックで記事後半へジャンプ)でお伝えさせていただきます

派遣登録者の集客・広告戦略に必要な考え方

そもそも、なぜ派遣登録会社は減少傾向にあるのか?

ご存知の通り、2017年以降有効求人倍率はバブル期を越えるような数字で推移しており、転職者優位の市場が続いています。

この情報だけを見れば、人材派遣会社が減少する理由は無いように感じますが、そもそもなぜ有効求人倍率が高まっているのかを紐解いていくと、その答えが見えてきます。

その理由は、そもそも働き手となる人材の人口が減少していることです。少子高齢化がよく話題に上りますが、これによって、各企業で働くことができる人が減少しています。そのため、各社人が足りず、有効求人倍率が上昇しているのです。

そんな中で、派遣社員という働き方は自由が利きそうな反面、雇用が保証されているものではありません。そのため、派遣社員という働き方を選択する人が年々減少しているのです。

大手企業中心の派遣会社

そもそも派遣社員を選択する人が減っていたとしても、派遣社員を必要として、その働き方を選択する人がいる限り、派遣社員という雇用形態はなくならないはず。ではなぜ、人勢派遣会社は減っているのでしょうか。

その理由は明白で、大手企業に市場が握られているためです。人材業界はある種の寡占産業だといえるでしょう。そのため、中小の人材派遣会社が登録者を集めることは年々難しくなっています。

中小の人材派遣会社が生き残るためには、これまでと同じことをしていては決して太刀打ちできません。登録者にとってのメリットを明確にして、大手企業と差別化していく必要があります。

派遣登録者を増やすために意識すべきこと

では、どのようにして派遣登録者を増やしていけば良いのでしょうか。また、何を意識することで、派遣希望の人が登録をしてくれるのでしょうか。

業種や職種での差別化

まずは、業種や職種で差別化を行うことです。派遣会社は多数ありますが、その中でも得意な業種があるはずです。例えば、事務、総務など、これまで派遣してきた登録者の実績を踏まえて考えてみてください。

もし強みとする業種や職種が現状ないのであれば、どこを集中的に開拓していくのか戦略を考える必要があります。

待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢でマーケティングを行う

人材派遣会社側がただ待って、Webに情報を掲載しておけば、登録したい人が自ら検索してくれる時代は終わったと思った方が良いでしょう。

もちろん、登録者自身が検索をし、情報収集は行っていますが、その中で自社が目に付く工夫はできていますか?また、PCで情報を確認する人はほぼいません。

そのため、スマートフォンでの画面が見やすかったり、操作性が高い方が使われやすいですが、そこまでのフォローはできているでしょうか。

待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢で様々な施策を仕掛けていく重要性を理解し、実行することが重要です。

選ばれる派遣会社とは?

スーツの男女

登録を考えている人は、どのような点を重視して、派遣会社を選んでいるのでしょうか。

昔であれば、とにかくたくさんの派遣会社へ登録し、面談を待つという手法を取ったかもしれません。しかし現在では、「一度登録をしてしまうとメールがたくさん届いて負担」など、登録に慣れているからこそ、登録するハードルや抵抗感が高くなっています。

では、そんな人たちにどのように情報を届けることが必要なのでしょうか?

自分らしい働き方ができるかどうか

派遣会社はもちろん派遣先の会社の状態で、働き方が決まるという側面はありますが、あくまでも雇用されるのは派遣会社です。そのため、派遣会社の対応や福利厚生を重視している登録者は少なくありません。

派遣先企業との仲をきちんと取り持ってくれるか、言いにくい交渉などをしてくれるかといった働きはじめたあとの対応はもちろんのこと、働く前の面談で、担当者がどのような人か、どのような質問を投げかけてくるかを重視して見ているケースは多いです。

理想の雇用先はあるか

求人数や、福利厚生の充実度、給料などは派遣会社を選択する際の重要な要素となります。

同じ派遣先なのに、派遣会社が異なると給料が異なるケースもあります。また、名が知られている企業やチームなど、人気企業を保有しているかどうかという点も非常にポイントになります。

登録者はどのような求人を保有しているかをチェックする傾向があるため、まずはその情報をきちんと開示できる仕組みを作りましょう。

派遣会社の広告戦略

現在、派遣会社の広告戦略は様々です。自社の魅力を最も伝えることができる手法は何か、ここで一度整理してみましょう。

求人広告を活用する

最も一般的な手法は、求人広告を活用する手法ではないでしょうか。大手の人材会社を中心に、求人広告の媒体はいくつもあります。

求人媒体のメリットは、原稿を用意し投稿が完了されれば、あとは人材派遣会社側はただ待つだけで良いという点です。情報を欲している人へ、効率的に届けることが可能です。

一見良さそうな方法ですが、費用が掛かるのはもちろん、掲載期間も決まっています。通常のプラン設計は各社2週間程度からと非常に短く、この期間の間に掲載費用に見合う成果を出さなくてはなりません。

また、人材が確保できる保証はなく、あくまで先行投資となります。この特性を理解し、コストに余裕がある場合にはオススメしたい方法です。

SEO対策・MEO対策

例えば「エリア×派遣」というキーワードで検索をしてみると、大手派遣会社や求人サイトが多くSEO対策を行っても上位表示しづらい傾向があります。

しかし「エリア×派遣会社」という派遣会社を探しているキーワードに絞って検索をしてみると、派遣会社に関するコンテンツが上位に上がっているケースがあります。

この検索キーワードは派遣案件で選ぶのではなく、派遣会社を選ぼうと考えて検索している可能性があるため、そのニーズに応えるSEO対策が実現できれば上位表示できる余地があります。

さらに、派遣会社というキーワードであればGoogleマップも表示されるため、MEO対策を行うことで自社露出度の向上を図ることができます。

自社LPを作成する

ランディングページ(LP)は、やや難易度が高いものの、その設計の自由さは他の方法の中でも高いと言えるでしょう。LPの場合、直接登録フォームへつなげることが可能です。

重要なのは、登録フォームまでの導線をどのように引くかという設計です。ただ情報を羅列するのではなく、派遣社員と言う雇用形態のメリットを提示したり、転職したいと考える意識を顕在化させるような内容が必要となります。

しかしこのストーリーがスムーズであれば、登録までのハードルを低くすることができるでしょう。

オウンドメディアを活用する

今後注目されるであろう手法として、オウンドメディアがあります。オウンドメディアと聞くと、ブログのような内容を想像されるかもしれませんが、最も違うのは記事の主語です。

ブログの場合、主語は「私」「自社」のような内容になりますが、オウンドメディアの場合にはあくまで第三者へ伝えるコラムのような内容になるため、自社に興味がない人でも、内容に興味があれば読みやすいという特徴があります。

自社を知らなくても、特定のニーズ(検索キーワード)をきっかけに知ってもらえる機会をつくれるため、記事を作成するノウハウやリソースがある場合には、競合企業が少ないためオススメしたい手法です。

ポジショニングメディアを作成する

この記事の冒頭でも触れましたが、自社と相性の良い求職者を狙って集められる戦略が「ポジショニングメディア」です。

求職者は主にネット上で情報収集や比較検討を行いますが、ネットに情報が溢れているいま、「自分にとってどの派遣会社がベストなのか…」と最後の決め手がなく頭を悩ませています。

そのため詳細な情報を問い合わせて、さらに比較検討を進めるような形で時間をかけています。

ポジショニングメディアでは、自社ならではの強み・価値を、競合と比較しながら見せるため、「〇〇といえば自社」という、差別化ポイントや優位性を表現することができます。

以下はある商品を例にした、ポジショニングメディア導入のメリットです。
ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

このようにユーザー側は、自分にとってベストな選択を納得して行えるため、ポジショニングメディアを経由してのお問い合わせは、その後の契約や登録率も高まる傾向があります。

ポジショニングメディアについて、事例なども以下ページでもまとめておりますので、検討してみたいという方はぜひこちらもご覧ください。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

人材派遣の集客・登録者募集はWeb広告での差別化戦略がカギ

人材派遣会社が集客で使っておきたいWeb広告戦略をご紹介してまいりました。
最も大切なのは自社に合った派遣登録者を集客する広告戦略が練られているかどうかがポイントです。

どのような集客施策・広告を用いたとしても、自社の強み・自社を選ぶ理由が伝えられているかをチェックしてみてください。

キャククルを運営する全研本社では、クライアントの強みにあわせた集客戦略・マーケティング戦略をご提案しています。
いままでに人材・採用系を含む120業種を超えるクライアント企業を支援してまいりました。

強みの分析から、戦略提案、メディアの制作・運用までワンストップで対応可能です。
貴社の課題を解決する戦略を、弊社のノウハウを活用してご提案させていただきます。

いろいろな広告やマーケティング施策を行っているが効果がない、登録者が伸び悩んでいる…、そんなお悩みがあればぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ